Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

New Products
駐車場作図システム
 車両軌跡/駐車場作図体験セミナー
●日  時 : 2011年 6月23日(木)、 13:30〜17:00
●参加費 : 無料
●本会場 : フォーラムエイト東京本社GTタワーセミナールーム
TV会議システムにて東京・大阪・名古屋・福岡にて同時開催
駐車マスの自動配置システム

最新版製品価格 ●リリース 2011年4月
CALS/CAD

 はじめに
本製品は、下記の適用基準および参考文献に記されている駐車マス寸法に基づいた駐車場設計を支援(平面図作図)するCADシステムです。
駐車場区画(外周、車両出入り口、通路など)を作図するだけで、駐車場区画内に駐車マスを自動配置することが可能となります。その他にも、駐車マスを個別に編集する機能を備えているため、駐車場図面の作成が効率よく行えます。
また、作成した駐車場図面を「車両軌跡作図システム」に連携させることで、駐車マスの出入りに問題がないかの検討が可能となります。

適用基準および参考文献
  • 「標準駐車場条例」
  • 「道路構造令の解説と運用、昭和58年2月、社団法人日本道路協会」

 作図機能
駐車区画
  • 外周作図モード
    駐車マスを配置するエリアを設定します。エリアとなる頂点をクリックしていくことで閉じた多角形が作図されます(図1水色枠)。
    後述する駐車マスの一括配置モードでは、このエリア内に駐車マスが配置されます。

■図1 駐車区画の外周(除外領域作図モード)

  • 除外領域作図モード
    外周内部で駐車マスを配置しないエリアを設定します。エリアとなる頂点をクリックしていくことで閉じた多角形が作図されます(図2赤色枠)。駐車マスの一括配置モードでは、このエリアの周囲には駐車マスが配置されますが、エリア内には駐車マスは配置されません。

■図2 駐車区画の除外領域 (除外領域作図モード)

  • 出入り口作図モード
  • 駐車区画への出入り口を設定します。外周と交差するように、頂点をクリックしていくことで閉じた多角形が作図されます(図3青色枠)。駐車マスの一括配置モードでは、このエリア内には駐車マスは配置されません。

■図3 駐車区画の出入り口(通路作図モード)
 
■図4 駐車区画の通路 (通路作図モード)


駐車マス
  • 一括配置モード
  • 事前に作成しておいた駐車区画内に駐車マスを自動で配置します。配置確定前に駐車マス列の角度を変えて、配置状況を確認することができます(図5)。また、配置される駐車マスの寸法や車路幅は、登録されている駐車マスのタイプから選択した値が使用されます。デフォルトでは標準駐車場条例、もしくは道路構造令に基づいた値が登録されています(図7)。

■図5 自動配置(確定前)

■図6 自動配置(確定後)


■図7 寸法登録画面

  • 個別配置モード
  • 駐車区画内に自動で生成される一括配置だけでなく、駐車マスを配置したいラインの始終端を指定することで、ラインに沿って個別に配置することが可能です。また、駐車マスに角度がつくタイプの場合には、フラット型(図8左上)・矢印型(図8右上)・インターロック型(図8左下)・杉綾型(図8右下)などの配置方法を選択することができます。

■図8 個別配置

  • 編集モード
  • 配置済み駐車マスの移動・削除、駐車マスの追加だけでなく、駐車マスのタイプを障害者用駐車マスなど、別のタイプで置き換えることができます(図10)。

■図9 駐車マス置換前
 
■図10 駐車マス置換後

  • 駐車マスパラメータ
タイプ 登録済み寸法から選択
車止め あり・なし
障害者記号 左側・右側・なし
出入り方向 左側・右側・両側
 配置方法  フラット型・矢印型・インターロック型・杉綾型

路上標識

  • 進行方向作図モード
  • 車の進行方向を表す矢印を作図できます。
  • 作図したい位置をクリックするだけで、事前に登録した寸法で矢印が生成されます(図11)。

■図11 路上標識(進行方向)

数量表
駐車区画の面積、駐車マスの総面積、駐車マスのタイプ別台数を表にして図面に貼り付けられます。(図12)

■図12 数量表

 連携機能
車両軌跡作図システム
作図した駐車場図面を弊社「車両軌跡作図システム」で扱えるCADデータにエクスポートすることができます。エクスポートしたCADデータを「車両軌跡作図システム」で読み込むことによって、作図した車路(図13)から駐車マスへの車両の出入に問題がないかを検討することができます(図14)。


■図13 車路
 
■図14 車両軌跡

おわりに
次バージョンでは、連携機能として弊社「UC-win/Road」で読み込める形式で図面データをエクスポートすることによって、VR空間上に駐車場を生成することが可能となる予定です。
(Up&Coming '11 新緑の掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
xpswmm 2017
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム落橋防止
任意形格子桁箱式橋台

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
11/21  二柱式橋脚/ラーメン
 橋脚の設計・3D配筋
11/22  擁壁の設計・3D配筋
11/27  UAVプラグイン・
 VR体験(宮崎)
12/1  Geo Engineer's Studio
 新製品体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション