Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

都市と建築のブログ〜魅力的な都市や建築の紹介とその3Dデジタルシティへの挑戦〜 大阪大学大学院准教授 福田知弘
VOL.13 神戸:山も海もあるデザイン都市
〜魅力的な都市や建築の紹介とその3Dデジタルシティへの挑戦〜
はじめに
福田知弘氏による「都市と建築のブログ」の好評連載の第13回。毎回、福田氏がユーモアを交えて紹介する都市や建築。今回は神戸の3Dデジタルシティ・モデリングにフォーラムエイトVRサポートグループのスタッフがチャレンジします。どうぞお楽しみください。

【 大阪大学大学院准教授 福田 知弘氏 プロフィール 】

1971年兵庫県加古川市生まれ。大阪大学大学院准教授,博士(工学)。環境設計情報学が専門。
高松市4町パティオデザイン,近江八幡市のまちづくり,台湾Next Gene20など,国内外のプロジェクトに関わる。安藤忠雄建築展2009水都大阪1/300模型制作メンバー,NPO法人もうひとつの旅クラブ理事,大阪旅めがねエリアクルー。「光都・こうべ」照明デザイン設計競技最優秀賞受賞。著書「VRプレゼンテーションと新しい街づくり」
 ふくだぶろーぐは,http://d.hatena.ne.jp/fukuda040416/


●憧れの大都会
加古川で生まれ育った小生にとって、神戸は今でも憧れの大都会。154万人の人口を擁する神戸市は、明治開港以来、140余年で建設されてきた都市である。東西に細長く伸びる市街地に加え、山あり、あり、温泉あり、スキー場あり、牧場あり、白い砂浜あり、そして、異国情緒あり。
阪神・淡路大震災で大きな被害を受けたが復興を遂げ、近年では眺望景観をはじめとした景観まちづくりが進められている。そして2008年には日本初・アジア初のデザイン都市としてユネスコに認定された。
目抜き通りの税関線(フラワーロード。図1)も今年から21世紀型の街あかりへと生まれ変わる予定。早速、都心をまちあるきしよう。

▲図1 JR 三ノ宮駅より市役所方面

●駅として再建されたレンガビル市営地下鉄海岸線みなと元町駅(図2)。
このレンガビルは、日本の草分け的建築家で日銀や東京駅も手がけた辰野金吾氏が設計。1908年に第一銀行神戸支店として建設され、1966年からは大林組が神戸支店として使用。しかし阪神・淡路大震災で大きく損傷した。修復は不可能に思われたが、内部を更地にした上で南西の角に面した壁が再建され、みなと元町駅の1番出入口として使われている。みなと元町駅から一本南の筋は、近年「オシャレな街」として注目を集める乙仲通り。

▲図2 みなと元町駅

●中華街
開港に伴い、外国人居留地の西側に中国系在留民の居住地として形成された南京町(図3)。現在も個性的な商店が集まり、界隈性と活気に溢れている。中華料理や肉まんなどの有名店が並びどこのお店も行列。そのため、大勢の人々が軒先で飲食しているのだが、驚くべきは公共空間が清潔であること。中心部にある南京町広場にはゴミ箱は置かれていないが、ゴミは落ちていない。これは、継続的な商店街の努力とお客さんの理解とが結実したものだ。今回小生は、Coolな建物で販売されていたHotなコロッケを食べ歩き(図4)。

▲図3 中華街 ▲図4 中華街のコロッケ屋さん

●鼓形の構造美
潮風に誘われて神戸港へ。真っ赤な、日本古来の鼓をイメージした構造美のタワーが見えてきた。ポートタワーだ(図5)。
高さ108m。神戸開港90周年を記念して1963年に完成した当時は中突堤の上に建っていた。しかしその後、タワーの両側が埋め立てられ、埠頭上に建つという独特な立地条件は変化している。日本で初めてライトアップされた建造物としても有名であり、近年はLED投光器に置き換えられた。毎月第一日曜日は「神戸プロポーズの日」。ポートタワーの輝きが大切なプロポーズをアシストしてくれる。

▲図5 神戸ポートタワー

●シドニー似
その1週間前にシドニーを訪問していたからなのか?中突堤中央ターミナルに立つとシドニーのサーキュラーキー(Circular Quay)の風景に思えてきた。サーキュラーキーは、シドニーの海の玄関口。フェリーやクルーズ船が発着を繰り返し、鉄道やバスにも接続する交通ターミナルでもある。サーキュラーキーに立てば、右手にオペラハウス、左手にハーバーブリッジ、対岸には住宅地を臨める。湾内には行き交う船たち。汽笛や水しぶきの音。これらは観光客よりはむしろ、市民の活動から生み出される。一方、神戸では右手にモザイク、左手に船型のホテルと神戸大橋。正面には神戸空港。大小のクルーズ船も出航。
神戸港の風景は、既に日本の港町を代表するものであるが、まだまだ魅力的な風景になりうると思う(図6)。因みに、モザイク近くの神戸ガス燈通りでは、毎日3回(20時、21時、22時)にハーバーウィンクが楽しめる。これは、59分に全ての照明を一旦消灯し、0分に再点灯して、点灯の瞬間を楽しもうというもの。

▲図6 中突堤よりモザイク方面

●ゲーリー建築
デ・コンストラクション建築を手掛ける世界的建築家、フランク・ゲーリー。ビルバオ・グッゲンハイム美術館(1997年)が彼の代表作であるが、何と今から24年前の1987年、彼は神戸に作品を創っていた。フィッシュ・ダンスと呼ばれる、高さ21mの鯉のオブジェ(図7)。それほど目立たない場所に建っているのが少々勿体ない。脇のカフェでコーヒーブレイクしながら、「この鯉は、もっとシンボリックな場所で泳ぎたいはず〜」とつい妄想。

▲図7 フィッシュ・ダンス

●最短国道
国道174号線は日本一短い国道(図8)。
全長187.1m。沿道にある神戸税関は2代目で1927年竣工。中に入ると、シンガポールのラッフルズホテルのような雰囲気を感じる。建物のすぐ北側には阪神高速道路が走っているが、中庭からは見えないし騒音も感じない。都心なのに、切り取られた空だけが見える贅沢な空間。この中庭からはいつまでも「空だけ」が見えますように。。。向かいの旧神戸市立生糸検査所は2代目神戸税関と同じく1927年竣工。近年、使われなくなったこの近代建築を神戸市が買収し「デザイン・クリエイティブセンターKOBE(仮称)」として再整備中。
今年3月には景観形成重要建築物に指定された。デザイン都市・神戸のシンボル施設として、デザイン事務所や映像制作会社のオフィス、教育施設などが入居する交流の場を計画している。
ここからフラワーロードを北上し、三ノ宮駅を抜けて北野界隈へ。

▲図8 国道174 号線

●1000万ドルの夜景
神戸は日本三大夜景の一つに数えられる。「100万ドルの夜景」という言葉も神戸発祥。この由来は、昭和20年代に六甲山の山頂から眺めることのできる神戸−大阪間の電灯の電気代の合計金額を当時のレートで換算したことから。以来、電灯の数は大幅に増えたので現在は既に1000万ドルの夜景と呼ばれる。


最後に、神戸のまちづくりと小生との関わりについて触れておきたい。実は、神戸21世紀・復興記念事業として、北野地区にある風見鶏の館+萌黄の館+北野町広場+北野町中公園を対象にした夜間景観デザイン競技が2001年に実施された。そのデザインが風見鶏の館界隈で実際に完成している(図9)。付近は住宅地であり、観光客がいきなり大勢来られても困るということで、夜間景観デザインは日没から午後10時までを演出モード、深夜になると既設の街灯を再利用した生活モードという時間帯に応じて変化する提案。審査員に対するプレゼンテーションでは照明シミュレーション付きVR(Virtual Reality)を用いて、歩いていく人間の目線でライトアップ効果を検証した。
照明は技術的な要素も大きく、市民参加型によって夜間景観まちづくりを進めていくことは中々難しいのだが、省エネルギーへの配慮やLEDや有機EL等の新光源の開発から、夜間景観まちづくりの必要性や実現の幅は益々高まっている。今後、照明シミュレーション技術がより高度化され、操作性が高まることで、市民参加型の可能性がぐっと高まることを期待している。

▲図9 風見鶏の館界隈



「神戸」の3Dデジタルシティ・モデリングにチャレンジ

VR-Cloud(R)で体験!特設ページ にて、「3Dデジタルシティ : 神戸」の操作・閲覧が可能です。

 データ概要
  • UC-win/Roadによる3次元VR(バーチャル・リアリティ)モデルを作成したものです。
    「デザイン都市・神戸」の都会らしさと港町の景観を表現。元町一丁目交差点から見る錨のシンボルなど、神戸の魅力的な景観の特徴である港と六甲山の山並みと市街地が一体となった眺望景観を再現しました。三宮駅と市役所周辺など市中心部のほか、神戸ポートタワーやランドマークとなる建造物、ポートライナー、高架高速道路も表現。また、神戸市が推進する次世代スパコン「京」の施設や、フォーラムエイトのスパコンクラウド神戸研究室も置かれている高度計算科学研究支援センターと「京コンピュータ前」駅など周辺施設をモデル化。ポートアイランド2期の開発の様子と神戸空港の遠景を表現。

前ページ インデックス 次ページ
(Up&Coming '11 秋の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社デンソー
エレクトロニックコントロール
コンポーネント部

[ お知らせ ]
平成29年道路橋示方書対応製品
価格発表のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.6
弾塑性地盤解析(GeoFEAS)2D Ver.4
Geo Engineer's Studio(Lite)
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.16
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.11

キャンペーン実施中
平成29年新道示対応準備
CIM・i-Con技術セミナースタート
レンタルライセンス買い取り
有償セミナー受講料割引

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
9/20  2D・3D 浸透流解析体験
9/21  UC-win/Road Advanced・
 VR(名古屋)
9/22  UC-1 港湾シリーズ体験
9/26  斜面の安定計算

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション