Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&Aコンクリートの維持管理支援ツール(ひび割れ調査編) Q&A ('15.08.28)

NEW! 更新内容

Q5−8.オフラインの環境でも使用することはできますか?('15.08.28)

目  次
 1.ひび割れ調査編(考え方に関するQ&A)

Q1−1.補強の要否判定では「安全性能」や「使用性能」に関する照査が不可欠なのでは

Q1−2.補修と補強の違いについて

Q1−3.「技術者の高度な判断」とあるが、この場合の技術者とは

Q1−4.短期的な荷重、長期的な荷重とは

Q1−5.加速期前期と加速期後期の鉄筋の腐食速度(mg/cm2/年)(mm/年)を設定したいのですが、参考となる文献、資料などがございましたら、教えて頂けませんでしょうか

Q1−6.NEXCO の設計要領による塩害照査が可能か
 2.ひび割れ調査編(操作に関するQ&A)

Q2−1.既存データを読み込んだ場合Wizardモードで実行できない場合がある

Q2−2.ひび割れ原因の推定までで照査を終了したい場合(補修や補強の要否判定等を省略したい場合)はどのようにすればいいか

Q2−3.入力した文章は報告書ではどのように折り返されるのか?

Q2−4.「システムリソースが不足しているため、このまま継続すると動作が不安定になる可能性があります。」と表示された際の使用可能リソースの拡張方法は?
 3.設計編(考え方に関するQ&A)

Q3−1.水セメント比、水結合材比、有効水結合材比はどのように違うのか

Q3−2.水セメント(結合材)比を入力した場合の質量はどのように定義しているか 

Q3−3.中性化速度係数の照査を満足する水セメント(結合材)比を求めることはできないのか

Q3−4.普通ポルトランドセメントには高炉スラグ、フライアッシュ、シリカ質混合材を混合したものがあるが、これらのポルトランドセメントを使用したときの有効水結合材比はどのようにして求めているのか

Q3−5.水セメント(結合材)比や有効水結合材比から求めた値が負の場合の取り扱いはどのようにしているか

Q3−6.安全係数等の係数を複数与えて照査することはできないか

Q3−7.水密性の照査において、Qcjdを算出する際に用いるb(照査対象部分のひび割れ長(m))とはどのような量か

Q3−8.水密性の照査におけるA(透水経路の断面に相当するコンクリートの全面積)とはどのような量か

Q3−9.照査パターン2(特性値を満足する水セメント(結合材)比を求める)場合、各照査を満足する最大水セメント(結合材)比のうちの最小値を表示(出力)できないか

Q3−10.中性化に関する照査や塩化物イオンの侵入に伴う鋼材腐食に関する照査に用いるかぶりの期待値とひび割れ幅を算定する際に用いるかぶりとは異なるのか

Q3−11.配合設計において、セメント(結合材)水比とコンクリートの圧縮強度の関係を設定することとしているが、この式における定数aおよびbはどのように与えればよいか
 4.設計編(操作に関するQ&A)

Q4−1.「システムリソースが不足しているため、このまま継続すると動作が不安定になる可能性があります。」と表示された際の使用可能リソースの拡張方法は?  

Q4−2.画面を開くたびにヘルプが表示されるが何とかならないか
 5.全般

Q5−1.Ver.3の改訂内容を教えてください

Q5−2.地図機能はどのような地図を使用していますか?

Q5−3.データに座標を登録したいが、座標値を知りたいがどうすればよいか

Q5−4.以前に作成したデータをソフトで指定したデータフォルダに追加したがデータ一覧に表示されません。なぜでしょうか。

Q5−5.ユーザが独自で用意した別の地図に差し替えることはできませんか

Q5−6.写真は何枚まで登録できますか?

Q5−7.複数のパソコン(拠点)で管理しているデータを1つに集めることはできますか?

Q5−8.オフラインの環境でも使用することはできますか?



 1.ひび割れ調査編(考え方に関するQ&A)

Q1−1.

補強の要否判定では「安全性能」や「使用性能」に関する照査が不可欠なのでは
A1−1. ひび割れの状態が「構造計算を行う前提条件」に該当する場合は、劣化の影響を考慮した構造解析を行い、断面の欠損等を考慮して「安全性能」、「使用性能」を照査する必要があります。しかしながら、本プログラムでは、この機能を有しておりません。ひび割れの状態が「構造計算を行う前提条件」に該当する場合は、別途構造計算を行い「安全性能」、「使用性能」を照査して下さい。
 

Q1−2.

補修と補強の違いについて
A1−2. 「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針-2003-」において「補修」と「補強」はそれぞれ以下のように定義されています。

補修:ひび割れの発生によって損なわれたコンクリート構造物の耐久性、防水性など、耐力以外の性能を回復させることを目的とする行為

補強:ひび割れの発生によって損なわれたコンクリート構造物の耐力低下を回復させることを目的とする行為
 

Q1−3.

「技術者の高度な判断」とあるが、この場合の技術者とは
A1−3. 「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針-2003-」では「コンクリート診断士」、「コンクリート主任技士」などコンクリートに関する高度な知識と経験を有する技術者としています。したがって、技術士(建設部門)、一級建築士の中で、コンクリートに関して高度な知識を有するものも含めてよいとしています。
 

Q1−4.

短期的な荷重、長期的な荷重とは
A1−4. 短期的な荷重とは構造物に一時的に作用する荷重で、建築構造物でいう「短期荷重」、土木構造物でいう「従荷重」から「温度変化の影響」を除いた荷重を指します。具体的には「地震の影響」と「風荷重」が相当します。
 

Q1−5.

加速期前期と加速期後期の鉄筋の腐食速度(mg/cm2/年)(mm/年)を設定したいのですが、参考となる文献、資料などがございましたら、教えて頂けませんでしょうか
A1−5. 申し訳ございませんが、腐食速度の参考となる資料などは私どもでも把握しておりません。
本データは基本的には試験等を行った結果を設定する必要があると考えます。
示方書の解説でも記述の通り、今後の研究の蓄積が望まれており、現状での予測方法の概要により充分な判断のもと入力していただくことになります。
 

Q1−6.

NEXCO の設計要領による塩害照査が可能か
A1−6. 本プログラムは「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針-2009-」(社団法人 日本コンクリート工学協会)で提示されている考え方に基 づいて、ひび割れ調査結果(ひび割れ幅、構造物が置かれている環境)からのひび割れの原因推定と補修・補強の要否の評価・判定を行い、その結果を 踏まえて補修・補強工法の選定を行うことからNEXCO の設計要領(塩害照査は2008.08版以降)に対応していません。

 2.ひび割れ調査編(操作に関するQ&A)

Q2−1.

既存データを読み込んだ場合Wizardモードで実行できない場合がある
A2−1. Wizardモードで実行できるのは以下の場合です。

@新規で入力する場合
A「中断」により実行を中断した状態で保存されたデータファイルを読み込んだ場合([入力]メニューの[Wizardの再開])

「完了」まで進んだ後で保存されたデータファイルを読み込んだ場合は、Wizardは再開できません。また、Wizardを中断後、[Wizardの再開]以外の[入力]メニュー下の処理で[確定]したときも再開できなくなります。

入力データの修正は[入力]メニュー下の各処理を個別に選択することで可能です。
 

Q2−2.

ひび割れ原因の推定までで照査を終了したい場合(補修や補強の要否判定等を省略したい場合)はどのようにすればいいか
A2−2. [中断]ボタンで中断することにより可能です。
未設定の部分は報告書には含められません。

なお、複数の部位をひとつの調査としているとき、最後の部位以外で「補修・補強の要否判定」や「補強工法の選定」を飛ばして、次の部位の「ひび割れ原因推定」を始めるときは[スキップ]ボタンを利用してください。
 

Q2−3.

入力した文章は報告書ではどのように折り返されるのか?
A2−3. 入力欄での折り返しに関係なく、[Enter]による改行までを1文として、行頭に空白1文字を挿入し、[オプション−初期値、選択肢の設定]で設定された文字幅になるよう折り返します。

「除外理由」のようにプログラムでインデントを行っている部分では、インデント位置からインデント量を考慮して処理されます。
 

Q2−4.

「システムリソースが不足しているため、このまま継続すると動作が不安定になる可能性があります。」と表示された際の使用可能リソースの拡張方法は?
A2−4. 本メッセージは、現在ご使用の環境において、製品を実行するために必要なシステムリソースが不足している場合に表示されます。

製品が正常に動作するためには、ある程度のシステムリソースが必要ですが、そのシステムリソースが不足した場合、

■ 「Win32エラー」が発生する
■ 「モジュールエラー」が発生する
■ ダイアログが開けない
■ 計算実行できない
■ 印刷実行できない
■ フリーズする

など、製品の使用に支障をきたす現象が発生する可能性が非常に高くなります。
システムリソースは、本製品だけではなく常駐プログラムや他のアプリケーションなど動作している全てのプログラムで使用されるため、その数が多くなれば消費される量も多くなります。

特に『Windows95/98/Me』では、OSの制約でシステムリソース量は固定となっているため、これらのエラーが発生する可能性が高く、また、メモリ増設でシステムリソースが拡張されることはありません。そのため、十分なシステムリソースが確保された状態で製品をご使用いただくことが一番の回避策となります。

なお、前述のOSに対し『WindowsNT/2000/XP』では、リソース管理が向上しており実装メモリによりシステムリソース等が拡張されますので、システムリソース不足が発生することはほとんどありません。

使用可能なシステムリソースの拡張は、以下の方法にて行ってください。

■ 他のアプリケーションを終了する
■ 常駐プログラムを終了する
■ 壁紙を使用しない
■ デスクトップ上のアイコンを減らす
■ システム起動時に自動起動されるメニューを停止する

また、常駐プログラムや他のアプリケーションが終了しても使用されていたシステムリソースが全て解放される訳ではありませんので、その場合はマシンを再起動した上で、他のプログラムを起動せずに製品のみを実行してください。なお、OS附属のリソースメータで使用可能なリソース容量が確認できますので、表示されたメッセージ中の容量[30%]を目安に使用可能リソース容量を確保してください。

 3.設計編(考え方に関するQ&A)

Q3−1.

水セメント比、水結合材比、有効水結合材比はどのように違うのか
A3−1. コンクリート標準示方書[施工編]におけるこれらの定義は以下のとおりです。

水セメント比:
フレッシュコンクリートまたはフレッシュモルタルに含まれるセメントペースト中の水とセメントの質量比。質量百分率で表されることが多い。

水結合材比:
モルタルまたはコンクリートにおいて、骨材が表面乾燥状態であると考えて算出されるペースト中の水量を結合材の質量の和で除した値。

結合材:
水と反応し、コンクリートの強度発現に寄与する物質を生成するものの総称で、セメント、高炉スラグ微粉末、フライアッシュなどを含めたもの。

また、結合材と水結合材比について以下のように解説されています。

結合材について
結合材とは、広義には骨材などを結合する材料を示し、たとえばアスファルトコンクリートではアスファルトを示す。同様に考えれば、セメントコンクリート中ではセメントペーストが結合材ということになるが、狭義にはセメントペースト部分の硬化に寄与する粉体をさす。この示方書では、後者を結合材と定義し、セメントのほか、高炉スラグ微粉末、フライアッシュ、シリカフューム、膨張材など、セメントと類似の結合効果をもたらす粉体材料も含めて、これらを総称する用語として用いることとした。

水結合材比について 水結合材比W/(C+F)

ここで、W:水の質量
C:セメントの質量
F:フライアッシュその他の結合材として使用する混和材の質量

フライアッシュセメント、高炉セメント等を用いる場合には、これらのセメントの質量はCで表される。

有効水結合材比は中性化速度係数の予測値を次式で推定する際に用いるW/Bをいいます。

αp=a+b・W/B

ここに、W:単位体積あたりの水の質量
B:単位体積あたりの有効結合材の質量
B=Cp+k・Ad
Cp:単位体積あたりのポルトランドセメントの質量
Ad:単位体積あたりの混和材の質量
k:混和材の種類により定まる定数
   フライアッシュの場合、k=0
   高炉スラグ微粉末の場合、k=0.7
 

Q3−2.

水セメント(結合材)比を入力した場合の質量はどのように定義しているか
A3−2. 水の質量を百分率で表した水セメント(結合材)比としています。したがって、このときのセメント(結合材)の質量は100となります。これらの水およびセメント(結合材)の質量は単位量(モルタルまたはコンクリートを1m3つくるときに用いる量)ではありませんので注意して下さい。
 

Q3−3.

中性化速度係数の照査を満足する水セメント(結合材)比を求めることはできないのか
A3−3. 中性化速度係数を水と結合材の比率を用いて推定する場合は、有効水結合材比W/Bを用います。Bには混和材の量をそのまま算入することはできません。したがって、W/Bは求めることができても、W/CまたはW/(C+F)を求めることはできません。
 

Q3−4.

普通ポルトランドセメントには高炉スラグ、フライアッシュ、シリカ質混合材を混合したものがあるが、これらのポルトランドセメントを使用したときの有効水結合材比はどのようにして求めているのか
A3−4. 普通ポルトランドセメントにおいては混合できる高炉スラグ、フライアッシュ、シリカ質混合材の総量はセメントの5%以下に制限されています。したがって、有効結合材の質量と結合材の質量には大きな違いがないので、100%有効であるとしています。
 

Q3−5.

水セメント(結合材)比や有効水結合材比から求めた値が負の場合の取り扱いはどのようにしているか
A3−5. 本プログラムで使用している推定式には以下の形式のものがあります。

(1)中性化速度係数: Y=F(X)
(2)コンクリートの拡散係数、透水係数: logY=F(X)

(1)においてF(X)が負の場合は、F(X)=0とします。すなわち、有効水結合材比がある値より小さい領域では、コンクリートの中性化は進行しないものとして取り扱います。
(2)においてF(X)が負の場合は、Yの値が小数になるだけであり、何ら不都合は生じないので、そのまま求められた値を使用します。
 

Q3−6.

安全係数等の係数を複数与えて照査することはできないか
A3−6. 乾燥しにくい環境か乾燥しやすい環境か、部位が上面か否かなどの条件により安全係数等が異なってきますが、本プログラムでは同一構造物においては使用されるコンクリートの品質は同一であると考え、厳しい条件で照査することを標準としており、安全係数等の係数は照査対象項目に対して一つだけ設定できるようにしています。
 

Q3−7.

水密性の照査において、Qcjdを算出する際に用いるb(照査対象部分のひび割れ長(m))とはどのような量か
A3−7. 照査対象部分に存在するひび割れあるいは継目の全長になります。
 

Q3−8.

水密性の照査におけるA(透水経路の断面に相当するコンクリートの全面積)とはどのような量か
A3−8. 一般には照査対象部分の面積となります。
 

Q3−9.

照査パターン2(特性値を満足する水セメント(結合材)比を求める)場合、各照査を満足する最大水セメント(結合材)比のうちの最小値を表示(出力)できないか
A3−9. 本プログラムでは任照査項目ごとに異なる照査パターンを選択することができるようになっています。したがって、上記の機能を持たせておりません。実際の設計においては最小値以下になるように水セメント(結合材)比を設定して下さい。
 

Q3−10.

中性化に関する照査や塩化物イオンの侵入に伴う鋼材腐食に関する照査に用いるかぶりの期待値とひび割れ幅を算定する際に用いるかぶりとは異なるのか
A3−10. 中性化に関する照査や塩化物イオンの侵入に伴う鋼材腐食に関する照査に用いるかぶりの期待値は、照査対象部位においてコンクリート表面に最も近い鋼材のかぶりの期待値(一般には設計かぶりとしてよい)となります。一方、ひび割れ幅を算定する際に用いるかぶりはコンクリート表面に最も近い引張鋼材のかぶりの期待値(一般には設計かぶりとしてよい)となります。したがって、配力鉄筋が主鉄筋より内側に配置されている場合には通常は同じとなりますが、はりのようにスターラップがある場合には、中性化に関する照査や塩化物イオンの侵入に伴う鋼材腐食に関する照査に用いるかぶりの期待値は、スターラップのかぶりとなり、ひび割れ幅を算定する際に用いるかぶりは引張鉄筋のかぶりとなります。
 

Q3−11.

配合設計において、セメント(結合材)水比とコンクリートの圧縮強度の関係を設定することとしているが、この式における定数aおよびbはどのように与えればよいか
A3−11. [施工編]の解説では、上記に関し以下のように記述されています。

「コンクリートの圧縮強度は、ある範囲では、式(6.4.2)に示されるように、セメント(結合材)水比と直線関係にあることが知られている。この式における定数aおよびbは、セメントの種類や骨材の品質などによって相違するので、同一の品質について十分な資料がない場合には、試験によってこれらを定める必要がある。その場合は、適切と思われる範囲内で3種以上の異なった水セメント(結合材)比を用いたコンクリートについて試験して定めるのがよい。試験における誤差を小さくするため、試験値は2バッチ以上のコンクリートから造った供試体における平均値をとるのが望ましい。」したがって、十分な資料を有しない場合には、基本的には試験により定数を定めることとなります。

 4.設計編(操作に関するQ&A)

Q4−1.

「システムリソースが不足しているため、このまま継続すると動作が不安定になる可能性があります。」と表示された際の使用可能リソースの拡張方法は?
A4−1. 本メッセージは、現在ご使用の環境において、製品を実行するために必要なシステムリソースが不足している場合に表示されます。

製品が正常に動作するためには、ある程度のシステムリソースが必要ですが、そのシステムリソースが不足した場合、

■ 「Win32エラー」が発生する
■ 「モジュールエラー」が発生する
■ ダイアログが開けない
■ 計算実行できない
■ 印刷実行できない
■ フリーズする

など、製品の使用に支障をきたす現象が発生する可能性が非常に高くなります。

システムリソースは、本製品だけではなく常駐プログラムや他のアプリケーションなど動作している全てのプログラムで使用されるため、その数が多くなれば消費される量も多くなります。

特に『Windows95/98/Me』では、OSの制約でシステムリソース量は固定となっているため、これらのエラーが発生する可能性が高く、また、メモリ増設でシステムリソースが拡張されることはありません。そのため、十分なシステムリソースが確保された状態で製品をご使用いただくことが一番の回避策となります。

なお、前述のOSに対し『WindowsNT/2000/XP』では、リソース管理が向上しており実装メモリによりシステムリソース等が拡張されますので、システムリソース不足が発生することはほとんどありません。

使用可能なシステムリソースの拡張は、以下の方法にて行ってください。

■ 他のアプリケーションを終了する
■ 常駐プログラムを終了する
■ 壁紙を使用しない
■ デスクトップ上のアイコンを減らす
■ システム起動時に自動起動されるメニューを停止する

また、常駐プログラムや他のアプリケーションが終了しても使用されていたシステムリソースが全て解放される訳ではありませんので、その場合はマシンを再起動した上で、他のプログラムを起動せずに製品のみを実行してください。なお、OS附属のリソースメータで使用可能なリソース容量が確認できますので、表示されたメッセージ中の容量[30%]を目安に使用可能リソース容量を確保してください。
 

Q4−2.

画面を開くたびにヘルプが表示されるが何とかならないか
A4−2. オプション画面の[ヘルプの自動表示]にて[入力時ヘルプを自動表示する]をOFFとしてください。
なお、本項目を1度だけ設定いただければ以降、自動的にヘルプは表示されません。

 5.全般

Q5−1.

Ver.3の改訂内容を教えてください
A5−1. ・ひび割れ調査編
Ver.3.0.0での改訂項目はありません。

・設計編
(1)コンクリート標準示方書 2012年制定 [設計編](社団法人 土木学会)に対応しました。
(2)入力データとして写真等の画像も扱えるように機能を改善しました。
(3)国土地理院地図機能の追加 などメイン画面を含め入力インターフェイスを刷新しました。
(4)入力のインターフェイスの改善に伴いヘルプの自動表示機能を廃止しました。
(5)入力のインターフェイスの改善に伴い背景の設定を廃止しました。
 

Q5−2.

地図機能はどのような地図を使用していますか?
A5−2. 国土地理院の地理院地図(電子国土Web)を使用しています。
 

Q5−3.

データに座標を登録したいが、座標値を知りたいがどうすればよいか
A5−3. 地図の上部に緯度と経度を表示しておりますので、そこからコピーアンドペーストで入力することができます。
 

Q5−4.

以前に作成したデータをソフトで指定したデータフォルダに追加したがデータ一覧に表示されません。なぜでしょうか。
A5−4. データ一覧は更新機能をまだ備えていないため、ソフトを起動中に追加されたデータについては表示されません。
ソフトを再起動して頂くか、起動中のソフトにてファイル保存を行って頂ければ、リストが更新され、表示されます。
また、同梱されている「ひび割れ調査編」のデータは表示することができません。
同様に「維持管理編」のデータも表示することができません。
 

Q5−5.

ユーザが独自で用意した別の地図に差し替えることはできませんか
A5−5. できません。
随時更新され、信頼性が高い国土地理院の地理院地図(電子国土Web)を使用し、ユーザが独自で地図を用意しなくてもよいように設計されております。
もし、別途レイヤーを追加したいご要望がございましたら、営業や問い合わせ窓口を通じてご連絡ください。
 

Q5−6.

写真は何枚まで登録できますか?
A5−6. 1データにつき1枚となっております。
 

Q5−7.

複数のパソコン(拠点)で管理しているデータを1つに集めることはできますか?
A5−7. はい。登録データ1件ごとにファイルを分けておりますので、データフォルダに対象のデータを設置するだけで良いです。
 

Q5−8.

オフラインの環境でも使用することはできますか?
A5−8. はい。地図機能も使用することができます。






戻る
UC−1 INDEX



お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/18  VRまちづくりシステム体験
10/19  EXODUS・SMARTFIRE体験
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション