TOP FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days http://www.forum8.co.jp/
概要各賞・副賞審査員紹介クラウド一般投票 ノミネート作品過去の作品



2002年のUC-win/Road「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー」受賞を機に毎年開催。本フェスティバルのメインイベントとして多くの優秀な作品が発表されており、2011年からはVR-Cloud®によるクラウド投票がイベントを盛り上げています。
UC-win/Roadによる3D・VRシミュレーションの作品コンテストです。スクリプト(5分)、シナリオで作品を表現します。
クラウド上で作品公開・一般投票を実施いたします。自宅やオフィスなどから、作品の閲覧と一般投票が行えます。
 
第16回 3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウド ノミネート作品発表

  審査員の方々による厳正な審査の結果、合計10作品をノミネートいたしました。

No.1  「3次元点群を用いた国指定史跡 左沢(あてらざわ)楯山(たてやま)城跡
  第1期整備計画の提案」

 株式会社寒河江測量設計事務所
山形県大江町にある国指定史跡左沢楯山城跡の第1期整備の計画(案)をもとに作成した。楯山全体に残る山城跡の特徴的な地形を3Dレーザースキャナーで再現、山城跡からは麓を流れる最上川や広大な盆地がある風景を望むことができる。VRでの再現により左沢楯山城跡の構造と計画が体感できる。

No.2  「大規模地震における緊急災害対応VRの提案」
 京都市立伏見工業高等学校(京都市立京都工学院高等学校)
近い将来に想定される様々な大規模地震において、想定外の被害が発生する可能性がある。その発生直後の被災状況をマルチコプターによって撮影し、sfm解析によって点群データ化することで、災害時の避難や支援物資の供給に役立つ緊急災害対応VRを提案した。

No.3  「i-hazard map PROJECT〜次世代iハザードマップ構想の提案〜」
 三井共同建設コンサルタント株式会社
一般の人々に対して、災害等の危険情報をわかりやすくかつ適切に伝えるため、最新のVR技術を有効に活用した、新たな土砂災害ハザードマップや降雨予測結果の公表等における高度化【i-hazard map】に関する取り組み(プロジェクト構想)を提案している。さらに、本ハザードマップの応用的な利用や今後の運用方法についても示している。

No.4  「木更津市沿岸部再開発提案モデル」
 木更津市
木更津市沿岸部における再開発の提案を表現し、参加者の作品をVR内で紹介している。半島のように突き出した海浜公園を舞台に、地域の魅力を高めるという気持ちが込められた個性溢れる提案が盛り込まれ、海上からの視点やウォークスルーなどで作品の魅力を体感できるものとしている。

No.5  「下水道管路調査データからの3Dモデルの融合」
 管路情報活用有限責任事業組合
管路調査で「改築・修善」に使用したデータから3D管路施設作成データと融合した3Dモデルで全体可視化地下構造部の活用として、具体的構造物で維持管理・補修設計(土木)が行えると同時に緊急地震等に於いて下水道管理者ばかりでなく災害担当者と共有資料として活用方法を構築。今後 震災時の避難場所からの排水状況確認・復興土木設計シュミレーションが可能となる。

No.6  「自動運転コックピットHMI VRシミュレーション」
 パイオニア株式会社
自動運転に向けたコックピットにおけるHMI(ヒューマンマシンインターフェース)の方向性に関する企画業務において、新たに企画されたHMI「インビークルコンテクストアウェアネス(IVCA)」に対し、それを具体的なモノとして開発・実装し、有効性を検証するためのVRデータ及び、VRシステムとなっている。有効性の検証に加え、東京モーターショー、CES等における将来システムの展示で活用されている。

No.7  「デジタルサイネージによるドライバー運転行為への影響に関する研究用VR
  −大型デジタルサイネージの誘惑」

 ソウル市立大学
近年路上及び高層ビルの外に設置されている大型デジタルサイネージが増えており、このような大型デジタルサイネージによるドライバーの運転にどのような影響を与えるかを研究するため、ソウルGangnam区の中心部をVRで再現し、ドライブシミュレータで実験を行った。また、FOVEの新型アイトラッキングHMDと連携し、ドライバーの目線ログも運転ログと合わせて記録し、分析を行った。

No.8  「大牟田市内路面電車軌道及び沿線の復元」
 井尻慶輔事務所
かつて大牟田市民の足として親しまれた大牟田路面電車の復活第二弾。三井化学、三池銀行、松屋(百貨店)、大牟田駅舎など、当時を代表する建造物を沿線に再現し、その風景の中を悠然と走る電車500形を表現した。更には、三井三池炭鉱のうちのひとつである三川坑の光景として、木造家屋や炭鉱機械ホッパーなどの巨大施設までを新たに追加、当時の大牟田の賑わいを路面電車を通して再現している。

No.9  「羽田空港VRシミュレータによる教育訓練」
 株式会社メイワスカイサポート
羽田空港内という一般の道路と異なる、車両走行ルールや特殊な環境の中で、安全に車両を運転するための訓練を目的とした、ドライビングシミュレータ用VRデータ。空港内の道路や施設だけでなく、行き交う特殊車両や航空機まで再現し、車両運転における危険箇所や注意するポイントの教育・訓練に活用している。

No.10  「モバイル型安全教育体験4DVRシミュレーション」
 韓国交通安全公団
韓国交通安全公団様が構築した4D交通安全シミュレータ用の体験データ。都市道路、高速道路とイベントの3パターン走行コースに分け、例えば、高速の合流、都市部歩行者の交通ルール違反、運転中スマートフォン操作の影響など、シナリオで各セッション及び危険なシーンを再現した。体験者は6DOF動揺装置付きのシミュレータに通常のモニタースタイプとVRメガネを装着する2種類の体験が可能。また、該当4Dシミュレータはコンテナ式のトラックに設置され、韓国全国ツアーも巡る予定になっている。

フォーラムエイト東京本社セミナールームにて
ノミネート作品審査会を実施。
審査員
左から稲垣 竜興 氏、関 文夫 氏(審査委員長)、傘木 宏夫 氏
   各賞・賞品

   グランプリ 審査員特別賞
賞状・トロフィー、15.6型ゲーミングノートPC、図書カード 賞状、図書カード、全天球カメラTHEATA S
優秀賞 ノミネート賞
賞状、図書カード、DJI Mavic(4Kカメラ搭載) 表彰盾、図書カード
  アイデア賞・エッセンス賞 ※重複しての受賞はありません。
  賞状、MSIノートPC、図書カード  


   審査員紹介

審査委員長
関 文夫 氏

日本大学 理工学部 土木工学科 教授

日本大学理工学部土木工学科卒業後、大成建設の土木設計部設計計画室にて設計・現場を経て、道路構造物、河川、公園のデザイン等を展開。2011年より現職。
傘木 宏夫 氏
NPO 地域づくり工房 代表

環境アセスメント学会常務理事、自治体問題研究所理事、長野大非常勤講師 他。H17地球温暖化防止活動環境大臣賞受賞。著書に「仕事おこしワークショップ」等。
稲垣 竜興 氏
道路・舗装技術研究協会 理事長

道路保全技術センターにて情報技術部長を歴任。「漫画で学ぶ舗装工学」シリーズ等多数執筆。道路・舗装の技術発展と研究開発の推進活動に取り組んでいる。
   概要

作品募集要項

作品応募締切 2017年10月10日(火)
応募基準・提出物 ・UC-win/Roadで作成されたVR データ(スクリプト必須/CD-ROM、DVD 等のメディアに保存)
・VRデータの概要(150字以内)、操作方法
提出物送付先 〒108-6021 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
(株)フォーラムエイト システム営業グループ 第16回コンテスト受付係 宛
応募作品の著作権等 受賞作品のVRデータの著作権は、応募者に帰属するものとします。
提出されたデータの配布は行いませんが、フォーラムエイトは、著作者が制作したデータ、作品および成果物について、出力画像・動画等の編集・加工を行い、対外発表、研究発表、営業活動、広報活動として、HP、広報誌、書籍、雑誌、新聞等媒体における掲載・紹介など、二次使用許諾権利を持つものとします。あらかじめご了承ください。
応募に関するお問合せ先 TEL: 03-6894-1888  FAX: 03-6894-3888  E-mail: forum8@foum8.co.jp
ノミネート予選選考会 本選へのノミネート作品は、2017年 10月 17日(火)に決定いたします。
2017年 10月 17日(火) ノミネート予選選考会

コンテストの流れ

作品募集要項
受付は終了いたしました。
ノミネート作品一覧 投票ページ 受賞作品 選定結果

2017年10月10日(火)  作品応募締切
応募基準・提出物
・UC-win/Roadで作成されたVR データ(スクリプト必須/CD-ROM、DVD 等のメディアに保存)
・VRデータの概要(150字以内)、操作方法
提出物送付先
〒108-6021東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
(株)フォーラムエイト システム営業グループ 第16回コンテスト受付係 宛

2017年10月17日(火)  ノミネート作品審査会

2017年11月4日(土)〜 11月12日(日) クラウド一般投票期間
 

2017年11月14日(火) 受賞作品本審査会
フォーラムエイト 東京本社
 MAP
審査員受賞作品選考会
投票による順位点および特別賞順位点により審査員が選考。
一般投票70%、当社選考委員30%の重み付けで集計。

2017年11月15日(水)  品川インターシティ ホール MAP
第16回 3D・VR シミュレーションコンテスト オン・クラウド 各賞発表と表彰式


関連製品

VR-Design Studio
 64bit版/32bit版
巷で話題のVRですが、弊社では「使える」ではなく「作れる」VRソフト「UC-win/Road」を、他社に先駆け20世紀から作り続けています。PC1台・ソフト1本で、プログラミング不要で、マウス操作だけで、専門知識は不要。VR空間自分で作るなど、高度な技術がないと困難のように思えますが、現在ではベテランのエンジニアから小さなお子様まで、本製品を同じ操作方法で操作し、お客様独自の仮想空間を作成している実績があります。「VRは作れる」は仮想ではありません。本製品がVR空間の「フォーラム」となり、弊社他製品との連携が容易です。また、SDKキットを用いたお客様独自の開発、受託サービスによるシステム開発により、自由度の高い製品カスタマイズが可能です。

64bitネイティブ対応
メモリの制限なくUC-win/Roadを使用可能!
遥かに早く、大きく、効率的に。
2Dビュー
車の状況など表示拡張 
▲道路、車両、歩行者のみを表示 ▲付随情報表示
計算周波数制御及びSILS機能
描画周期と、計算周期の独立した管理が可能

内部処理イメージ
(描画60hz、計算100hzの場合)
▲描画周期 60hz
▲計算周期 100hz
3DCAD Studio®連携
設計した構造物をVR空間へインポート可能
UAVプラグイン:マッピング機能
UAVの飛行ルートを設定

 環境アセスプラグイン
植栽プラグインとの連携により、詳細な樹木モデルでの環境アセスが可能に
・緑視率、日射障害、反射光の予測が評価可能
・太陽光の位相(方位・仰角)を設定し、結果をVRでも表示
▲緑視率の算定 ▲日射障害の解析 ▲太陽光パネルの解析
 連携 
 植栽プラグイン
複雑な形状の樹木を簡易入力で作成

VR-Cloud(R)

クラウドサーバ上で3D・VRを利用する合意形成ソリューション。インターネット環境さえあれば、シンクライアントでもWebブラウザでVR空間を操作できます。
VR-Cloud® Collaboration
クライアント間での高度なコミュニケーションとVR活用が可能な、フル機能のVRクラウドシステム。共有コンテンツ管理機能実装。3D掲示板、景観評価、複数ユーザでのコンファレンス対応。注釈・写真機能も搭載。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲景観評価機能 ▲注釈機能 ▲3Dアイコンの表示 ▲コンテンツビューワ
活用事例:「水木しげるロード×VR-Cloud® Ver6.1」
境港市水木しげるロードのリニューアル計画では、設計案の
合意形成とPRのためにVRを作成し、関係者や市民に具体像
を披露した。VR-Cloud®をデータ共有による遠隔デザインミー
ティングに活用。
提供:大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学 福田知弘研究室


   過去コンテスト作品紹介
Page Top