プログラム概要

OHPASS(Optimal Highway Path Automatic Search System:一般名称オーパス)とは、高速道路等の最適な線形を計算する手法であり、その特長としては、遺伝的アルゴリズムを用いたものです。

元々は、線形の検討において、設計段階で線形を柔軟かつ速やかにシミュレーションできる検討手法が求められたことから、2000年に当時の日本道路公団(JH)試験研究所(現㈱高速道路総合技術研究所)の委託を受け、株式会社三菱総合研究所が開発に着手し、縦断線形および平面線形をモデル化を行いました。その線形モデルに基づいて設計された線形を評価・最適化するプロセスとして、通過点線形モデルと遺伝的アルゴリズムの採用が考案されています。

これにより、デジタル地形データ上に設計した道路線形をシミュレーション・評価し、事業コスト低減や土工量バランス改善などを可能にする道路最適線形探索システム「OHPASS」が構築されるに至りました。

関連情報

◆関連セミナー
線形最適化OHPASS体験セミナー 

プログラムの機能と特長

UC-win/Road OHPASSプラグイン・オプション

主な特長/機能

道路最適線形探索システムOHPASS(Optimal Highway Path Automatic Search System)の計算結果について、UC-win/Roadと連携。計算で得られた線形の結果を、即座に可視化することが可能。



OHPASS 2013

主な特長/機能

プログラムは次のような流れになっています。

  1. 初期条件定義
  2. 各種計算条件設定
  3. 計算・結果表示

初期条件定義

以下の3つのファイルを定義し、初期条件として読み込みます。


デジタル地形情報

3次元地形情報が含まれたDXFファイルを利用します。取り込んだ地形情報は、3次元地形のメッシュへと変換されます。


計画線形の定義

仮の線形を準備し、線形計算上の大まかな範囲を設定します。地形範囲に併せてある程度範囲を絞ります。制限を設けないと線形が決まらない場合も発生します。


コントロールポイントの設定

平面線形で回避するポイント、縦断線形で回避するポイント、なるべく回避するポイントを設定。

各種計算条件設定

次に、各種設定を行います。
最適線形を得るための入力として、線形条件、横断面設定、工費入力、コントロールポイント設定、アルゴリズムの設定、評価設定などの項目があります。


線形条件

平面線形や縦断線形の最大・最小半径の設定を行います。横断面や小構造物、トンネル、橋梁、法面ではそれぞれに寸法値など必要な条件を設定します。


▲線形条件設定画面

▲道路設計パラメータの設定


工費条件設定


▲工費条件設定画面


アルゴリズムの設定

どの世代までの線形を計算させるか、突然変異の発生率をどうするかなどの条件を設定します。


▲遺伝的アルゴリズム設定画面


評価設定

評価設定を行うことで、単に線形を工費の面だけでなく、例えば、土工重量、トンネル、橋梁などどこにどれだけの重みにするかという比重の設定や、線形条件を満たさない場合のペナルティを設定し、判定を行うことができます。

計算・結果表示

計算途中及び、計算結果の表示では、初期線形、世代別の線形、最適化された線形を描画し、確認する事が可能です。
結果はテキストファイルに出力され、線形、工費、評価などについて確認することができます。


▲工費算出・判定画面

▲世代表示と最適線形

製品価格

本体価格

価格は税別表示です

UC-win/Road本体 製品価格はこちら

■本体価格

製品名

価格

製品構成

UC-win/Road Ultimate ¥1,920,000 UC-win/Road 本体
+
全てのプラグインオプションを含む
UC-win/Road OHPASSプラグイン ¥550,000 UC-win/Road OHPASSプラグイン
UC-win OHPASS 2013

■フローティングライセンス価格

本体価格の40%を追加いただくことで、誰でも、どこでも、どのPCでも製品の利用が可能となります。

製品名

価格

UC-win/Road Ultimate ¥768,000
UC-win/Road OHPASSプラグイン ¥220,000

>>ライセンス形態についての詳細はこちら

サブスクリプションサービス 契約価格


サブスクリプションサービス 契約価格

■サポート内容
・バージョンアップ無償提供  ・電話問合せテクニカルサポート
・問合せサポート(電子メール、FAX)  ・ダウンロードサービス  ・保守情報配信サービス  

※ライセンス管理コスト削減、製品ご利用形態ニーズ多様化への対応を充実させることを目的として、従来の保守・サポート形態からより便利な、「サブスクリプションサービス」へ順次移行いたします(2016年4月1日~)。

価格は税別表示です

対象製品 初年度 1年
サブスクリプション(UC-win/Road OHPASSプラグイン) 無償 ¥121,000
サブスクリプション(UC-win/Road OHPASSプラグイン フローティング) ¥115,500

レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス価格


■レンタルライセンス:短期間での利用により、低廉な価格でのライセンス利用が可能

■レンタルフローティングライセンス:ライセンスの認証をWeb経由で受ければ、誰でも、どこでも、どのPCでも製品の利用が可能

■レンタルアクセス:既に購入済みの製品の利用ライセンス数を増やす事が可能です。事前契約により、レンタルライセンス期間(1ヵ月~3ヵ月)の単位で自動的にライセンスが付与されます。利用実績に応じて後日請求いたします。事前申込価格として、レンタルライセンス価格の15%引きとなります。ユーザ情報ページにてお申込みいただけます。

※サービス強化、利便性向上を図る目的で「レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス」を2007年9月3日より提供を開始しました。

※レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス開始後の期間変更は出来ません。期間延長の場合は再申込となります。

レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス

価格は税別表示です

■レンタルライセンス

対象製品 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
UC-win/Road OHPASS プラグイン ¥192,500 ¥247,500 ¥291,500 ¥357,500

■レンタルフローティングライセンス

対象製品 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
UC-win/Road OHPASS プラグイン ¥319,000 ¥412,500 ¥489,500 ¥605,000

アカデミー価格


教育関係者、研究者、学生などの教育目的のご利用に向けて、アカデミーライセンスを提供しています。

アカデミー価格

価格は税別表示です

製品名 アカデミー価格
UC-win/Road OHPASSプラグイン ¥440,000

バージョンアップ開発履歴


バージョンアップ開発履歴

■バージョンアップ、リビジョンアップ(無償保守)の主な内容を一覧にしています。
旧版改訂、リバイバル版リリース時などの場合にご参考ください。

 OHPASS 2013
バージョン リリース日 主なバージョンアップ内容
1.0.0 13/09/13

新規リリース。

製品購入/お問い合わせ窓口


製品購入/お問い合わせ窓口

■FORUM8 オーダーページで購入

製品購入 - オーダーページ にて、バージョンアップ・新規製品・各種サービスの御見積作成・申込・決済ができます。

クレジット利用や、分割払いシステムでの購入も可能です。

ご質問は、バージョンアップセンタ(vc@forum8.co.jp)までお気軽にお問い合わせ下さい。

■ お問い合わせ

全国のFORUM8営業所がサポートしています。 >> 営業窓口

購入またはホームページ全般に関するご質問は、forum8@forum8.co.jpまでお気軽にお問い合わせ下さい。

LOADING