道路CAD、GISソフト、各種3次元CADソフトからの
2次元、3次元データのインポートにより、3次元GISシステムの構築が可能

UC-win/Road GIS プラグイン

初版リリース:2008.12.26

¥312,400(税抜¥284,000)

関連製品: UC-win/Road

プログラム概要

3D・GISソリューション UC-win/Road for GIS

道路CAD、GISソフト、各種3次元CADソフトからの2次元、3次元データのインポートにより3次元GISシステムの構築が可能です。

多様な公開方法

  1. Google Earth(http://earth.google.co.jp/)へのエクスポート
  2. UC-win/Road VR-Cloud®によるVRモデル公開

機能概要

  1. GIS形式ファイルの座標変換
  2. 画像ファイルインポート/エクスポート
  3. ベクトルファイルインポート/エクスポート
  4. 属性テーブル変換
     インポート :
       Shape file
       MEM file(国土地理院発行の『数値地図50mメッシュ』)
       XML file(UC-win/Raadデータ)
       DXF file
       slm, slp sal, XML(国土地理院発行の数値地図 25,000 / 2,500 データ)
       TIFF
     エクスポート :
       Shape file
       DXF file
  5. GIS形式ファイルのUC-win/Roadへの変換機能

揺れやすさマップ・GIS

>>ちょっと教えたいお話 揺れやすさマップ(Up&Coming '08 早春の号掲載)

GIS標準ファイルShapeファイルを3次元都市、道路としてインポート可能なUC-win/Road for GIS。洪水・避難・津波・建築計画などのGISと連携した3Dシミュレーション。揺れやすさマップなどの各種ハザードマップ作成支援サービス。
建築構造物の計画からエネルギーシミュレーション、CADソフトなど多様なソフトウェアとシステム開発をお手伝いいたします。


▲茅ヶ崎市地震防災マップ(1)
揺れやすさマップより抜粋

「揺れやすさマップ」とは

「揺れやすさマップ」とは、内閣府で紹介している地震防災マップの1つで、地盤の状況とそこで起こり得る地震の両面から地域の揺れやすさを震度(注1)として評価して、その震度を住民自らがその居住地を認識可能な縮尺で詳細に表現したものです。住民は、その震度の情報を事前に得ることで、より防災意識を高め、自らの居住地を認識し、地震時の危険性を実感できると考えられます。これらのマップは通常GIS(地理情報システム)ソフトを用いて簡便に作成できます。

注1)
震度とは、ある場所における地震時の揺れの程度を表すもので、震度計を用いて観測します。
詳細は気象庁のホームページでご確認いただけます。


揺れやすさマップ作成サービス

地震防災対策特別措置法第14条(想定される地震災害等の周知)において、各都道府県・市町村は、当該地域で想定される地震災害等の軽減を図るために、地震災害等の程度に関する事項を住民に周知するよう努めなければならないと謳われています。地域における地震の危険性を知らせるマップを地震防災マップといい、住民に周知する手段として地震防災マップの提示が有効と考えられています。各自治体での整備が進んでおり、フォーラムエイトでも本サービスの提供実績があります。

GISソフト「GEOMania」を提供。3Dハザードマップは、UC-win/RoadによるVRモデルを提供します。


3次元GIS・災害シミュレーションシステム

UC-win/Road for GISの活用により、GIS標準ファイルShapeファイルを3次元都市、道路としてインポート可能です。
洪水・避難・津波・建築計画などのGISと連携した3Dシミュレーションが行えます。
(道路保全技術センター、2004-2005年)


※ 2021年4月からの消費税総額表示義務化に伴い、価格表記を「税抜」から「税込」へ移行いたします。

製品価格

本体価格

価格は税込表示です

UC-win/Road本体 製品価格はこちら

■本体価格

製品名

価格

製品構成

UC-win/Road Ultimate ¥1,892,000(税抜 ¥1,720,000) UC-win/Road 本体
+
全てのプラグインオプションを含む
UC-win/Road Advanced ¥968,000(税抜 ¥880,000) UC-win/Road 本体
+
UC-win/Road GIS プラグイン と
他プラグインを含む
UC-win/Road GIS プラグイン ¥312,400(税抜 ¥284,000) プラグイン単独

■フローティングライセンス価格

本体価格の40%を追加いただくことで、誰でも、どこでも、どのPCでも製品の利用が可能となります。

製品名

価格

UC-win/Road Ultimate ¥756,800(税抜 ¥688,000)
UC-win/Road Advanced ¥387,200(税抜 ¥352,000)
UC-win/Road GIS プラグイン ¥124,960(税抜 ¥113,600)

>>ライセンス形態についての詳細はこちら

サブスクリプションサービス 契約価格


サブスクリプションサービス 契約価格

■サポート内容
・バージョンアップ無償提供  ・電話問合せテクニカルサポート
・問合せサポート(電子メール、FAX)  ・ダウンロードサービス  ・保守情報配信サービス  

※ライセンス管理コスト削減、製品ご利用形態ニーズ多様化への対応を充実させることを目的として、従来の保守・サポート形態からより便利な、「サブスクリプションサービス」へ順次移行いたします(2016年4月1日~)。

価格は税込表示です

対象製品 初年度 1年
サブスクリプション(UC-win/Road GIS プラグイン) 無償 ¥124,960(税抜 ¥113,600)
サブスクリプション(UC-win/Road GIS プラグイン フローティング) ¥174,944(税抜 ¥159,040)

レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス価格


■レンタルライセンス:短期間での利用により、低廉な価格でのライセンス利用が可能

■レンタルフローティングライセンス:ライセンスの認証をWeb経由で受ければ、誰でも、どこでも、どのPCでも製品の利用が可能

■レンタルアクセス:既に購入済みの製品の利用ライセンス数を増やす事が可能です。事前契約により、レンタルライセンス期間(1ヵ月~3ヵ月)の単位で自動的にライセンスが付与されます。利用実績に応じて後日請求いたします。事前申込価格として、レンタルライセンス価格の15%引きとなります。ユーザ情報ページにてお申込みいただけます。

※サービス強化、利便性向上を図る目的で「レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス」を2007年9月3日より提供を開始しました。

※レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス開始後の期間変更は出来ません。期間延長の場合は再申込となります。

レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス

価格は税込表示です

■レンタルライセンス

対象製品 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
UC-win/Road GIS プラグイン ¥109,340 ¥140,580 ¥165,572 ¥203,060

■レンタルフローティングライセンス

対象製品 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
UC-win/Road GIS プラグイン ¥181,192 ¥234,300 ¥278,036 ¥343,640

製品購入/お問い合わせ窓口


製品購入/お問い合わせ窓口

UC-win/Road お問い合わせ窓口:road@forum8.co.jp

Order(製品購入)

クレジット利用や、分割払いシステムでの購入も可能です。
ご質問はバージョンアップセンタ(vc@forum8.co.jp)へどうぞ。

お問い合わせ営業窓口

全国の営業所がサポートしています。
ホームページ全般に関するご質問は、forum8@forum8.co.jpへお気軽にお問い合わせ下さい。

LOADING