Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

New Products
斜面の安定計算 Ver.12
各種土構造物・地すべり解析・防災対策・河川構造物の設計等に対応した斜面安定解析システム

●新規価格
●アップグレード価格 
Advanced:440,000円 Standard:359,000円 Lite:284,000円
Standard:179,000円 Lite:142,000円
●リリース 2015年 7月
UC-1 道路土工
 はじめに
斜面の安定計算は、各種設計基準類の選択により対象とする土構造物における設定された湛水条件での土中水の状態を自動設定する斜面安定解析プログラムであり、斜面安定解析/逆解析(逆算法)の基本解析或いは法面工の景観設計を行う基本機能製品、それらの基本機能に各種対策工の設計計算機能を付加した製品に区分されます。斜面の安定計算 Ver.12では、新基準の追加、対策工の機能拡張、弊社地盤解析シリーズとの連携機能強化のほか、既存機能拡張や改善など日々寄せられるご要望への対応を予定しています。
なお、本バージョンより製品構成がLite版、Standard版、Advanced版のに変更となり、旧バージョンからは以下のように変更されます。
現行の「斜面の安定計算」が「斜面の安定計算 Lite」になります。
現行の「斜面の安定計算(対策工対応)」が「斜面の安定計算 Standard」になります。
「斜面の安定計算 Standard」に対策工法の「アンカー付き抑止杭工」を加えて「斜面の安定計算 Advanced」になります。

以下に予定してる主な開発内容をご紹介します。

Advanced版の主な開発内容
  • アンカー付き抑止杭工への対応

Standard版の主な開発内容
  • 軽量盛土工法検討への対応
  • アンカー引張材の任意工法登録への対応
  • 入力可能工区数の拡張
  • 杭工の部材設計結果(Ru-Lx曲線)描画機能の強化
  • アンカー丸め値および補強材必要長丸め値の選択レンジ改善
機能  Lite Standard Advanced
安定計算
対策工  アンカー付き抑止杭工
ジオテキスタイル工
アンカー工
切土補強土工
杭工
のり枠工
ニューマーク法
浸透流FEM解析
Lite版の主な開発内容
  • 屋外タンク貯蔵所 基礎の規制基準への対応
  • 土地改良施設 耐震設計の手引きでの部分水中時の検討に対応
  • 計算書出力における荷重モーメントMp算出根拠の出力に対応
  • 弾塑性地盤解析(GeoFEAS 2D)データエクポート機能への対応
 アンカー付き抑止杭工への対応
アンカー付き抑止杭工は、杭工の一種である抑え杭に対し、補助的にアンカーを取り付ける工法です。抑え杭単独では変位や曲げモーメントが大きくなり、杭径や肉厚が大きくなって不経済となってしまう場合があるため、杭に発生する変位や曲げモーメントを抑制する目的で用いられます。

図1のように、アンカー付き抑止杭は、抑止杭と同様に杭を片持ち梁として扱い、地すべり末端部や頭部付近で杭工施工を迫られた場合に適用されます。抑止杭は、地すべり末端部や頭部では杭の下流側の移動層による支持は期待できず、杭の抵抗力のみで地すべり推力を負担することになるため、杭工の規模が大きくなりがちです。そこで、抑止杭の杭頭付近にアンカーを打設し、アンカーによる抑止力を杭に付加することで、アンカー打設位置と根入れ部分の2点で地すべり推力を抑えることになり、変位や曲げモーメントを抑制することができます。

▲図1 アンカー付き抑え杭

▲図2 抑止杭とアンカー付き抑止杭の相違 ▲図3 計算条件

計算内容としましては、抑止杭で行われていた照査方法とは異なり、すべり面に対して水平に作用する設計アンカー力THを元にした照査方法となります。まず設計アンカー力THを算定し、その値を以って杭の最大曲げモーメントおよび最大せん断力を算定して杭の照査を行った後、アンカーについての照査を行います。
なお、本製品における入力は、これまでの抑止杭工の入力手順にアンカーの入力手順を加えた手順を予定しており、既存システムを継承した操作性となりますので、違和感なく設計いただけるものと思います。
 軽量盛土工法検討への対応
土質ブロックの設定において、『EPS工法』や『現場発泡ウレタン超軽量盛土工法』などのいわゆる”軽量発泡材”の設定が可能となります。これにより、軟弱地盤や地すべり地などの地盤強度の小さいところに荷重軽減対策を施した場合の検討が可能となります。
▲図4 発泡材ブロック

▲図5 土質物性値
 屋外タンク貯蔵所 基礎の規制基準への対応
基準の追加としまして、新たに屋外タンク貯蔵所 基礎の規制基準 解説 昭和58年1月(社)土木学会監修 危険物技術研究会編に対応します。これにより、タンク本体の隅角部の安全性につながるアニュラ板付近の局部的なすべり破壊の検討が可能となります。
基本的には「設計要領第一集 土工編」と同等の考え方となりますが、すべり抵抗側に「1.3」の係数を乗じている点が大きく異なります。

ここに、
Fs:安全率(Fsa=1.2)
c :粘着力(kN/m2)
l :分割片におけるすべり面の長さ(m)
W :分割片における幅1メートル当たりの有効重量(kN/m)
θ:分割片でのすべり面と水平面のなす角(度)
φ:内部摩擦角(度)
Wo:分割片における幅1メートルのの全重量(kN/m)

▲図6 .貯蔵タンク円弧すべり
 
 アンカー引張材の任意工法登録への対応
既存の「CCL工法」、「フレシネー法」、「VSL工法」、「SEEE工法」、「ストロングホールド工法」に加え任意の工法を登録する事が可能となります。これにより、KTB工法やその他工法によるアンカー引張材諸元を登録することが可能となり、○○工区の入力において引張材の選択肢が拡張されます。

▲図7 アンカー引張材 ▲図8 工区の入力
 おわりに
今後も引き続きユーザ−様からのご意見、ご要望を取り入れ改善・改良を加えて参ります。どうぞご期待ください。
(Up&Coming '15 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
ラーメン式橋台の設計計算
(部分係数法・H29道示対応)
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4
xpswmm 2017

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/15  UC-win/Road・VR(東京)
12/19  配水池・揚排水機場の設計
12/20  線形最適化OHPASS体験
12/21  UC-win/Road Advanced・
 VR(岩手)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション