Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

ちょっと教えたいお話
IT減税
 フォーラムエイトでは、3年に一度といわれる税務調査を本年4月に受けました。過去3年間の各種帳票を対象に約1週間程度、複数の税務調査官による、入念な調査が実施されました。当社の場合は、ソフトウェアという無形の資産の扱いやニュージーランド現地法人との取引関係など判断が難しい面も数多くあり、調査官の方々に適切で十分な資料を提出するとともに、当社及び会計士それぞれが分析して理解することが必要な場面も少なからずあって、大変勉強になりました。

 さて、当社やソフトウェア、情報システムの会社がパッケージソフトなどを開発して販売する場合に、その収入の一部を汎用プログラム等準備金として積み立てて、将来のソフト開発などの資金に役立てることができるようにするための「プログラム準備金制度」が本年をもって廃止されます。これは、汎用プログラムの開発を促進させ、育成することが目的でしたが、これに変わり、IT投資促進税制が本年より、創設されました。今回は、このIT減税といわれる本税制の内容について、説明いたします。

 平成15年度施行される法人税関連税制には、1.研究開発減税、2.設備投資減税があります。IT減税とされるIT投資促進税制は、2.設備投資減税の中の一つであり、IT関連設備(ソフトウェアを含む)を購入した場合に特別償却または特別税額控除が適用できるというものです。IT減税とは、IT設備やソフトウェアの購入・利用により、ITの活用を促進し、ひいては政府の掲げる「我が国が5年以内に世界最先端のIT国家となる」という目標を実現するe−Japan戦略の一環をなすものと考えられます。

< IT投資促進税制の概要 >
対象期間: 平成15年1月1日〜平成18年3月31日まで
適用対象: 期間内年度毎の合計額が下記に該当する場合
       (1)ソフトウェア 70万円以上
                     (資本金3億円超えの法人は600万円以上)
       (2)IT関連設備 140万円以上
                     (資本金3億円超えの法人は600万円以上)
       ※リースの場合(1)ソフト総額100万円(2)IT設備200万円等、別途要件有
       ※IT関連設備とは、電子計算機、デジタル複写機、FAX等8種類
減税内容: 下記(1)か(2)の選択適用
       (1) 取得価額の50/100の特別償却
       (2) 取得価額の10/100の税額控除
▼ 関連税制/少額減価償却資産損金算入特例
■中小企業を対象とした投資減税
対象期間:平成15年4月1日〜
        平成18年3月31日まで
適用内容:取得価額30万円未満の少額減価
       償却資の損金算入特例措置
対象法人:資本金1億円以下の中小企業者等
※30万円未満のもので、特例損金算入した
  ものは、地方税(固定資産税・償却資産税)
  は課税対象。
(地方税が改正されれば変更の場合有り)
一括償却資産適用分については、課税対象外。
 
1999年に施行された「パソコン減税」では、ソフトウェアそのものが対象とならなかったことから、当社ソフトを購入しても即時償却等の対象になりませんでした。今回は、UC−win/UC−1などのパッケージソフトや当社がサービスを開始したGSS(グループウェア)などのカスタマイズ・ソフトウェアも対象となり、広く適用できます。このIT投資減税を利用して、情報システムの構築や、ソフトウェア等の新規投資、整備を図る良い機会だと思われます。

 本稿は、当社が一般情報に基づき、編集時点で取りまとめたものです。適用に際しては、会計士、税理士などに詳細用件ご確認の上、ご判断お願いいたします。


TAS(Total Accounting System)                            FORUM8全社会計システム
 
フォーラムエイトでは、自社開発したグループウェア・システム(TAS=Total Accounting System)により、経費、費用の請求や出張旅費の精算などの経理処理、振替伝票の起票・自動仕訳などの会計処理、決算仕訳、試算表作成などの決算処理を行っています。

 Webを利用した経理処理では伝票が電子的に決済されるため、承認者がどこにいても即時に正式な承認が可能で、発注や購買などの意思決定も迅速に行えます。当然のことながら、承認された文書は正式な文書として保管され、書類の回覧、送付が不要になります。加えて平成11年度より、帳簿書類を電子データで保存することができるようになりました。「国税関係帳簿の電磁的記録等による保存等の承認申請書」を所管の税務署に届けて承認を予め得られれば、電子データだけで保存しておくことができます(相手方からの請求書や領収書は従来通りの保管が必要です)。

 フォーラムエイトでは、指紋照合を用いたタイムカードによる勤休管理や業務日報登録により、リアルタイムで、自動的な社内の原価管理システム及びソフトウェア開発資産管理に反映させるべく、システムの対応を順次行っています。これらのシステムは、GSS(Groupware Support System)としてユーザの皆様にもカスタマイズシステムのご提供を予定しています。
(関連情報→新製品紹介V)

▲グループウェアによる旅費請求例:出張申請、
仮払い請求、スケジュール登録、旅費精算、請求
支払、経理処理、会計処理がWebで実行される


(Up&Coming '03 残暑お見舞い特別号掲載)
戻る
Up&Coming
バックナンバー

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション