Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Support Topics
サポートトピックス / UC-1シリーズ 保守・サポートサービス関連情報
深礎フレームのなぜ? 解決フォーラム
地形データのチェック方法
 

「深礎フレーム」のデータ設定で間違いやすいデータに地層線データがあります。特に座標入力で設定していく折れ線地層線は、設定中は数字のみの入力になるため、おかしい値であることが分かりにくい問題があります。設定後はメイン画面に深礎杭と入力した地層線のラインが表示されるので、異常入力があった場合は確認できます。

しかし、見た目では異常と分からない場合もあります。そのような場合は計算実行時にエラーメッセージが出ます。図1は深度3.9mのすべり面探索時にすべり角α=106度時にエラーが発生したことを示します。この情報から該当する箇所を探すこともできますが、もっと簡単に見つける方法があります。


■図1 エラーメッセージ
 表示範囲を拡大する

深礎フレームの地層線表示の初期値は10mとなっており、図2のように表示されます。この状態ですと、2本分の杭の地層線が入り乱れていることを除けば、特におかしいとは思えません。しかし、地層線の表示範囲を広げてみますと、言葉通り「隠れていたものが出てくる」ことになります。表示範囲を広げるには、オプションメニューの「プログラム内部設定値」で行います。「折れ線地層時の最大地層描画長さ」を10mから50mに変更します(図3)。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図2 標準の地層線表示
  画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図3 折れ線地層線時の最大描画長さ」の変更

表示範囲を変更した時の表示が図4になります。第2層の地層線が途中で切れていることが分かります(赤丸部分)。

深礎杭の計算では、水平被りの計算やすべり面の計算で、深礎杭前面を起点とした水平線または斜線が地層線と交差する位置を求めています。地層線が途中で切れていますと、正しく交差する位置を求めることが出来なくなるためエラーが発生します。地層線は途中で止めずに表層(第1層)と同じくらい設定してください。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図4 表示範囲を拡大した表示
 地層線表示補助機能を使う

今ご紹介した方法でも分からない場合があります。それは、地層線が重なっている部分で途切れている場合です。そのような場合は、地層線表示補助機能を使います。


■図5 地層線表示補助機能のスイッチ

メイン画面の左下部分にあるスイッチがそれです(図5)。「指定杭」にチェックを入れ確認したい杭番号をクリックします。この操作で、指定した杭のみの地層線が表示されるようになります。さらに確認したい地層番号をクリックしますと、指定した地層だけ色を変えて表示します。

図6のように地層線が重なっている場合でも、地層線が途中で切れていることが確認できます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図6 地層線が重なっている場合

以上のような手法を用いて地層線をチェックしますと、適切な地層線設定がスムーズに行えますので是非ご利用ください。



前ページ
  
インデックス
(Up&Coming '14 秋の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/18  VRまちづくりシステム体験
10/19  EXODUS・SMARTFIRE体験
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション