FORUM8(フォーラムエイト)では、土木設計支援ソフトだけでなく、シミュレーションソフト、建築設計ソフト、構造解析ソフト、避難解析、建物エネルギーシミュレーション、BIMなどの様々な土木、建築、道路といった生活環境を整える業務をされているユーザ様により良いソフトを提供をしていきます。
Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | Chinese/Shanghai | Francais | Europe

Tech
Tech 製品別サポート 動作環境一覧表 問合フォーム ユーザ情報ページ Home
動作環境一覧表
最新バージョン
UC-win 旧バージョン

製品名 CPU 必要メモリ
(OSも含む)
必要
ディスク容量
ディスプレイ
(画面解像度)
入力データ
拡張子
ファイル
出力
他製品との連動 備考






UC-win/COM3(Fiber) Pentium III
500MHz以上
(推奨PentiumIII
1GHz以上)
256MB以上
(推奨512MB以上)
約500MB以上
(推奨約1024MB以上)
(サンプル、結果ファイル含む。)
20インチ以上
画面解像度
 1024×768以上
色数64k色以上
※使用ディスプレイの
デザイン及びフォントは
デフォルトを設定
COM3 HTML   確認済グラフィックカード一覧
UC-1 旧バージョン
分類 製品名 CPU 必要メモリ
(OSも含む)
必要ディスク
容量
ディスプレイ
(画面解像度)
入力データ
拡張子
ファイル
出力
他製品との連動 備考






FRAMEマネージャ Pentium III
300MHz以上
128MB以上 約40MB以上
(約50MB以上推奨)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
FMD

旧データ:AWFM、AWFR
HTML:各数値、各図
TXT
DXF:図面出力
PPF
DOC
<読込>
(他製品データ:$01)
RC下部工
震度支承
UC-BRIDGE
BOXの設計
<保存>
RC断面
断面登録






FRAME(2D) Pentium III
300MHz以上
128MB以上 約40MB以上
(推奨約50MB以上)
20インチ以上
画面解像度
 1024×768以上
色数64k色以上
※使用ディスプレイの
デザイン及びフォントは
デフォルトを設定
F2D

<旧データ>
面内、マネージャ:FMD、AWFM
HTML:各数値、各図
DXF:図面出力

F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、PPF、DOC、PDF、JTD
<読込>
(他製品データ:$01)
RC下部工
震度支承
UC-BRIDGE
BOXの設計 
OS:Windows NT4.0(Service Pack4以上)/2000/XP対応
OpenGL(TM)に対応したグラフィックスボードが必要

確認済グラフィックカード一覧
RC断面計算 Pentium
133MHz以上
24MB以上
(64MB以上推奨)
約10MB以上 画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
ARCK
FRAME:ARCF
HTML:結果確認
TXT
<読込>
FRAMEマネージャ
FRAME(面内)
断面登録
免震橋梁の動的解析 80486以上 24MB以上推奨 約10MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
AMEI HTML:結果確認    
鋼断面の計算 Pentium
133MHz以上
24MB以上
(64MB以上推奨)
約12MB以上 画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
ASTL
FRAME:ASTF
HTML:結果確認
TXT
<読込>
FRAMEマネージャ
FRAME(面内)
断面登録




PC上部工の設計計算 Pentium V500MHz以上 256MB以上 約30MB
(インストール)
20インチ以上
画面解像度
 1024×768以上
色数64k色以上
WPC HTML   OpenGL(TM)に対応したグラフィックスボードが必要
UC-BRIDGE(分割施工版) 80486以上 17MB以上 約34MB以上 画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
ABRI HTML
TXT
<読込>
任意形格子桁の計算
<保存>
FRAMEデータ
FRAMEデータ(SI対応)は
Ver1.50以降
断面登録
UC-BRIDGE
任意形格子桁の計算 Ver.3 80486以上 24MB以上推奨 約15MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
GRE
AGRG/GRG
(モデルジェネレータ)
HTML
TXT
DXF
<保存>
FRAMEデータ
BRIDGEデータ
MBデータ
 
任意形格子桁の計算 AGRE
AGRG
(モデルジェネレータ)
PC単純桁の設計計算 Ver.2 Pentium II 300MHz以上 128MB以上 約85MB以上
(インストール時及び実行時含む)
画面解像度
800×600以上
(推奨1024×768以上)
F8P
PCY
PCI
APCI
HTML
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 PDF、JTD
<保存>
格子データ
断面登録
PC・RC中空床版橋配筋図 Pentium 133MHz以上 32MB以上
(推奨64MB以上)
約5MB以上
(UC-Draw含まず)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
DSLB UC-Draw
(図面、鉄筋表)
   




橋台の設計 Pentium
133MHz以上
64MB以上推奨 約90MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
AABI HTML
VRML
DXF:配筋図
STEP:配筋図
<読込>
杭基礎
逆T式橋台
重力式橋台
<保存>
UC-win/T&Wu
UC-Draw
調表出力対応

杭基礎との連動には
F8 COM SERVERが必要
橋脚の設計計算 80486以上 24MB以上推奨 約30MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
APIR
RC保耐:AINW
HTML
TXT+画像
<読込>
杭基礎
<保存>
UC-win/T&Wu
調表出力対応

杭基礎との連動には
F8 COM SERVERが必要
逆T式橋台の自動設計計算 80486以上 約33MB以上 約15MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
AGKI HTML <読込>
杭基礎
<保存>
橋台配筋図
調表出力対応

杭基礎との連動には
F8 COM SERVERが必要
重力式橋台の設計計算 80486以上 約22MB以上 約10MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
AJKI HTML <読込>
杭基礎
<保存>
橋台配筋図
調表出力対応

杭基礎との連動には
F8 COM SERVERが必要
RC橋脚の地震時保有水平耐力 80486以上
(Pentium以上推奨)
64MB以上推奨 約12MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
AINW HTML
TXT+画像
   



震度算出 80486以上 24MB以上推奨 約15MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
ASND HTML    
液状化の判定 80486以上 24MB以上推奨 約10MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
AFLW HTML
TXT+画像
   
杭基礎の地震時保有水平耐力 80486以上 24MB以上推奨 約10MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
AKTW HTML
TXT+画像
   


杭基礎の設計 Pentium 133MHz以上
(PentiumU 300Mhz以上推奨)
64MB以上推奨 約50MB以上 画面解像度
1024×768以上
AKID HTML
ATXP
(入力テキスト)
SXF
DXF
<読込>
杭基礎、杭保体
直接基礎、液状化
基礎の設計計算
<保存>
橋台、橋脚、BOX、擁壁
調表出力対応

旧製品データの読込は、SI単位系のみ対応。保存バージョン制限あり

他製品との連動には
F8 COM SERVERが必要
基礎の設計計算 Pentium 133MHz以上
(PentiumU 300Mhz以上推奨)
64MB以上推奨 約50MB以上 画面解像度
1024×768以上
AFND HTML
ATXF
(テキスト)
<読込>
杭基礎、鋼管矢板
ケーソン、杭保体
直接基礎、液状化
<保存>
場所打ち杭配筋図
調表出力対応

旧製品データの読込は、SI単位系のみ対応。保存バージョン制限あり
深礎フレーム 80486以上 24MB以上推奨 約10MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
ASFW HTML
TXT+画像
   
杭基礎の設計計算 80486以上 24MB以上推奨 約25MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
AKFW HTML:結果確認、柱状図
DXF:比較表
<保存>
橋台、橋脚、BOX、擁壁
場所打ち杭配筋図
調表出力対応
直接基礎の支持力計算 80486以上 64MB以上推奨 約10MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
ABPW HTML
TXT+画像
   
鋼管矢板基礎の設計計算 80486以上 24MB以上推奨 約15MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
AWEW HTML
DXF:比較表
  調表出力対応
ケーソン基礎の設計計算 80486以上 24MB以上推奨 約15MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
ACSD HTML    


土留め工の設計 Pentium
133MHz以上
(推奨PentiumU
300MHz以上)
128MB以上 約60MB以上
(インストール時及び実行時含む)
画面解像度
1024×768以上
※フォントサイズは
[小さいフォント]のみサポート。
DWC
土留め/土留め弾塑
共通データ:ADTP

<旧データ>
ADMW
HTML
TXT+画像
3DS
VRML
PPF
DOC
SXF
DWG
DXF
<保存>
Roadデータ(3DS、VRML)
調表出力対応
土留め工の設計計算 80486以上 24MB以上推奨 約10MB以上 画面解像度
800×600
ADMW
土留め/土留め弾塑
共通データ:ADTP
HTML
TXT+画像
<読込/保存>
土留め工の計算
土留め弾塑性解析
調表出力対応
土留め工の計算
(アンカー対応)
土留め工の計算 Win95:Pentium
133MHz

NT:166MHz以上推奨
Win95:64MB、
NT:96MB以上推奨
約15MB以上 画面解像度
800×600以上
(大きなモデルの検討時は1024×768以上推奨)
ADD5
土留め/土留め弾塑
共通データ:ADTP
HTML
TXT+画像
<読込/保存>
土留め工の計算
調表出力対応
土留め弾塑性解析 80486以上 Win95:64MB、
NT:96MB以上推奨
約10MB以上 画面解像度
800×600以上
ADDS
土留め/土留め弾塑
共通データ:ADTP
HTML
TXT+画像
<読込/保存>
土留め弾塑性解析
調表出力対応
仮設構台の設計計算 Ver.2 80486以上 24MB以上推奨 約15MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
KST HTML
TXT+画像
  調表出力対応
仮設構台の設計計算 AKST
二重締切工の設計計算 80486以上 24MB以上推奨 約10MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
※フォントサイズは
[小さいフォント]のみをサポートしています。
AWSW
二重締切工の計算:AWSH
HTML
TXT+画像
  調表出力対応
二重締切工の計算 80486以上 24MB以上推奨 約10MB以上 画面解像度
800×600以上推奨  
AWSH HTML
TXT+画像
  調表出力対応







圧密沈下の計算 80486以上 24MB以上推奨 約15MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
AATI HTML    
斜面の安定計算 80486以上 24MB以上推奨 約15MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
ASLP HTML:結果確認
DXF:比較表、図形
     
BOXカルバートの設計 PentiumU 333MHz以上
(PentiumV 800MHz以上推奨)
128MB以上
(256MB以上推奨)
約100MB以上
(インストール時及び実行時含む)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
ABIW HTML
TXT(入力データ)
DXF、STEP
<読込>
BOX設計計算
<保存>
UC-Draw
FRAMEデータ
調表出力対応
BOX・カルバートの設計計算 80486以上 24MB以上推奨 約15MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
ABIW HTML:結果確認 <保存>
BOX配筋図
調表出力対応
擁壁の設計 Pentium 133MHz以上 64MB以上推奨 約75MB以上
(インストール時及び実行時含む)
画面解像度
800×600以上推奨
ARWI HTML
TXT(入力データ)
DXF、STEP
<読込>
杭基礎
擁壁の設計計算
<保存>
UC-Draw
調表出力対応

杭基礎との連動には
F8 COM SERVERが必要
擁壁の設計計算 80486以上 24MB以上推奨 約20MB以上 画面解像度
800×600以上推奨
ARWI HTML:結果確認 <読込>
杭基礎
<保存>
擁壁配筋図
調表出力対応

自動決定及びCAD連動は
逆T型、L型、逆L型のみ対応






AD
UC-Draw Pentium 133MHz以上推奨 32MB以上
64MB以上推奨
約80MB以上 画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
DPSG DXF、STEP    
任意形RC構造物配筋図 Pentium 133MHz以上推奨 32MB以上
64MB以上推奨
約10MB以上
(UC-Draw含まず)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
DWIK UC-Draw
(部品、鉄筋表)
   
Page Top Page Top
 
UC-CAD 旧バージョン
  製品名 CPU 必要メモリ
(OSも含む)
必要
ディスク容量
ディスプレイ
(画面解像度)
入力データ
拡張子
ファイル
出力
他製品との連動 備考


橋台配筋図 Pentium 133MHz以上推奨 32MB以上
64MB以上推奨
約10MB以上
(UC-Draw含まず)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
DABI UC-Draw
(図面、鉄筋表)
UC-win/RC
逆T式橋台
重力式橋台
 
橋脚配筋図 Pentium 133MHz以上推奨 32MB以上
64MB以上推奨
約15MB以上
(UC-Draw含まず)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
DPIR UC-Draw
(図面、鉄筋表)
UC-win/RC  

場所打ち杭配筋図 Pentium 133MHz以上推奨 32MB以上
64MB以上推奨
約10MB以上
(UC-Draw含まず)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
DKUI UC-Draw
(図面、鉄筋表)
基礎の設計計算
杭基礎の設計計算
 

擁壁配筋図 Pentium 133MHz以上推奨 32MB以上
64MB以上推奨
約10MB以上
(UC-Draw含まず)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
DWAL UC-Draw
(図面、鉄筋表)
UC-win/RC
擁壁の設計計算
数量計算データ
ファイル(TXT)
BOXカルバート配筋図 Pentium 133MHz以上推奨 32MB以上
64MB以上推奨
約10MB以上
(UC-Draw含まず)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
DBXI UC-Draw
(図面、鉄筋表)
UC-win/RC
BOX設計計算
 




橋梁編 Pentium 133MHz以上推奨 32MB以上
64MB以上推奨
約15MB以上
(UC-Draw含まず)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
DSDF UC-Draw
(部品)
   
道路・仮設編 Pentium 133MHz以上推奨 32MB以上
64MB以上推奨
約5MB以上
(UC-Draw含まず)
画面解像度
800×600以上
(1024×768以上推奨)
DSDF UC-Draw
(部品)
   

注)必要ディスク容量は、プログラムのバージョン、インストール先のOSのフォーマット形式などによって変わりますので、あくまで目安と捉えてください。

Page Top Page Top
戻る
Tech

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
米国ハワイ州(連邦)運輸局
[ フェア・セミナー情報 ]
デザインフェスティバル2014-3Days






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
大型ハニカムボックスの設計計算
柔構造樋門の設計 Ver.8
落差工の設計計算 Ver.3
xpswmm2014
UC-win/Road SDK Ver.10
鋼断面の計算(限界状態設計法)

キャンペーン実施中
xpswmm2014日本語版リリース記念
第15回UC-win/Road協議会、
第1回ナショナルレジリエンスデザインアワード記念
UC-1エンジニアスイート積算
リリース
IM&VRマスター・セミナー年間
パスポート
UC-1新製品リリース記念
FEMLEEG Ver.5リリース
ノートパソコン0円

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/22 IM&VR・CIM技術サポート
1/6 ジュニア・ソフトウェア
1/14 擁壁の設計
1/15 弾塑性地盤解析
1/20 動的解析

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《VR-Studio®シリーズ》
・ラージスケール・マルチVR
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
動的非線形解析ソフト
《Engineer's Studio®シリーズ》
・3次元プレート動的非線形解析
《UC-winシリーズ》
・3次元解析プログラム
・SRC断面計算プログラム
・2次元動的非線形解析
>>その他動的非線形解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・UC-win/FRAME(3D)解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション