Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

便利ソフト情報 自動運転レベル IT TERMS INFORMATION
2017-No.1

 ■ 自動運転とその課題

近年、世界中で注目を集めている「自動運転」の技術は、主に運転者の違反が原因である交通事故の大幅な低減や、渋滞の緩和、国際競争力の強化等における効果を期待されています。「自動運転車(autonomous car)」とは、「人間が運転の操作を行わなくても自律的にで走行することが可能な自動車」を指しますが、その実用化に向けてはさまざまな課題があります。自動運転を実現する技術そのものだけでなく、関連する政策の策定と実施などについて検討が必要になります。こういった課題を国家的さらには世界的な枠組みで解決し、対応を進めていくことを目的として、これまで「自動化」のレベル定義が議論されてきました。

 ■ 自動運転レベルの定義

現在、SAE(国際自動車技術会/Society of Automotive Engineers International) の定義による6段階の自動運転レベルが主流として採用されており、自動化の度合いを段階的に高めていくシナリオとなっています。このレベル分けに応じて、各メーカーによる自動運転車や関連システムの機能向上が徐々に進められ、同時に、実用化を前提とした道路交通法などの法令整備や、ガイドラインの策定・実施、インフラ整備、利用者の認知などを十分に図るためのロードマップが、関係者間で検討されています。

 ■ 「官民ITS構想・ロードマップ2016」による見通し

「日本再興戦略2016」においては、「2025年を目途に完全自動走行システムの市場化を目指し、議実開発等を推進する取組等を加速する」との政府方針が出され、次のような取り組みが進められています。

  • 無人自動走行移動サービスや高速道路での自動走行について、2017年までに必要な実証を可能とする
  • 2020年までに、無人自動走行移動サービスや高速道路での自動走行が可能とする

また、「フォーラムエイトデザインフェスティバル2016」の自動運転コンファランス(2016年11月16日)では、経産省、国交省、警察庁から登壇いただき、「官民ITS構想・ロードマップ2016」に基づいて、各省庁の管轄分野から見た自動運転の対応状況や国内外での見通しについて、解説いただきました。これらの内容から、自動運転レベルのプロセスと技術・政策の関係についてチャートをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■自動運転のレベル分けと関連技術・政策のロードマップ
(参考:「官民ITS構想・ロードマップ2016」、2016年12月フォーラムエイト調べ)
※ 社名・製品名は一般的に各社の登録商標または商標です。


前ページ

インデックス

次ページ
(Up&Coming '17 新年号掲載)

Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
三井共同建設コンサルタント
[ イベント ]
フォーラムエイト設立30周年記念






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.11
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017

キャンペーン実施中
30周年記念スプリング
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、64bitネイティブ対応
トレードアップ
セミナー来場者優待

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
6/2  UC-win/Road Advanced
 ・VR 大阪
6/6  線形最適化OHPASS体験
6/7  弾塑性地盤解析(2D/3D)
6/8
〜9
 UC-win/Road エキスパート・
 トレーニング 名古屋

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション