Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
13.01 '09.07.22 ◆機能追加・拡張
  • Workshop
    バージョン13で作成された構造物は、バージョン12では開くことができません。
    バージョン13の構造物をバージョン12で開くには、[File | Export]メニューの“Save as Version 12”の機能を使用します。
  • Hydromax
    荷重ケース欄
    Hydromaxの荷重ケース欄の順番を変更しました。垂直オフセット補正縦座標を変更しました。
  • Hydromax
    塩水密度のデフォルト値
    海水とバラスト水の相対密度のデフォルトを1.0252から1.0250に変更しました。
    このためバージョン13の解析結果が若干変わります。密度は、[Analysis |Density]メニューから手入力で変更できます。
  • Workshop
    部材テーブル欄
    Workshopの部材テーブル欄を変更しました。垂直横軸の縦座標欄を変更しました。
  • すべてのプログラム
    新インストーラ
    一つのインストーラを使用するだけで、MaxsurfProとWorkshopProをインストールできます。つまり、今後は各モジュールを個別にインストールする必要はありません。
    新インストーラでは、ディレクトリ C:\Program Files\Maxsurf 13 にMaxsurfアプリケーションがインストールされます。
  • Windows Vistaと64ビット版のサポート
    Maxsurfバージョン13は、64ビット版コンピュータのみでなく、Windows Vistaにも対応しております。

◆問題点修正、変更点
  • リリースノートに記載があります。日本語化における特別な変更点はありません。

●ヘルプの追加・変更箇所
  • 英語版ヘルプと同様の内容で、追加・変更しています。
14.01 '09.11.05 ◆機能追加・拡張
すべてのプログラム
  • パース図の変更
    軸インジケータの採用、レンダリングの改善、フルスクリーン・アンチエイリアス処理の採用
Maxsurf
  • 排水量ダイアログ
    排水量ダイアログで、表示する行を選択できるようになりました。
  • COM: 参照インターフェスのフレームへの変更
    Maxsurf COMインターフェスからフレーム参照まで、機能が追加・変更されました。
  • Maxsurf曲線オブジェクト
    サーフェスを作成・トリミングする曲線オブジェクトが追加されました。
  • サーフェススキニング
    板厚コマンドは選択された曲線周辺をスキニングしてサーフェスを作成することができるようになりました。
  • 湾曲サーフェス
    2つの曲線からサーフェスを作成する湾曲サーフェスが追加されました。
  • パスサーフェス
    4つの曲線が選択されると、サイドパッチを4つ作成する機能サーフェスメニューから使えるようになりました。
  • 押し出しサーフェス
    曲線を押し出してサーフェスを作成することができるようになりました。
  • 図面設定
    図面設定ダイアログボックスに図面処理をサポートする設定ができました。
  • ゼロ点 / フレーム参照
    ゼロ点とフレーム参照ダイアログが設計のゼロ点とフレーム参照に柔軟性を与えるよう組み合わされました。
  • レンダリングモード変更
    レンダリングモードでサーフェスを選択するとき、選択されたサーフェスは影で強調されるのではなく、色を変更して強調されるようになりました。
  • 動的なサーフェス更新
    レンダリングモードでコントロールポイント(制御点)がドラッグされるとき、サーフェス図形はこの変更を反映するよう、自動的に更新されるようになりました。
  • コンター図
    レンダリングモードはレンダリングモードでないようなすべてのコンターを描くことができるようになりました。
  • Rhinoデータ変換
    Maxsurfアセンブリ情報はRhinoファイル形式で書けるようになりました。
Workshop
  • フレーム/隔壁でストリンガを分割
    ストリンガはどのフレームでも分割できるようになりました。
  • Hydromaxへ構造情報をエクスポート
    WorkshopからHydromax荷重グループファイル(hmlファイル)へ構造部分荷重や位置情報をエクスポートすることができるようになりました。
  • オブジェクトの選択
    オブジェクトの選択は、レンダリングパースモードに対応するようになりました。
  • トリムサーフェスプレート
    メニュー項目でサーフェスにプレートを追加するとき、プレートはサーフェスのトリミングに従うようになりました。
Hydromax
  • ヒーリングアームの追加
    応力ヒーリングアーム、トローリングヒーリングアームが追加されました。
  • 基準の追加
    制限タイプ2の2GZエリア?ジェネラルヒーリングアーム、確率的ダメージs係数、ヒーリングアームに対するGZの最小角度の追加
  • 基準の更新-計算
    新しい機能がHydromax基準に追加されました。
  • バッチ解析-長手方向強度
    バッチ解析が延長されるので、荷重とダメージケースの全組み合わせに対して長手方向強度解析が実行されるようになりました。
  • ダイアログ変更
    ダイアログが変更されると、データは一つのダイアログにまとめられるようになりました。
  • 制限つきKG解析
    制限つきKG解析パラメータの設定は、貨物を運ぶ液体貨物タンクがダメージを受けた船舶について、制限付きKGを計算するとき、必要なTCG設定が簡単にできるよう修正されました。
  • 結果リストとグラフオプション
    垂直排水量、大角スタビリティ、平衡、指定条件からの結果についてのデータ形式ダイアログが改善されました。
  • タンクフリーサーフェスモーメントオプション
    フリーサーフェスモーメントが荷重条件に適用されるフィリングレベルの範囲を指定することができるようになりました。
  • 帆船の最大安全ヒーリング角
    帆船の最大安全ヒーリング角を計算することができるようになりました。
  • 荷重条件相互参照
    ある荷重条件から他の荷重条件を相互参照することができるようになりました。
  • 荷重条件密度の無効化
    初期設定の流体密度を区画定義ウィンドウのように無効にすることができるようになりました。
  • 荷重条件形式
    荷重条件ウィンドウで表示する項目を選択することができるようになりました。
  • タンクの選択
    レンダー投影モードの時、タンクと区画を選択することができるようになりました。
  • タンクプロパティウィンドウ
    タンクが選択されるとき、タンクプロパティがプロパティウィンドウに表示されるようになりました。
  • レポートテンプレート
    レポートテンプレートでレポートをカスタマイズできるようになりました。
Hullspeed
  • グラフ
    グラフで表されたデータに多くの更新がされました。
  • フリーサーフェスレンダリング
    Hullspeedの旧バージョンでは、レンダリングモードのフリーサーフェスは、現在の軽い設定を考慮に入れませんでしたが、これが修正されました。
Hydrolink
  • nuShalloパネル出力
    Hydrolink(およびMaxsurf-取り込みのみ)にHSVAnuShalloパネルファイルの基本対応を追加しました。

◆問題点修正、変更点
  • リリースノートに記載があります。日本語化における特別な変更点はありません。

●ヘルプの追加・変更箇所
  • 英語版ヘルプと同様の内容で、追加・変更しています。
15.22 '10.10.22 ◆機能追加・拡張
すべてのプログラム
  • Hydromax Ultimate
    Hydromax UltimateはHydromaxの新しい最高水準バージョンです。新しい確率的被害損傷復原性機能安定性能力が含まれています。
  • 参照のフレームダイアログ
    参照のフレームはMaxsurfにのみ設定されています。Hydromaxでは、それは書き込み不可禁止です。SeakeeperやHullspeedなどのアプリケーションでは、DWLを、分析のために水位線を変更修正することができるように、DWLを変更することができます。
Maxsurf
  • 設計グリッド表示オプション
    設計グリッドを表示する方法が変更されました。
  • Rhinoデータ交換
    Maxsurfアセンブリ情報をRhinoファイル形式に書き出すことができるようになりました。
  • Maxsurfクイックスタート
    新しい機能が追加され、新規設計を始めるとき、各種船体モデルの中から選択できるようになりました。
  • 交差サーフェスを表示
    新しいコマンド「交差サーフェスを表示」がアセンブリウィンドウメニューとビューメニューの両方の右クリックメニューに追加されました。
Workshop
  • 3つのサーフェスコンターの選択によるワークショップ三角形プレートの追加
    サーフェス上で3つのコンターを選択することによって、Workshopで三角形プレートを追加して展開することができるようになりました。
Hydromax
  • トリム設定ダイアログ再デザイン
    どのオプションが利用可能であるかを明確にするために、トリム設定ダイアログが再デザインされました。
  • 現在の載荷条件による損傷破損しているタンクの初期荷重の指定(解析の間の質量損失)
    最後に、制限KG分析について、破損損傷しているタンクの液体貨物がモデルから除去されるように排水量と船のLCGを自動的に調節するオプションがあります。
  • 個々のファイルへのHydromaxデータの保存
    Hydromaxデータを個々のファイルに保存することができます。
  • Hydromaxの旧バージョンとの互換性
    この今回のアップデート更新により、タンクと載荷条件のためのデータがHydromax.hmdファイルに格納される変更が行われました。
Hullspeed
  • BlountとFox抵抗予測手法
    Donald BlountとDavid Foxによる論文「小型船舶馬力電力予測」における公式に従った、定式化に続く新しい抵抗予測手法がHullspeedに取り入れられました。
  • フリーサーフェスレンダリング
    Hullspeedの旧バージョンでは、レンダリングモードのフリーサーフェスは、現在の軽い設定を考慮に入れませんでしたが、これが修正されました。
Seakeeper
  • 機能の変更はありません。
SPAN
  • 機能の変更はありません。
Hydrolink
  • 機能の変更はありません。

◆問題点修正、変更点
  • リリースノートに記載があります。日本語化における特別な変更点はありません。

●ヘルプの追加・変更箇所
  • 英語版ヘルプと同様の内容で、追加・変更しています。
19.01 '13.06.11 ■主な新機能・改訂内容・修正内容
1)全アプリケーション
  • オートメーション・ライブラリおよび種類の名前が変更されました。全ての名前にはBentleyというプレフィックスが付いているため、検索が簡単になりました。
2)Maxsurf Motions
  • トリム船舶解析に対応できるようになりました。
  • Ochi Hubble 6 パラメータ海洋波スペクトルが追加されました。
  • SACS MotionsユーザはTOWファイル形式にエキスポートするさい、生の船舶RAO (動的応答特性) データをエキスポートするか、または貨物がある各箇所での加速度をエキスポートするかを選択できるようになりました。
3)Maxsurf Modeller
  • オートメーション機能のアップデート
    “Data(データ)|Calculate Areas(エリアの計算)”ダイアログから開くサーフェス・プロパティはオートメーション・インターフェースは、オートメーション・インターフェースからアクセスできるようになりました。
  • その他バグ修正とマイナーチェンジ
4)Maxsurf Stability (Hydromax)
  • Auto ballasting (自動バラスト)
    Auto ballasting (自動バラスト)は要求される船舶の喫水、トリム、およびヒールを得るために荷重ケースを調整するツールです。このコマンドではユーザは液体レベルを自動変更させるタンクを8本まで選択できます。この自動変更により特定の喫水、トリム、およびヒールにおける船舶の排水量とほぼ一致する荷重ケースを得ることができます。
  • Water on deck updates
  • オートメーション機能のアップデート
       ダメージケース
       基準のアップデート
  • バグ修正とマイナーチェンジ
5)Maxsurf Structure (Workshop)
  • オープン・ウェブ・フレームの上のライダバー
    前バージョンではライダバーはフレームの外側と交差しない開口部にしか追加できませんでした。現行バージョンではライダ材は全ての種類の開口部に追加できるようになりました。
  • バグ修正とマイナーチェンジ
6)Maxsurf Motions (Seakeeper)
  • レポーティング
  • Maxsurf Stabilityのレポーティング機能と似たレポーティング機能がMaxsurf Motionsに追加されました。この機能はユーザ様のテンプレートドキュメントに応じて表やグラフを自動的にMicrosoft Wordドキュメント上に配置します。
  • Maxsurf Motionsでのトリム船舶解析
    Maxsurf Motionsで解析するために船舶をストリップ理論、またはX線回折パネル方法でトリムできるようになりました。
  • ファイルフォーマットのアップデート
  • バグ修正とマイナーチェンジ
7)Maxsurf Resistance (Hullspeed)
  • バグ修正とマイナーチェンジ
8)Maxsurf VPP (Span)
  • バグ修正とマイナーチェンジ
9)Maxsurf Link (Hydrolink)
  • バグ修正とマイナーチェンジ
10)Maxsurf Fitting (Prefit)
  • バグ修正とマイナーチェンジ

■ヘルプの修正
  • 修正内容に対応した製品HELPの修正を行いました。
20.05 '15.12.10 ■主な改訂内容・修正内容
1)全般
  • ライセンス認証方法変更:トラストライセンシングに対応。(起動時にチェックアウトしない)
  • 新規デフォルトライセンス選択ダイアログの表示。(選択により非表示も可能)

2)MaxsurfModeler:
  • 質量がキロポンド応力(kip)という単位でも表示できるよう更新。 トン、kg等で表示される値は質量であることを明確にする。全てのMaxsurfアプリケーションに適用。
  • マーカー機能への新機能追加。膨大な量のマーカー(レーザースキャンの入力など)に対してサーフェイスフィッティングを行なう際などに使われる。
  • レンダリングメッシュは新たに次のファイル形式(*.obj,*.x,*.stl)にもエクスポートすることが可能になりました。

3)MaxsurfStability:
  • 2つの新しいタンク表示機能が追加されました。タンクの中の液体の平面(損傷された区画の場合は侵入水の平面)の透明およびシェード表示を実現し、タンクの前端・後端にクロスハッチをかけることも可能。
  • MAXSURF貨物インポートの変更。データがトランスポート(Transport)解析入力ファイル(trninp.*)と同様になるよう、MAXSURF貨物インポートダイアログが変更されました。
  • Maxsurf船舶モデルに適用可能な風圧面積と水中投影面積の定義方法・計算方法が広範囲に渡って改善されました。
  • 喫水標はユーザ定義の規準ウォーターラインまでの喫水が測定できるように拡張されました。
  • 自動バラストコマンドは必要な排水量と実際の排水量、およびLCGとTCGを確認するようになりました。

4)MaxsurfStructure:
  • プレート衝突の検出。同一サーフェス上に作成された2つのプレートが重複すると警告ダイアログが表示されるようになりました。

5)MaxsurfMotions:
  • 極座標ウィンドウと名称を変更。このウィンドウでは、選択された結果データの等高線が、速度がラジアル軸で表現されるポーラープロットに表示される。
  • 波浪状態の標準リストにOchiHubble2パラメータスペクトルを追加。2つのピークを持つ波浪状態、すなわち長周期の波と短周期の波の両方を生成、表現。
  • パネル法解析におけるユーザ定義のヒールとトリム。トリムとヒールのダイアログを使用してモデルを任意の姿勢で配置することが可能になりました。

6)MaxsurfResistance:
  • 韓国船級協会「“RulesfortheTowingSurveyofBargesandTugboats”2010」の抵抗力予測アルゴリズムに基づく新しい艀抵抗力アルゴリズムの実装。
21.02 '17.06.06 ■主な改訂内容・修正内容
1)全般
  • Maxsurf 32-bit版はこれが最後になる予定です。次回以降のバージョンは64-bitのみ対応となります。
  • インストーラの共通化
    インストーラが一本化されました。起動時にライセンス選択ダイアログで利用できるライセンス(Enterprise、Advancedなど)を確認、設定することになります。
    (プログラムフォルダでは識別できない→起動時のライセンス選択画面で確認)

2)Maxsurf Modeler:
  • Maxsurf Fittingモジュールの廃止
    Maxsurf Fittingの機能はMaxsurf Modelerのマーカーメニューに移動しました。
  • Maxsurf Linkモジュールの廃止
    Maxsurf Linkの全ての機能はMaxsurf Modelerの、ファイルメニュー内のインポートまたはエクスポートメニューに移動しました。
  • Maxsurf DGNエクスポート/インポートの強化
    Maxsurf ModelerはDGNファイル形式(Microstationネイティブファイル形式)でインポート/エクスポートできるようになりました。サーフェスと曲線の幾何学データだけでなく、ラベルや色、種類、透明度、材質などの追加属性も転送できます。
  • i-modelの発行
    インフラ資産のライフサイクルに関連したプロジェクト用の情報を交換するためにi-modelを使用できます。
    情報が設計、建設、運用環境の間で簡単、完璧、そして正確に流れるようにできます。
  • 右クリックでトリメッシュを生成
     グラフィカルビューやアセンブリツリーで1つまたは複数のトリメッシュを選択できるようになりました。右クリックメニューから直接トリメッシュ生成ダイアログを開くことができ、その際ダイアログには選択中のサーフェスがデフォルトの値として入力されています。

3)Maxsurf Stability:
  • GHSファイルをStabilityにインポートする際の様々な問題の解決
    小数点が“.” (EG European systems)以外のGHSファイルをインポートするとクラッシュした不具合が修正されました。
    今後は(European systemsでも)GHSファイルは常に小数点として“.”が使用されているとみなされます。

4)Maxsurf Multiframe:
  • ツールバー位置のリセット
    ツールバーのレイアウトは、Windowsのレイアウトに応じて変わります。
    ツールバーの位置をデフォルト状態にリセット出来るようになりました。
Page Top Page Top
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/19  EXODUS・SMARTFIRE体験
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション