インフラ映画シリーズ 「橋」映画特集!

U&C130号で取り上げた「インフラ映画」が予想以上の人気を博し、アンケートでも激励のお言葉を沢山頂きました。インフラ映画が単発で終わってしまっては勿体ないと感じ、今回は「インフラ映画シリーズ」として継続的に紹介できればと考えております。

今回は「橋」映画特集です。映像作家達が橋に込めた独特の意味合いや役割を知ることで、普段とは違った橋の見方が生まれれば幸いです。

タイトルに「橋」が付いている映画

人と人とのつながり、戦争の愚かさを橋で伝える
「戦場にかける橋」

戦争映画の金字塔として名高い本作は、第二次世界大戦時のビルマとタイの国境付近が舞台です。当時日本軍が占領していたこの土地にイギリス軍が捕虜として集められ、軍事用の橋建造を命じられます。偶然にもイギリス軍の中に技術士がおり、日本側の技術士と最初は対立しながらも、一つの橋を作るという目標で結託し友好を深めていきます。

普段なら敵同士である関係を、橋が見事につなぎます。果たして無事に橋は建造されるのか、衝撃のラストは戦争の愚かさを伝えているのでしょうか?あなた自身の目で確認してください!

「戦場にかける橋」 1957年 アメリカ映画
上映時間:155分 監督:デビッド・リーン
出演:アレック・ギネス、早川雪舟
見所:人と人とのつながり、そして戦争の愚かさを橋で見事に表現!

Photo taken by User:Mjanich in mid 2004 with a Sony DSC-707.
「戦場にかける橋」で舞台となったタイのクウェー橋
映画では捕虜が木製の橋を架ける


一進一退の攻防を橋で表現
「遠すぎた橋」

「戦場にかける橋」と同じく、第二次世界大戦が舞台。ノルマンディ上陸作戦の後のオランダが舞台で、ベルリンに向けて進軍する英・米の連合軍を描いた戦争映画です。実際の戦争で行われた「マーケット・ガーデン作戦」を元にしており、オランダ国内に架かる複数の橋を奪取することを目的とした作戦です。

橋に到達するたびに訪れる一進一退の攻防の連続。歴史的知識が必要な映画ですが、橋によって戦闘シーンが直線的になり、分かりやすくなっています。ここまで橋が主戦場となる映画も珍しいのではないでしょうか。

「遠すぎた橋」 1977年 イギリス映画 上映時間:175分
監督:リチャード・アッテンボロー 出演:ロバート・レッドフォード、ジーン・ハックマン
見所:一進一退の攻防を、橋で見事に表現!

時空間の制御に橋を活用
「21ブリッジ」

「アベンジャーズ」シリーズで有名なルッソ兄弟が製作し、同シリーズの「ブラックパンサー」で注目を浴びながらも43歳の若さで亡くなったチャドウィック・ボーズマンの遺作。NYのマンハッタン島で8人の警官殺しが発生し、犯人を捕まえるためマンハッタンに架かる21もの橋を封鎖。お台場の警察が舞台となった某邦画とは比べ物にならない規模です! 橋の封鎖によって、①マンハッタン内に空間を限定、②橋が封鎖解除される午前5時までに時間を限定することに成功し、橋によって物語の時空間を制御する機能を持たせています。

「21ブリッジ」 2019年 アメリカ映画 上映時間:99分
監督:ブライアン・カーク 出演:チャドウィック・ボーズマンほか
見所:70年代の社会派アクション映画!色気漂うマンハッタン橋は必見!

2021年9月3日発売『21ブリッジ』
ブルーレイ:¥5,280(税込) DVD:¥4,180(税込)
発売・販売元:インターフィルム

© 2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.


命の架け橋となったベルリンの橋
「ブリッジオブスパイ」

スピルバーグ監督の隠れた名作!米ソ冷戦下、ソ連のスパイの弁護人を引き受けた実際のアメリカ人弁護士をトム・ハンクスが演じます。どう弁護しても極刑を免れない状況の中、ソ連でアメリカ人のスパイが捕まります。すると、互いのスパイを、東西ベルリンを繋ぐ橋で交換する展開に。

ドイツのハーフェル川に架かるグリーニッケ橋が舞台であり、地理的特性上スパイの交換場所として使用されていました。単に東西ベルリンを行き来する交通の要所だけではなく、橋が命の架け橋となったのです。

「ブリッジオブスパイ」 2015年 アメリカ映画 上映時間:142分
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクスほか
見所:東西ベルリンを繋ぐ一つの橋で繰り広げられる命がけの交渉!

吊り橋を舞台にした映画

こんなに怖い橋を見たことがない
「恐怖の報酬(1977)」

全世界を恐怖に陥れたあの「エクソシスト」の監督による、100億円を投じた超大作!南米を舞台に、ニトログリセリンを積んだトラックを運転する仕事を引き受けた主人公たち。少しの揺れでも大爆発を引き起こす超危険運転ムービーです!中でも、件のトラックが吊り橋を渡るシーンが有名。暴風雨で視界不良かつ明らかな重量オーバーによって、トラックは吊り橋に立ち往生。吊り橋の耐久性、揺れやすい特性を活かし、固唾を呑むような緊迫シーンを作り上げました!こんな恐ろしい吊り橋は見たことありません!

「恐怖の報酬」 1977年  アメリカ映画 上映時間:121分
監督:ウィリアム・フリードキン 出演:ロイ・シャイダーほか
見所:あの「エクソシスト」の監督による、この世で最も怖い吊り橋表現!

吊り橋の揺れが心の動きにリンクする
「ゆれる」

「万引き家族」の是枝裕和の教え子である西川美和監督による傑作。オダギリ・ジョー(弟)と香川照之(兄)の兄弟、そして知人の真木よう子の3人は、魚沼の中津川渓谷を結ぶ吊り橋「見倉橋」を観光しているのですが、突然真木よう子が橋から転落。すぐそばには香川照之がおり、弟は兄が突き落としたと確信し裁判でも証言しますが、その後驚きの事実が明らかになり、彼の心は揺れ動きます。

吊り橋の揺れと弟の揺れ動く心がリンクし、心理状態を説明する機能として橋が用いられています。兄弟の命運は、「ゆれる」吊り橋にあり!

「ゆれる」 2006年 日本映画 上映時間:119分
監督:西川美和 出演:オダギリ・ジョー、香川照之、真木よう子
見所:吊り橋の揺れと同様、主人公と犯人の気持ち、そして観客を揺さぶる傑作!

「ゆれる」で舞台となった新潟県魚沼にある見倉橋
自然あふれる美しい橋だが、映画を見る前と後では橋の印象が全く異なる



前ページ
  
インデックス
(Up&Coming '22 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

LOADING