「道路橋に関する基礎データ収集要領(案)国土交通省・
国土技術政策総合研究所」に準じた、橋梁点検支援システム第二弾

橋梁点検支援システム(国総研版)

初版リリース:2010.04.12/最新Ver.リリース:2010.06.03

¥312,400(税抜¥284,000)

プログラム概要

近年、道路橋の老朽化が進む中で、道路橋の損傷状況をできるだけ簡易に把握することを目的とした「道路橋に関する基礎データ収集要領(案)」が国土技術政策総合研究所より平成19年5月に提案されています。

本システムは、橋梁情報と橋梁の近接目視による損傷状況を容易な操作で記録することにより「道路橋に関する基礎データ収集要領(案)」に準じた橋梁諸元、調査結果シートを効率よく作成する事が出来る橋梁点検支援システムです。

▲メイン画面

▲損傷写真

▲図面ウィンドウ

関連情報

プログラムの機能と特長

適用構造と主な機能

適用構造

上部構造 コンクリート橋 床版橋、T桁橋、I桁橋、箱桁橋
鋼橋 鈑桁橋、箱桁橋、トラス橋、アーチ橋
下部構造 橋台 重力式、逆T式
橋脚 壁式/張出式/柱式/ラーメン式

主な機能

  • 対話型画面による寸法・形式の選択、入力操作による橋梁諸元管理機能
  • 入力された橋梁諸元により点検時に持参する損傷展開図の自動作図機能
    ※損傷展開図 : 径間毎の桁下面図、橋面図および下部構造図で構成
  • 2次元汎用CAD操作イメージによる損傷展開図への損傷作図機能
  • 調査結果の概略を入力することにより損傷評価区分の自動判定を行った損傷旗揚げ作図機能
  • 橋梁諸元および作図した損傷旗揚げ情報から「道路橋に関する基礎データ収集要領(案)」に準じた橋梁諸元、調査結果シートを作成する機能
  • 調査橋梁の構造や形状を3次元で確認する3DViewer機能
  • 橋梁の現場写真や損傷写真を管理する写真管理ツール

出力

  • 「道路橋に関する基礎データ収集要領(案)」に準じた橋梁諸元(様式1)
  • 「道路橋に関する基礎データ収集要領(案)」に準じた調査結果(様式2)
  • 損傷展開図
  • 損傷/損傷旗揚げ作図を作図した損傷図
  • 現地状況写真および損傷写真

損傷展開図作図機能

点検対象橋梁の構造や形状情報を入力することにより、点検時に持参する損傷展開図(径間毎の桁下面図、橋面図および下部構造図)を自動生成することができます。

▲橋梁情報入力画面

自動生成

▲損傷展開図

損傷作図機能

弊社の2次元土木用汎用CAD「UC-Draw」と同様の操作にて損傷パターンを生成された損傷展開図に作図することができます。

パターン作図

損傷旗揚げ作図機能

損傷情報の入力により、損傷区分を自動判定した旗揚げ文字を自動生成し、旗揚げ位置を指定することで、旗揚げを作図できます。

旗揚げ作図

調書作成

橋梁諸元 (様式1)
入力された橋梁諸元から「道路橋に関する基礎データ収集要領(案)(平成19年5月)」版で示された「様式1」に従った調書を作成します。

調査結果 (様式2)
損傷展開図に作図れた損傷旗揚げの情報を自動で収集し、「道路橋に関する基礎データ収集要領(案)(平成19年5月)」版で示された「様式2」に従った調書を作成します。

▲橋梁諸元(様式1)

▲調査結果(様式2)

3DViewer機能

点検橋梁の構造や形状を3次元で確認することができます。

写真管理ツール

現場写真や損傷写真を管理することができます。

適用基準及び参考文献

参考文献

・道路橋に関する基礎データ収集要領(案) 平成19年5月 国土技術政策総合研究所

・橋梁定期点検要領(案) 平成16年3月 国土交通省道路局国道・防災課

プログラム概要

震度法、保有耐力法による計算、部材の設計をサポートし、詳細設計レベルで様々な基礎形式・工法の検討が行えます。地層・作用力データを共有し、3面図表示によるデータ確認、図をまじえた結果表示、[基準値]機能をサポート。各基礎工の設計調書、異種基礎の比較表の出力が可能。杭基礎では、鋼管ソイルセメント杭を含む13種の杭種に対応。各種工法をサポートし、補強設計(増し杭)にも対応。

機能 Lite Standard Advanced
計算 液状化の判定
直接基礎
杭基礎
ケーソン基礎 -
鋼管矢板基礎 -
地中連続壁基礎 -
CAD 杭基礎
直接基礎 - -
その他 ESエクスポート(杭基礎) - -

▲ 製品構成別対応機能

関連情報

»バックナンバー

◆新製品紹介
基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)Ver.2(Up&Coming '16 秋の号掲載)
基礎の設計(Up&Coming '14 秋の号掲載)
◆サポートトピックス
杭基礎設計便覧(H27)仮想鉄筋コンクリート断面照査について(Up&Coming '16 新年号掲載)
◆セミナー参加申込受付中
基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)セミナー

プログラムの機能と特長

杭基礎

杭基礎

直接基礎

直接基礎

鋼管矢板基礎

鋼管矢板基礎

地中連続壁基礎

地中連続壁基礎

ケーソン基礎

ケーソン基礎

図面作成:杭基礎(Lite以上)

図面作成:杭基礎(Lite以上)

図面作成:直接基礎(Advanced)

図面作成:直接基礎(Advanced)

適応基準及び参考文献

適応基準及び参考文献

・道路橋示方書・同解説 I 共通編/III コンクリート橋編/IV 下部構造編、V 耐震設計編 H24年3月 日本道路協会

・設計要領 第2集 1章 計画、4章 基礎構造、5章 下部構造 H18年4月 東・中・西日本高速道路株式会社

・杭基礎設計便覧 H27年3月、H19年1月、H4年10月 日本道路協会

・鋼管矢板基礎設計施工便覧 H9年12月 日本道路協会

・道路橋の耐震設計に関する資料 H9年3月 日本道路協会

・道路橋の耐震設計に関する資料 -PCラーメン橋・RCアーチ橋・PC斜π橋・地中連続壁基礎・深礎基礎等の設計計算例- H10年1月 日本道路協会

・既設道路橋基礎の補強に関する参考資料 H12年2月 日本道路協会

・鋼管矢板基礎 -その設計と施工- H11年10月 鋼管杭協会

・杭基礎の計算法とその解説 1987年1月 土質工学会

・杭・ケーソン・鋼管矢板および地中連続壁基礎の設計計算例 2000年2月 山海堂 岡原美知夫他

・土木研究所資料第1175号 矢板式基礎の設計法 (その1) S52年2月、(その2) S52年6月、(その3) S52年3月 建設省土木研究所

・わかりやすいケーソン基礎の計画と設計 H10年11月 総合土木研究所

・鋼管杭基礎の設計と施工 道路橋示方書(H14年3月版) 改訂対策 H14年4月 鋼管杭協会

・STマイクロパイル工法 設計・施工マニュアル(案) 2000年5月 NIJ研究所

・SPマイクロパイル設計・施工マニュアル(案) H20年11月 エスティーエンジニアリング(株)

・既設基礎の耐震補強技術の開発に関する共同研究報告書(その3)、高耐力マイクロパイル工法(6冊分の2)、
STマイクロパイル工法(6冊分の3)、 ねじ込み式マイクロパイル工法(6冊分の4)設計・施工マニュアル
H14年9月 独立行政法人 土木研究所、(財)先端建設技術センター

・大型地下構造物ケーソン設計マニュアル  H13年8月 日本圧気技術研究所

・道路技術基準図書のSI単位系移行に関する参考資料 第1巻-交通工学・橋梁編- H14年11月 日本道路協会

・一般土木工法・技術審査証明報告書 ガンテツパイル(鋼管ソイルセメント杭工法) H12年3月、HYSC杭(鋼管ソイルセメント杭工法)  H12年12月 国土開発技術研究センター

※2021年4月からの消費税総額表示義務化に伴い、価格表記を「税抜」から「税込」へ移行いたします。

製品価格

本体価格

価格は税込表示です

■本体価格

製品名

価格

橋梁点検支援システム(国総研版) ¥312,400(税抜¥284,000)

■フローティングライセンス価格

本体価格の40%を追加いただくことで、誰でも、どこでも、どのPCでも製品の利用が可能となります。

製品名

価格

橋梁点検支援システム(国総研版) ¥124,960(税抜¥113,600)

>>ライセンス形態についての詳細はこちら

サブスクリプションサービス 契約価格


サブスクリプションサービス 契約価格

■サポート内容
・バージョンアップ無償提供  ・電話問合せテクニカルサポート
・問合せサポート(電子メール、FAX)  ・ダウンロードサービス  ・保守情報配信サービス  

※ライセンス管理コスト削減、製品ご利用形態ニーズ多様化への対応を充実させることを目的として、従来の保守・サポート形態からより便利な、「サブスクリプションサービス」へ順次移行いたします(2016年4月1日~)。

価格は税込表示です

対象製品 初年度 1年
サブスクリプション(橋梁点検支援システム(国総研版)) 無償 ¥78,100(税抜¥71,000)
サブスクリプション(橋梁点検支援システム(国総研版) フローティング) ¥109,340(税抜¥99,400)

レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス価格


■レンタルライセンス:短期間での利用により、低廉な価格でのライセンス利用が可能

■レンタルフローティングライセンス:ライセンスの認証をWeb経由で受ければ、誰でも、どこでも、どのPCでも製品の利用が可能

■レンタルアクセス:既に購入済みの製品の利用ライセンス数を増やす事が可能です。事前契約により、レンタルライセンス期間(1ヵ月~3ヵ月)の単位で自動的にライセンスが付与されます。利用実績に応じて後日請求いたします。事前申込価格として、レンタルライセンス価格の15%引きとなります。ユーザ情報ページにてお申込みいただけます。

※サービス強化、利便性向上を図る目的で「レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス」を2007年9月3日より提供を開始しました。

※レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス開始後の期間変更は出来ません。期間延長の場合は再申込となります。

レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス

価格は税込表示です

■レンタルライセンス

対象製品 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
橋梁点検支援システム(国総研版) ¥109,240 ¥140,580 ¥165,572 ¥203,060

■レンタルフローティングライセンス

対象製品 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
橋梁点検支援システム(国総研版) ¥181,192 ¥234,300 ¥278,036 ¥343,640

アカデミー価格


教育関係者、研究者、学生などの教育目的のご利用に向けて、アカデミーライセンスを提供しています。

アカデミー価格

価格は税込表示です

製品名 アカデミー価格
橋梁点検支援システム(国総研版) ¥249,920(税抜¥227,200)

バージョンアップ開発履歴


バージョンアップ開発履歴

■バージョンアップ、リビジョンアップ(無償保守)の主な内容を一覧にしています。
旧版改訂、リバイバル版リリース時などの場合にご参考ください。

橋梁点検支援システム(国総研版)
バージョン リリース日 主なバージョンアップ内容
1.00.01 10/06/03
  1. 「損傷旗揚げ変更」機能に対応
  2. 「損傷旗揚げ写真番号の自動設定」機能に対応
1.00.00 10/04/12
  1. 新規リリース

動作環境


動作環境

OS Windows 8 / 10
CPU PentiumII 500MHz以上 (推奨PentiumIII以上)
必要メモリ(OSも含む) 256MB以上 (推奨512MB以上)
必要ディスク容量 約250MB以上 (インストール時及び実行時含む)
ディスプレイ(画面解像度) 1024×768以上
入力データ拡張子 F6B、BIS、PSS、PSY、UC-Drawデータ
ファイル出力 UC-Drawデータ
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品との連動 <連動>
橋梁長寿命化修繕計画策定支援システム

製品購入/お問い合わせ窓口


製品購入/お問い合わせ窓口

■FORUM8 オーダーページで購入

製品購入 - オーダーページ にて、バージョンアップ・新規製品・各種サービスの御見積作成・申込・決済ができます。

クレジット利用や、分割払いシステムでの購入も可能です。

ご質問は、バージョンアップセンタ(vc@forum8.co.jp)までお気軽にお問い合わせ下さい。

■ショッピングサイトで購入

下記のショッピングサイトでの購入も可能です。

amazon.co.jp 詳細ページへ

Yahoo!ショッピング 詳細ページへ

楽天市場

■ お問い合わせ

全国のFORUM8営業所がサポートしています。 >> 営業窓口

購入またはホームページ全般に関するご質問は、forum8@forum8.co.jpまでお気軽にお問い合わせ下さい。

画面サンプル

▲メイン画面

▲橋梁諸元

▲上部構造形式・寸法

▲下部構造形式・寸法

▲支承

▲図面スタイル

▲損傷展開図

▲損傷旗揚げ情報設定画面

▲損傷図

▲損傷写真

▲図面ウィンドウ

1.機能

損傷旗揚げの連続処理はどのようなものか。

損傷パターンを作画した後、連続して損傷旗揚げを作画する機能です。旗揚げ矢印の位置が自動でパターンの中心に設定されたり、マウス操作を数回省略できますので、連続して作画する場合は、便利な機能です。


損傷パターン作画で正確な大きさのパターン形状を作画したいが、その方法を教えてほしい。

汎用CAD機能の座標入力により作画可能です。相対座標系とし、コマンド欄に形状をX,Y座標で入力作画してください。


現場で撮ってきた写真や野張をCAD画面のバックに表示し、ひび割れ状況等を記載していけると便利であるが、対応予定はあるか?

予定はあります。
本システムではbmp、jpg、tiffなどの画像ファイルを読み込んで図面上に貼り付けることは、既に可能です。その上に、損傷情報を作画して行くことも可能です。いわゆるこの方法が手動で損傷図面を作成する方法ですが、自動作画で図面を作成したときには自動で設定される要素を管理するためのレイヤ分けが、手動での作図では、現在まだ出来ていません。この、手動作画として損傷図面を起動したとき、損傷要素のレイヤ作成機能を追加が実現すれば、画像の上に図形形状を作画し、ひび割れなぞって作画したり、旗揚げを作画して損傷図面の出力と損傷程度の評価記入表などの集計出力が可能となります。


写真のコメント欄の書き込みはできるか?

可能です。Excelシートに出力しますので、該当セルに文字を入力が可能です。


今後データベース形式への対応等予定はあるか。

国土交通省では「橋梁カルテシステム」というデータベースがあります。現実に、弊社のシステムの開発目的のひとつが、カルテシステムへ登録するためのデータ整理とCSV出力です。


2.出力

Wordなどのファイルへの出力は可能か?

Word形式(.doc)への出力が可能です。
但し、点検調書(4)要素番号図及び部材番号図  部材番号(5)損傷図 は、2次元CAD図面として作成しますので、独自の形式のほか、DXF、GWG、SXFなどのCADファイルとして保存されます。


3.データ

CADデータの読み込みは可能か?

可能です。しかし、本システムで行っている要素ごとのレイヤ構成を手作業で作成する作業が煩雑なのが現状で、実用的ではありません。
現在、形状図形をDXFやDWGで読み込んで、その図形に含まれる要素(主桁や横桁など)を選択し、本システムで扱うためのレイヤ構成を自動で作成するツールを開発中です。
これが実現すると、ほかファイルからどんな図形を読み込んでも、要素番号や損傷図として使用することが出来るようになります。


要素図および損傷図の読み書きはDXFもしくはbmpなのか。DWGおよびjpgには対応 しているか?

DXFも、bmpも、DWGも、jpgも、sxfも、p21も、いずれも出力可能です。


要素図および損傷図の打出しについて例えば、1~3項目までは1項目1枚に、4~7項目までは2項目を1枚に印刷、というように設定できるか?

要素図につきましては、「図形タイプ指定」という画面で、1つの図形に作画する要素の組み合わせ指定が可能です。デフォルトは、1図形に1要素ですが、組み合わせによって、極端には1つの図形全ての要素を重ねて作画することも可能です。ゆえに、たとえば、主桁と横桁と対傾構を1枚の図形で1枚の図面することは可能です。その他、要素ごとの組み合わせは自由に行うことが出来ます。


例えば、橋梁点検支援システムを使用してデータを作り、それを納品するにあたり、納めるのは紙ベースの出力になるのか。他のアプリケーションのデータ等に落とすことは可能か?

点検調書の出力はすべて電子ファイルに出力可能です。
点検調書(1)橋梁の諸元と総合検査結果  f8ppfよりファイル出力、word(doc)

(2)径間別一般図  f8ppfよりファイル出力、Word(doc)
(3)現地状況写真  Excelシートへの出力
(4)要素番号・部材番号図 dxf、sxfなどUC-Drawの対応ファイル
(5)損傷図   dxf、sxfなどなどUC-Drawの対応ファイル
(6)損傷写真  Excelシートへの出力
(7)から(9)まで f8ppfよりファイル出力、Word(doc)

です。


4.適用範囲

要素番号・部材番号図作図において落橋防止が複数ある場合の対応は可能か?

可能です。
桁連結、桁間連結、桁間ブロックを想定していて、配置は主桁本数により桁ごと、または桁間ごとに指定可能です。
但し、その場合の要素番号の設定方法は、要領案には明記されておらず、現状では東北地方建設局で行われた付け方になっており、他の自治体では方法が異なるかもしれません。
随時対応いたします。


枝桁があるような橋梁の対応は可能か?

自動作画では未対応です。
まずは、枝桁無しで作画した後、汎用CAD機能で枝桁の線と、要素文字を追加することで対応することになります。


橋梁の形状について、上部工が斜橋の場合、検討可能か?

斜角の値を直接入力することで対応可能です。


5.編集

損傷図作画で旗揚げした文字の編集方法を教えてほしい。

汎用CAD(UC-Draw)機能-文字列編集機能を使用して任意に修正できます。損傷情報には影響しません。


鋼箱桁張出部のブラケット間に横構のような部材があるが、どのように対応したらよいか。

自動作画では対応困難なケースです。
まずは、該当部材が無いと考えて自動作画にて図面を作成し、個別要素・部材番号作画機能で後から追加する方法があります。


写真管理ツールの点検調書を出力するとき、業務情報ファイルはどこから持ってくるのか。

要素部材番号図自動作画を起動し、業務情報画面で入力した後「出力」ボタンを押して保存したファイルを読み込むことが出来ます。



 >> サポートページ 橋梁点検支援システム Q&A集

LOADING