Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

New Products & Service 橋梁下部工 
震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
道路橋支承便覧改訂による対応について
●新規価格
●リリース
274,000円
2019年2月4日

 はじめに
「道路橋支承便覧」(公益社団法人 日本道路協会)が14年ぶりに改訂されました。ここでは、改訂内容の概要と今後「震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応)Ver.3」で対応する内容を簡単にご紹介します。
 「道路橋支承便覧」の主な改訂内容
支承を取り巻く情勢の変化に適切に対応し、平成29年に改定された道路橋示方書の主旨を反映するため、内容の見直しを行う事としたとして、下記の改訂内容が示されています。
  1. 道路橋示方書に規定された橋の性能を満足するうえで支承部に求められる性能の標準的な検証手法を提示するという便覧の位置づけの明確化とそれに沿った記述の見直し
  2. 便覧に基づく設計の前提を満足するとみなせる材料の記述の見直し
  3. 支承に求められる性能を有することを確認する試験法の記述の見直し
  4. 設計の前提とする施工、維持管理の条件の明確化
  5. 品質管理方法の記述の見直し
  6. 維持管理方法の記述の見直し
  7. 免震支承の設計モデルの高度化
 震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応)Ver.3の対応
震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応)Ver.3では、従来製品でサポートしていた積層ゴムの照査機能を改訂された支承便覧に準拠して対応致します。主な変更としては、平成29年道路橋示方書に規定される部分係数法が導入された事です。従来、許容応力度を用いていた照査が部分係数を考慮した制限値による照査に変更されます。以下に積層ゴム支承の照査内容についてご説明します。

●支承部の耐荷性能に関する部材の設計 ※積層ゴムに関する照査項目のみ抜粋

限界状態1/限界状態2 限界状態3
鉛直圧縮力及び水平力を受ける積層ゴム 【内部鋼板の引張応力度の照査】
σs≦σsd σsd1 ΦYt σyk
【積層ゴムの圧縮応力度の照査】
σc≦σcuk σcuk1 ξ2 ΦMBsl σcuk
【積層ゴムの水平せん断ひずみの照査】
γs≦γsd γsd2 ΦYs γy
鉛直引張力及び水平力を受ける積層ゴム   【積層ゴムの引張応力度の照査】 
 σt≦2.1  σt≦2.1 σt≦σtud
σtud=ξ1 ξ2 ΦMBsl σtuk
 【積層ゴムの水平せん断ひずみの照査】
γs≦γsd γsd1 ΦYs γy
制限値の算定に用いる部分係数は、下記の通りで値については照査項目毎に定められています。
ξ1 : 調査・解析係数
ξ2 : 部材・構造係数
Φ : 抵抗係数 

照査項目 ξ1 Φ
内部鋼板の引張応力度
表-4.5.2
i) ii)及び iii)以外の作用の組合せを考慮する場合 0.90  0.85
ii)[道示 I] 3.3.(2) 10 を考慮する場合 1.00
iii)[道示 I ]3.3.(2) 11 を考慮する場合 1.00
積層ゴムの水平せん断ひずみ
表-4.5.3
i) ii)及び iii)以外の作用の組合せを考慮する場合 0.90 0.50
ii)[道示 I] 3.3.(2) 10 を考慮する場合 1.00
iii)[道示 I ]3.3.(2) 11 を考慮する場合 1.00

照査項目 ξ1 ξ1 Φ
座屈を考慮した圧縮応力度
表-4.5.4
i) ii)及び iii)以外の作用の組合せを考慮する場合 0.90 0.56
ii)[道示 I] 3.3.(2) 10 を考慮する場合 0.70
iii)[道示 I ]3.3.(2) 11 を考慮する場合 1.00

照査項目 ξ1 ξ2 ξ1 Φ
引張応力度
表-4.5.5
i) ii)及び iii)以外の作用の組合せを考慮する場合 0.90 0.60 0.56
ii)[道示 I] 3.3.(2) 10 を考慮する場合 1.00
iii)[道示 I ]3.3.(2) 11 を考慮する場合 1.00
表2 制限値の算定に用いる調査・解析係数、部材・構造係数及び抵抗係数一覧

●支承部の耐久性能に関する部材の設計 ※積層ゴムに関する照査項目のみ抜粋

・積層ゴム支承の疲労に対する設計
式(4.6.1)の作用の組合せ及び荷重係数等により生じる積層ゴム支承の圧縮応力度、水平せん断ひずみ、引張応力度及び局部せん断ひずみが制限値を超えないことを確認します。

1.00(D+L+I+PS+CR+SH+TH+TF) ・・・・・(4.6.1)
 i) 繰り返し圧縮作用に対する設計
   最大圧縮応力度σmax ≦ 制限値σmaxa   圧縮応力振幅幅σ ≦ 制限値刄ミa
 ii) 繰り返し水平変位に対する設計
   水平せん断ひずみ ≦ 70%   水平せん断ひずみ ≦ 150%
  ※変動作用支配状況において、地震の影響を考慮する場合
 iii) 繰り返し引張作用に対する設計
   桁の回転によるゴム支承縁端での変位量δr ≦鉛直圧縮力による変位量δc/fv
 iv) 圧縮作用、水平変位、回転変位に対する設計
   局部せん断ひずみγt ≦ 制限値

・積層ゴム支承の環境作用による劣化に対する設計
 [道示 I]10.1.9(4)から(7)を満足することを確認します。
 最後に
道路橋示方書が平成29年に改定後、関連書籍についても改訂、発刊が行われ、ラインナップも整ってきました。弊社では、これらの内容を適切に反映させるように今後も機能の改善を行って参ります。お客様におきましても、ご意見、ご要望をお寄せいただけましたら幸いです。
(Up&Coming '19 春の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社オリエンタルコンサル
タンツ 関東支社 交通政策部

[ お知らせ ]
第13回フォーラムエイトデザイン
フェスティバル開催のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
3次元鋼管矢板基礎の設計計算
(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
RC断面計算(部分係数法・H29
道示対応) Ver.3
橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
Geo Engineer's Studio Ver.2
Shade3D Ver.20

キャンペーン実施中
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ BOXカルバートリリース
グレードアップ
プログラミング教育ツール
リリース記念 Shade3Dバンドル

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/17  バーチャルリアリティによる
  道路設計(東京)
10/23  橋梁下部工設計(H29道示)
10/24  2D・3D浸透流解析
10/25  UC-win/Road
  Advanced・VR(名古屋)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション