Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

 Multiframe 総合情報 Vol.36

Multiframeは、3次元骨組構造解析プログラムです。入力断面として、JIS規格の鋼材断面が標準で登録されている他、ユーザ任意の断面を使用することもできます。計算後、鋼構造設計規準(日本建築学会)に準拠した断面算定を行うことができます(オプション)。また、Ver.12から平板要素を用いた立体解析をサポートしています。

 Multiframe 新機能トピックス Ver.17.01

今回は、Up&Coming 90号(vol.19)にて紹介しました、「吊り構造解析」機能の詳細内容について記載させていただきます。

構造モデル
サンプルのモデルは、下図に示すような構造とします。
H形鋼で構成された架台を、ワイヤーフレームで吊り下げた状態とし、吊り点には回転自由とした「ピン」の拘束条件を与えています。また荷重は、自重と架台に水平力を与えてみました。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図1. モデル図

解析実行(線形)
このまま、メニューより「線形解析」を実行してみます。すると、回転に対する拘束がありませんので、次のようなメッセージが表示されてしまいます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。  
■図2. メッセージ(線形解析実行時)

このメッセージを無視して強制的に解析を実行させみますと、次の図のように変位量が無限大の結果となります。Multiframeの座標系に合わせるように方向などを指定します。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図3. 線形解析結果

解析実行(吊り構造解析)
次にデータはそのままで、メニューより「吊り下げ解析」を実行してみます。

  画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図4. 解析実行(吊り構造解析)

「線形解析」実行時のようなメッセージの表示はなく、解析結果にも大きな変位量は見られませんでした。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図5. 吊り下げ解析結果

結果/設定バネ値の確認
「結果」ウィンドウよりプログラムが自動で設定したバネ値の確認を行ってみます。
まず、各節点の「変位」と「反力」は次のような結果になっています。「反力」シートの「ラベル」列に記載されている「安定バネ1」などが、自動でバネが設定された節点に該当します。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。   画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図6. 解析結果(変位・反力)

設定されたバネ値は以下の式より算出できます。
 ・バネ値=「反力」÷「変位」(kN/m)
節点[1]のバネ値を算出してみますと以下のようになります。
例)節点1のX方向に設定されたバネ値
 K1X=0.126(kN)/0.0007(m)=180(kN/m)
もし、このバネ値が解析結果に与える影響が大きいと判断された場合、「吊り構造解析」は使用せず、手動にて「バネ拘束」機能を使用して設定するなどの操作が必要となります。


 Multiframe・Maxsurf 製品価格体系変更のご案内

下記価格体系は、いずれのソフトについても最新版所有者が対象となります。

Pricing Group Software SELECT SBA
適用開始日 2014年7月 2014年10月 
Multiframe \649,000 \104,000 \105,500
Multiframe Advanced \1,020,000 \164,000 \60,250
Maxsurf \779,000 \125,000 \126,750
Maxsurf Advanced \2,781,000 \445,000 \289,000
Maxsurf Enterprise \4,635,000 \742,000 \301,250
Maxsurf Modeler Advanced \761,000 \122,000 \18,000
Maxsurf Stability Advanced \1,001,000 \161,000 \18,000
Maxsurf Stability Enterprise \1,391,000 \223,000 \222,750
Software アプリケーション1ライセンスの価格
SELECT 1ライセンスあたりの年間保守契約費用
SBA(SELECT Basic Access) 1ライセンスあたりの3ヶ月間ライセンス使用費用(超過使用分)


 有償セミナー

Multiframeのユーザの方を対象に、有償セミナーを開催しています。1日の講習で、1人1台のパソコンを使用した操作実習形式です。Multiframe、Section Makerのプログラム概要から、操作手順について、実務に即活かせる内容を1日で習得できるよう解説いたします。

 3次元構造解析セミナー  Webセミナー対応
●開催日 : 2014年8月7日(木)9:30〜16:30
●本会場 : 東京本社 品川インターシティA棟セミナールーム
 ※TV会議システムにて東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌・金沢 にて同時開催
●参加費: 1名様 \18,000 (税別)


開発元:Bentley Systems(Formation Design SystemsはBentley Systemsに吸収合併)
■Multiframe Ver.17.01 日本語版  2014年 8月リリース

  
前ページ    インデックス
(Up&Coming '14 秋の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
ラーメン式橋台の設計計算
(部分係数法・H29道示対応)
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4
xpswmm 2017

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/19  配水池・揚排水機場の設計
12/20  線形最適化OHPASS体験
12/21  UC-win/Road Advanced・
 VR(岩手)
12/22  上水道・水道管体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション