Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

 Maxsurf 総合情報 Vol.37

 Maxsurf Motions (Seakeeper)

Maxsurf Motionsは動揺解析のプログラムで、Maxsurfソフトウエアスィートに含まれています。Maxsurfデータファイルを使い、ユーザーが定義した海象に対する船舶の応答を計算します。2つの方法が用意されており、一つは、従来から備わっている線形ストリップ理論法で、もう一つが最近新たに加えられたパネル法です。パネル法は、Maxsurf Motions Advancedにのみ備わります。

パネル法は、境界要素法を使った一次回折/放射流体解析となり、解析要素をMaxsurfデザインファイルのNURBS曲面から生成します。そして、6つの自由度全ての応答演算子(RAOs)が求められます。

パネル法のワークフロー
パネル法を利用する場合は以下の手順となります。

  • “Analysis Type”リストより “Panel Method”を選択。
  • “Mesh Hull”を選択し、メッシュパラメーターを定義し、サーフェイスの自動メッシュ化を行なう。
  • “Mass distribution”を選択し、環動半径とVCGを設定する。
  • “Environment…”を選択し、水密度を設定する。
  • “Frequency Range”を選択し、RAOを計算する周波数の数を定義する。

解析のための設定が終わったら、スペクトラ解析設定を行ないます。これには、船舶のヘディング角、波スペクトル、動揺評価位置(遠隔場所)のそれぞれの設定が含まれます。

パネル法のワークフロー
ハルのメッシュ化を行なうために、Analysis|Mesh Hullをメニューから選びます。このメニューオプションは、解析タイプとしてPanel Methodが選択されている場合のみ可能です。以下のメッシュハルダイアログが現れます。


■図1. メッシュハルダイアログ

ユーザーは次のパラメーターにアクセス可能です。

  • Mesh サーフェイスが自動でメッシュ化されるかどうかの指定
  • Min. edge length メッシュの三角辺最少長さの指定
  • Max. edge length メッシュの三角辺最大長さの指定
  • Node merge tolerance(節点マージ許容距離) 2つの節点が互いに近い時にマージされる際の、許容最少距離の指定
  • Geometric tolerance(幾何交差) トリエッジが近似するサーフェイスから離れている許容できる距離の指定

OKボタンを押すと、ダイアログが閉じ、メッシュがサーフェイス上に生成されます。生成されたハルメッシュは、seakeeperデータファイル(*.skd)に保存されます。


結果のグラフ化
解析結果は全て、次のグラフによる表示が可能です。

  • MSI
  • RAO
  • CG Spectra
  • Remote Spectra
  • Global Hydrodynamics
  • Section Hydrodynamics

表示したいグラフの表示は、そのグラフウインドウを選択し、WindowメニューのGraphから表示したいグラフのサブメニューを選択します。
一度グラフが選択されると、各種データセットの選択が可能になります。これを行なうには、DisplayメニューからGraph Optionsを選び、表示された次のダイアログで設定します。


■図2. Displayメニュー

■図3. Graph options

断面データ(断面応力および断面流体係数)のプロットが周波数毎(1断面)もしくは断面位置毎(1周波数)にプロットできます。さらに、Results Sheetに全ての結果をまとめることも可能です。


Polar Plots
極座標ウインドウは、iso-responseコンターを表示します。プロットするグローバルベッセルレスポンスをツールバーのドロップダウンメニューから選択します。少なくとも2つの異なるスピードと2つの異なるヘディングが解析されている必要があります。

プロットするスペクトラをResultsツールバーから選びます。

同心円はスピードのレンジを表わし、放射状の軸は、船舶のヘディング角を表します。

このPolar Plotsは、最新バージョン(v20)で、Polar Viewの名称に改められ、新たにPolar Graphが加わり、一つのカーブで一つのスピードを表わせるようになりました。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図4. Polar Plotsウインドウ
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図5. v20で追加されたPolar Plot


 有償セミナー

Maxsurfのユーザの方を対象に、有償セミナーを開催しています。1日の講習で、1人1台のパソコンを使用した操作実習形式です。Maxsurfのプログラム概要から、操作手順について、実務に即活かせる内容を1日で習得できるよう解説いたします。

 Maxsurfセミナー  Webセミナー対応
●開催日 : 2015年2月3日(火)9:30〜16:30
●本会場 : 東京本社 品川インターシティA棟セミナールーム
 ※TV会議システムにて東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌・金沢 にて同時開催
●参加費: 1名様 \18,000 (税別)




前ページ
  
インデックス
(Up&Coming '15 新年号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション