Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
2.00.00 '16.12.19 ■主な改訂内容
  1. 添架式標識に対応しました。
  2. 直接基礎と杭基礎で土被り厚を考慮した計算に対応しました。
  3. 直接基礎のフーチング照査に対応しました。

■ヘルプの修正
  • 「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.2 について」−「Ver.2.0.0〜 について」
2.00.01 '16.12.27 ■主な修正内容
  1. 組み合わせ応力度照査で、算定値が誤っている不具合を修正しました。

■ヘルプ
  • 「概要−バージョン及び改良点−Ver.2.0.1〜について」に追記しました。
2.00.02 '17.02.09 ■主な修正内容
  1. 標示板・支柱の構造寸法の入力範囲(制限値:9.999→99.999(m))を拡張しました。

■ヘルプの修正
  • [概要−バージョン及び改良点−Ver.2.0.0 〜について]を更新ししました。
2.00.03 '17.03.06 ■主な修正内容
  1. 直接基礎に関する計算書において表記に誤りがあったため修正しました。
  2. 直接基礎のフーチング照査において、基礎重量ωの計算内容に誤りがあったため修正しました。
  3. 直接基礎のフーチング照査において、必要鉄筋量As'の計算内容に誤りがあったため修正しました。

■ヘルプの修正
  • [ヘルプ-概要-バージョン及び改良点-Version2.0.0〜について]
2.01.00 '17.04.12 ■主な改訂内容
  1. 支柱位置の偏心に対応しました(ケーソン基礎を除く)。
  2. 道路横断方向の安定照査及びフーチング照査に対応しました(ケーソン基礎を除く)。
  3. 無筋コンクリート照査に対応しました。
  4. 地盤反力度分布を考慮したフーチング照査に対応しました。
  5. [標示板・支柱(T型)]画面の入力桁数を拡充しました。

■主な修正内容
  1. 必要鉄筋量As'の計算に誤りがあったため修正しました。
  2. フーチングの照査においてせん断力の計算内容に誤りがあったため修正しました。
  3. フーチングの照査のせん断照査における許容せん断応力度に誤りがあったため修正しました。
  4. 計算書出力において使用鉄筋量の有効桁数を改善しました。
  5. 直接基礎および杭基礎におけるフーチングの高さについての表記を「H」に統一しました。
  6. 基礎側面の水平抵抗力および基礎側面の曲げモーメント抵抗力の計算内容に誤りがあったため修正しました。
  7. 基礎の根入れ深さDfを土被りを含めた根入れ深さに修正しました。
  8. 必要鉄筋量As'の計算において割増係数が常に風荷重時の係数となっていたため修正しました。
  9. 必要鉄筋量As'の出力において使用鉄筋量Asの計算式を明示するように修正しました。
  10. 鉄筋の選択画面において断面積の有効桁数を拡張しました。
  11. 使用鋼材の出力において、鋼材名称を出力するように改善しました。

■ヘルプの修正
  • [概要−バージョン及び改良点−Ver.2.1.0〜について]
  • [操作方法−各画面の説明−[入力]モード−[添架式標識(F型、逆L型、T型)]ダイアログ]]
  • [操作方法−各画面の説明−[入力]モード−[基礎(直接基礎)]ダイアログ]]
  • [操作方法−各画面の説明−[入力]モード−[基礎(杭基礎)]ダイアログ]]
  • [操作方法−各画面の説明−[計算確認]モード−[総括表]モード]
  • [操作方法−各画面の説明−[基準値]メニュー−[設計用設計値]ダイアログ]
  • [操作方法−計算理論及び照査の方法−柱−柱の算定]
  • [操作方法−計算理論及び照査の方法−基礎−直接基礎−作用力]
  • [操作方法−計算理論及び照査の方法−基礎−直接基礎−底面地盤反力度]
  • [操作方法−計算理論及び照査の方法−基礎−直接基礎−底面地盤せん断抵抗力]
  • [操作方法−計算理論及び照査の方法−基礎−直接基礎−底面地盤の水平抵抗力]
  • [操作方法−計算理論及び照査の方法−基礎−杭基礎−作用力]
  • [操作方法−計算理論及び照査の方法−基礎−フーチングの照査]
2.02.00 '18.05.15 ■主な改訂内容
  1. 柱脚部における無筋コンクリートの照査に対応しました。
  2. 柱脚部およびフーチングにおいて、両者のコンクリート設計基準強度が異なる場合、計算実行前に確認する画面を追加しました。

■主な修正内容
  1. コンクリート圧縮応力度の照査において、各項目の有効桁を小数第3位に統一しました。
  2. つなぎ材の鋼材設定は計算に未使用のため、関連する入力部を省略しました。
  3. ヘルプに柱開口部のX軸方向およびY軸方向の曲げモーメントMx5、My5の算出方法を記載しました。

■ヘルプ
  • [各画面の説明|[入力モード]|[柱脚部ダイアログ]]
  • [各画面の説明|[入力モード]|[基礎(直接基礎)]]
  • [各画面の説明|[入力モード]|[基礎(杭基礎)]]
  • [各画面の説明|[基準値]メニュー|[設計用設計値]ダイアログ]
  • [各画面の説明|[基準値]メニュー|鋼材|[支柱・梁主材]ダイアログ]
2.02.01 '18.06.29 ■主な修正内容
  1. 基準値メニューにおいてマスターファイルを読み込むボタンの表記を統一しました。
  2. つなぎ材の鋼材設定について、省略していた入力部を再度実装しました。
    つなぎ材の重量を計算する際に鋼材設定の値を用いております。
    Ver.2.2.0にて誤った修正対応をし、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

■ヘルプ
  • [各画面の説明|[基準値]メニュー|鋼材|[支柱・梁主材・つなぎ材]ダイアログ]
  • [各画面の説明|[基準値]メニュー|鋼材|[杭]ダイアログ]
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・道路標識柱の設計計算 Ver.2
    ・道路標識柱の設計計算 Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
医療法人知邑舎 岩倉病院
リハビリテーションセンター

[ お知らせ ]
デザインフェスティバル 2018
-3Days+Eveのご案内







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
補強土壁の設計計算 Ver.6
等流・不等流の計算・3DCAD Ver.8
構造解析上部工スイート(部分係数法・H29道示対応) Advanced Suite
Engineer's Studio® Section
配水池の耐震設計計算 Ver.8

キャンペーン実施中
IT導入補助金
技術サービス早割
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/16  UAVプラグイン・VR体験
10/17  基礎の設計・3D配筋
(部分係数法・H29道示対応)
10/18  3DCAD Studio(R)・VR体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション