Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

最新デバイス Blu-rayプレイヤー最新事情 HARDWARE INFORMATION
2011-No.5

 ■身近になるデジタル映像

 本年度より地上テレビ放送もデジタル化されましたが、映像機器の出力信号のデジタル化が浸透し、高解像度なハイビジョン映像なども身近となりつつあります。このクオリティの高いデジタル映像データの普及に応じて、従来のDVDなどの媒体の代替としてBlu-rayが普及しつつあります。
 そこでここでは、Blu-rayプレイヤーについてご紹介いたします。


 ■コンパクトかつ大容量

 Blu-rayディスクは、大きさは従来のCDやDVDと同じですが、容量は格段に向上しおり、大容量のデータの保存が可能です。一般的なDVDは4.7GB程度ですが、Blu-rayの場合、一般的に普及している1層ディスクで25GB、2層ディスクで50GBもの容量を取り扱えます。より多層化することにより、数百GBの容量を持つディスクも発表されています。
 またファイルフォーマットはDVDと同じUDF2.50以降が採用されているため、ハードウェアやOSなどに全く依存せず、対応ドライブさえあれば、従来のDVDと変わらない感覚で利用できます。


 ■プレーヤーは多機能、低価格で 据え置き型が主流

 Blu-rayプレイヤーの主な特徴としては、CD/DVDなど従来媒体の再生機能を保持しつつMPEG-4 AVCなど最新の動画規格を取り扱える点、HDMIなど高機能なデジタル出力を備えている点、SDカードやUSBメモリ等外部ストレージを接続できる点、LANなどネットワーク端子を備えている点が挙げられます。
 形状としては据え置き型が主流で、価格も15,000円前後と低価格化しています。
SONY、パナソニック、パイオニアなどが人気のあるメーカーです(図1)。
 一方持ち運びができるポータブルプレーヤーの場合は数少なく、50,000円前後と比較的高額です。
メーカーとしてはパナソニックやLG電子、VENTURER(廣華物産)などがあります(図2)。

▲図1 フォーラムエイトで使用している
据え置き型の「SONY BDP-S470」
   ▲図2 フォーラムエイトで使用している
ポータブル型の「Panasonic DMP-B200」


 ■BD-Liveによるインタラクティブな コンテンツを加えたオーサリングも可能

 それらプレイヤーの機能の中でも特に注目される機能の一つに、“Blu-ray Java”があります。これはプログラミング言語であるJavaをBlu-ray プレイヤー上で動作できるように展開した、Java実行環境です。特にインターネットアクセス機能などをサポートしたものはProfile2.0(BD-Live)、Blu-ray3Dに対応したものはProfile5.0(Blu-ray3D)と呼ばれます。
 このBlu-ray Javaを利用すると、メニュー画面等にポップアップなど動きのある表現や検索機能を組み込むことが可能です。
LANポートを実装したプレーヤーであれば、インターネットアクセスを利用しコンテンツや情報を追加する、期間限定の情報を受け取るなども可能になります。DVDよりも、よりインタラクティブなオーサリングが可能です。


 ■多彩なコンテンツをインタラクティブに

 またBD-Liveを応用すれば映像作品だけでなく、例えば電子書籍や製品カタログなど受動的なコンテンツを、アイディア次第でよりインタラクティブな価値を付加できる可能性があります。弊社でも現在、BD-Liveを利用したオーサリング開発環境を整えており、今後各種書籍の発行や動画作成などに活用する予定です。

※社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

     
前ページ    インデックス    次ページ
(Up&Coming '11 秋の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/19  EXODUS・SMARTFIRE体験
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション