Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Home Back
UC-1シリーズ 橋梁下部工

UC−1 フーチングの設計計算 Ver.2 ¥78,000(税別)
レンタル ¥27,300〜(税別)
フーチングの設計計算 平成24年道示対応版オプション ¥20,000(税別)
レンタル ¥7,800〜 (税別)
道路橋示方書に準じた土木構造物のフーチングの断面照査プログラム

初版リリース : '10.04.30 / 最新Ver.リリース : '12.05.14

電子納品対応3D PDF対応

Products Guide
製品カタログ(PDF)
体験版
ダウンロード
操作ガイダンス
ダウンロード
Q&A
Order
製品購入
アカデミー価格
サブスクリプション
ライセンスパック
FPBポイント・バンク
レンタルライセンス/フローティングライセンス
Windows Vista/7/8/10 対応
製品詳細価格/購入サンプル画面ユーザ紹介/評価・Q&A

  Q&A (製品評価や導入の際に役立つQ&Aです)
ライン

1.適用範囲、制限条件

Q1−1. フーチングが円形で同心円状に杭配置が可能か?
A1−1. 可能です。
但し、杭反力を算出する機能はありませんので、別途算出された杭反力を入力してください。
 
Q1−2. 安定照査を行うことは出来ますか
A1−2. できません。
本プログラムでは断面照査のみ可能となっています。
 
Q1−3. 柱の検討を行うことはできますか
A1−3. できません。
本プログラムではフーチングの断面照査のみ可能となっています。
 
Q1−4. フーチング補強時の断面照査は可能ですか
A1−4. 平成24年道示対応オプションで照査可能となります。
杭基礎の場合、増し杭工法による杭基礎補強を行った場合の照査にも対応しており、既設杭、増し杭の荷重分担を評価した照査を行います。
 
Q1−5. 杭基礎での設計において、「基礎の設計・3D配筋」と同等の照査が可能ですか
A1−5. 本プログラムでは杭反力を計算する機能がありませんので、杭反力が既知であれば可能です。
 
2.断面力の算定

Q2−1. 円形フーチングの地盤反力算出根拠は?
A2−1. 円形フーチングの地盤反力は以下のように算出しています。
■浮上りが生じないとき
qmax、qmin = VB/AB ± |MB・a|/IB
  ここに、
VB:基礎底面に作用する鉛直力
AB:基礎底面の全面積
MB:基礎底面に作用するモーメント
a:基礎幅の1/2(半径)
IB:基礎底面の断面二次モーメント

■浮上りが生じるとき
qmax:分布幅を仮定し、作用力と地盤反力とが釣合うよう収束計算を行っています。

上記のように扱っていることから、計算過程を出力することができず、現行では、結果のみの出力を行っています。ご了承ください。
 
Q2−2. 橋軸および橋軸直角方向の地盤反力の考え方はどのようになりますか?
A2−2. 道路橋示方書の直接基礎の設計では、一般に、
・橋軸方向
・橋軸直角方向
に着目し、これらの1方向に荷重を載荷したときに生じる地盤反力度に対してフーチングの検討を行いますが、本プログラムにおいても、このように検討しております。
 
Q2−3. 杭の反力を作用力としてフーチングに設定することは可能でしょうか
A2−3. 可能です。「荷重」−「作用力、その他荷重」−「杭反力」で入力いただけます。
尚、杭基礎としての設計は杭反力を直接入力することでのみ対応可能です。自動計算することはできませんのでご注意下さい。
 

3.配筋

Q3−1. 配筋の入力画面に、「柱部の定着鉄筋を考慮する」の入力がありますが、この鉄筋はどのような鉄筋のことでしょうか
A3−1. 柱付け根位置では既設部柱があるため補強部の上側主鉄筋が断ち切られていると考えます。
そのため、有効幅から柱部分を除いた範囲に配置されているものと計算します。
「柱部の定着鉄筋を考慮する」は柱部に突き当たる鉄筋も考慮する場合にチェックし、鉄筋を設定して下さい。
 
Q3−2. 鉄筋材質としてSD295を選択することはできますか
A3−2. 平成24年道示対応オプションで選択可能となります。
 

4.荷重

Q4−1. 任意荷重でフーチング中心の作用力を再現することは可能でしょうか
A4−1. 入力は可能です。
但し、任意荷重は断面照査のみに用います。直接基礎のフーチング下面の作用力には考慮されません。
 

5.その他

Q5−1. 他製品と連携することは可能ですか
A5−1. 以下の弊社製品からエクスポートしたXMLファイル(*.xpr)を読み込む事が可能です。
但し、平成24年道示対応オプションが必要です。
・「基礎の設計・3D配筋」(Ver8.05.01〜)
・「橋脚の設計・3D配筋」(推奨:Ver7.04.00〜)
・「ラーメン橋脚の設計計算」(推奨:Ver7.04.00〜)
 

Page Top PageTop
 >> サポートページ フーチングの設計計算 Q&A集

Page Top PageTop

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション