Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

最新デバイス NVMe HARDWARE INFORMATION
2019-No.3
 ■ NVMeとは

NVMe (Non-Volatile Memory Express)とはSSDデータ転送を高速化する目的で開発された論理インターフェースで、従来から存在するAHCI(Advanced Host Controller Interface)などに代わるものです。

NVMeが開発された経緯として、従来の接続規格であるSATAではSSDの転送速度を超えることができないことが挙げられます。
そこでSATAよりも高速なPCI Expressを介してSSDを接続する新しい規格としてNVMeが策定されました。AHCIはHDDのみの時代に策定されたインターフェースであるのに対し、NVMeはSSDが持つ高い並列処理性能を、十分に引き出すことができるように設計されており、データ転送の高速化や、大量の並列処理、ファイルコピーの高速化が実現されています。また、CPUサイクルが少なくなるメリットもあります。
NVMeに対応したSSDを利用することで、弊社UC-win/Roadでの点群モデルの読込やEngineer's Studio®での大規模モデルの読込もより高速化することができます。

▲PCI Express規格のSSD(左)と、SATA規格のSSD(右)

 ■ NVMeの特徴

AHCIではコマンドを処理するキューが1つに対し、NVMeは65,536のキューを持つことが可能です。コマンドの数はAHCIが32コマンド/キューに対して、NVMeは65,536コマンド/キューを実現する事ができます。
また、AHCIでは割り込み処理ができないことに対して、NVMeは割り込み処理に対応しています。新しいコマンド管理機能なども導入され、SSDなど最新のストレージメディアを利用する上での欠点が解消されています。

NVMe AHCI
主な物理I/F PCI Express SATA
キューの数 65.536 1
コマンドの数 65,536 32
割り込み MSI-X対応 割り込み調整なし
4KBコマンドの効率 コマンド・パラメータは
2 serialized host DRAM フェッチ必要
コマンド・パラメータは
1 フェッチ(64 Byte)で済む
▲NVMeとAHCIの比較表

 NVMe over Fabrics

NVMe over Facrics(以下、NVMe-oF)はNVMeの技術をイーサネット上で利用できるよう発展させ、ストレージネットワークの通信を従来のiSCSI規格よりも高速化させる目的で策定された新しい規格です。通常のNVMeでは単一のノードが搭載するPCI Expressのスロット数までしかストレージを拡張できないという物理的な制約がありますが、NVMe-oFでは複数のノードをネットワークを介して接続できるため、この制約が解消されます。これによりNVMe並の低レイテンシで、スケーラブルなストレージシステムを構築することが可能となります。

▲NVMe over Fabricsイメージ図

 ■ NVMeの今後

NVMeに関連した製品やサービスは徐々に市場に投入され始めています。ゲーミングPC向けとして性能の良いものが次々と販売され始め、PCに標準搭載している製品もあります。

2019年6月には、NVMeを外付けする事ができる、SSDケースを販売し始めた企業もあり、動画エンコーディングや画像操作などのメディア処理や、機械学習などの大量の演算を行うのに最適な環境として、NVMeを備える環境を提供するサービスも始まっています。上で紹介した、NVMe-oFに対応した製品も徐々に市場に投入され始めており、今後エンタープライズ分野を中心に様々な分野で活躍すると思われます。

※ 社名・製品名は一般的に各社の登録商標または商標です。


前ページ
  
インデックス
(Up&Coming '19 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
ARTC(車両研究測試中心)
(台湾)

[ お知らせ ]
サブスクリプション契約の消費税の扱いについて






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
Geo Engineer's Studio Ver.2
Shade3D Ver.20
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.13
矢板式係船岸の設計計算 Ver.5

キャンペーン実施中
IM&VR BIM/CIM関連製品導入
新規ユーザ様ご紹介
会計ソフトお試し0円

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
9/12  深礎フレームの設計
  ・3D配筋(H29)
9/13  UC-win/Road
  Advanced・VR(大阪)
9/18  下水道耐震設計
9/19  擁壁の設計・3D配筋

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション