Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

都市と建築のブログ〜魅力的な都市や建築の紹介とその3Dデジタルシティへの挑戦〜 大阪大学大学院准教授 福田知弘
VOL.7  ギリシャ・サントリーニ島:エーゲ海に舞い降りた白い集落
はじめに
福田知弘氏による「建築と都市のブログ」の好評連載の第7回。今回も、福田氏がユーモアを交えて紹介する都市や建築。この3Dデジタルシティ・モデリングにフォーラムエイトVRサポートグループのスタッフがチャレンジします。どうぞ、お楽しみください。

【 大阪大学大学院准教授 福田 知弘氏 プロフィール 】

1971年兵庫県加古川市生まれ。大阪大学大学院准教授,博士(工学)。環境設計情報学が専門。
高松市4町パティオデザイン,近江八幡市のまちづくり,台湾Next Gene20など,国内外のプロジェクトに関わる。安藤忠雄建築展2009水都大阪1/300模型制作メンバー,NPO法人もうひとつの旅クラブ理事,大阪旅めがねエリアクルー。「光都・こうべ」照明デザイン設計競技最優秀賞受賞。著書「VRプレゼンテーションと新しい街づくり」
 ふくだぶろーぐは,http://d.hatena.ne.jp/fukuda040416/



●エーゲ海にそそり立つ島
 ギリシャの首都アテネから50分ほど飛行機に乗ると三日月形の島が見えてきた。サントリーニ島だ。青いエーゲ海からそそり立っている赤茶けた断崖絶壁と,その崖の頂きにある雪のような白いまちなみのコントラスト(図1)。60度近くの斜度をもつ断崖ができたのは,サントリーニが有史以来火山の噴火を繰り返してきたから。断崖の高さは海面から200〜300m。そのため,クルーズ船が着くオールド・ポートと人々が暮らすフィラ(Fira)やイア(Oia)の町との行き来は,ゴンドラリフトを使うか,580段もの階段をロバで上り下りすることになる。
 このような荒々しい地形の島に人類が最初に足を踏み入れたのは,なんと紀元前3000年頃らしい。当時の人々は,サントリーニでどんな生活をし,どんなことを考えていたのだろうかと,ついつい気になる。

▲図1 イアより眺めるフィラの集落


●ヴォールト屋根のワケ
 町は白一色。といっても,良く見ると屋根やドアにはカラフルな色も使われているのだが,石灰で塗られた白壁は,エーゲ海の強い日差しを避ける実用性も兼ね備える。建物は,断崖をくり抜いて作られた構造のため,室内の多くは洞窟であり天井はヴォールト(かまぼこ型)となっている。さらに,洞窟から前面に張り出して建物を構成する時,ヴォールトは屋根となる。このようにして,断崖にはヴォールトの屋根やファサードが幾重にも形成され,サントリーニの集落の特徴となっている(図2)。島の書店で見つけた,「LERNEN VON SANTORIN(Efthymios Warlamis著)」にはこの成り立ちを図解で詳述(図3)。そしてこのヴォールト天井を活かしたホテルや店舗がサントリーニのウリの一つ。
 他のウリといえば,サントリーニに住む猫たち(図4)やウェディング(図5)。そして日の入り。海は主要な町から西方向に広がっているので,夕日が白い町を赤く染めていくのだ。

▲図2 ヴォールト屋根のまちなみ ▲図3 建物の成り立ち
(「LERNEN VON SANTORIN」より) 


▲図4 サントリーニ猫 ▲図5 ウェディング


●下への広がり
 「門(gate)をくぐったその先には建物が見える」というのが我々の感覚ではないだろうか。しかしサントリーニでは,崖傍の門をくぐったその先に見えるのは空と海と島。テラスやオーニングは見えたとしても,建物自体は門からは見えないことが多い。まちなみは下に向かって広がっている。(図6)
 町にはヒューマンスケールの路地が続く(図7)。集落が断崖に沿って形成されているので,3次元的で複雑な路地となっている。路地を歩いていると,悪気は無いのだが,いつの間にか,他人の建物の敷地内に入り込んでしまう。また,下のレストランの屋上が上のレストランのテラスとして使われている。どうやら,建物の所有関係や官民境界が日本人の感覚と違ってかなり曖昧な感じ。景観としては,柵や塀に囲まれた場合と比べて,オープンなので見通しが利いている。

▲図6 レストランの入り口 ▲図7 路地

●10日兄貴
 イアは島の北端にある町で,サントリーニの中心であるフィラよりも素朴な感じ。立ち寄った本屋で「Light And Colour Of Santorini(Nikos Rigopoulos著)」というサントリーニの写真集の表紙が一風変わっており目にとまった。写真集自体は,赤・青・黄・緑・白というテーマに沿ってサントリーニの自然や文化が納められている。パラパラとめくるとNikos氏は1971年生まれで私と同い年。本屋のスタッフに聞くと,なんとイア市内でギャラリーを経営しているという。そこでギャラリーに伺うと,ご本人が丁度いらっしゃった。しばらく雑談しながら誕生日を尋ねると,なんと私より10日だけ兄貴だと判明。極東の島国とサントリーニ島とは,Google Earthで計測すると9,278kmの距離。こんなところまで来て,たった10日間しか誕生日が違わない方と偶然出会えるなんて。お陰で大いに意気投合(図8)。

▲図8 Nikos氏のギャラリーにて


●Location-based SNS
 Nikos氏との出会いは,彼の写真集を偶然見つけたことから始まっている。これは物凄く感動した出会い方なのだが,もし,彼を事前に知ることができたならば,よりスムーズに出会えたことだろう。旅行前は色々と忙しいものなので、このような情報は旅行中に手軽な操作で取得したいものだ。人と人とをつなぐネットワークサービスとして,SNS(Social Networking Service)の普及があり,私も既にmixi,Facebook,Twitter,Linkdeln,SPYSEEなどに登録している。SNSは既に多様化・多機能化の一途をたどっており,最近では現在地を共有するLocation-based SNSが出てきている。確かに、自動的に現在の位置情報が他人と共有されてしまうことはリスクを伴う。一方、個人的な経験でいえば,ある夏の夜,私が下関から姫路へ向かうひかりレールスターと,建設ITジャーナリストが四国から東京へ向かうサンライズ特急とが岡山駅で偶然同じ時刻にすれ違うというサプライズがあった。この場合、互いの位置はGPSやWiFiなどで自動的に取得した訳でなく,各々が現在地や状況をTwitterにコマ目につぶやいてのこと。もしTwitterをしていなければ,すれ違っても互いの存在は知らずじまいだった。こんな事もあって,Location-based SNSは、リアルタイムに互いの現在地を確認できることで,思いがけない出会いや発見が益々増えてくるように思える。そして、現場の力をもっともっと活用できれば。
 また訪れたいサントリーニ,次回は是非船でアクセスしたい。

3Dデジタルシティ・ サントリーニ島 by UC-win/Road
  「サントリーニ島」の3Dデジタルシティ・モデリングにチャレンジ

UC-win/Roadによる3次元VR(バーチャル・リアリティ)モデルを作成したものです。エーゲ海に臨み、赤茶けた断崖と白い雪のような街なみがコントラストをなすサントリーニ島の美しい景色を再現しました。クルーズ船が着く港から200〜300mもの高さがある断崖とそこにびっしりと連なるヴォールト屋根と白壁の家々、そのなかにギリシア正教会の聖堂の青いドームが映える様子、私地と公地の境界があいまいでオープンな景観、エーゲ海に沈む美しい夕日などを表現しています。

■UC-win/Road WebViewer ダウンロード閲覧:
 URL: http://www.forum8.co.jp/download/ucwin/Road5MB/Roadweb-3.htm


前ページ インデックス 次ページ
(Up&Coming '10 秋の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
xpswmm 2017
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム落橋防止
任意形格子桁箱式橋台

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
11/21  二柱式橋脚/ラーメン
 橋脚の設計・3D配筋
11/22  擁壁の設計・3D配筋
11/27  UAVプラグイン・
 VR体験(宮崎)
12/1  Geo Engineer's Studio
 新製品体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション