Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

New Products
building EXODUS Ver.6.0
SMARTFIRE Ver.4.3
避難・群集解析/火災解析ソフトウェア

最新版製品価格 ●リリース building EXODUS:2013年12月
SMARTFIRE:2014年 2月
建築/プラント
 buildingEXODUS Ver6.0をリリース
「2013年12月にbuildingEXODUS Ver6.0をリリース致しました。この改訂では主に次の項目に対応しています。
  • エレベータ機能の追加
  • 行程機能の拡張
  • OpenGL 3D View機能の追加
以下に、これらの改訂内容について紹介いたします。


エレベータ機能の追加
エレベータ機能が利用可能になりました。この機能では次の3種類のエレベータの動作に対応しています。

●フロアシーケンス:エレベータの停まるフロアを解析者が明確に指定できる機能です。
●シャトルフロアシーケンス:指定したフロアにエージェントがいなくなるまで行き来します。エレベータに収容可能な場合は、直接次のピックアップフロアに向かって収容します。
●スカイロビーシーケンス:ピックアップするフロア(Sky Lobby)と降ろすフロアのペアを行き来します。

フロアシーケンスと、シャトルフロアシーケンスは同じフロアの入力にしても動作は異なります。フロアシーケンスではエージェントの有無に関わらず入力通りに動作しますが、シャトルフロアシーケンスはエージェントの影響で停車します(図1)。
スカイロビーシーケンスはピックアップフロアと降車フロアを往復します(図2)。

 
■図1 フロア / シャトルフロアの動作比較   ■図2 スカイロビーシーケンスの動作

buildingEXODUS Ver6.0のサンプルT17でそれぞれのタイプについて実験しました。このモデルは10階建てで450名配置されています。フロアシーケンスとシャトルフロアシーケンスは、各フロアと1階を結ぶように設定しており、スカイロビーシーケンスに関しては1階と5階を行き来するようにしています。

項目 避難時間(s)
エレベータなし 359.67
フロアシーケンス 347.19
シャトルフロアシーケンス 257.09
スカイロビーシーケンス 244.55
■表 1 エレベータ機能による避難時間の比較

シミュレーション結果を表1に整理しました。このサンプルデータでは、エレベータを使用した方が、全く使用しない場合に比べて、避難時間が短くなっており効果があることが伺えます。特に、スカイロビーシーケンスの効果が大きいことがわかります。
建物の状況に則した最適なエレベータ操作の検証に役立つものと考えられます。


火災時のエレベータの利用の可能性
東京消防庁は、2013年10月から高齢者等歩行困難者の逃げ遅れ防止のため、非常用エレベータで避難できる指導基準を発表しました。これまで日本ではエレベータを避難目的に使ってはいけませんでしたが、これを機にエレベータ避難の利用が拡大してゆくことが予想されます。

参考文献:東京消防庁「高層建築物等における歩行者困難者などの避難安全対策の推進について」


行程機能の拡張
エレベータ機能の追加に伴いLift Bank(指定したエレベータに向かう機能)とLift Wait(エレベータの列に並ぶ行動)が追加されました(図3)。これらの行程によってエージェントとエレベータの動作を相互にコントロールできます。エージェントによるエレベータの使用が実現するだけでなく、エージェントのエレベータを待つ際の挙動、或いは長い列・待ち時間によりエレベータの使用をやめて階段で避難するエージェントの判断を制御することが可能になります。

■図3 行程機能設定画面

OpenGL 3D View機能の追加

図4に示す通り、建物形状の3D表現を直接閲覧することが可能になりました。これにより複数階モデルに対しするシミュレーションがわかり
やすくなりました。ムービー機能ではないため、再生/停止が行いたい場合はこれまでと同様にvrEXODUSでの可視化をご利用ください。

■図4 OpenGL 3D View画面
 SMARTFIRE v4.3をリリース
2014年2月にSMARTFIRE v4.3をリリースしました。この改訂では主に次の項目に対応しています。

  • 複数のすすの分子サイズモデルの入力に対応
  • 圧力補正のためのAMGソルバー
  • 拡張されたFEDモニタの設置
以下に、これらの改訂内容について紹介いたします。


複数のすすの分子サイズモデルの入力に対応
3種類のすすを設定できるようになりました(図5)。それぞれのすすに異なる直径と比率の入力が可能です。煙の重力沈降は一般的に、廊下、倉庫、建物全体の火災シナリオのような、大規模な構造物の煙の移動に、より大きな影響を与えます。

■図5 すすの設定画面

圧縮補正のためのAMGソルバー
圧力補正のためAMG(Algebraic Multi-Grid)ソルバーに対応しました(図6)。一般的なMulti-Gridソルバーと異なりメッシュに依存しません。

■図6 AMGソルバーの設定画面

拡張されたFEDモニタの設置
FEDモニタの設定が可能になりました(図7)。放出しているガス等の蓄積的毒性の影響をより正確に把握することができるようになりました。

■図7 FEDモニタ設定画面
 おわりに
以上、EXODUS/SMARTFIREの新機能について紹介させていただきました。フォーラムエイトではソフトの販売・サポート以外にも、本ソフトの体験セミナーや「EXODUS/SMARTFIRE解析支援サービス」も実施しています。ぜひご検討ください。
(Up&Coming '14 春の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション