BIM/IFC対応 Allplanによる3D・2D図面、設計計算書等を作成するサービス
English

BIM対応 3D図面オプション 
報告書・図面トータルサービス

サービス概要

従来までの解析支援サービス(Engineer's Studio®解析支援地盤解析支援EXODUS/SMARTFIRE解析支援xpswmm解析支援建物エネルギーシミュレーション支援)に加えて、「BIM対応 3D図面オプション」 および 「報告書・図面トータルサービス」 を開始することとなりました。

▲解析支援サービス一覧

関連情報

◆BIM&VR 3D・VRエンジニアリングニュース

BIM&VR 3D・VRエンジニアリングニュース(Up&Coming 連載)

サービスの概要と特長

BIM対応 3D図面オプション 概要

従来の解析支援サービスに加えて、BIM対応の3Dおよび2D図面を作成するサービスを開始いたします。
AllplanシリーズのBIM統合ソリューションを用い、3D図面および2D図面を作成いたします。

Allplanビューワとともに色分けした鉄筋状態など標準設定を行ったデータを提供します。
各種検討、2次元図面への利用、BIM機能のあるソフトへの展開(IFCデータ変換)などご活用いただけます。
なお、2次元図面はさらに下記オプションあるいは追加サービスとして提供いたします。
ただし、Allplanでの2次元図面の場合は、SXF変換が現在できませんので、弊社製品 UC-Draw等SXF変換可能なソフトを使用します。

提出成果としては、データ提出を基本とし、Allplan3次元データ(IFC対応)出力を最終成果として提供可能です。
対象となる構造物は、建築・土木構造物を対象としています。

▲ラーメン橋脚の3D図面例(Allplan-Engineeringでの表示)

■Allplan  http://allplan.jp/

Allplanシリーズは、ドイツのCADメーカーNemetschek社により開発されたBIM統合ソリューションです。
このBIM統合ソリューションにより、基本図面、レンダリング画像、プレゼン映像、詳細施工図、数量拾い出しや積算が連続的に行え、建物のライフサイクル全体を設計・表現することが可能となります。
また、モデルの変更を全てのデータに簡単に反映させることが可能です。
AllplanシリーズにはArchitecture(一般建築CAD)とEngineering(RC構造物CAD)等があります。
なお、3D図面は、Allplanの無償ビューワと共に納品され、ユーザ側でいつでも閲覧できます。

▲BIM統合ソリューションイメージ

▲Allplan Architectureによる建築物の設計

▲Allplan Engineeringによる土木構造物の設計

3D配筋CAD

3D配筋CADによる鉄筋の干渉チェック、かぶり厚チェックが可能。


●3D配筋図作成例
仮橋(橋台)・U型擁壁・貯水槽をサンプルとした3Dモデル配筋図およびUC-Draw等のCADソフトにて編集を行った2次元図面例。

▲仮橋(橋台)

▲U型擁壁

▲貯水槽


●2D配筋図作成例
UC-Draw等のCADソフトにて編集を行った二次元図面例。

■仮橋(橋台)


■U型擁壁




■貯水槽

■既設構造物を対象とした損傷箇所や補修状況の3D表現サンプルモデル

Allplanを用いて、既設構造物を対象とした損傷箇所や補修状況の3D表現を行う方法について、3D図面サービスの活用事例をもとに紹介します。

3Dモデルによるリアルな再現が可能
構造物の損傷箇所および補修後の3Dモデルイメージを紹介します。鉄筋露出箇所については、鉄筋1本1本をモデル化して配置することで表現可能です。鉄筋配置および被りについては、既設竣工図面をもとに再現可能です。躯体、鉄筋、骨材の色を現実の色に近づけて表現するだけでなく、3Dモデル上で色を誇張して表現することもできます。また、構造物が水中に存在する場合は、モデルを作成して透過率を変えることにより表現可能です。これを応用して、地中のモデルを表現することも可能です。

▲鉄筋露出イメージ

▲水中部のジャンカイメージ

▲損傷


▲補修後

■配水池サンプルモデル

RC構造のための強力な配筋ツールを有するAllplan Engineeringを用いた配水池のモデリングを行ったサンプル事例を紹介します。

3次元のBIMモデルにするメリット
このサンプルモデルは、手描きの古い図面からモデリングを行いました。このサンプルのように2次元の図面から3次元化し、ウォークスルーのアニメーションやVRでデータを表示することで、複雑な配筋状況を直感的に理解できます。また、属性を持った3次元モデルを作成することで、経年劣化したコンクリート・鉄筋の補修や、配筋状況を元に補強を施すなど、管理や将来の改修フェーズにおけるBIMの活用が可能になります。例えば調査報告を元に損傷状況を表現することも可能です。また、別のモデリング工程で作成したモデルにより構造解析も行っています。

▲配水池モデル

▲一般構造図

▲配筋図(側壁、柱)

▲鉄筋表

▲レポート:コンクリート量

報告書・図面トータルサービス 概要

従来の解析支援サービスに加えて、設計計算書および2D図面を作成するサービスを開始いたします。
解析から設計、図面までトータルにサポートする解析支援トータルサービスです。
オプションにて3D図面オプションを選択できます。2次元図面は、SXF変換が可能な弊社製品UC-Draw等SXF変換可能なソフトを使用します。

従来は、UC-win/FRAME(3D)に代表されるように、入力データサービスが中心でありましたが、入力・解析(設計)・図化までの一連の設計項目について、トータルで行うサービスとなります。
ここでの設計計算書は、動的解析のみならず、常時・レベル1地震時等に関する設計計算書や地中構造物の計算手法である応答変位法も含まれます。よって、UC-1製品やUC-win製品を活用した設計計算書の作成を行います。
また、設計図については、構造図・配筋図・各種構造図等の作図にも対応いたします。
対象構造物は、土木構造物全般(橋脚、橋台、柔構造樋門、排水機場、水門、配水池等)です。
提出成果としては、設計計算書および設計図ともに電子納品基準に準拠したデータを納品することを原則としています。

▲ラーメン橋脚3D図面より生成の2D図面例
(Allplan-Engineeringでの表示)

▲Allplan-Engineeringでの表示

▲Allplan-EngineeringからAutoCADへの出力表示

▲橋梁工事

成果品のチェックについて

成果品のチェックについては、国土交通省の詳細設計照査要領に準拠して照査を行い、照査報告書の提供も合わせて行います。また、当社で開発している設計成果チェック支援システムでのチェックも独自に行う予定です。


■設計成果チェックシステムの概要
  • 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合機構(NEDO)より公募された、平成21年度第2回「イノベーション推進事業(産業技術実用化開発助成事業)」において、当社が提案・応募した『土木構造物の設計成果チェック支援システムの開発』事業が採択されました。
    設計成果支援システムとは、土木構造物の設計において重大な瑕疵があるか否かのチェックを正確かつ短時間で実現するため、
    • 過去の近似構造物との照合確認機能
    • 必要最小限の条件設定による設計結果の照合機能
    を有する設計成果チェック支援システムです。
    この開発により、『効率的で無駄のない構造物の照査、設計ミスの回避』を実現する予定です。

    PDF
    チェックリスト資料 (橋梁詳細設計照査要領) (PDF, 29P, 151KB)

    ▲システム構成と機能

3D模型サービス標準見積表

標準見積表

● 作成基本単価内訳表
技術者種別 割合 技術者単価
主任技師 20% ¥57,400 ¥11,480
技師A 30% ¥51,200 ¥15,360
技師B 30% ¥40,600 ¥12,180
技師C 10% ¥32,800 ¥3,280
技術員 10% ¥29,000  ¥2,900
(A) 3D・2D図面作成工数単価 ¥45,200

● 3D・2D図面作成工数
3D・2D図面作成 単位 数量 見積工数
躯体・3D配筋モデリング 構造一般図(躯体) 0.0 0.0
配筋図・詳細図 0.0 0.0
加工図のみ・鉄筋表 0.0 0.0
自動干渉チェック 対象となる組合せ 0.0 0.0
個別干渉箇所の画像キャプチャ 鉄筋種類数 0.0 0.0
鉄筋修正 修正対象鉄筋種類数 0.0 0.0
打合せ 0.0 0.0
報告書作成 見積作業日数 0.0 0.0
(B) 3D作成工数   0.0

直接人件費
(C) 直接人件費  合計(C)(A)(B)

一般管理費
(D) 一般管理費 (直接人件費の120%)
    ※最低固定管理費として直接人件費¥50,000未満の場合は一律¥60,000とする。

経費
急行料金(25%割増残業等)
(E) 経費小計

● 消費税
(F) 消費税

見積総合計額
見積総合計額 (C)(D)(E)(F)


 発注時必要資料等
データ作成の受領予定資料(必要に応じて提供を受ける。返却要否、返却予定期日、電子データ可否を明確にする)。
  1. CADデータ
 納期
完全納品・納品内容確認
期日 : 発注時必要資料受領後15日
電子データを納品する。
 納品内容
必要に応じ、納品する内容を決定する。
  1. 納品書
  2. 報告書(PDFデータ)
  3. Allplan3Dモデル
 保守サポート
1年間の問い合わせサポート、不具合修正に無償対応。1年経過以降は、保守サポート契約を締結することが可能です。
(参照:保守サポート契約

見積サンプル:ラーメン橋脚3D配筋図作成業務

● 作業概要
対象となるラーメン橋脚について、躯体及び、鉄筋(29種類)について3Dモデリングを行う。
自動干渉チェックを、梁のみ、柱のみ、基礎のみ、梁×柱、柱×基礎の5組で行う。
Allplanデータによる納品とする。

● 作成基本単価内訳表
技術者種別 割合 技術者単価
主任技師 20% ¥57,400 ¥11,480
技師A 30% ¥51,200 ¥15,360
技師B 30% ¥40,600 ¥12,180
技師C 10% ¥32,800 ¥3,280
技術員 10% ¥29,000  ¥2,900
(A) 3D・2D図面作成工数単価 ¥45,200

● 3D・2D図面作成工数
3D・2D図面作成 単位 数量 見積工数
躯体・3D配筋モデリング 構造一般図(躯体) 1.0 1.0
配筋図・詳細図 2.0 3.2
加工図のみ・鉄筋表 1.0 0.8
自動干渉チェック 対象となる組合せ 5.0 0.5
個別干渉箇所の画像キャプチャ 鉄筋種類数 0.0 0.0
鉄筋修正 修正対象鉄筋種類数 0.0 0.0
打合せ 0.0 0.0
報告書作成 見積作業日数 0.0 0.0
(B) 3D作成工数   5.5

直接人件費
(C) 直接人件費  合計(C)(A)(B) ¥248,600

一般管理費
(D) 一般管理費 (直接人件費の120%)
    ※最低固定管理費として直接人件費¥50,000未満の場合は一律¥60,000とする。
¥298,320

経費
急行料金(25%割増残業等)
(E) 経費小計 ¥0

● 消費税
(F) 消費税

見積総合計額
見積総合計額 (C)(D)(E)(F) ¥601,612(税抜¥546,920)


 発注時必要資料等
データ作成の受領予定資料(必要に応じて提供を受ける。返却要否、返却予定期日、電子データ可否を明確にする)。
  1. CADデータ
 納期
完全納品・納品内容確認
期日 : 発注時必要資料受領後10日
電子データを納品する。
 納品内容
必要に応じ、納品する内容を決定する。
  1. 納品書
  2. 報告書(PDFデータ)
  3. Allplan3Dモデル
 保守サポート
1年間の問い合わせサポート、不具合修正に無償対応。1年経過以降は、保守サポート契約を締結することが可能です。
(参照:保守サポート契約

見積サンプル:配水池3D配筋図作成業務

● 作業概要
対象となる配水池について、躯体及び、鉄筋(種類52種類)について3Dモデリングを行う。
自動干渉チェックを、底版のみ、側壁のみ、柱のみ、頂版のみ、底版×側壁、底版×柱、側壁×頂版、柱×頂版の8組で行う。
個別干渉箇所の画像キャプチャは組み合わせの可能性のある鉄筋毎に行う。
鉄筋の修正は個別干渉箇所キャプチャの上、協議の上、修正方法を決定し、修正する。
本サンプルでは半数を修正と想定。
打合せ1回、報告書作成を見込む。

● 作成基本単価内訳表
技術者種別 割合 技術者単価
主任技師 20% ¥57,400 ¥11,480
技師A 30% ¥51,200 ¥15,360
技師B 30% ¥40,600 ¥12,180
技師C 10% ¥32,800 ¥3,280
技術員 10% ¥29,000  ¥2,900
(A) 3D・2D図面作成工数単価 ¥45,200

● 3D・2D図面作成工数
3D・2D図面作成 単位 数量 見積工数
躯体・3D配筋モデリング 構造一般図(躯体) 1.0 1.0
配筋図・詳細図 3.0 4.8
加工図のみ・鉄筋表 1.0 0.8
自動干渉チェック 対象となる組合せ 8.0 0.8
個別干渉箇所の画像キャプチャ 鉄筋種類数 28.0 2.1
鉄筋修正 修正対象鉄筋種類数 14.0 1.2
打合せ 1.0 0.4
報告書作成 見積作業日数 1.0 1.0
(B) 3D作成工数   12.1

直接人件費
(C) 直接人件費  合計(C)(A)(B) ¥546,920

一般管理費
(D) 一般管理費 (直接人件費の120%)
    ※最低固定管理費として直接人件費¥50,000未満の場合は一律¥60,000とする。
¥656,304

経費
報告書等技術経費
(E) 経費小計 ¥72,160

● 消費税
(F) 消費税

見積総合計額
見積総合計額 (C)(D)(E)(F) ¥1,402,922(税抜¥1,275,384)


 発注時必要資料等
データ作成の受領予定資料(必要に応じて提供を受ける。返却要否、返却予定期日、電子データ可否を明確にする)。
  1. CADデータ
 納期
完全納品・納品内容確認
期日 : 発注時必要資料受領後11日
電子データを納品する。
 納品内容
必要に応じ、納品する内容を決定する。
  1. 納品書
  2. 報告書(PDFデータ)
  3. Allplan3Dモデル
 保守サポート
1年間の問い合わせサポート、不具合修正に無償対応。1年経過以降は、保守サポート契約を締結することが可能です。
(参照:保守サポート契約

製品購入/お問い合わせ窓口


製品購入/お問い合わせ窓口

■ お問い合わせ

全国のFORUM8営業所がサポートしています。 >> 営業窓口

購入またはホームページ全般に関するご質問は、forum8@forum8.co.jpまでお気軽にお問い合わせ下さい。

画面サンプル

▲メイン画面

▲描画設定

▲断面計算の入力画面

▲4万5千節点モデル

▲平板要素のひび割れ図

▲平板要素の自動メッシュ分割

▲平板要素のコンタ図

▲平板要素への面分布荷重載荷

▲平板要素に地盤ばねを自動生成

▲3次元コンタ図と
2次元切断面図

▲ケーブル要素の大変位解析

▲断面と連動したM-φ特性

▲緩衝装置用のばね特性

▲DXF/DWG形式
インポート/エクスポート

▲IFC形式エクスポート

▲RC非線形梁の偏差ひずみ
第2不変量(重み平均後)

▲照査でNG 部材の赤表示

Q&A(製品評価や導入の際に役立つQ&Aです)

何ができるのか?

3次元汎用解析ツールとして、2次元モデルから3次元立体フレームモデルまで作成可能です。
また、板要素を使用したFEMモデルも作成可能で、部材は線形要素から非線形要素まで、荷重も静的荷重から動的荷重まで対応可能となります。

どのような計算に活用できる?

橋梁の静的解析や動的解析、河川構造物の耐震計算や水道施設の耐震診断、建築構造物の計算に活用できます。
また、他社にない機能としまして弊社のUC-1設計シリーズの橋台・橋脚・基礎・震度と連携して、保耐法の計算データから動的解析が可能なデータを自動生成可能です。

報告書として成果に活用可能?

もちろん可能です。ただし対象を桁橋や直線橋などに限定していませんので、出せるものは計算書レベルの出力となります。
Excelへのカット&ペーストが可能ですので報告書のひな形へ貼り付けながら結果をとりまとめることが可能です。

どのような基準に対応している?

橋梁設計で使用される道路橋示方書のH14年版、H24年版、H29年版に対応しています。
また、断面照査ではコンクリート標準示方書の限界状態設計法にも対応しており、構造物の照査まで可能です。

どのグレードを購入すればよい?

線形解析、静的解析メインの方はLite版、フレーム解析で非線形解析、動的解析まで必要な方はadvanced版、非線形のFEM解析が必要な方はultimate版をご購入下さい。

入力について不明な場合は?

製品ヘルプもしくはHPに電子マニュアルに製品詳細と操作法を準備しております。その他、定期的に開催される有償セミナーでは静的解析モデル、動的解析モデル、FEMモデルの3つのモデル化の講習が受講でき講師と質疑応答も可能です。また有償となりますが、計算モデルを作成する解析支援サービスもあり年間100件を超える実績がございます。
解析支援サービス:https://www.forum8.co.jp/product/ucwin/ES/ESkaiseki.htm


 >> サポートページ Engineer's Studio® Q&A集

LOADING