設計成果チェック支援システム Ver.3 バージョン更新内容

2023年 9月 29日 更新

Ver.3.00.00更新日:'23.09.29 

主な改定内容

橋梁構造物Web照合システム(システムA)

  • システムBとのデータ互換をはじめ、照合機能および回帰グラフの機能拡張に対応。
  • 照合機能の拡張では、比較検討用目的変数として「底版幅」や「底版長さ」など主に形状寸法に特化したファクタを追加し組合せの汎用性を向上。
  • 回帰グラフでは妥当性評価の指標として『2σ(95%信頼区間)』、『1σ(68%信頼区間)』による信頼区間を明示。

橋梁構造物概算値チェックシステム(システムB)

  • 橋梁構造物Web照合チェックシステムデータのインポート/エクスポートに対応。
  • 対象構造物であるBOXカルバート、擁壁に関しては本システムのベースとなる『BOXカルバートの設計・3D配筋』および『擁壁の設計・3D配筋』の最新版のインポート・エクスポートに対応。
  • データ互換では構造寸法や鉄筋量、材料等の互換を図り、本システムBとシステムAを併用した複合的なチェックを容易に実施。

橋梁下部工耐震性能静的照査システム(システムC)

  • 道路橋示方書・同解説 IV下部構造編 平成29年11月、並びに、道路橋示方書・同解説 V耐震設計編 平成29年11月に対応。
  • 必要最低限の入力による『簡易モード』と汎用性に配慮した『詳細モード』の2つのアプローチによるインターフェースに対応。

橋梁下部工耐震性能動的照査システム(システムD)

  • 道路橋示方書・同解説 IV下部構造編 平成29年11月、並びに、道路橋示方書・同解説 V耐震設計編 平成29年11月に基づく下部工耐震性能照査に対応。

ヘルプ

バージョンおよび改良点

  • [概要]-[バージョン及び改良点]-[Ver.3.x.xについて]


更新履歴バックナンバー

LOADING