Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

都市と建築のブログ〜魅力的な都市や建築の紹介とその3Dデジタルシティへの挑戦〜 大阪大学大学院准教授 福田知弘

VOL.19  ニューカッスル:地方都市の楽しみ方

 はじめに
  • 福田知弘氏による「都市と建築のブログ」の好評連載の第19回。毎回、福田氏がユーモアを交えて紹介する都市や建築。今回はニューカッスルの3Dデジタルシティ・モデリングにフォーラムエイトVRサポートグループのスタッフがチャレンジします。どうぞお楽しみください。

 大阪大学大学院准教授 福田 知弘氏 プロフィール
1971年兵庫県加古川市生まれ。大阪大学大学院准教授,博士(工学)。環境設計情報学が専門。国内外のプロジェクトに関わる。CAADRIA(Computer Aided Architectural Design Research In Asia)学会 会長、日本建築学会 近畿支部常議員、NPO 法人もうひとつの旅クラブ副理事長、大阪旅めがねエリアクルー。「光都・こうべ」照明デザイン設計競技最優秀賞受賞。著書「VR プレゼンテーションと新しい街づくり」「はじめての環境デザイン学」など。
ふくだぶろーぐは,http://d.hatena.ne.jp/fukuda040416/
  
●オーストラリアのニューカッスル

今回は、2008年11月にANZAScA2008学会、2011年4月にCAADRIA2011学会出席のため、2度訪問したことのあるオーストラリアのニューカッスルをご紹介。ニューカッスルは、シドニーの北方約160kmにある地方都市。オーストラリアの石炭輸出港を担う港町で、人口14.8万人。ワイン産地で有名なハンターバレーも近い。ニューカッスル(New Castle)という都市は、文字通り「新しい城」という意味。オーストラリアの他、イギリス、アメリカ合衆国、南アフリカ共和国の4カ国にあるそうだ。
ニューカッスルへのアクセスは、シドニーから鉄道でニューカッスル駅へ(2008年に利用、図1)、または、ゴールドコーストなどから国内線でニューカッスル空港へ(2011年に利用)。後者の場合、空港から市内までは約25km。8人乗りの乗合タクシーは、乗客の自宅やホテルまでDoor2Doorで運んでくれる。乗車したタクシーは地元のおばさま方との相席となり、ニューカッスル市内を1時間程ドライブすることになった。iPhoneのGPS機能で現在位置を確認しながら乗っていると結構遠くまでやってきた感じ。

図1 ニューカッスル駅

●近代建築で国際会議

ANZAScA2008、CAADRIA2011いずれの学会も会場となった、ニューカッスル市庁舎(図2)。1920年代に完成。古い建物での国際会議はやはり趣がある。セッション会場では、巨大な洋画の手前にスクリーンを置いてプレゼンテーション。前面に緑の広がるバルコニーでコーヒーブレイク。

図2 CAADRIA2011集合写真

●岬と港

ニューカッスルは岬のある港湾都市。CAADRIA2011 Conference Dinner会場となった、Fort ScratchleyからMacquarie Pierという岬を見る(図3)。岬を挟んで左側がニューカッスル港、右側がタスマン海。洋上には巨大なタンカーが沢山停泊している。これらの黒い塊をはじめて見た時は、「何やこれ?」とドキッとしたが、よく見ると入港の順番を待っている模様。

図3 Fort Scratchleyから岬を眺める

ビーチは幾つかあるが、表情がそれぞれ違っており、人々はお好みで、スイミング、サーフィン、ビーチバレー、釣りと思い思いに楽しんでいる。海のすぐそばにはプールも設けられており、プールと海とが一体化した景観。11月末は南半球では初夏なので、夕方になってもクロール、クロール(図4)。
図4 海沿いのプールと洋上のタンカー

ニューカッスル港からハンター川沿いには,古いレンガ工場をリノベーションした古くて新しい施設が並ぶ。レストランやジムなどは人気が高いらしい。中でも「Scratchleys」は川の上に張り出したレストラン。シーフードが名物(図5)。ボリュームたっぷりで、味も申し分ないし、シドニーほど高くない。

図5 シーフード

●Darby Street

Newcastleの目抜き通り、Darby Street(ダービー・ストリート)。目抜き通りといってもそれほど大きなものではなく、日本の地方都市の中心部にもみられる規模。歩道に面したカフェのしつらえが何ともうまい。店への敷居が低くなるように、歩道沿いにカウンターを設けたりしてある(図6)。ついつい、店に立ち寄って、フラット・ホワイト(Flat White)を飲む。これまた美味い。

図6 Darby Streetにあるカフェ

歩道を計測してみると、全幅は3.5m弱、パラソルセットを除く通路幅は1.5m程(図7)。これからはリノベーションの時代。日本のメインストリートでも、こんな風に建物と歩道とが一体感のあるデザインがもっと増えるといいですね。

図7 Darby Street歩道景

ストリートを歩いていると、A Cooks Hill HandbookというDarby Streetも含まれる、Cooks Hill地区の地域密着型フリーペーパーを見つけた(図8)。コラージュもあって、中々オシャレなデザイン。お店だけでなく、地域の歴史やコミュニティの紹介もある。年に2回発行とのこと。

図8 A Cooks Hill Handbook

●さぁ、まち歩き

Darby Streetから半島を岬方面へ歩こう。丘を上ると、ハンター川そしてニューカッスル港が眼下に広がってくる。丘に上りながら徐々に晴れてくる風景がワクワクさせてくれる。ハンター川へダウンヒルする小径の向こうには、小型ボートに引っ張られてタンカーが港を出ていく様子が見えた(図9)。

図9 ハンター川のタンカー

地元の生活スタイルを垣間見るには、住宅も気になるところ。まち歩きの途中で、中古アパートのオープンハウスをしていたので、ちょっと見学。雨宿りにももってこい。生活文化の微妙な違いは本当に面白い。例えば靴を脱ぐ場所。日本のアパートメント(マンション)では玄関扉から中に入った専有部分で靴を脱ぐが、以前訪問した台湾のアパートメントでは玄関扉の手前の廊下で靴を脱いだ。ニューカッスルで訪問したアパートメントは、玄関に上り框がなく、土間と廊下の境界がわからなかった。正に「どこではきものをぬいでください?」の世界。よく見ると、室内に少し入ったところに靴箱が置いてあったので、そこで靴を脱いだ。オープンハウスで見学したアパートメントの広さは110m2と日本では広い部類に入るが、不動産屋さんに聞けば2人向けの仕様とのこと。業務地にもビーチにも近い立地もあってか、お値段は中々。

喉が渇いたので、地元のスーパーへ。日本でもお馴染みの野菜や果物が機能的に並ぶ。生産国の表示もしっかり。許可を頂いて撮影させて頂いた(図10)。

図10 地元のスーパー

丘を再び上り、Fort Scratchleyまでやって来る。丁度、Tunnel Toursというガイドツアーが行われていた。丘陵地に立ち並ぶ立体的な街並みを一望しながら、辿ってきたルートを確かめてくると、かなりの丘をアップダウンしてきたようだ(図11)。景色が小刻みに変わり、半島の両側の海の表情も味わえて、何より潮風が気持ちいい。

図11 立体的な街並み

●地方都市の楽しみ方

「これ!」というわかりやすい目玉が無くて、観光客がわざわざ行かないような地方都市の楽しみ方。しっかり歩いてじっくり眺めてみるとその都市を深く知ることができるし、こぢんまりとした地方都市ほど人々の日常に短時間で出会える気がしている。人々が長い間住み続けているのはそれなりの理由がある。地の人、地のモノ、地の情報との出会い。その都市を訪れて初めて味わうことが多ければ多いほど「行って良かった!また行きたい!!」と思えるのかもしれない。



「ニューカッスル」の3Dデジタルシティ・モデリングにチャレンジ
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

VR-Cloud(R)で体験!特設ページ にて、3Dデジタルシティの操作・閲覧が可能です。

 データ概要
  • 今回はオーストラリアのニューカッスル(New Castle)石炭輸出港を担う港町の様子を再現。象徴的な岬、Nobbys Headlandからさらに続く防波堤の突端までランニングする市民のキャラクタを作成。シドニーから出るNorthern Lineの終着駅ニューカッスル駅の列車や、港で停泊する多くの巨大タンカーが行き交う様子を表現しました。駅から程近いハーバーでは、港を一望できるQueen's Wharf Tower周辺はカフェや賑わう人々を歩行者の群集移動で設定。また、オーストラリアの海底をPov-Rayで地面のみの霧を発生させ、深海の奥方向の青味を再現し、カメラに被写界深度を設定することにより水中のボヤケを再現したレンダリングを試みました。

スパコンクラウド(R) UC-win/Road CGムービーサービス

「スパコンクラウド® CGムービーサービス」では、POV-Rayにより作成した高精細な動画ファイルを提供します。今回の3Dデジタルシティのレンダリングにも使用されており、スパコンの利用により高精細な動画ファイルの提供が可能です。また、POV-Rayを利用しているため、UC-win/Roadで出力後にスクリプトファイルをエディタ等で修正できます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

前ページ インデックス 次ページ
(Up&Coming '13 新年号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション