IFCフォーマットで記述された地形データをUC-win/Roadへインポート

UC-win/Road IFC プラグイン・オプション

初版リリース:2011.12.14

¥88,000(税抜¥80,000)

関連製品: UC-win/Road

プログラム概要

IFC(Industry Foundation Classes)データモデルは、建設業界の相互運用性を促進する目的で、IAIによって開発された国際標準規格です(現在このモデルの仕様は、buildingSMART Internationalにより開発、維持されています)。

本プラグインでは、IFCフォーマットで記述されたファイルの中の地形データを、UC-win/Roadへ地形パッチとしてインポートできます。また、UC-win/Roadの中の地形およびビルなどの3DモデルをIFCフォーマットでエクスポートできます。下図にUC-win/RoadからエクスポートしたIFCファイルを市販のソフトウェアでインポートした画面を示します。左側がUC-win/Road、右側が市販のソフトウェアの画面です。

▲UC-win/Roadの画面とIFCフォーマットのエクスポート結果の表示

関連情報

◆誌上セミナー
情報化講座 Vol. 9 IFC最新講座(Up&Comming’08 新緑の号掲載)

プログラムの機能と特長

IAIとIFC

  1. IAI(International Alliance for Interoperability)とは
    建築業界、特に建築における情報の共有化、相互運用を目的としたIFCの策定、普及に取り組んでいる国際組織であり、IAI日本は有限責任中間法人です。

  2. IFC(Industry Foundation Classes)とは
    IAIによって推進される3次元CADのオブジェクト指向による記述仕様のことで、様々な部材をオブジェクトとして定義したクラスライブラリ群のことです。図面を線分の集合としてではなくドアならドアとして意味付けすることで、オブジェクト指向の図面作成が可能です。また、3次元で図面を作成することにより、異業種間でも情報交換・相互利用が可能となり、建設のライフサイクルの各場面での情報共有が可能となっています。

IFCの現状

  1. IFCのバージョン
    適応範囲の拡張などにより、1997年のR(リリース)1.0からバージョンを重ねています。
    また、IFC 2xはISO国際規格/STEPに準拠した規格(ISOのPASを取得)となっています。

  2. IFCの活用事例
    IAIには13の国際支部があり、それぞれの活動組織ではIFCの実用化に向けて多種多様な実証実験を行い、仕様の定義、利用促進、広報活動を国際的に行っています。また、IFCが準拠しているSTEPもデータ標準のための規格ですが、STEPは広範な規格であり、標準化等に大幅な時間を費やす事から、限定された規格であるIFCがSTEPの仕様を引継ぎ、IAIで策定された独自の仕様をSTEPに反映するといった連携がとられ、国際的な標準化が進んでいます。その中で、IFCはドイツのバーバリア州政府の実プロジェクトでの採用や、シンガポール政府の3次元CADの建築確認申請用図面を電子納品する際の規格に使用されるなど、一般化に関しても大幅に進んできています。

  3. IFCとBIM(Building Information Modeling)
    BIMとは建築物を形状だけでなく、様々な情報(性能、コスト、スケジュール等)を含んで建築全体をモデル化する手法のことで、ライフサイクル全体をカバーすることができるIFCがこの国際標準として使用されつつあります。実際、BIM/IFCはアメリカの連邦調達庁でのプロジェクトで実現、ドイツ連邦政府レベルでの活用で計画中といったように、急速にBIMデータ交換標準は、注目されています。

日本でのIFC

  1. 建設分野のCAD
    IAIの日本支部組織は、以下に大別できます。

幹事会 日本支部の活動が円滑に進むように全体の運用の調整を行う
技術統合委員会 日本支部の分科会活動内容の調整とともに、他の国際支部とIFC仕様の技術的な調整を行う
分科会 各分野に分かれてIFCに関する資料作成や意見の取り込みを行う

2004年には土木分科会が発足し、土木分野での活用にも広がりを見せています。土木分野においてはIAIフランス支部が開発した「IFC Bridge」(橋梁プロダクトモデル)があり、日本も土木分科会が参加するなどしており、当社もこの土木分科会のメンバーとして参加しています。

IFCの今後

現在のCADデータ交換形式のデファクトスタンダードであるDXFと比べてファイル容量が軽減することから、異なるソフトウェア間のデータ共有という利用目的に加えて、ネットワークを用いた連携を目指し、更には、IFCが分散オブジェクト・データベースの概念を用いていることから複数メンバーによる並列作業を可能とするCAD(コンカレントCAD)の実現が期待されています。そして、その他の既存の3次元プロダクトモデルの標準としては、特に建築業界においてIFC以外に有力な標準が無いことからも、IFCの普及により、3次元CADの浸透が期待されています。


JHDM Japan Highway Data Model
高速道路全体の情報を総合的に管理するプロダクトモデル。日本道路公団にて開発され、高速道路事業に必要な情報の交換、共有を行うためのデータ仕様。設計から工事プロセスで道路工事、橋梁を対象としている。(日本道路公団)
橋梁プロダクトモデル SYMPHONY。鋼橋3次元CADデータモデル。 (国内鋼橋メーカー)
Land XML Land eXtensible Markup Language
土木・測量業界で利用可能な3次元プロダクトデータ交換標準フォーマット。Orgでスキーマが公開されている。官民参加の国際的な公開型コンソーシアム。現在、北米をはじめ、多くの国々と企業が参加している。(LandXML.org)

また、IFCと目的は異なる同様の規格として、SXF(電子納品における2次元CADデータ交換のための標準フォーマット仕様)がありますが、将来的には統一を目指しており、SXFの3次元化(レベル4)との技術的連携として実際に開発協力が行われるなど、CALSの分野でも幅広い活用が見込まれています。
当社でもLand XMLを用いたデータ連携で3次元データ交換・表現等を可能にするUC-win/Roadや、SDNF(Steel Detailing Neutral File、国際的な鋼構造の業界標準ファイル形式)により部材等の定義をデータ交換可能とした製品を開発、これにより、3次元CADデータによる解析や解析結果をCAD図面化するといったCADデータの3次元化に対応しています。

※ 2021年4月からの消費税総額表示義務化に伴い、価格表記を「税抜」から「税込」へ移行いたします。

製品価格

本体価格

価格は税込表示です

UC-win/Road本体 製品価格はこちら

■本体価格

製品名

価格

製品構成

UC-win/Road IFC プラグイン・オプション ¥88,000(税抜 ¥80,000) プラグイン単独

■フローティングライセンス価格

本体価格の40%を追加いただくことで、誰でも、どこでも、どのPCでも製品の利用が可能となります。

製品名

価格

UC-win/Road IFC プラグイン・オプション ¥35,200(税抜 ¥32,000)

>>ライセンス形態についての詳細はこちら

サブスクリプションサービス 契約価格


サブスクリプションサービス 契約価格

■サポート内容
・バージョンアップ無償提供  ・電話問合せテクニカルサポート
・問合せサポート(電子メール、FAX)  ・ダウンロードサービス  ・保守情報配信サービス  

※ライセンス管理コスト削減、製品ご利用形態ニーズ多様化への対応を充実させることを目的として、従来の保守・サポート形態からより便利な、「サブスクリプションサービス」へ順次移行いたします(2016年4月1日~)。

価格は税込表示です

対象製品 初年度 1年
サブスクリプション(UC-win/Road IFC プラグイン・オプション) 無償 ¥35,200(税抜 ¥32,000)
サブスクリプション(UC-win/Road IFC プラグイン・オプション フローティング) ¥49,280(税抜 ¥44,800)

レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス価格


■レンタルライセンス:短期間での利用により、低廉な価格でのライセンス利用が可能

■レンタルフローティングライセンス:ライセンスの認証をWeb経由で受ければ、誰でも、どこでも、どのPCでも製品の利用が可能

■レンタルアクセス:既に購入済みの製品の利用ライセンス数を増やす事が可能です。事前契約により、レンタルライセンス期間(1ヵ月~3ヵ月)の単位で自動的にライセンスが付与されます。利用実績に応じて後日請求いたします。事前申込価格として、レンタルライセンス価格の15%引きとなります。ユーザ情報ページにてお申込みいただけます。

※サービス強化、利便性向上を図る目的で「レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス」を2007年9月3日より提供を開始しました。

※レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス開始後の期間変更は出来ません。期間延長の場合は再申込となります。

レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス

価格は税込表示です

■レンタルライセンス

対象製品 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
UC-win/Road IFC プラグイン・オプション ¥35,200 ¥44,880 ¥52,800 ¥65,120

■レンタルフローティングライセンス

対象製品 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
UC-win/Road IFC プラグイン・オプション ¥57,200 ¥75,680 ¥89,760 ¥110,880

製品購入/お問い合わせ窓口


製品購入/お問い合わせ窓口

UC-win/Road お問い合わせ窓口:road@forum8.co.jp

Order(製品購入)

クレジット利用や、分割払いシステムでの購入も可能です。
ご質問はバージョンアップセンタ(vc@forum8.co.jp)へどうぞ。

お問い合わせ営業窓口

全国の営業所がサポートしています。
ホームページ全般に関するご質問は、forum8@forum8.co.jpへお気軽にお問い合わせ下さい。

LOADING