Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

都市と建築のブログ〜魅力的な都市や建築の紹介とその3Dデジタルシティへの挑戦〜 大阪大学大学院准教授 福田知弘
VOL.4  インド:タージマハル
はじめに
福田知弘氏による「建築と都市のブログ」の好評連載の第3回。今回も、福田氏がユーモアを交えて紹介する都市や建築。この3Dデジタルシティ・モデリングにフォーラムエイトVRサポートグループのスタッフがチャレンジします。どうぞ、お楽しみください。

【 大阪大学大学院准教授 福田 知弘氏 プロフィール 】

1971年兵庫県加古川市生まれ。大阪大学大学院准教授,博士(工学)。環境設計情報学が専門。
高松市4町パティオデザイン,近江八幡市のまちづくり,台湾Next Gene20など,国内外のプロジェクトに関わる。安藤忠雄建築展2009水都大阪1/300模型制作メンバー,NPO法人もうひとつの旅クラブ理事,大阪旅めがねエリアクルー。「光都・こうべ」照明デザイン設計競技最優秀賞受賞。著書「VRプレゼンテーションと新しい街づくり」
 ふくだぶろーぐは,http://d.hatena.ne.jp/fukuda040416/



●Incredible India!
 インドは,ロシア,カナダ,中国,アメリカ,ブラジル,オーストラリアに次いで,7番目に大きな面積を有する国。日本の8.7倍。また,人口は中国に次いで現在第2位だが,今世紀中には1位になるとも言われる。VISA取得先のインド総領事館で見かけた「Incredible India!」のポスター。キャッチコピーがちょっと気に入った。2005年4月に訪れてみると,インドは本当にIncredibleな国でした。その一端をご紹介。

●インド人は話し好き
 「国際会議の名議長とは,インド人を黙らせ,日本人を喋らせることができる者」という冗談がある。インド人と日本人とは対照的ということか。確かにインド人は誰にでも話しかけてくる。交渉の上手さも有名。
 首都ニューデリーでタクシーに乗る。タクシーにメーターは付いておらず,行き先を伝えて値段交渉開始。宿泊先のホテルによって,値段設定を変えられることもあるそうだ。そして,暑い車中だったのでエアコンを付けてもらう。運転手は何も言わずにエアコンを付けてくれ快適なドライブとなったが,降車の際に,エアコン代 50ルピー(1ルピー≒1.9円)を追加請求された。「運転手さん,そんなん,はよぉ,ゆうて〜な〜」と思わず関西弁が出そうになる。運悪く,ぼったくりタクシーに出会ってしまったと思いきや,それが普通なんだと。そんな事で驚いてはいけない,と。ただ,もし高い値段をふっかけてきたとしても,「昨日は同じルートを100ルピーで乗ったけど〜」というとその通りになったりする。まあ,こんな交渉が色々な場面で続くのだが,私の脳と体が戸惑いを隠せないでいる。そして徐々に,人間不信になっていくのだが,この壁を乗り越えるには,ジモティに対応の仕方を教えてもらうしかない。

 ●街なかの様子
 街なかの交通渋滞は物凄い。自動車・バス・リクシャー・人力タクシーが道狭しと走っている。驚いたのは,前後左右の車間距離がとにかく狭いこと。隣の車との距離が15cm程しかないという話も決して大げさではなく,助手席に乗っていると,隣の車の運転手の方が,自分の運転手よりも自分の近くにいると感じるほど(笑)。ほとんどの車にはサイドミラーが付いておらず,運転手にその理由を聞くと必要ないとのこと。それでもぶつからず(というか多少ぶつかっても気にせず),クラクションを鳴らしながら走っている。
 色んなものとの出会いが楽しいのもインドならでは。リス・イヌ・サル・ラクダ・ウシ・クマ・ゾウなどの動物たち。そして,散髪屋さん。これらを見かけたのは,動物園やショッピングセンターではなく,なんと道端。
 
 
 ▲ニューデリーの交通渋滞    ▲道端の散髪屋さん

●タージ・マハル
  ニューデリーからヤムナー河に沿って南へ約200km下り,アーグラーという町に入る。特急列車で2時間強。アーグラーは紀元前3世紀頃に登場して以来,16世紀半ばにムガル帝国第3皇帝アクバルが首都をここに置き,約1世紀の間,帝国の中心として繁栄した。
 タージ・マハル(Taj Mahal)から500m以内はガソリン車通行禁止。近年,工場から排出される亜硫酸ガスや自動車の排気ガスによる大気汚染の影響で,タージの白大理石が汚損と劣化の危機にさらされているため。電気自動車・ラクダ・馬などでアクセスする。
 タージは,ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーン(在1628〜1658)のお妃ムムターズ・マハルのお墓。「宮廷の中で選ばれた者」という意味らしい。お妃が37歳の若さで亡くなったのは1631年。14番目の子の出産後の産褥熱が原因といわれる。建築狂の皇帝は帝国の国力を傾けてタージ建設を計画,世界各地から職人と大理石などの材料が集められ,22年の歳月と莫大な費用をかけて1653年に完成した。
 敷地は,幅300m,奥行き580mという巨大そのもの。正門は赤砂岩でできており,ここからタージは見えない。正門の中は暗くそのまま進んでいくと,真っ白なタージが視界に飛び込んできて,思わず息を呑む。タージを囲む正門や壁は赤砂岩で作られており,白いタージが引き立つように設計されている。また,訪問時は丁度乾季で日中は40度を越えていた。こんな時,赤砂岩に座ると蒸し熱いが,大理石はひんやりと涼しい。タージの基壇の大きさは95m四方,タージ本体は57m四方で,高さ67m。四隅にあるミナレット(塔)の高さは43m。タージの真正面に立って,頭の中で,蓮を連想させる大小のドームや四隅の塔など,建物を構成する部材たちの大きさやプロポーションを変えてみたり,部材を取り外したりしてみると,やはり建物のバランスが悪くなった。世界屈指の美しい建築だと思う。
 いよいよ,基壇に上る。基壇へは靴を脱ぐか,靴をカバーする必要がある。間近に立つと遠くからはわからなかった,大理石の浮き彫りや象嵌細工が目に飛び込んでくる。また,コーランの章句がアラビア文字で彫刻されている。

 
 ▲電気自動車でタージ・マハルへ    ▲正門付近
   
▲タージ・マハル   ▲ 大理石壁面に刻まれた
コーランの章句や象嵌細工 
 
 ▲タージ・マハル  

●ブラック・タージとAR
現在,拡張現実感(Augmented Reality :AR)技術の研究開発が盛んに行われている。ARとは,実環境の物体や映像にデジタル情報を重畳する技術であり,建築・土木・都市計画・観光・医療・教育などの分野への応用が期待されている。AR技術を応用した実用化サービスとしては,セカイカメラがあり,昨秋にはロエベアマソナ展に提供された。このサービスでは商品ディスプレイにiPhoneをかざすと,実写映像の上にCGで描かれたエアタグが表示され,エアタグをクリックすると商品の詳細情報を閲覧することができる。建築土木分野では,敷地をキャプチャした実写映像と,計画・設計案のCG映像を重畳してAR表示させることにより,事業者や設計者が現場に訪問して,将来の変容ぶりをシミュレーションしたり,顧客や市民にプレゼンテーションすることができる。筆者らのグループでも,RTK-GPS・3Dセンサー・webカメラ等を入力デバイスとした,タブレットMRシステムを開発したことがあり,現場で検討可能なARは,会議室でじっくりと将来像を検討できるVR(Virtual Reality)とは,また違った迫力も秘めていると思われる。
  さて,タージ・マハルの話に戻ろう。タージの背後にはヤムナー川がゆったりと流れている。お妃の墓を建設したシャー・ジャハーンは,このヤムナー川の対岸に,黒大理石で自分の墓を建て,さらに両者を結ぶ橋を計画していたという。しかし彼は,自分の息子によってアーグラー城に幽閉されてしまい計画は頓挫してしまう。ジャハーンはその7年後に亡くなるが,幽閉され続けたアーグラー城で,亡くなったお妃や頓挫した黒いタージ計画に想いをはせていたことだろう。失意のジャハーンにVRやARが与えられていたならば,実現したかったブラックタージを仮想体験できたのかもしれない。 

 
▲タブレットMR(2006年)   ▲ロエベ アマソナ展でのセカイカメラ

3Dデジタルシティ・インド by UC-win/Road
  「インド」の3Dデジタルシティ・モデリングにチャレンジ

UC-win/Road無秩序に過密化した道路交通をUC-win/Roadの交通シミュレーション機能の活用により表現しました。また、タージ・マハルや幻の計画に終わったブラックタージ(黒大理石で建造する皇帝の墓)をVRモデルとして可視化、さらに市場の喧噪や道端を行き交うインドならではの馬、牛、象などのうち牛をモデル化するなど生命感あふれるインドの風景をリアルに表現しています。
■UC-win/Road WebViewer ダウンロード閲覧:
 URL: http://www.forum8.co.jp/download/ucwin/Road5MB/Roadweb-3.htm


前ページ インデックス 次ページ
(Up&Coming '10 新春号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
パイオニア株式会社 川越事業所
[ イベントレポート ]
デザインフェスティバル 2016






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
配水池の耐震設計計算 Ver.7
道路標識柱の設計計算 Ver.2
地盤の動的有効応力解析(UWLC) 英語版 Ver.2
BOXカルバートの設計・3D配筋(下水道耐震)Ver.11
UC-1 for SaaS RC断面計算 Ver.3

キャンペーン実施中
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、VRサポートサービス
グレードアップ
リバイバル
TV番組放映期間特別価格

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
3/3 『都市の地震防災』
3/7 車両軌跡/駐車場作図体験
3/8 3DCAD Studio(R)・VR体験
3/9 2D・3D浸透流解析体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション