Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A切梁式二重締切工の設計 Q&A ('16.03.31)


NEW!更新内容

Q1−10.河川側のみ二重締切の土留め計画を検討していますが、切梁式二重締めで内と外と両方計算できますでしょうか('16.03.31)

Q1−11.内と外と異なる鋼材で計算させること可能でしょうか?('16.03.31)

Q1−12.土留めにエクスポート機能がありますが、土留め側に読み込ませてFEM解析できるのでしょうか?('16.03.31)

目 次
 1.共通編

Q1−1.締切内水位の表現をどうしているか

Q1−2.三辺が二重締切りで一辺が一重締切りの場合、三辺を「切梁式二重締切工の設計」、一辺を「土留め工の設計」で照査すれば良いか?

Q1−3.考慮できる偏圧は何か

Q1−4.何の基準に準拠したプログラムか?

Q1−5.安定計算の照査内容は?

Q1−6.ある地層条件で計算すると土圧が0になってしまうがなぜか

Q1−7.内側壁を弾塑性法で計算できるか?

Q1−8.通常、二重締切工の設計では常時・地震時の検討を行いますが、地震時の検討は可能でしょうか?

Q1−9.初期入力画面で切ばりの段数を変更するにはどうしたらよいか

Q1−10.河川側のみ二重締切の土留め計画を検討していますが、切梁式二重締めで内と外と両方計算できますでしょうか

Q1−11.内と外と異なる鋼材で計算させること可能でしょうか?

Q1−12.土留めにエクスポート機能がありますが、土留め側に読み込ませてFEM解析できるのでしょうか?
 2.底面安定編編

Q2−1.ヒービングの検討における「検討開始半径」「検討終了半径」とは何か。
「検討開始半径」で安全率を満たしているようだが。


Q2−2.[掘削底面]−[ヒービング]の「土留壁の剛性は十分高いとみなす いいえ/はい」の判断基準は?
 3.切ばり支保工編

Q3−1. 自立式切梁の計算はできるか?

Q3−2.切ばり支保工の各スパンは自動的に決定されるようだが、これを任意に設定することはできるか


上記以外のQ&Aはすべて製品ヘルプのQ&Aに取り込んでおります。最新バージョンの製品を取得の上、Q&Aをご覧下さい。




 
 1.共通編 
Q1−1. 締切内水位の表現をどうしているか
A1−1. 本製品では、堤外側(河川側)の水位として、H.W.L.とL.W.L.を入力し、その2/3を残留水位としています。
R.W.L.=L.W.L.+(2/3)(H.W.L.-L.W.L.)
なお、本水位(R.W.L.)をお客様側で直接入力できるようにもしております(編集可能)。
 
Q1−2. 三辺が二重締切りで一辺が一重締切りの場合、三辺を「切梁式二重締切工の設計」、一辺を「土留め工の設計」で照査すれば良いか?
A1−2. 三辺の堤体と一辺の土留め壁の設計についてはご質問の通りで設計が可能と考えられます。
内部の支保工の照査については、設計に使用する反力の扱い等、注意が必要と思われます。
 
Q1−3. 考慮できる偏圧は何か
A1−3. 本プログラムでは、流水圧と衝突荷重を偏圧として考慮することが可能です。
 
Q1−4. 何の基準に準拠したプログラムか?
A1−4. 設計要領第二集 平成18年5月 NEXCO 11章「7.二重締切りの設計」に準ずるものとしています。
・掘削側の根入れ地盤の安定および内側の鋼矢板・切梁・腹起しの断面は、中詰土砂天端を地盤とする鋼矢板方式土留工に準じて設計する。
・外側の鋼矢板およびタイロッド・腹起しなどは、「7-5.外側鋼矢板およびタイロッドの設計」に規定する方法により設計する。
・流水圧などの締切全体に偏圧として作用する荷重が考えられる場合は、これを考慮した設計を行う。
 
Q1−5. 安定計算の照査内容は?
A1−5. 偏圧が作用する場合には、これに対する安定な幅を決めなければなりません。本プログラムでは、与えられた堤体幅に対して、
(1)河床面に関する偏圧による転倒モーメントに対する安定
(2)河床面に関する偏圧によるすべり出しに対する安定
について、照査します。
 
Q1−6. ある地層条件で計算すると土圧が0になってしまうがなぜか
A1−6. 砂質土にも関わらず粘着力Cに比較的大きな値を入力されているために、土圧が0になっていると考えられます。ランキンレザールの土圧式の性質 上、以下のように土圧が0となる場合があります。
慣用法で用いるランキンレザールの土圧式は、
 Pa=Ka(Σγh+q)−2C√(Ka)
です。粘着力C>0が存在する場合、主働土圧Paが負値となることがあり、この場合は土圧Pa=0として評価しています。
土質種類が粘性土であれば、最小土圧0.3γhの考慮がなされるので何らかの土圧値が得られるのですが、土質種類が砂質土の場合は、この考えが適用されず最小土圧の考慮がなされないので土圧が0になります。
 
Q1−7. 内側壁を弾塑性法で計算できるか?
A1−7. 本プログラムでは、内側壁の設計は慣用法のみとなっております。
「土留め工の設計」の入力データファイルをエクスポートする機能がございますので、別途そちらで検討いただくようお願いいたします。
 
Q1−8. 通常、二重締切工の設計では常時・地震時の検討を行いますが、地震時の検討は可能でしょうか?
A1−8. 本製品は、仮設構造物を前提に開発した製品のため地震時の検討には対応しておりません。
「二重締切工の設計」は、仮設構造物ではありますが比較的長期間にわたり堤防機能の代替となりますので、地震時の検討が必要になるものと考えられます。
 
Q1−9. 初期入力画面で切ばりの段数を変更するにはどうしたらよいか
A1−9. 初期入力画面では、4段のデータが初期値としてセットされておりますが、3段以下で計算を行いたい場合は、不要な箇所(データ行)を削除していただく必要があります。
例えば、4段目を選択していただき「Delete」キーを押すと4段目のデータが削除されます。このように行を削除してお望みの段数に変更し てください。
〔行の削除〕
・数値(文字列)のセルが入力状態でない(カーソルを移動した直後で、まだキャレットが表示されていない、セルが点線で囲まれている状態)と き「Delete」キーを押すと、カーソル行が1行削除されます。
・コンボボックスのセルが選択状態でない(カーソルを移動した直後で、文字列の色が反転表示されていない)とき「Delete」キーを押すと、カーソル行が1行削除されます。

表入力操作の詳細は、本製品ヘルプの[操作方法]−[その他]−[表入力の操作]をご参照ください。
 
Q1−10. 河川側のみ二重締切の土留め計画を検討していますが、切梁式二重締めで内と外と両方計算できますでしょうか
A1−10. 設計対象壁を限定いただくことで運用可能と考えます。
また、内、外の両壁につきまして同時計算可能です。
 
Q1−11. 内と外と異なる鋼材で計算させること可能でしょうか?
A1−11. 可能です。
 
Q1−12. 土留めにエクスポート機能がありますが、土留め側に読み込ませてFEM解析できるのでしょうか?
A1−12. 可能ですが、土留め工の設計にて幾つかの項目について設定いただく必要があります。
その上で、弾塑性法を行う必要があります。

 2.底面安定編 
Q2−1. ヒービングの検討における「検討開始半径」「検討終了半径」とは何か。
「検討開始半径」で安全率を満たしているようだが。
A2−1. 検討開始位置(半径)は、
・土留め壁の剛性が十分高いとみなす場合:最下段切梁位置から決定壁体長先端までの距離
・土留め壁の剛性が高くない場合:最下段切梁位置から最終掘削底面直下までの距離
ということになります。土留め壁の剛性が十分高い場合は、壁体を貫通するようなすべり円は存在しないという考え方です。
検討終了位置(半径)は、検討可能なすべり円の最大半径で、基本的には、最下段切梁位置から入力して頂いた地層の最下層の下層位置直上までの距離 という事になります。
以上、本プログラムでは、検討開始位置から検討終了位置までのすべり円について照査を行い、安全率が最小となる位置について結果を提示します。
検討結果が開始半径で判定されているという事は、たまたま、開始半径の安全率が最小安全率であったという事を意味しています。
 
Q2−2. [掘削底面]−[ヒービング]の「土留壁の剛性は十分高いとみなす いいえ/はい」の判断基準は?
A2−2. 文献(出典)は特にありません。
ヒービング防止策の1つとして、仮設指針P.85では、土留め壁の根入れと剛性を増す方法が提示されています。逆に言うと、剛性が小さい場合は、土留め壁に関係なくその現象が発生するという解釈もできるものと判断した次第です。
なにを持って、剛性を高いと評価するかにつきましては、設計者のご判断にてお願いしたいと考えております。

なおヒービングの照査は、安全率が最も低い(悪い)状態を検討します。本プログラムでは、その検討範囲を以下のように設定できます(設定して います)。
■土留め壁の剛性は十分高いとみなすが「はい」の場合
必要根入れ長検討時:掘削底面から入力地層最下端までで、最も浅い位置で安全率を満足する長さを検索する。
決定根入れ長検討時:決定した根入れ長下端から入力地層最下端までで一番安全率の低い位置を照査する。
■土留め壁の剛性は十分高いとみなすが「いいえ」の場合
必要根入れ長検討時:検討せず。
決定根入れ長検討時:掘削底面から入力地層最下端までで一番安全率の低い位置を照査する。
※剛性が高い場合は、土留め壁の範囲ではヒービングは生じないものとしています。
※上記の「入力地層最下端」は、「□すべり円半径の最大値を掘削幅とする」がOFFの場合で、ONの場合は、最下段切梁位置(円中心)から掘削幅(半径)までの深さになります。

 3.切りばり支保工編 
Q3−1. 自立式切梁の計算はできるか?
A3−1. 「切梁式二重締切工の設計」は切梁無しでの検討はできません。自立タイプの二重締切工の検討を行うのであれば「二重締切工の設計」をご利用ください。
 
Q3−2. 切ばり支保工の各スパンは自動的に決定されるようだが、これを任意に設定することはできるか
A3−2. ご質問のとおり内部で計算スパンをセットしています。セットのルールにつきましては製品ヘルプの[計算理論及び照査の方法]−[切ばり支保工編]−[一連設計の考え方]をご参照ください。
内部計算したスパンにつきましては、計算途中に表示される[切ばり支保工の設計条件]画面で変更が可能となっています。






戻る
UC−1 INDEX


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/18  VRまちづくりシステム体験
10/19  EXODUS・SMARTFIRE体験
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション