Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

 xpswmm 総合情報 Vol.47

 2D解析側で必要となる入力決定

xpswmmでは、河川を含めた氾濫解析モデルを作成することができます。前号では、河川を表すリンク(平面線形と縦断勾配)および河川断面の設定を行い、1D解析側の入力内容を説明しました。
今号では、2D解析側の入力内容として必ず必要な地形面データの入力と氾濫原の設定を紹介します。こうして1Dと2Dの入力条件を合わせて解析することで、いわゆる1D/2D統合解析が可能となります。


 地形データの入力

まず、2Dの氾濫解析に用いる地形データを準備します。一般的には国土地理院の基盤地図情報ダウンロードサービスから得た地形データ、あるいは、別途準備されている測量データ等から、測点ごとの座標値(X、Y)と標高値(Z)を抽出し、YXZの順番で列挙したカンマ区切りのCSVファイルを作成します。
そして、そのCSVファイルの拡張子を「.xyz」に変更します。このようにすることで、xpswmmで読み込むことができる地形データ「XYZSファイル」が作成できます。

xpswmmのレイヤコントロールパネルで、地形データのDTMを右クリックし、「XYZSファイルから地形モデルの作成」を選択し、あらかじめ作成した「XYZSファイル」を読み込みます。(図2)

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図1 XYZSファイル ■図2 XYZSファイルの入力

 氾濫原の設定

グリッド範囲の設置

グリッド範囲とは、2Dの氾濫解析を行うために使用する地形データの範囲を指します。まず、レイヤーコントロールパネルからグリッド範囲を選択し、ポリゴンボタンで該当範囲を囲みます。すると図3のようなグリッド範囲が設置できます。次に、グリッド範囲を右クリックしてプロパティを選択し、グリッド範囲の設定画面を開きます。そこで「グリッド間隔サイズ」に任意のセルサイズ(例えば、10mなど)を入力します。

  
  画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図3 グリッド範囲
アクティブエリアの設定

アクティブエリアとは、氾濫原の範囲です。アクティブエリアをグリッド範囲とは別に設定することもできますが、今回は簡便のためグリッド範囲全体をアクティブエリアとする方法を紹介します。メイン画面上部の[設定]-[解析設定]-[2Dモデルの設定]にて、未定義領域の扱いを「Active Area」と設定します。(図4)

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図4 アクティブエリアの設定

 次号紹介内容

次号では、河川から2Dへの溢水、2Dから河川への流入を条件設定する1D/2Dインタフェースラインの設定を紹介します。

■xpswmm2016 日本語版 2016年 2月 2日
■開発元:xpsolutions


前ページ
  
インデックス
(Up&Coming '17 春の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
三井共同建設コンサルタント
[ イベント ]
フォーラムエイト設立30周年記念






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017
配水池の耐震設計計算 Ver.7

キャンペーン実施中
30周年記念スプリング
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、64bitネイティブ対応
トレードアップ
セミナー来場者優待

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
4/25  UC-win/Road Advanced・
 VR 福岡
4/26  VRまちづくりシステム体験
5/9  組込システム入門体験
5/10  UC-win/Road DS体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション