Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Support Topics
サポートトピックス / UC-win/Road 保守・サポートサービス関連情報
鉄道線形の入力
 

現在のUC-win/Roadでは、鉄道をシミュレートするため鉄道施設をVRデータとして作成することができます。

 平面線形

鉄道の平面線形を作成する場合、測量中心線、構造物中心線、軌道中心線の3段階にわけて作成します。平面線形の作成方法としてIP法を使用します。構造物中心線と軌道中心線については他の線を基準にしたオフセットも使用できます。

測量中心線

線形の編集画面で、BPから順にIPの位置をクリックします。最後の点はEPとみなされます。

とりあえずこのクリック位置は概略の位置としてください。EPまでクリックした後、IPの編集機能を呼び出し、以下の入力をします。

  • 正確な座標値
  • 緩和曲線種別(三次放物線、サイン半波長、クロソイド、から選択)と長さ(緩和曲線なし、も可)
  • 円曲線半径
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図1 クリック中の画面
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図2 IP編集の画面

最後にBPに対して距離程を与えてください。BPの距離程は0でなくても構いません。また、曲線諸元を所定の書式のCSVファイルで作成しておき、起点から終点までを一括して読み込み、作成することもできます。

構造物中心線と軌道中心線

3つの方法があります。1つはIP法でこれは測量中心線と同じです。2つめはオフセットの利用です。作成済の他の線形(測量中心線、構造物中心線、軌道中心線いずれも可)を基準として一定間隔の平行線を設定し、これを目的の線形として定義することができます。オフセットの始点終点は編集画面上でまず概略位置をクリックして与えてください。その後IPの編集機能により正確な距離程を定めてください。

3つめの方法は、測量中心線と同じく、曲線諸元を記載したCSVファイルを用いる方法です。軌道中心線については、この後、カントを与えることができます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図3 オフセット入力直後

分岐器

片開き分岐器を作成できます。手順は以下のとおりです。

  • 本線側の軌道を描画
  • 分岐線側の軌道を「分岐器のひとつ手前のIP」と「そのIPから分岐器中心までの中間位置」まで描画
  • 分岐器中心の近くを右クリックして分岐器の位置を仮決めする
  • 分岐器の編集機能により分岐器中心の正確な位置を与える
  • 分岐線の先端をドラッグし、分岐器から伸びる放射線のひとつにドロップ

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図4 分岐器の作成直後
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図5 作成した分岐器
 縦断線形

構造物中心線と軌道中心線には縦断曲線を与えます。ふたつの方法があります。

1つは縦断の編集機能を利用するものです。表示される縦断図上で、まず縦断変化の折れ点の概略位置をクリックします。その後、縦断変化点の編集機能により正確な距離程と高さを与えてください。曲線タイプとして円弧を選択できます。

2つめの方法として、平面線形と同様、所定の書式のCSVファイルを作成しておき、起点から終点までを一括して読み込みおよび作成することもできます。特に分岐器を含む線形についてはCSVファイルの利用が推奨されます。

構造物中心線について、どちらの方法で作成した場合も、縦断の編集機能により、橋梁区間とトンネル区間を指定します。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図6 縦断線形編集

どちらにも指定されない区間は自動的に盛土または切土とみなされます。各断面の形状の選択については「横断形状」を参照してください。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図7 橋梁区間、トンネル区間指定
 横断形状

横断形状は構造物中心線と軌道中心線に与えることができます。まず、断面の編集機能により使用したい断面を登録します。必要に応じて、断面を手動で修正することができます。

構造物中心線

目的の断面を選択します。断面の内訳は以下の通りです。

  • 施工基面範囲
  • 橋梁断面(施工基面範囲を含む、以下同じ)
  • トンネル断面
  • 切土
  • 盛土

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図8 橋梁断面の編集
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図9 盛土断面の編集

各区間にどの断面が適用されるかについては、原則として現在地形と施工基面高の上下関係で自動的に設定されます。施工基面の方が高い場合は盛土または橋梁、低い場合は切土またはトンネルになります。


軌道中心線

目的の断面を構造断面の中から選択します。デフォルト地形データの中に、標準形状として砕石またはスラブ道床でそれぞれ軌間1067mmと1435mmの断面を準備しています。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図10 軌道断面の編集
 沿線施設配置(オプション)

距離程と離れとを指定して沿線施設をVR画面内に置くことができます。CSVファイルとして所定の形式により施設配置のデータを作成しておいてください。鉄道シミュレーションプラグイン(オプション)の「信号機・標識類編集」タブの中でそのCSVファイルをロードし、指定した位置に描画することができます。また、信号機・標識類の編集機能により、会話型で位置の調整を行うことができます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図11 電柱(PowerPole)を軌道脇に設置した例
 施設データを配置した応用例

作成したVRデータ環境内に列車を走行させることができます。この画面は、運転士視点または車外に固定した傍観視点とを選択することができます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図12 自動車の運転走行機能による運転士視点での走行例

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図13 鉄道車両に「走行車の設定」機能を適用した走行例


前ページ
  
インデックス
  
次ページ
(Up&Coming '15 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション