Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

便利ソフト情報 圧縮・解凍ソフト最新情報 APPLICATION INFORMATION
2013-No.6

 ■ アーカイバーとデータ圧縮

アーカイバーとは、複数のファイルを単一のファイルにまとめる(アーカイブする)ものを指しますが、近年のアーカイバーはファイルのアーカイブ時にデータの圧縮を同時に行うものが殆どのため、アーカイバー=圧縮・解凍ソフトと言って差し支えありません。データを圧縮することで、ファイルサイズを小さくできることに加え、ファイル数を減らすことでファイルサーバとのデータ通信の回数を減らし、通信効率を上げるといったメリットがあります。

■クラウドによるレピュテーション

 ■ ファイル暗号化ツールとしてのアーカイバー

圧縮ファイルには様々なフォーマットがありますが、zip形式を始めとしたその多くが暗号化をサポートしています。著名なアーカイバーの殆どはzip形式および独自形式の圧縮時の暗号化をサポートしており、解凍については他社製品のフォーマットも著名な形式についてはサポートしているものもあります。近年ではこうした暗号化も含めた高機能なアーカイバーが無償で入手できるため、手軽にファイルを暗号化することができ、昨今の情報セキュリティ対策においては、重要なデータをメールなどで受け渡しする際に圧縮ファイルの暗号化が一般的に用いられるようになってきています。

 ■ 自己解凍書庫とは

自己解凍書庫とは、圧縮されたデータに、自身を解凍するためのプログラムを付加した実行可能形式のファイル(.exe)のことで、解凍に別途アーカイバーが必要ないというメリットがあり、著名なアーカイバーの多くは自己解凍書庫形式での圧縮をサポートしています。フォーラムエイトでも、HPやユーザ情報ページに掲載している全ての製品、サポートツールはこの自己解凍書庫の形式で公開・配布しています。

現在ではインターネットの普及に合わせて、多くのユーザが外部のアーカイバーを導入しているため「アーカイバー不要」というメリットは薄れつつありますが、圧縮効率を重視してアーカイバーの独自形式で圧縮したとしても気にすることなく相手先で解凍できるため、圧縮効率と汎用性を両立できるというメリットがあります。

ただし、実行可能形式であることや多くはインターネットなど外部から受領するといった利用上の性質から、自己解凍書庫を装ったウイルスの可能性があるといったセキュリティ上の懸念があり、近年ではあまり使われなくなりつつあります。その反面、実行可能形式であることから電子署名※1を付加することができるため、電子署名と組み合わせることで圧縮ファイルが正規の発行元により発行されたものであることを証明できるというメリットが得られます。

※1 電子署名とはファイルの発行元を証明するもので、ファイルが第三者により改ざんされた場合そのファイルに付与された電子署名は消失します。このため、電子署名の付与されたファイルは第三者による改ざんがされていないことが分かります。

 ■ Windows 標準機能での圧縮、解凍

Windows OSでは、zip形式のみのサポートとなりますが、圧縮・解凍機能が標準で搭載されています。また、エクスプローラから圧縮ファイルの内容を閲覧することができ、そこからファイルを部分的に解凍、開くこともできますが、この場合開いているのは一時ファイルのため、編集や上書きはできない点で注意が必要です。

暗号化については、Windows Vista以降、現在のWindows 8.1も含めて解凍のみのサポートとなります。圧縮時には暗号化できないため、対応フォーマットの少なさも含めて、ビジネスでの利用にはいささか機能不足な感が否めませんが、個人利用の範囲においては必要最低限の機能は備えていると言えます。

 ■ 著名なアーカイバー、圧縮形式

著名なアーカイバーの中には、独自形式による圧縮機能を持つものがあります。中でも「RAR」形式と「7z」形式についてはzip形式よりも高い圧縮率や、4GBを超える大容量のファイルに対応しているなどの特徴を持ちます。

WinRAR Eugene Roshal氏が開発したシェアウェアのアーカイバーで、「RAR」形式の圧縮・解凍に対応しています。
公式サイト:http://www.diana.dti.ne.jp/~winrar/
7-Zip LGPLライセンスで公開されているオープンソースのアーカイバーで、「7z」形式の圧縮・解凍に対応しています。
公式サイト:http://sevenzip.sourceforge.jp/
+Lhaca 著村山富男氏が開発したフリーウェアのアーカイバーで、日本で広く普及している「LZH」形式の圧縮・解凍に対応してます。
公式サイト:http://park8.wakwak.com/~app/Lhaca/
※1 社名・製品名は一般的に各社の登録商標または商標です。

  
前ページ    インデックス
(Up&Coming '14 新年号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4
xpswmm 2017
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/12  UC-win/Road DS体験
12/13  UC-BRIDGE(分割施工
 対応)(部分係数法・
 H29道示対応)新製品体験
12/14  CIM入門
12/15  UC-win/Road・VR(東京)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション