DAY3

2021.11.19FRI

10:00~15:45

REAL+ONLINE

第15回 デザインコンファランス IM&VR・i-Constructionセッション

国土交通省の推進するBIM/CIMおよびi-Constructionを視野に入れて、DXや耐震・防災・情報化施工等における専門家の方々にご講演いただきます。また、性能設計から維持管理まで様々なフェイズを網羅する弊社のCIM活用ソリューションや、SDGsミッションを踏まえた活動も紹介します。

開会 あいさつ

10:00~10:10
第15回 FORUM8デザインフェスティバル開催のご案内

株式会社 フォーラムエイト 代表取締役社長

伊藤 裕二

特別講演1

10:10~11:10

Digital Social Innovation~DX時代のインフラ強靱化、防災ITの推進~

台湾デジタル担当大臣

オードリー・タン 氏

講演内容

オードリー・タン氏が考える「DX時代のインフラ強靱化、防災ITの推進」をテーマの一つとして、B3W「より良い世界再建」(B3W、Build Back Better World)構想の推進におけるIT、DXの貢献等について、パネリストを迎え、質疑応答形式の講演を行います。

講師プロフィール

公共部門に於いては、台湾の国家発展委員会のオープンデータ委員会委員及び国民基本教育のカリキュラム委員を務め、台湾の歴史上初の試みであるネット規則制定プロジェクトを主導している。プライベート部門では、アップル社でコンピューター言語についてのコンサルタントを務め、オックスフォード大学出版とは集合辞書編集について、ソーシャルアルテックスとは社会的相互デザインについての仕事をしていた。社会的部門では、"fork the government."(政府の再構築)を合言葉に、市民社会実現のための創造的ツールに焦点を当てた活気あるコミュニティである g0v(ガバメント・ゼロ)に積極的に貢献している。
パネリスト

東北大学災害科学国際研究所所長、津波工学研究分野 教授

今村 文彦 氏

講師プロフィール

災害科学や津波の流体波動数値計算、国内外の歴史地震津波痕跡調査、避難シミュレーション、避難時の記憶と人間行動を分析する認知心理学など、津波防災にかかわる研究に取り組む。弊社アドバイザーとして津波解析支援サービスなどに技術指導・協力。
パネリスト

グリニッジ大学 火災安全エンジニアリンググループ(FSEG)教授

エドウィン・R・ガリア 氏

講師プロフィール

英国グリニッジ大学火災安全エンジニアリンググループ(FSEG)を創設し、最新の高精度避難モデリングソフトEXODUSを開発。避難解析の世界的権威として論文、著書および、BBCやABCなどメディアでの発表・放送が多数。
モデレータ

建設ITジャーナリスト

家入 龍太 氏

講師プロフィール

BIMやi-Construction、IoTなどの導入により、生産性向上、地球環境保全、国際化といった建設業が抱える経営課題を解決するための情報を「一歩先の視点」で発信し続ける建設ITジャーナリスト。「年中無休・24時間受付」がモットー。

テクニカルプレゼンテーション

11:10~11:50

災害における避難シミュレーション最新事例

グリニッジ大学 火災安全エンジニアリンググループ(FSEG)教授

エドウィン・R・ガリア 氏

講演内容

オードリー・タン氏特別講演での、インフラ強靱化、防災ITについてのパネルディスカッション内容を受け、避難解析EXODUSの最新機能や活用事例を紹介します。

講師プロフィール

英国グリニッジ大学火災安全エンジニアリンググループ(FSEG)を創設し、最新の高精度避難モデリングソフトEXODUSを開発。避難解析の世界的権威として論文、著書および、BBCやABCなどメディアでの発表・放送が多数。

特別講演2

13:15~14:15
国土強靭化とDXの最前線〜デジタル社会への実装へ〜

一般社団法人レジリエンスジャパン 推進協議会 常務理事

金谷 年展 氏

レジリエンスジャパン推進協議会とは

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会は、産、学、官、民のオールジャパンでその叡智を結集し、非常時のみならず平時での戦略的活用の方策を創造することで、公共投資、民間投資が最大限に相乗効果を発揮し、レジリエンス立国を構築を目的として設立。2020年7月から弊社も正会員となりました。

レジリエンスジャパン推進協議会とは

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会は、産、学、官、民のオールジャパンでその叡智を結集し、非常時のみならず平時での戦略的活用の方策を創造することで、公共投資、民間投資が最大限に相乗効果を発揮し、レジリエンス立国を構築を目的として設立。2020年7月から弊社も正会員となりました。
特別ゲスト デジタル庁

統括官 国民向けサービスグループ グループ長

村上 敬亮 氏

講師プロフィール

1967年、東京都出身。1990年、通商産業省入省。IT 政策、クールジャパン戦略の立ち上げ、COP15,16等の温暖化国際交渉、再エネの固定価格買取制度創設等に従事。2014年より内閣官房・内閣府で、地方創生業務に従事し 2020年7月より中小企業庁経営支援部長。2021年7月より内閣官房IT総合戦略室内閣審議官、9月より現職。

プレゼンテーション1

14:15~14:45

DX時代の国土強靭化ソリューション~VRデジタルツインプラットフォーム~

フォーラムエイト執行役員 システム営業マネージャ

松田 克巳

講演内容

インフラ分野のDXが推進される中、BIM/CIM、i-Constructionに対応したIM&VRソリューションを活用した情報化施工、防災、減災分野における適用事例を紹介します。また、各種インフラ情報を連携し道路管理や維持管理に適用可能なインフラデジタルデータベースを紹介します。クラウド対応のUC-1Cloud自動設計シリーズ、積算との連携が可能なクラウド会計シリーズ、スイートデータ消去、UC-win/RoadによるBIM/CIM対応最新機能も紹介します。

プレゼンテーション2

14:45~15:15

FORUM8のFEM解析ソリューション

フォーラムエイト解析支援グループ グループ長

柳 正吉

講演内容

フォーラムエイトのFEM解析シリーズより、Engineer's Studio®、FEMLEEG、Geo Engineer's Studio各製品における最新の解析事例と新機能、今後の開発予定などをご紹介します。

プレゼンテーション3

15:15~15:45

UC-1設計シリーズの設計業務効率化への取り組みと今後の展望

フォーラムエイト執行役員 UC-1開発マネージャ

中原 史郎

講演内容

UC-1設計シリーズはフォーラムエイトソリューション「DESIGN」の中核をなす製品群です。1983年に誕生した同シリーズのこれまでの歩みや製品展開、BIM/CIM やUC-1Cloud自動設計による設計業務効率化への取り組み及び今後の展望をご紹介します。

16:00~17:00

REAL+ONLINE

第8回 ナショナル・レジリエンス・デザインアワード 各賞発表と表彰式
国土強靭化に資する具体的な活用事例と成果が集う「ナショナル・レジリエンス・デザインアワード」。エンジニアをはじめとした関連分野の皆様にとって情報提供・技術研鑽の場となることを願って、構造解析(土木・建築)、地盤工学、水工学、防災の分野を対象とし、優れた作品を紹介・表彰します。

応募基準・提出物条件

設計/解析に限らず、減災への提言、合理的な設計法提案、BCP、リスクマネジメントなど、直接的・間接的に国土強靭化に資する内容であるものとします。

  • 作品タイトル・サブタイトル(20~40字程度)、作品概要(150~200字程度)
  • ポスター:A1横(画像等を用い目的/内容が簡潔に表現されているもの)
  • 報告書(目的、手法、結果、考察など全体で2ページ以上10ページ以内)
  • 入力データ(結果ファイル)、使用製品名
  • アニメーション、動画、PPTなどのスライド(任意)

応募・選考スケジュール

10/15 (金) 作品応募締切
10/26 (火) ノミネート予選選考会
11/16 (火) 受賞作品本審査会
11/19 (金) 各賞発表・表彰式

応募作品の著作権等

受賞作品のVRデータの著作権は、応募者に帰属するものとします。提出されたデータの配布は行いませんが、フォーラムエイトは、著作者が制作したデータ、作品および成果物について、出力画像・動画等の編集・加工を行い、対外発表、研究発表、営業活動、広報活動として、HP、広報誌、書籍、雑誌、新聞等媒体における掲載・紹介など、二次使用許諾権利を持つものとします。あらかじめご了承ください。