Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

New Products
擁壁の設計(韓国基準版)
片持梁式、重力式、もたれ式、任意形状擁壁の設計計算、図面作成プログラム(韓国基準対応)、3D配筋対応

最新版製品価格  ●リリース 2011年12月
道路土工

 現在、フォーラムエイトでは、韓国基準、中国基準に対応したUC-1製品として、「擁壁の設計」の開発を行っています。
 本ページでは、「擁壁の設計(韓国基準版)」について、No.90(新春号)で紹介できなかった機能を含めた最新の情報をご紹介いたします。

 適用基準及び参考文献
  • 「道路橋設計基準」 大韓土木学会 2010年
  • 「コンクリート構造物設計基準」 韓国コンクリート学会 2007年
  • 「構造物基礎設計基準」 韓国地盤工学会 2009年
  • 「鉄道設計基準」 韓国鉄道施設公社・公団 2004年

 適用範囲
本製品の主な適用範囲は以下の通りです。

形状 逆T型、L型、台形、もたれ式、ブロック積、任意形状
土圧式 ランキン土圧、クーロン土圧、試行くさび土圧、物部岡部式地震時土圧
荷重 固定荷重、活荷重(鉄道含む)、水圧、風荷重、衝突荷重、地震荷重、土圧
安定計算 転倒、滑動、支持力に対する安定計算
断面計算 終局耐力に対する断面照査

 機能及び特長
計算内容
設計の考え方は、断面計算を除いて基本的に日本の土工指針と同じになります。以下に韓国基準独自の機能についてご紹介します。

(1)設計水平震度
設計水平震度は再現周期と地震区域より計算します(図1)。


■図1 設計水平震度に関する設定

(2)鉄道活荷重
鉄道設計基準で鉄道活荷重を考慮する場合は、基準で決められた鉄道活荷重をプログラム内部で生成します(図2)。


■図2 生成された鉄道活荷重の例

(3)組み合わせ荷重ケース
適用する基準により、荷重係数を考慮した組み合わせ荷重ケースをプログラム内部で自動生成します(図3)。ただし、安定計算時の荷重係数はすべて1.0となります。


■図3 組み合わせケース

各基準で以下のケースが生成されます。

■道路橋設計基準
Case1 1.3D+2.15L+1.7H
Case2 1.3D+1.7H+1.3W
Case3 1.3D+1.3L+1.7H+0.65W
Case4 1.0D+1.0H+1.0E

■コンクリート構造物設計基準、構造物基礎設計基準
Case1 1.4C+1.4Hv
Case2 1.2C+1.6L+1.6aHHv+1.6Hh
Case3 1.2C+1.0L
Case4 1.2C+0.65W
Case5 1.2C+1.0L+1.3W
Case6 1.2C+1.6L+1.6aHHv+0.8Hh
Case7 0.9C+1.6aHHv+1.6Hh+1.3W
Case8 1.2C+1.0L+1.0E
Case9 0.9C+1.6aHHv+1.6Hh+1.0E

■鉄道設計基準
Case1 1.4D+1.7H
Case2 1.4D+2.0L+1.7H
Case3 1.7D+1.7L+1.7H
Case4 1.4D+1.7H+1.4W
Case5 1.4D+1.4L+1.7H+0.7W
Case6 1.0D+1.0H+1.0E

※D:固定荷重、L:活荷重、H:土圧、W:風荷重、E:地震荷重、C:コンクリート自重、Hv:土砂自重による鉛直荷重、Hh:土圧の水平成分、aH:土被り厚による補正係数

(4)断面照査
断面照査は、鉄筋コンクリート断面の終局耐力に対する照査を行います。主な照査項目は、1)鉄筋量の計算、2)耐力照査、3)せん断補強筋の照査、4)温度収縮鉄筋の検討、5)引張ひび割れ検討になります。

作図機能
本プログラムの図面作成においては、配筋図の他に水抜穴や一般図を表示でき、図形のレイアウトも自動的に行います(図4)。また、配筋状態を3D表示により確認できる機能を標準装備しています(図5)。

■図4 配筋図   ■図5 配筋3D表示

 おわりに
本製品が韓国市場に受け入れられるよう、リリース後もユーザー様からのご要望、ご指摘に対して丁寧に対応していきたいと考えています。
※画面は開発中(日本語)のものです
(Up&Coming '11 晩秋の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4
xpswmm 2017
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/12  UC-win/Road DS体験
12/13  UC-BRIDGE(分割施工
 対応)(部分係数法・
 H29道示対応)新製品体験
12/14  CIM入門
12/15  UC-win/Road・VR(東京)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション