Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

 誌上セミナー ●情報化講座 (9)
監修 :
田中 成典 教授
関西大学
総合情報学部
Vol.9 IFC最新講座

●IAIとIFC
1) IAI(International Alliance for Interoperability)とは
 建築業界、特に建築における情報の共有化、相互運用を目的としたIFCの策定、普及に取り組んでいる国際組織であり、IAI日本は有限責任中間法人です。
2) IFC(Industry Foundation Classes)とは
 IAIによって推進される3次元CADのオブジェクト指向による記述仕様のことで、様々な部材をオブジェクトとして定義したクラスライブラリ群のことです。図面を線分の集合としてではなくドアならドアとして意味付けすることで、オブジェクト指向の図面作成が可能です。また、3次元で図面を作成することにより、異業種間でも情報交換・相互利用が可能となり、建設のライフサイクルの各場面での情報共有が可能となっています。



●IFCの現状
1) IFCのバージョン
 適応範囲の拡張などにより、1997年のR(リリース)1.0からバージョンを重ね、今秋にはIFC 2x4がリリース予定となっています。
 また、IFC 2xはISO国際規格/STEPに準拠した規格(ISOのPASを取得)となっています。
バージョン: IFC R1.0 / R1.5 / R1.5.1 / R2.0 / IFC 2x / 2x2 / 2x3

2) IFCの活用事例
 IAIには13の国際支部があり、それぞれの活動組織ではIFCの実用化に向けて多種多様な実証実験を行い、仕様の定義、利用促進、広報活動を国際的に行っています。
 また、IFCが準拠しているSTEPもデータ標準のための規格ですが、STEPは広範な規格であり、標準化等に大幅な時間を費やす事から、限定された規格であるIFCがSTEPの仕様を引継ぎ、IAIで策定された独自の仕様をSTEPに反映するといった連携がとられ、国際的な標準化が進んでいます。
 その中で、IFCはドイツのバーバリア州政府の実プロジェクトでの採用や、シンガポール政府の3次元CADの建築確認申請用図面を電子納品する際の規格に使用されるなど、一般化に関しても大幅に進んできています。

3) IFCとBIM(Building Information Modeling)
 BIMとは建築物を形状だけでなく、様々な情報(性能、コスト、スケジュール等)を含んで建築全体をモデル化する手法のことで、ライフサイクル全体をカバーすることができるIFCがこの国際標準として使用されつつあります。実際、BIM/IFCはアメリカの連邦調達庁でのプロジェクトで実現、ドイツ連邦政府レベルでの活用で計画中といったように、急速にBIMデータ交換標準は、注目されています。


●日本でのIFC
1) 建設分野のCAD
 IAIの日本支部組織は、以下に大別できます。
幹事会 日本支部の活動が円滑に進むように全体の運用の調整を行う
技術統合委員会 日本支部の分科会活動内容の調整とともに、他の国際支部とIFC仕様の技術的な調整を行う
分科会 各分野に分かれてIFCに関する資料作成や意見の取り込みを行う

 2004年には土木分科会が発足し、土木分野での活用にも広がりを見せています。土木分野においてはIAIフランス支部が開発した「IFC Bridge」(橋梁プロダクトモデル)があり、日本も土木分科会が参加するなどしており、当社もこの土木分科会のメンバーとして参加しています。


●IFCの今後
 現在のCADデータ交換形式のデファクトスタンダードであるDXFと比べてファイル容量が軽減することから、異なるソフトウェア間のデータ共有という利用目的に加えて、ネットワークを用いた連携を目指し、更には、IFCが分散オブジェクト・データベースの概念を用いていることから複数メンバーによる並列作業を可能とするCAD(コンカレントCAD)の実現が期待されています。
 そして、その他の既存の3次元プロダクトモデルの標準としては、特に建築業界においてIFC以外に有力な標準が無いことからも、IFCの普及により、3次元CADの浸透が期待されています。

JHDM Japan Highway Data Model
高速道路全体の情報を総合的に管理するプロダクトモデル。日本道路公団にて開発され、高速道路事業に必要な情報の交換、共有を行うためのデータ仕様。設計から工事プロセスで道路工事、橋梁を対象としている。(日本道路公団)
橋梁
プロダクトモデル
SYMPHONY。鋼橋3次元CADデータモデル。 (国内鋼橋メーカー)
Land XML Land eXtensible Markup Language
土木・測量業界で利用可能な3次元プロダクトデータ交換標準フォーマット。Orgでスキーマが公開されている。官民参加の国際的な公開型コンソーシアム。現在、北米をはじめ、多くの国々と企業が参加している。(LandXML.org)

 また、IFCと目的は異なる同様の規格として、SXF(電子納品における2次元CADデータ交換のための標準フォーマット仕様)がありますが、将来的には統一を目指しており、SXFの3次元化(レベル4)との技術的連携として実際に開発協力が行われるなど、CALSの分野でも幅広い活用が見込まれています。
 当社でもLand XMLを用いたデータ連携で3次元データ交換・表現等を可能にするUC-win/Roadや、SDNF(Steel Detailing Neutral File、国際的な鋼構造の業界標準ファイル形式)により部材等の定義をデータ交換可能とした製品を開発、これにより、3次元CADデータによる解析や解析結果をCAD図面化するといったCADデータの3次元化に対応しています。

参考 : ケンセツ21 CALS/JAPAN 
     

  
前ページ    インデックス 次ページ
(Up&Coming '08 新緑の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション