採用情報/リクルート  会社説明会・選考会をオンラインにて開催中!

代表あいさつ

GREETINGS

代表あいさつ

GREETINGS

フォーラムエイトは、創業以来ソフトウェアパッケージ開発技術を基盤として、構造物設計をはじめ土木・建築設計を支援するソフトウェア・技術サービスを提供してまいりました。近年ではバーチャルリアリティの開発により、広くプロジェクト全体や交通・自動車研究、さらには情報システム全般で活用されています。安全安心に関わる技術は、社会的な要請がさらに高まり、ソフトウェア開発とそのサービス技術により、社会に安全安心をもたらすことを使命に活動しています。

READ MORE

フォーラムエイトについて

company's outline

フォーラムエイトについて

フォーラムエイトは、ソフトウェア開発により社会に安全・安心をもたらすことを使命として活動するエンジニアリング企業です。パッケージソフトウェア開発技術を基盤として、VR・CG/FEM/CAD/クラウド等の分野で先端的な製品開発を行っています。土木設計、自動運転研究開発等での豊富な実績があり、ドライブシミュレータをはじめ、各種センサーモデル・デバイス連携のシステム開発、組込み開発、ゲーム開発等を国内外で展開しています。

READ MORE

フォーラムエイトの年商

売上:42億7,400万円(1.1%売上増、過去最高)

営業利益:6億7,500万円

経常利益:7億3,900万円

(第33期2019年9月期実績、対前期増収増益)

第2期以降の業積推移と33期実績

現経営陣の体制となった第18期以降順調に推移し、7期連続で売上が増加、第28期は売上53%増の過去最高を記録。震災期は売上減となりましたが、以降4期は前期比で9%、29%、53%と増加、33期は過去最高だった32期を上回り、過去最高の売上高42.74億円となっています。

GLOBAL DEALER NETWORK

世界各国の機構、会社、事業など、様々な分野でコラボレーションを実現。
先進の技術、最高水準のソリューションを集めた統合的なシステムとサービスを提供します。

国際VRシンポジウム

世界の建築・土木系研究者による最先端の3D・VR技術活用・展開を目的として、国際的な研究者(World16メンバー)を招聘して開催しています。毎年夏に国内外でのサマーワークショップを実施し、11月にはフォーラムエイトデザインフェスティバルでVRについての研究・開発成果を発表しています。

MITとの産学連携

2016年よりMIT(マサチューセッツ工科大)の産学連携プログラムMIT ILPに参画し、先端研究の知見をVR技術やシステム開発事業のグローバルな拡大展開へとつなげています。MIT開催「ACADIA 2017」への協賛やUC-win/Road活用ハッカソン、MITメディアラボ石井裕氏による会社説明選考会での講演を実施しています。

「UC-win/Road 安全運転シミュレータ」が国家公安委員会の運転シミュレータ型式認定を取得

「UC-win/Road 安全運転シミュレータ」が国家公安委員会の運転シミュレータ型式認定を取得いたしました。教習所、免許センター、警察署での運転者教育・安全運転講習で活用いただけます。認定基準に適合した4種類の教材に対応し、運転ログから教材に合わせた運転診断や学習が行えるシステムです。運転中の危険場面、注意場面を3DVRによってリアルに表現し、自動車部品のステアリング機構の搭載により実車に近い感覚での運転シミュレーションが体験できます。

「産業用VR/CGソフト国内市場シェア調査」でUC-win/Road、Shade3DがシェアNo.1を獲得

株式会社富士キメラ総研による「産業用VR/CGソフト国内市場シェア調査」(2020年8月31日発表)で、日本国内の産業用CG-VRおよびCG-VR作成ソフトの市場と、ベンダーシェアについての動向がレポートされました。弊社は、UC-win/Roadで「産業向けCG-VR国内市場 企業シェア」「VR作成ソフト国内市場 企業シェア」におけるトップ、Shade3Dで「国産3DCGソフトウェア 企業シェア」「10万円以下3DCGソフト国内市場 企業シェア」におけるトップとなっています。

ものづくり日本大賞・経済産業大臣賞

協調領域におけるデータ共有を通じて機械、技術、人などをつなげ、新たな付加価値の創出や課題解決を進めた個人・グループとして、「VR Design Studio UC-win/Roadのオープンデータ連携による多様な技術・分野間でのコネクト加速」が第8回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞を受賞しました。UC-win/Roadは、インフラ計画の合意形成を推進するコミュニケーションツールとして、また、防災・環境・教育など多様な分野を結び付ける技術として、高く評価されています。

CRMベストプラクティス賞6年連続受賞

正しいCRM導入プロセスを通して「顧客中心主義経営(CRM)」を実現することを目指し、CRMで成果を上げている企業や組織を表彰する「CRMベストプラクティス賞」を、2015年から6年連続で受賞。2020年は、地方創生、国土強靭化に向けた体験型VRシステムの販売や、都市をデジタル化したVRデジタルプラットフォームによる顧客のDX推進に力を入れる地域営業拠点で、顧客ごとの経験・課題に応じた丁寧な支援体制を整え、顧客経験価値の向上に注力した「地域の未来創生をVRで描くモデル」が評価されました。併せて、「新型コロナウイルス対応モデル事例」としても同時表彰されています。

「中小企業優秀新技術・新製品賞 ソフトウェア部門」優良賞

中小企業の技術の振興を図り、国内産業の発展に寄与することを目的とした賞。第23回(2011年)は、東京大学前川宏一教授(同賞の「産学官連携特別賞」受賞)との共同開発による世界トップクラスの高精度な構造解析ソフトEngineer's Studio(R)が受賞。第30回(2018年)は「UC-win/Road地震シミュレータ」が受賞しています。

「攻めのIT経営」中小企業百選に選定

ITの効果的な活用による製品・サービス開発強化やビジネスモデル変革といった積極的な取り組み・成果の観点から選定。従来の土木・建築設計支援ソフト以外の新たな分野への進出など、製品の多角化を進め、特にVRや3D分野の開発を重点にすることで、競争力強化・グローバル化を実践していることが評価されています。

「レジリエンス認証」を取得

フォーラムエイトは、レジリエンスジャパン推進協議会の「レジリエンス認証」を取得しています。本認証は、内閣官房国土強靭化推進室の「国土強靭化貢献団体の認証に関するガイドライン」に基づき、国土強靱化の趣旨に賛同し、事業継続に関する取組を積極的に行う事業者に与えられます。今後は本協議会の正会員としても活動に参画し、産・学・官・民・さまざまな分野のレジリエンスが一つになって最大限の相乗効果を生み出し実現する「強くてしなやかな国」に向けて取り組みを継続していきます。

「建設ICT マスター養成講座」開講

厚生労働省委託事業「教育訓練プログラム開発事業」(区分名:建設A(設計・施工)に採択され、「建設ICT マスター養成講座 ~ CIM・ i-Construction技術者育成を目的としたVRコンテンツ活用教育訓練プログラム」を開発しました。講座は2020年6月にスタートし、認定試験をゴールとした8カ月間のプログラムとして実施。キャリアアップやキャリアチェンジを目指す社会人、土木業界を目指す学生などを幅広く対象として、今年度終了後も厚労省教育訓練プログラムとして継続していきます。

働きやすい
職場づくりに向けた取り組み

特に優良な健康経営を実践し、経営的な視点から従業員の健康管理に戦略的に取り組む法人を顕彰する「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」に認定。多様な人材が心身ともに健康を保持し社会性・協調性に満ちた精神で働き続けられるよう、全社的な働き方改革を継続しています。

READ MORE

東京都産業労働局が取り組む「TOKYO働き方改革宣言企業」の認定を取得。この認定は、長時間労働の削減や年次有給休暇等の取得促進等の働き方改革について、2~3年後の目標と取り組み内容を宣言書に定め、全社的に取り組む企業に与えられるものです。

READ MORE

「えるぼし」企業の「認定段階2」を2017年8月23日付で取得。本認定は、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づいた行動計画の策定・届出を行った上で一定の基準を満たす企業が、厚生労働大臣からの認定として受けるものです。

READ MORE

リフレッシュ休暇手当やアニバーサリー休暇手当などの休暇制度に加えて、子育て支援補助制度など多様な働き方を支援する制度が充実。また、週1回のピルビスワークストレッチやリフレッシュマッサージなども好評です。

2017年8月に完成した社員寮「TAKANAWAハウス」は、VRによる検討や解析など自社技術の先進的な取り組みで計画。高輪の閑静な地区に建ち、最新の住宅設備や共用部インテリア、屋上テラスなど、職住近接の上質な環境を提供しています。

職種

職種の説明