Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

 ●xpswmm 総合情報 Vol.8

●中国水博覧会出展報告
 xpswmmの中国展開への足がかりとして、11月10〜13日に中国・北京市にて開催されました中国水博覧会(Water Expo China)2008に出展しました。同博覧会は、中華人民共和国商務部に認可された、中国国内で唯一の水に特化した国際的な総合展示会です。弊社ブースでは、水関連技術者や、中央、地方の政府関係者ほか、現地産業界、中国市場に関心のある外資系企業やマスコミなどの多数の来場を頂き、xpswmmによる流出解析技術及び解析結果のVR化を中国市場関係者に発信して技術交流を深めてまいりました。

 近年、世界水フォーラムやアジア・太平洋水サミットなどの国際的議論の場や国連等国際機関でも、水災害への取り組みを希求する動きが顕著になってきています。2007年のIPCC第4次アセスメント報告で全世界がショックを受けた通り、気候変動によりダイレクトに水災害が増大することが予測されます。2007年12月のアジア・太平洋水サミットでも、気候変動によるリスク増大への適応を最重要課題として認識しつつ、水関連の災害リスク削減を国家開発計画に盛り込むことが提唱されました。

 中国では、水環境が水量と水質の観点から経済成長の足かせとなりつつあり、水環境への関心が極めて高くなってきています。現状では中国における研究水準は水質問題が中心であり、流出解析技術はまだ発展段階にあると言えますが、今後に向けて流出解析技術の拡大が見込まれます。さらに、ハザードマップや氾濫解析のVRは、堤防やダムなどの構造物などによる対策が遅れている国にとって、洪水対策の有効な手法の一つとなります。

 日本では水害の危険性が極めて高い地形、気候であるにもかかわらず、これに対応しながら、経済発展を遂げてきた国として、世界の水災害軽減のための技術移転を期待されています。日本は低地に人口が集中しており、他国にとって日本の水災害対策から学ぶところが多いと考えられます。弊社FORUM8では、xpswmmを解析ツールとして中国に発信して、流出解析技術の展開を図ってまいります。

▲会場となった全国農業展覧 ▲弊社ブースの様子


●解析支援サービス   >> xpswmm解析支援サービス
■物理対策からのアプローチ
 氾濫現象の発生に至るプロセスを再現するには、現象を抽象化した概念モデルより、xpswmmのように水文現実を出来る限り忠実に物理モデルで表現した方が各プロセスの因果関係が解明し易いと言えます。流域に降った雨は河川あるいはマンホールへと流出し、河道、下水道の流下能力不足からオーバーフローして氾濫現象へと発展します。こうしたプロセスの連鎖に対して各現象レベルでの定量化により、各水文過程における対策効果の検討ができ、任意に対策を組み合わるなどのシナリオを想定することができます。

 弊社FORUM8では、パッケージソフトウェアの販売に加え、解析支援サービスとしてxpswmmによるデータ作成サービスを行っております。本解析支援サービスでは、ソフト導入時における初期モデルの作成までを基本とし、必要に応じてキャリブレーションまでの技術支援までのサポートも提供致します。ソフトウェアとデータ作成との2つのサービスの提供により、需要が見込まれる事業分野へ参入を新たに検討されている企業の方々にも、安心してxpswmmをご利用頂きたいと思います。
xpswmm解析支援WEB見積ページ


■制度対策からのアプローチ
 水管理は複数の組織にまたがる縦割行政という弊害から、行政部局間や利害関係者間での意思決定の必要が生じます。世界各国の流出解析エンジン、ソフトウェアは基本的に互換性のないデータ構造であり、意思決定や継続業務の遂行に際して、解析エンジンを扱えるデータフォーマットへのデータ変換が必要となり、同じ流域に対して複数のデータ構造のデータを準備しなければなりません。

 ヨーロッパ各国の組織とEUの出資による水工系解析ソフトウェア統合インターフェースOpenMI(Open Modeling Intgerface and Environment)やOhyMos(Object-oriented Hydrological Modeling)等のように、販売流通している水工系解析ソフトウェア同士でデータ連携させるフレームワークの制度化が図られています。欧米より洪水の多いアジア圏でもその必要性は高いと言えますが、制度化に至っていないのが現状です。そのため、複数の流出解析モデルでの比較検討が行えるよう、弊社では、上記の解析支援サービスに加え、InforwarksやMouse等の他の流出解析モデルのxposwmmへのデータ変換サービスを行っております。

 これらのサービスにより、ユーザー様はデータ作成ではなく、シナリオ作成、企画提案、予測結果の適正な評価・分析、対策提案に注力頂けます。生産性、合意形成の両面での無駄を割愛し、構想と表現の場に活躍の場を見出して頂き、流出解析技術の更なる向上、展開を図って頂けます。

 また、xpswmmによる水関連行政部局間での意思決定はもとより、氾濫解析結果のVR化が行えるUC-win/Road for xpswmmにより、弊社では、住民参加型アプローチを推奨していきます。行政と一般住民との意思決定ツールとして、Road for xpswmmを活用頂き、各コミニュティーが防災能力を客観的に認識し、努力目標を見出していけるよう取り組んでまいります。



xpswmm体験セミナー  詳細

 ●日時 2009年 3月 13日(金) 13:30 〜 16:30   ●参加費 無料
 ●本会場 フォーラムエイト東京本社 GTタワーセミナールーム  TV会議システムにて 東京・大阪・名古屋・福岡にて同時開催

xpswmm体験セミナー(中国:上海・北京)  詳細

 ●日時 2009年 2月 18日(水)   ●参加費 無料


  
前ページ    インデックス 次ページ
(Up&Coming '09 新春特別号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション