Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

New Products
Engineer's Studio® SDK Ver.1.06.02
3次元プレート動的非線形解析

最新版製品価格 ●リリース 2011年7月
動的非線形解析

 概要
Engineer's Studio®Plugin SDK(以下、Plugin SDK)は、Engineer's Studio®の入力データを直接作成するプログラミング開発キットです(図1)。APIは、COM(Component Object Model)を採用していますので、COM に対応している開発環境(C、C+、,VBA、Delphi等)があれば、自由にモデルを作成することができます。開発環境で作成するのはDLLです。そのDLLをOS(WindowsXP/Vista/7)に登録し、Engineer's Studio®を起動すると、メイン画面「プラグインタブ」にボタンが追加されます(図2)。このボタンを押すと開発環境で自由に作成した入力画面が呼び出されます。作成された入力データは、Engineer'sStudio®の入力画面にも表示されます。
計算や結果画面はEngineer's Studio®本体を使いますので、Engineer's Studio®が別途必要です。リファレンスはWindowsヘルプ形式でPlugin SDK製品に同梱されています。日本語だけでなく、英語も用意しています(図3)。
 ■図1 Engineer's Studio®Plugin SDKの概念図

 
■図2 メイン画面「プラグインタブ」から呼び出す


■図3 日本語ヘルプ(左)と英語ヘルプ(右)

 サンプル
Plugin SDKを用いて開発したサンプルソースコードを同梱しています。デフォルトのインストール状態では、「C:¥ProgramFiles¥FORUM 8¥ES Plugin SDK 10602¥SampleSource¥SDK sample¥」フォルダにあります。6個のサンプルがあります。

Parabola
放物線形状の骨組み構造をフレーム要素で作成した例です。Plugin SDKを用いて、節点とフレーム要素のデータまでを作成しています。断面や支点などは入力画面で行います(図4)。
Parabola
■図4 Parabolaの入力画面(左)と作成されたモデル(右)
Box
ボックスカルバート構造をフレーム要素で作成した例です。Plugin SDKを用いて、節点とフレーム要素のデータまでを作成しています。断面や支点などは入力画面で行います(図5)。
Box
■図5 Boxの入力画面(左)と作成されたモデル(右)
Line
直線構造をフレーム要素で作成した例です。Plugin SDKを用いて、節点とフレーム要素のデータまでを作成しています。断面や支点などは入力画面で行います(図6)。
Line
■図6 Lineの入力画面(左)と作成されたモデル(右)
Bridge
5径間連続道路橋をフレーム要素で作成した例です。非線形動的解析の設定をしています。すぐに計算が可能です。Plugin SDKを用いて、節点、RC断面、弾性梁要素、M−φ要素、ばね要素、剛体要素、支点、減衰定数、地震波形、シーケンス荷重、ランを作成しています(図7)。
Bridge
■図7 Bridgeの入力画面(左)と作成されたモデル(右)
Shapai
斜π橋をフレーム要素で作成した例です。すぐに計算が可能です。Plugin SDKを用いて、節点、RC断面、PC断面、弾性梁要素、剛体要素、支点、水平震度荷重を作成しています(図8)。
Shapai
■図8 Shapaiの入力画面(左)と作成されたモデル(右)
Plate
4辺固定版の面外集中荷重静的載荷モデルです。非線形平板要素の設定をしています。すぐに計算が可能です。Plugin SDKを用いて、節点、平板要素(弾性および非線形)、剛体要素、支点、強制変位載荷をしています(図9)。
Plate
■図9 Plateの入力画面(左)と作成されたモデル(右)

 最後に
Engineer's Studio®の入力画面は汎用性がある一方で、入力が煩雑であったり使用しない入力項目があったりするなど、常に便利とはいえません。Plugin SDKを使って独自のプログラム開発を行うことにより、特定の構造物に特化した入力画面を用意することができます。
ただし、Plugin SDKで作成できない入力データがあります。それは、地層特性、フレーム要素の材端オフセット、フレーム要素の材端条件、初期断面力、Rayleigh減衰、減衰定数、断面計算の入力、活荷重の定義、鋼製部材のひずみ照査の定義、計算結果へのアクセスです。これらは、Engineer's Studio®製品の中で入力、結果確認を行うことになります。今後の改訂において、順次拡充していく予定です。
(Up&Coming '11 盛夏の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社デンソー
エレクトロニックコントロール
コンポーネント部

[ お知らせ ]
平成29年道路橋示方書対応製品
価格発表のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.6
弾塑性地盤解析(GeoFEAS)2D Ver.4
Geo Engineer's Studio(Lite)
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.16
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.11

キャンペーン実施中
平成29年新道示対応準備
CIM・i-Con技術セミナースタート
レンタルライセンス買い取り
有償セミナー受講料割引

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
9/22  UC-1 港湾シリーズ体験
9/26  斜面の安定計算
10/3  土留め工の性能設計計算
 体験
10/4  レジリエンスデザイン・BIM系
 解析支援体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション