18/02/16
箱式橋台の設計計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.2 Ver.2.0.0 リリース。
■バージョンアップグレード内容
1.平成29年11月 道路橋示方書・同解説に対応しました。
2.Ver.1から変更のある項目は、以下のとおりです。
(1)胸壁、翼壁において、地震時温度変化荷重(D+TH+EQ)ケースの照査に対応しました。
(2)耐久性能照査時の部材の腐食に対する照査においては、気中部材のみ照査を行うようにしました。
(3)底版設計時のコンクリートが負担できるせん断力Scdにおいて、上限値(Φuc・τcmax・b・d/k)を考慮しないようにしました。
(4)部材照査時の耐力の照査は、絶対値で行うようにしました。
(5)竪壁設計時の最小鉄筋量の照査において、計算上必要なコンクリート断面積A'の算出を変更しました。
鉄筋の圧縮応力度の制限値及びコンクリートの軸圧縮応力度の制限値の参照先をD+EQとD+EQ以外で分けるようにしました。

製品更新: UC-1 Engineer's Suite 仮設土工スイート 擁壁の設計・3D配筋 Advanced Ver.5.1.2
Engineer's Studio®面内 Ver.3 Ver.3.0.1


18/02/14
製品更新: 擁壁の設計・3D配筋 Ver.17 Advanced/Standard/Lite 共通 Ver.17.1.2
二柱式橋脚の設計計算 Ver.1.1.3


18/02/13
製品更新: UC-1 Engineer's Suite 下部工基礎スイート 橋脚の設計・3D配筋 Ver.4.1.10
橋脚の設計・3D配筋 Ver.14 Ver.14.1.10

Q&A更新: Engineer's Studio®


18/02/09
Q&A更新: フーチングの設計計算(部分係数法・H29道示対応)


18/02/08
製品更新: 配水池の耐震設計計算 Ver.7 Ver.7.0.7


18/02/07
製品更新: UC-1 Engineer's Suite 下部工基礎スイート 基礎の設計・3D配筋 Ver.4.2.6
基礎の設計・3D配筋 Ver.2 Advanced/Standard/Lite 共通 Ver.2.2.6
基礎の設計計算 Ver.9、杭基礎の設計 Ver.9 共通 Ver.9.6.5
UC-Draw Ver.8 Ver.8.71


18/02/06
製品更新: FEM Engineer's Suite FEM解析スイート Engineer's Studio® Advanced/Senior/スイートバンドル 共通 Ver.4.1.0
Engineer's Studio® Ver.7 Ver.7.1.0

Q&A更新: BOXカルバートの設計・3D配筋、BOXカルバートの設計・3D配筋(下水道耐震)


18/02/05
UC-win/Road Ver.13、UC-win/Road Ver.13 Presentation Version Ver.13.0.0 (英、日、中、韓) リリース。
■主なバージョンアップグレード内容
1.土量計算機能を追加しました。
2.地形上に多角形状の領域(ゾーン)を作成・編集する機能を追加しました。
3.別のオーディオデバイスでスクリプトとシナリオのサウンドを再生するためのオプションを「オーディオの設定」に追加しました。
4.シミュレーション中、風の影響による葉や布などのごみが目の前を飛び散る様子を表現する機能を追加しました。
5.HTC VIVE プラグイン Ver.2:コントローラデバイスに対応しました。システムメニューを追加しました。
6.UAV プラグイン Ver.3:リモートコントローラによる手動での通過点の記録に対応しました。シミュレーションモードを追加しました。
7.クラスターオプション:クラスターマスターからクライアントの視点位置情報やカメラセンサープラグインの設定情報を制御する
機を追加しました。

製品更新: FEM Engineer's Suite FEM解析スイート FEMLEEG Advanced Ver.4.0.3
FEMLEEG Ver.8 Ver.8.0.3

Q&A更新: PCボックスカルバートの設計計算、アーチカルバートの設計計算、管の断面計算、共同溝の耐震計算
耐震性貯水槽の計算、地下車庫の計算、RC下部工の設計・3D配筋、RC下部工の設計計算(カスタマイズ版)
等流・不等流の計算、等流の計算、水門の設計計算


18/02/02
Q&A更新: Engineer's Studio®


18/02/01
製品更新: F8出力編集ツール(PDF対応) Ver.2 Ver.2.0.3
F8出力編集ツール(PDF対応) Ver.1.9.7


18/01/31
落橋防止システムの設計計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.2 Ver.2.0.0 リリース。
■バージョンアップグレード内容
1.平成29年11月 道路橋示方書・同解説に対応しました。
2.Ver.1から変更のある項目は、以下のとおりです。
(1)入力画面・出力・ヘルプにおいて、H29道路橋示方書・同解説の語句に対応しました。
(2)必要桁かかり長の照査において、固定支承の場合に最大応答変形量uRを「0」とするようにしました。
(3)接合用高力ボルトの照査において、限界状態3の照査に対応しました。
(4)必要桁かかり長の照査において、落橋防止構造及び横変位拘束構造の設置の例外の場合の照査内容に対応しました。

橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2 Ver.2.0.0 リリース。
■バージョンアップグレード内容
1.平成29年11月 道路橋示方書・同解説に対応しました。
2.Ver.1から変更のある項目は、以下のとおりです。
(1)胸壁、翼壁において、地震時温度変化荷重(D+TH+EQ)ケースの照査に対応しました。
(2)耐久性能照査時の部材の腐食に対する照査においては、気中部材のみ照査を行うようにしました。
(3)底版設計時において、コンクリートが負担できるせん断力Scdにおいて上限値(Φuc・τcmax・b・d/k)を考慮しないように
しました。
(4)橋台単独設計時の杭基礎において、杭頭接合部の照査に対応しました。
(5)竪壁設計時の最小鉄筋量の照査において、計算上必要なコンクリート断面積A'の算出を 変更しました。
鉄筋の圧縮応力度の制限値及びコンクリートの軸圧縮応力度の制限値の参照先をD+EQとD+EQ以外で分けるようにしました。

橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2 Ver.2.0.0 リリース。
■バージョンアップグレード内容
1.平成29年11月 道路橋示方書・同解説に対応しました。
2.Ver.1から変更のある項目は、以下のとおりです。
(1) はりのコーベルとしての照査に対応しました。
(2) はりの端接合部の照査に対応しました。
(3) 柱のねじりモーメントに対する照査に対応しました。
(4) 「深礎フレームの設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2」との連動に対応しました。
(5) 深礎基礎の段差フーチングに対応しました。

震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応) Ver.2 Ver.2.0.0 リリース。
■バージョンアップグレード内容
1.平成29年11月 道路橋示方書・同解説に対応しました。
2.Ver.1から変更のある項目は、以下のとおりです。
(1)慣性力算定において、死荷重の荷重組合せ係数を考慮するように変更しました。
(2)1基の下部構造とそれが支持している上部構造からなる振動単位で弾性支承を用いる場合の固有周期算定方法を
変更しました。複数下部構造と同じ手法(Frame解析)により、固有周期を算定します。
(3)可動支承のみを有する橋台のレベル2分担重量の自動設定値を変更しました。

基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2 Ver.2.0.0 リリース。
■バージョンアップグレード内容
1.平成29年11月 道路橋示方書・同解説に対応しました。
2.Ver.1から変更のある項目は、以下のとおりです。
(1)杭基礎:杭頭結合部の照査に対応しました。
(2)杭基礎:負の周面摩擦力に対応しました。
(3)杭基礎:永続変動作用のフーチング前面水平抵抗に対応しました。
(4)杭基礎:永続変動作用の杭突出部水平荷重(流水圧、動水圧、慣性力)に対応しました。
(5)杭基礎:斜杭に対応しました。
(6)杭基礎:押込み力に対する周面摩擦力(2D分)を控除する設定を追加しました。
(7)直接基礎:結果確認及び計算書表示において、1.0(D+L)の種類を「-」で表示するようにしました。
(8)直接基礎:支持力係数Nγをφ<13の場合にも算定するようにしました。また、φ=0の時はNγ=0となります。
(9)直接基礎:計算書一覧に対応しました。
(10)鋼管矢板基礎:部材照査に対応しました。
(11)ケーソン基礎:部材照査に対応しました。
(12)地中連続壁基礎:安定照査及び部材照査に対応しました。
(13)共通:入力データ出力に対応しました。


18/01/30
SPU招待特別講演会 東京(MIT 石井裕氏)が建設ITワールド(家入龍太氏公式サイト)に掲載されました。
・「自ら山を造り、初登頂するのが生き残りの条件だ」 MITメディアラボ・石井裕副所長が研究を語る (2018/01/13)
また、SPU招待特別講演・懇親会 京都を2月8日に開催致します。


18/01/26
製品更新: F8detect Ver.5 Ver.5.2.0

Q&A更新: 柔構造樋門の設計・3D配筋、調節池・調整池の計算、洪水吐の設計計算、ポンプ容量の計算
ため池の設計計算、トンネル断面算定、ライナープレートの設計計算


18/01/25
Q&A更新: Engineer's Studio®


18/01/24
Q&A更新: 橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)、箱式橋台の設計計算(部分係数法・H29道示対応)、
ラーメン式橋台の設計計算(部分係数法・H29道示対応)、橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)
落橋防止システムの設計計算(部分係数法・H29道示対応)


18/01/23
会社案内・採用情報更新。2019年卒募集要項を公開しました。


18/01/22
Q&A更新: マンホールの設計・3D配筋、擁壁の設計・3D配筋、開水路の設計・3D配筋、控え壁式擁壁の設計計算


18/01/19
製品更新: FEMLEEG Ver.8 Ver.8.0.2
橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.1.1.1
防潮堤・護岸の設計計算 Ver.2 Ver.2.3.3


18/01/18
Q&A更新: Engineer's Studio®、基礎の設計・3D配筋、3次元鋼管矢板基礎の設計計算(連結鋼管矢板対応)
UC-1 Engineer's Suite 積算


18/01/17
製品更新:UC-1 Engineer's Suite 仮設土工スイート 土留め工の設計・3DCAD(フル機能版) Ver.5.0.2
UC-1 Engineer's Suite 水工スイート 下水道管の耐震計算 Ver.1.3.3
下水道管の耐震計算 Ver.2 Ver.2.3.3


18/01/16
建設ITワールド(家入龍太氏公式サイト)にて、当社関連記事が掲載されました。
「自ら山を造り、初登頂するのが生き残りの条件だ」 MITメディアラボ・石井裕副所長が研究を語る (2018/01/13)

index