Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

 xpswmm 総合情報 Vol.40

 はじめに

今回のxpswmm総合情報は、同誌に掲載しておりますサポートトピックスのように良くあるご質問についてお答えします。今回のタイトルは、「リアルタイムコントロールの用法・用例について」となります。

 リアルタイムコントロールとは

リアルタイムコントロール(RTC:Real Time Control)は、xpswmmのオプション機能の1つで、ユーザが構築しているネットワーク構成に対し、予め設定した物理的な変更をシミュレーション中に自動で与えることが可能です。この変更は、経過時間や水位および流量に応じて与えることが可能なため、応用することで様々な条件下における水利施設のモデル化が可能です。
とても有用な機能ではありますが、「この画面で何ができるのか」、「どのように設定すれば良いのか」というご質問が多いため、説明させて頂きます。

RTCとセンサー
リアルタイムコントロールは、RTC要素とセンサーによって構成されています。
RTC要素は、制御する対象および制御する内容を設定することができる要素です。つまり、どのノードやリンクを対象とするのか、どの値をどれだけ変更するのかといった制御内容を設定することが可能です。

要素 パラメータ
管路 流量、粗度、管径(深さ)
ノード 深さ、標高
ポンプ (On、Off)の標高、スピード系数、
ポンプ流量率、ポンプ井容量の流量、
堰天端標高、堰越流高さ、堰長、流量係数
流量、堰天端標高、堰越流標高、
堰長、流量係数
オリフィス 面積、流量係数
レイティングカーブ 流量
■表1. RTCで制御できる要素とパラメータ

センサーは、RTC要素の開始および終了のタイミングを設定する要素です。センサーの監視対象や作動条件、センサー同士の優先順位を設定することが可能です。RTC要素は、このセンサーを関連付けることで、初めてシミュレーションで扱うことが可能になります。

センサー パラメータ
管路 流量、速度
ノード 水深、水位(標高)
ポンプ ポンプ流量率
流量率
オリフィス 流量率、速度
■表2 センサーを設定できる要素とパラメータ

画面構成について
リアルタイムコントロールの画面を大きく3つに分けると、図1のように分けられます。
画面左上(1)は、RTC要素およびセンサーの管理や関連付けを行うセクションです。画面右上(2)は、センサーの定義を行うセクションです。画面下方(3)は、RTC要素の定義を行うセクションです。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図1 リアルタイムコントロールの設定画面

リアルタイムコントロールの用例

リアルタイムコントロールの代表的な用例としては、下記が挙げられます。

ダムの放流シミュレーション
時間経過や水位によって行う放流のモデル化が可能です。ダムの放流にはいくつか種類があり、水位を維持する河川維持放流、治水目的の放流、フラッシュ放流等がありますが、いずれも本機能で再現可能です。

水門のシミュレーション
逆流防止水門(本川の洪水が支川に流入することを防ぐ水門)や防潮水門(高潮や津波などにより海水が河川に浸入するのを防ぐ水門)などの、水位に応じて対象の水路や河川への流量を調節する構造物のモデル化が可能です。

排水機場のシミュレーション
支川の水位が高くなった際にポンプを使用して本川へと水を排出するための排水機場のモデル化が可能です。併せて逆流を防止するゲートの開閉も再現可能です。

上記を併用した新たな水利施設の検討・提案
リアルタイムコントロールは、複数の定義が可能なため、上記を併用した新たな水利施設の検討・提案にご活用頂けます。
降雨や流域の水位情報を基に、ゲート、堰、ポンプ運転等を制御することで、現行水利施設の能力を最大限に引き出す検討や局所的な集中豪雨時におけるポンプ場での効果的な運転シミュレーションの検証などにもご活用頂けます。


 有償セミナー

 浸水氾濫津波解析セミナー  Webセミナー対応
●開催日 : 2015年8月7日(金)9:30〜16:30
●本会場 : 東京本社 品川インターシティA棟セミナールーム
 ※TV会議システムにて東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌・金沢 にて同時開催
●参加費: 1名様 \18,000 (税別)



前ページ
  
インデックス
  
次ページ
(Up&Coming '15 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
ラーメン式橋台の設計計算
(部分係数法・H29道示対応)
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4
xpswmm 2017

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/15  UC-win/Road・VR(東京)
12/19  配水池・揚排水機場の設計
12/20  線形最適化OHPASS体験
12/21  UC-win/Road Advanced・
 VR(岩手)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション