Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A落橋防止システムの設計計算 Q&A ('17.09.07)

NEW! 更新内容

Q3−3.有効幅が橋脚天端の範囲外となる場合や隣接する有効幅と重なる場合の控除は行われるか('17.09.07)


目  次
1.適用範囲 

Q1−1.鋼製ブラケットによる横変位拘束構造の照査は可能か?

Q1−2.PCケーブルにより主桁同士を連結する落橋防止構造は可能か?

Q1−3.H24年道示改定により落橋防止システムの設計計算に影響する項目を教えてほしい

Q1−4.段差防止構造に対応しているか

Q1−5.「基本条件」で斜橋の設定が可能となっているが照査上は何に反映されるのか
2.桁かかり長 

Q2−1.下部構造の耐力が小さい場合に自動的に桁かかり長を1.5倍とすることは可能か

Q2−2.桁かかり長のみが不足している場合に計算・結果確認ボタンの色が黄色くなるのはなぜか

Q2−3.斜橋の場合のSEθRを計算する方法を教えてほしい

Q2−4.必要桁かかり長を求める際の最大応答変位量uRはどのような値を入力すればよいか
3.縁端拡幅 

Q3−1.せん断照査時の補正係数CeとCptはどのように計算しているのか

Q3−2.鉄筋の許容せん断応力度に割増し係数は考慮しなくてよいのか

Q3−3.有効幅が橋脚天端の範囲外となる場合や隣接する有効幅と重なる場合の控除は行われるか
4.落橋防止構造 

Q4−1.曲げ照査時のアンカー筋の取り扱いを「複鉄筋」とした場合、圧縮側と引張側の鉄筋をどのように区分し入力すればよいか

Q4−2.落橋防止構造の設計水平地震力に用いる橋脚の水平耐力を計算することは可能か

Q4−3.高力ボルトの位置を1本ずつ指定したい

Q4−4.落橋防止壁の照査に用いる曲げ耐力はどのように算定しているのか

Q4−5.落橋防止壁の照査においてコーベルとしての計算は必要か

Q4−6.アンカー筋の許容せん断応力度はどのように決定されているのか

Q4−7.図心位置より圧縮側(下側)のアンカー筋を「上面」として入力した場合も引張鉄筋として考慮しているのはなぜか

Q4−8.落橋防止壁のせん断照査で軸方向引張鉄筋比Ptが0.2%を下回る場合のCptはどのように計算しているのか

Q4−9.設計地震力を常に上限値として照査することは可能か。
※「設計要領 第2集 橋梁建設編」(平成26年7月 東・中・西日本高速道路株式会社)に記載されている方法。


Q4−10.橋座面の前面を拡幅し突起を設けるタイプの落橋防止構造に対応可能か?

Q4−11.繊維ロープを用いた落橋防止構造に対応可能か?

Q4−12.鋼製アングルを用いた落橋防止構造に対応可能か?

Q4−13.せん断定着部材を用いた落橋防止構造に対応しているか

Q4−14.斜引張鉄筋の始端位置の設定がないのはなぜか

Q4−15.落橋防止壁の曲げ耐力の照査は、降伏曲げモーメント(My)ではなく最大抵抗曲げモーメント(Mu)を耐力としているのか
5.横変位拘束構造

Q5−1.設計方法に「許容応力度法」と「耐力照査」の2種類があるのはなぜか

Q5−2.設計地震力を常に上限値として照査することは可能か。
※「設計要領 第2集 橋梁建設編」(平成26年7月 東・中・西日本高速道路株式会社)に記載されている方法。


Q5−3.斜引張鉄筋の断面積は帯鉄筋と中間帯鉄筋の全ての断面積を指定するのか

Q5−4.横変位拘束構造の設計について、取付部の鋼構造の設計計算に対応しているか
6.基準値

Q6−1.「基準値」画面の設定を初期値に戻したいが初期設定ボタン等はないのか

Q6−2.アンカー筋の材質として選択リストにないものを使用したい

Q6−3.道示に規定されていない鉄筋径や断面積を使用したい
7.その他

Q7−1.BFSplash.dllからウィルスが検知された

Q7−2.メイン画面のツリーで各入力・結果画面をシングルクリックで開きたい

Q7−3.「基本条件」画面の「震度連携の取込(更新)」とメイン画面の「震度連携の取込(追加)」の違いはなにか

Q7−4.設計調書を作成することは可能か

Q7−5.データファイルが破損し読み込めなくなった場合の対処法はあるか



 1.適用範囲

Q1−1.

鋼製ブラケットによる横変位拘束構造の照査は可能か?
A1−1. 申し訳ございませんが、鋼製ブラケットによる横変位拘束構造及びブラケット本体の設計には対応しておりません。
本件につきましては、今後の検討課題とさせていただきたいと存じます。
 

Q1−2.

PCケーブルにより主桁同士を連結する落橋防止構造は可能か?
A1−2. Ver.2.00.00より対応しております。
「基本条件−落橋防止構造」でタイプを「PCケーブル連結(主桁−主桁)」としてください。
 

Q1−3.

H24年道示改定により落橋防止システムの設計計算に影響する項目を教えてほしい
A1−3. 落橋防止システムの設計計算について影響のある主な改定内容は下記のとおりです。
・地域区分及び地域別補正係数の変更(設計水平震度khに影響)。
・斜橋,曲線橋の桁かかり長の算定式が変更。
・タイプA支承の削除に伴い、橋軸方向の変位制限構造が規定から削除。
・落橋防止構造の設計地震力の変更(下部構造の水平耐力)。
・横変位拘束構造(旧変位制限構造)の設計地震力の変更(下部構造の水平耐力)。
・落橋防止構造の鋼部材の割増係数が1.7に変更。
併せて、製品ヘルプの「概要|バージョン及び改良点|Ver3.0.0」をご覧ください。
 

Q1−4.

段差防止構造に対応しているか
A1−4. Ver.4において、コンクリート台座による段差防止構造の計算(耐力照査または支圧応力度照査)に対応しています。
 

Q1−5.

「基本条件」で斜橋の設定が可能となっているが照査上は何に反映されるのか
A1−5. 「基本条件」画面の「斜橋」のスイッチは「桁かかり長」の算定のみに使用します。
 2.桁かかり長

Q2−1.

下部構造の耐力が小さい場合に自動的に桁かかり長を1.5倍とすることは可能か
A2−1. 可能です。
「桁かかり長」画面の「基本条件|PLG<0.8Rdとなる場合の扱い」で「桁かかり長を1.5倍とする」をチェック(レ)してください。
 

Q2−2.

桁かかり長のみが不足している場合に計算・結果確認ボタンの色が黄色くなるのはなぜか
A2−2. 現況の桁かかり長が不足している場合、縁端拡幅により対策を行った後も桁かかり長は不足していることを注意喚起するため他の照査項目と表示色を変えています。
 

Q2−3.

斜橋の場合のSEθRを計算する方法を教えてほしい
A2−3. 以下の手順で設定してください。
1.「基本条件」画面の「橋の形式」を「斜橋」とします。
2.「桁かかり長」画面の「斜橋」の項目で条件を設定してください。
 

Q2−4.

必要桁かかり長を求める際の最大応答変位量uRはどのような値を入力すればよいか
A2−4. (1)ゴム支承を固定支持として扱う場合
H24道示X(P.306)の解説より、ゴム支承本体の幅を支承幅として「uR=0.5×支承幅」で算定してよいと考えられます。

(2)ゴム支承を地震時水平力分散構造として扱う場合
両端橋台の単純桁の場合を除き、H24道示X(P.53)より動的解析が必要となります。
従いまして、最大応答変形量uRとしては動的解析の結果を設定いただくことになります。

(3)可動支承の場合
動的解析を行っている場合は、(2)と同様に動的解析の結果を設定してください。
また、動的解析を行わない(必要がない)場合、H24道示Xでは具体的な算定方法が解説から削除されておりますが、H14道示に準じて算定すればよいと考えます。

詳しい計算方法については、H14道示X(P.266)の3)を参考にしてください。
 3.縁端拡幅

Q3−1.

せん断照査時の補正係数CeとCptはどのように計算しているのか
A3−1. ■補正係数Ce
H24道示W(P.157)の表-4.2.2より決定しています。
※有効高dが含まれる区間内で直線補完で求めます。

■補正係数Cpt
H24道示W(P.157)の表-4.2.3より決定しています。
※引張主鉄筋比ptが含まれる区間内で直線補完で求めます。
※ptが0.1を下回る場合は、0.1〜0.2の勾配を用いて直線補完しています。

■引張主鉄筋比pt
H24道示W(P.162)の解説より、断面の図心位置から引張側の軸方向鉄筋の断面積を用いて下記の式で計算します。

Pt=ΣAst/(b・d)

ここに、
  ΣAst:図心より引張側の鉄筋量(mm^2)
   b:断面幅(mm) ※有効幅B
   d:有効高(mm)
 

Q3−2.

鉄筋の許容せん断応力度に割増し係数は考慮しなくてよいのか
A3−2. 縁端拡幅の設計は、地震後の死荷重状態に対して行うため、許容応力度の割増しは考慮しなくてよいと考えます。
計算時は、「基準値」画面の「鉄筋|許容せん断応力度」で設定されている値を用います。
 

Q3−3.

有効幅が橋脚天端の範囲外となる場合や隣接する有効幅と重なる場合の控除は行われるか
A3−3. 現在は、お問い合わせの条件における有効幅の自動計算には対応しておりません。
お手数ですが、「縁端拡幅」画面の「有効幅を直接指定する」をチェックし、計算上の有効幅を直接指定して下さい。
 4.落橋防止構造

Q4−1.

曲げ照査時のアンカー筋の取り扱いを「複鉄筋」とした場合、圧縮側と引張側の鉄筋をどのように区分し入力すればよいか
A4−1. 現行バージョンでは、入力した区分によって次のように曲げ照査時に有効とする鉄筋を決定しています。
・単鉄筋:引張側に配置される鉄筋(=「上面」と定義された鉄筋のみ)を考慮。
・複鉄筋:圧縮側及び引張側に配置される鉄筋(=入力された全鉄筋)を考慮。
従いまして、通常は断面の図心位置を境に上面と下面を設定してください。
 

Q4−2.

落橋防止構造の設計水平地震力に用いる橋脚の水平耐力を計算することは可能か
A4−2. 申し訳ございませんが、水平耐力を計算する機能はありません。
設計対象が橋脚の場合、「基本条件」画面の「震度連携の取込(更新)」ボタンより、別途作成している震度連携ファイル(*.F3W)内に登録されている橋脚の水平耐力を反映することができますのでこちらの機能をご利用ください。
 

Q4−3.

高力ボルトの位置を1本ずつ指定したい
A4−3. Ver.4より、高力ボルトの座標入力に対応しています。
高力ボルトの設定項目で、入力方法を「座標」とし、ガイド図を参考に設定を行ってください。
 

Q4−4.

落橋防止壁の照査に用いる曲げ耐力はどのように算定しているのか
A4−4. H24道示W(P.175)の(1),(P.186)の(1)の解説より、H24道示Vの破壊抵抗曲げモーメントMuとして求めています。
基本的な考え方及び計算方法については、H24道示V(P.142〜145)をご覧ください。
 

Q4−5.

落橋防止壁の照査においてコーベルとしての計算は必要か
A4−5. 本件につきまして、調査を行いましたが、現時点で有効な情報を得ることができておりません。
恐れ入りますが、設計者により必要と判断される場合は、別途ご検討くださいますようお願いいたします。
 

Q4−6.

アンカー筋の許容せん断応力度はどのように決定されているのか
A4−6. アンカー筋の許容せん断応力度は、「基準値」画面の「鉄筋」項目の「許容せん断応力度」を適用します。
ただし、鉄筋の「許容せん断応力度」については、具体的な許容値が記載された文献が確認できていないため、現在は上記画面ヘルプの脚注に従って許容値を設定しています。
恐れ入りますが、最終的な許容値については設計者の判断となりますことをご了承ください。
 

Q4−7.

図心位置より圧縮側(下側)のアンカー筋を「上面」として入力した場合も引張鉄筋として考慮しているのはなぜか
A4−7. 現在の仕様は、「引張側」の範囲を設計者の判断により柔軟に変更できるようにする意図があります。
例えば、中立軸位置より引張側の鉄筋を引張鉄筋として扱いたい場合などが該当します。
 

Q4−8.

落橋防止壁のせん断照査で軸方向引張鉄筋比Ptが0.2%を下回る場合のCptはどのように計算しているのか
A4−8. H24道示W(P.157)の表-4.2.3を参考に設定しています。
なお、ptが0.1を下回る場合は、0.1〜0.2の勾配を用いて直線補完しています。
 

Q4−9.

設計地震力を常に上限値として照査することは可能か。
※「設計要領 第2集 橋梁建設編」(平成26年7月 東・中・西日本高速道路株式会社)に記載されている方法。
A4−9. Ver.4.1.0(Suite1.1.0)で対応しました。
落橋防止壁の場合、「落橋防止構造」画面の「設計水平力HF」で「1.5Rd」を選択してください。
PCケーブル連結(主桁-胸壁)の場合、「落橋防止構造」画面の「設計水平力RH」で「1.5Rd」を選択してください。
 

Q4−10.

橋座面の前面を拡幅し突起を設けるタイプの落橋防止構造に対応可能か?
A4−10. 申し訳ございませんが、本製品では対応しておりません。
お役に立てず申し訳ございませんが、別途ご検討くださいますようお願いいたします。
 

Q4−11.

繊維ロープを用いた落橋防止構造に対応可能か?
A4−11. Ver.5.0.0(Suite2.0.0)より対応しました。
「基本条件-落橋防止構造」でPCケーブル連結(主桁-繊維ロープ)を選択してください。
 

Q4−12.

鋼製アングルを用いた落橋防止構造に対応可能か?
A4−12. Ver.5.0.0(Suite2.0.0)より対応しました。
「基本条件-落橋防止構造」でPCケーブル連結(主桁-鋼製アングル)を選択してください。
 

Q4−13.

せん断定着部材を用いた落橋防止構造に対応しているか
A4−13. 現在は対応しておりません。
ご了承ください。
 

Q4−14.

斜引張鉄筋の始端位置の設定がないのはなぜか
A4−14. 本製品では、下記ヘルプに記載の計算式中の「Aw」と「s」を直接指定いただく仕様としています。
そのため、始端位置など詳細な配置の設定はご用意しておりません。
・「計算理論及び照査の方法|落橋防止構造|せん断力に対する照査」
 

Q4−15.

落橋防止壁の曲げ耐力の照査は、降伏曲げモーメント(My)ではなく最大抵抗曲げモーメント(Mu)を耐力としているのか
A4−15. 現行バージョンでは、以下の理由により、最大抵抗曲げモーメントを耐力とする仕様としています。

・H24道示X(P.312)の下から4行目の解説において、コンクリートブロックのようなコンクリート部材の場合には、最大抵抗曲げモーメントに相当する耐力を用いてよいとされている。
・H24道示W(P.175)の(1),(P.186)の(1)の解説より、最大抵抗曲げモーメントは、コンクリート橋編の破壊抵抗曲げモーメント(Mu)である。
 5.横変位拘束構造

Q5−1.

設計方法に「許容応力度法」と「耐力照査」の2種類があるのはなぜか
A5−1. 「許容応力度法」については、H14道示以前の方法で計算できるオプション的な機能とお考えください。
通常は「耐力照査」で問題ありません。
 

Q5−2.

設計地震力を常に上限値として照査することは可能か。
※「設計要領 第2集 橋梁建設編」(平成26年7月 東・中・西日本高速道路株式会社)に記載されている方法。
A5−2. Ver.4.1.0(Suite1.1.0)で対応しました。
「横変位拘束構造」画面の「設計水平力Hs」で「3khRd」を選択してください。
 

Q5−3.

斜引張鉄筋の断面積は帯鉄筋と中間帯鉄筋の全ての断面積を指定するのか
A5−3. 計算に考慮する全ての断面積を指定してください。
一般には帯鉄筋と中間帯鉄筋の断面積の合計値となります。
 

Q5−4.

横変位拘束構造の設計について、取付部の鋼構造の設計計算に対応しているか
A5−4. 現在は、お考えの取付部の鋼構造の設計計算には対応しておりません。
別途ご検討くださいますようお願いいたします。
 6.基準値

Q6−1.

「基準値」画面の設定を初期値に戻したいが初期設定ボタン等はないのか
A6−1. Ver.4.0.3より初期設定機能を追加しました。。
「基準値」画面の「初期設定」ボタンより初期化を行ってください。
 

Q6−2.

アンカー筋の材質として選択リストにないものを使用したい
A6−2. 下記の手順で任意の材質を追加することでご対応ください。
1.「基準値」画面の「鉄筋」を開きます。
2.画面左上の「材質追加」ボタンを押下します。
3.「材質名称」を設定し、各許容値を設定します。
4.アンカー筋のリストから上記で追加した材質を選択してください。
 

Q6−3.

道示に規定されていない鉄筋径や断面積を使用したい
A6−3. 以下の手順で設定してください。
1.「基準値」画面を開きます。
2.「鉄筋径」項目の表で呼び名、径、断面積を設定します。
3.各入力画面で「2.」で追加した呼び名の鉄筋を選択してください。
 7.その他

Q7−1.

BFSplash.dllからウィルスが検知された
A7−1. 一部のウィルスチェックソフトで、BFSplash.dllからウィルスが検知されたと報告されるケースが発生しました。
本件につきましては、開発元に確認をお願いして、2012年10月13日に誤検知に対する修正を行っていただいております。
 

Q7−2.

メイン画面のツリーで各入力・結果画面をシングルクリックで開きたい
A7−2. 以下の手順で設定を変更してください。
1.メインメニューより「オプション|動作環境の設定」画面を開きます。
2.「マウスによるツリー項目選択方法」を「シングルクリック」へ変更してください。
 

Q7−3.

「基本条件」画面の「震度連携の取込(更新)」とメイン画面の「震度連携の取込(追加)」の違いはなにか
A7−3. 「基本条件」画面の取込は、現在設定中の検討ケースに対し連携する場合に使用します。
メイン画面からの取込は、検討ケースを新規に作成し連携する場合に使用します。
データの作成状況に応じて使い分けてください。
 

Q7−4.

設計調書を作成することは可能か
A7−4. 現在は対応しておりません。
ご了承ください。
 

Q7−5.

データファイルが破損し読み込めなくなった場合の対処法はあるか
A7−5. 初期設定では、設計データファイルと同一フォルダにバックアップファイル(拡張子F3R~)を作成しています。
上記ファイルの拡張子を「F3R」へ変更しご利用ください。
※バックアップファイルは1世代(最後に上書き保存を行う直前の状態)のみ作成します。






戻る
UC−1 INDEX


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/18  VRまちづくりシステム体験
10/19  EXODUS・SMARTFIRE体験
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション