Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

新製品紹介

●EzyBridge Ver.2 鈑桁・箱桁の自動設計プログラム

 鋼橋上部構造の概略設計ソフトである「EzyBridge」シリーズでは、全体の画面構成もリニューアルし、以下に示す機能を追加・改良した最新バージョンをVer2としてリリースいたします。

●概要・特徴
 本プログラムでは、対話型画面による必要最小限の入力情報を元に格子解析による主桁断面力計算を行って、主桁断面の最適検討から、鋼重・剛比照査、下部工反力、活荷重たわみ検討、積算までという、概略設計に必要な一連の計算と出力を行う概略設計プログラムです。以下に示す3つの製品で構成されたシリーズ製品です。
  • EzyBridge Series Vol.1 : 非合成鈑桁箱桁の概略自動設計
      ・実施設計並みの精度が得られる変形法による格子計算
      ・簡単入力で曲線、直線、バチ、斜角の組合せが自由自在
      ・多径間、多主桁に対応(14径間、20主桁まで)
      ・主桁ブロック数、継ぎ手位置の自動・手動設定

  • EzyBridge Series Vol.2 : 連続合成桁の概略自動設計
      ・桁高変化対応、更に桁形状データ修正により任意形状桁も設定可能
      ・クリープ、乾燥収縮、温度差による不静定応力考慮
      ・合成断面、鋼断面自動設定切り替えによる断面計算
      ・鈑桁、箱桁、開断面箱桁対応
      ・ジャッキアップによるプレストレス導入機能、開断面、BOX断面計算機能などにも対応

  • EzyBridge Series Vol.3 : 鋼床版桁の概略自動設計
      ・拡幅を考慮し各横断のデッキリブ本数等を自動設定 (以外は、EzyBridge1と共通)
▲全体画面 ▲路面寸法編集 ▲主桁断面編集


●Ver2での追加機能、改良事項
  1. 枝桁・増桁への対応
    従来は整形格子のみに対応していたグリッドジェネレータの機能を拡張し、主桁の本数が橋軸方向に増減する枝桁や、斜角のきついバチ桁などの非整形格子形状に対応。
    ▲枝桁・増桁対応例

  2. 平面形状のCADライクな編集機能
    マウス操作による主桁、枝桁、横断、横桁、支点の追加、削除、移動を可能とした。従来のパラメトリック入力とマウス操作による上記作業を状況に応じて組み合わせることで、面倒な座標入力を行わずに枝桁など複雑な形状の桁構成、路面構成を設定可能。

  3. XML出力
    計算結果確認の画面上で、確認や印刷のためのフォーマットにXML/HTMLを採用。確認、編集作業が容易に行える。

    ▲XML結果編集画面

  4. シリーズ共通のデータフォーマット対応
    シリーズ間でのデータ互換性を実現。線形や格子形状など共通データのやり取りが可能。

  5. 内部処理の3Dデータ化
    座標データを3 次元化し、将来の立体図描画・出力に備える。(出力は次期)

  6. その他の機能
    ・ドッカブルウィンドウの採用により、メイン画面と複数のサブ画面を1つ以上のディスプレイ画面に展開して確認、修正作業が行える。
    ・積算時に使用する各種単価や共通架設比率などが画面上で全て確認、修正可能。

    ▲メイン画面とサブ画面での編集

●EzyBridgeバージョン間の比較(主要機能)

比較項目 Ver.1 Ver.2
線形 直線または円弧の組合せ
(支間内で曲率半径が一定)
直線、円弧、クロソイドの組合せ
(支間に依存する制限なし)
支点位置 固定 移動、削除可能
扱える格子の形状 整形格子のみ 整形格子、非整形格子(枝桁、斜角のきついバチ桁に対応)
座標入力 可能。座標入力とパラメトリック入力※1の併用は不可 表の編集やマウス操作による座標入力と、従来のパラメトリック入力の併用が可能
シリーズ間データ互換 なし 共通フォーマットのためシリーズ間でデータの共有が可能(旧バージョンとは上位互換)
出力 プリンタ出力 HTML、XML出力
積算時の単価設定 一部可能 すべて可能


●更に次の改良予定
 ・ 補修・復元設計に必要な旧荷重での計算機能
 ・ 一般図CAD出力機能


●サポート体制
 本製品の開発元である(有)ドルフィーソフトウェアは、コスモ技研(株)との開発技術提携により、今後、本製品の開発・サポート主体を、コスモ技研(株)に置く事としました。製品の品質向上、充実したサポート体制の実現はもとより、設計現場を知り尽くした最新の技術力が、本製品に活かされるものと期待されます。


●改定費用  Ver.2へのバージョンアップ後の価格

ソフトウェア名 価格 改訂費
EzyBridge1 「非合成桁の概略自動設計」 \320,000(税込 \336,000) \80,000(税込 \84,000)
EzyBridge2 「連続合成桁の概略自動設計」 \380,000(税込 \399,000) \100,000(税込 \105,000)
EzyBridge3 「鋼床版桁の概略自動設計」 \380,000(税込 \399,000) \100,000(税込 \105,000)


鋼橋CAD体験セミナー   EzyBridge/ASteelPlate/ASteelBoxの解説、操作講習

 ●日時 : 2009年 7月 29日(水) 13:30〜16:30   ●参加費 : 無料
 ●本会場 : フォーラムエイト東京本社 GTタワーセミナールーム TV会議システムにて 東京・大阪・名古屋・福岡にて同時開催

■EzyBridge Ver.2 リリース予定日:2009年5月

(Up&Coming '09 新緑の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4
xpswmm 2017
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/12  UC-win/Road DS体験
12/13  UC-BRIDGE(分割施工
 対応)(部分係数法・
 H29道示対応)新製品体験
12/14  CIM入門
12/15  UC-win/Road・VR(東京)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション