Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A設計成果チェック支援システムVer.2(平成24年道示対応版) Q&A ('15.08.31)

NEW! 更新内容

Q1−16.橋梁構造物Web照合チェックシステムにてインポート可能とあるが、これは何をインポートできるのか?('15.08.31)

目  次
 

Q1−1.システムAで分布が表示され、対象構造物がどこに位置するか表示されますが、その位置とは何をもって表示されているのでしょうか(応力度、曲げ・せん断の照査結果、鉄筋量?)

Q1−2.システムBCDそれぞれ、入力値に対して内部で計算を実施してその結果をチェックされると思いますが、それぞれのシステムにおける出力項目、チェック項目とはどのようなものでしょうか。
よければ出力サンプルを提供いただけないでしょうか(実際の計算書を見ながらチェックできるようなものなのか確認したい)


Q1−3.チェック項目の中に配筋位置 のチェックはありますでしょうか

Q1−4.擁壁・ボックス・橋梁上下部 それぞれの部材における鉄筋量のチェックは含まれるのでしょうか

Q1−5.鋼橋やメタル橋脚には対応されていますか?

Q1−6.擁壁やボックス、下部工製品 などは、UC-1の設計データを読み込んでチェックさせることも可能ですか?

Q1−7.このプログラムは他社製品の設計チェックも行えるのでしょうか?

Q1−8.橋梁下部工耐震性能静的照査システム(システムC)に用いたUC-1製品バージョンを教えてください

Q1−9.システムAに登録されたデータの情報漏えいについての対策は?

Q1−10.橋台・擁壁など個別の設計プログラムとしても利用できるのか?

Q1−11.「イメージサイズが正しくありません」と表示され橋梁下部工耐震性能静的照査システムが起動しません

Q1−12.橋梁構造物Web照合チェックシステムで検索・照合および登録可能な構造物の種類は?

Q1−13.橋梁構造物Web照合チェックシステムの照合では何をもって設計の妥当性を評価するのですか?

Q1−14.橋梁下部工耐震性能静的照査システムでは、固有周期は確認されないのでしょうか

Q1−15.橋梁構造物Web照合チェックシステムの分析・照合グラフの見かたを教えてください

Q1−16.橋梁構造物Web照合チェックシステムにてインポート可能とあるが、これは何をインポートできるのか?



 

Q1−1.

システムAで分布が表示され、対象構造物がどこに位置するか表示されますが、その位置とは何をもって表示されているのでしょうか(応力度、曲げ・せん断の照査結果、鉄筋量?)
A1−1. システムAでは、『上部構造』、『橋台』、『橋脚』、『擁壁』、『BOXカルバート』と5種類の構造物 それぞれに対して検索・照合等が可能になっております。
照合の際は、横軸と縦軸に検索・照合する項目を設定いただき、軸項目の組合せからグラフにて構造物の適性を確認します。
軸項目の内容は、各構造物毎に若干の差異がございますが、概ね、横軸は全高または幅、縦軸は厚さまたは鉄筋量を設定し照合いただく事になります。

橋脚を例に挙げますと
■横軸
・橋脚全高
・死荷重反力

■縦軸
・柱直角方向幅
・はり単位体積当たり鉄筋量
・柱(全高)単位体積当たり鉄筋量
・柱(はり、底版基部除く)単位体積当たり鉄筋量
・底版単位体積当たり鉄筋量
から横軸、縦軸の項目を組合わせ、構造物の適性を確認します。
 

Q1−2.

システムBCDそれぞれ、入力値に対して内部で計算を実施してその結果をチェックされると思いますが、それぞれのシステムにおける出力項目、チェック項目とはどのようなものでしょうか。
よければ出力サンプルを提供いただけないでしょうか(実際の計算書を見ながらチェックできるようなものなのか確認したい)
A1−2. チェック内容に関しましては、以下のとおり各システム毎に差異がございます。
■橋梁構造物概算値チェックシステム(以下、システムB)
構造物の寸法と鉄筋量をチェックします。

■橋梁下部工耐震性能静的照査システム(以下、システムC)
設計に用いた上部工分担重量は正しいか?
設計に用いた固有周期は正しいか?
設計に用いた設計水平震度は正しいか?
橋台、橋脚、杭基礎は許容応力度を満足するか?
をチェックします。

■橋梁下部工耐震性能動的照査システム(以下、システムD)
[支承変形量の照査]
・最大応答変位、許容変位の結果を表示します。
・支承の条件がばねの場合のみ表示します。
[残留変位の照査]
・残留変位、許容残留変位の結果を表示します。
[橋脚部の最大応答曲率の照査]
・M-φモデルの場合
最大応答曲率、許容応答曲率の結果を表示します。
など。

なお、誠に申し訳ございませんが、土木構造物の設計成果チェック支援システムでは計算書出力はサポートしておりません。
上記理由より、誠に申し訳ございませんが、出力サンプルをご提示することはできません。
 

Q1−3.

チェック項目の中に配筋位置 のチェックはありますでしょうか
A1−3. 誠に申し訳ございませんが、配筋位置はチェックの対象外となっております。
 

Q1−4.

擁壁・ボックス・橋梁上下部 それぞれの部材における鉄筋量のチェックは含まれるのでしょうか
A1−4. はい。含まれております。
 

Q1−5.

鋼橋やメタル橋脚には対応されていますか?
A1−5. システムBで上部工と申しますのは、下部工設計用反力計算機能を指しており、上部工をチェックするものではございません。
鋼橋を対象にした下部工設計用反力計算機能はありますが、上部工、並びに、メタル橋脚は対象外です。
 

Q1−6.

擁壁やボックス、下部工製品 などは、UC-1の設計データを読み込んでチェックさせることも可能ですか?
A1−6. システムBであります、『擁壁(Ver.12.01.00)』、『ボックス(Ver.11.01.00)』は可能でございます。
システムCでは、下部工構造物の登録時に限り『橋台の設計(Ver.11.01.01)』および『橋脚の設計 (Ver.10.04.00)』のデータ読込みが可能でございます。
 

Q1−7.

このプログラムは他社製品の設計チェックも行えるのでしょうか?
A1−7. システムAは、橋梁形式や寸法(橋長、幅員など)のデータベースから照合しますので、必要データを入力していただくことになります。
システムB〜Dに付きましても、他社製品のデータを読み込むことはできませんが、新たにデータ入力していただくことでご利用できます。
データ入力に関する支援サービスも行っております。
http://www.forum8.co.jp/product/uc1/kouzou/seika-sien.htm
 

Q1−8.

橋梁下部工耐震性能静的照査システム(システムC)に用いたUC-1製品バージョンを教えてください
A1−8. 各種UC-1バージョンは以下の通りです。
(1)震度算出 8.2.0
(2)橋台の設計 11.1.0
(3)橋脚の設計 10.4.0
(4)基礎の設計計算 10.2.0
 

Q1−9.

システムAに登録されたデータの情報漏えいについての対策は?
A1−9. ログイン時のコーディングはSQLインジェクションに対応しています。
また、DBサーバに直接アクセスすることはできませんのでプログラムから情報漏えいが起こる危険性は低いと判断しています。
 

Q1−10.

橋台・擁壁など個別の設計プログラムとしても利用できるのか?
A1−10. 本システムでは、いわゆる計算書作成機能はありません。
あくまでも、成果物として提出された設計書をチェックする、もしくは、設計中の構造物を別途チェックするためのプログラムで、設計計算を行うものではありません。
結果として、ok、NGの判定一覧表が印刷される程度です。
 

Q1−11.

「イメージサイズが正しくありません」と表示され橋梁下部工耐震性能静的照査システムが起動しません
A1−11. 「イメージサイズが正しくありません」というメッセージについては、以前他のユーザ様からの問い合わせで、「AVG」というウイルスチェックソフ トによってFORUM8製品のファイルが削除され(誤検出と考えられる)、当該メッセージが表示され起動しなくなったという事例がありました。
従いまして、恐らく何らかのウイルスチェックにより誤動作している可能性があります。
 

Q1−12.

橋梁構造物Web照合チェックシステムで検索・照合および登録可能な構造物の種類は?
A1−12. 以下のの5種類となります。
(1)橋梁(上部)
(2)橋台
(3)橋脚
(4)擁壁
(5)BOXカルバート
 

Q1−13.

橋梁構造物Web照合チェックシステムの照合では何をもって設計の妥当性を評価するのですか?
A1−13. グラフ中の赤い四角が照合データの点となり、この点が同グラフ中の赤線に対してどこに位置するかで設計の妥当性を評価します。
例えば、照合点が赤線上もしくは赤線近傍に位置する場合は過去の事例から、この設計は概ね問題ないと判断できます。
一方、照合点が赤線からかけ離れたところに位置する場合、すなわち過去の事例からかけ離れた設計となっているため設計を見直す必要があると判断できます。
 

Q1−14.

橋梁下部工耐震性能静的照査システムでは、固有周期は確認されないのでしょうか
A1−14. 確認できます。
チェック項目の1つです。計算途中で本システムから得られる固有周期と成果物における固有周期との比較検証しています。
 

Q1−15.

橋梁構造物Web照合チェックシステムの分析・照合グラフの見かたを教えてください
A1−15. グラフ上には過去の実績から回帰直線を描画しています。
現在検証中の結果(点)が回帰直線付近に位置していれば「概ね問題なし」、かけ離れていれば「問題あり」といった見方となります。
 

Q1−16.

橋梁構造物Web照合チェックシステムにてインポート可能とあるが、これは何をインポートできるのか?
A1−16. データ登録時に保存したSDVファイルのインポートが可能となっています。



戻る
UC-1 INDEX


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション