Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

New Products & Service 道路土工 

控え壁式擁壁の設計の安定計算及び、許容応力度法、
限界状態設計法による部材設計を行うプログラム

●新規価格 143,000円 底版拡張オプション:40,000円

●リリース 2019年6月11日

 擁壁の設計・3D配筋セミナー
日時:2019年9月19日(木) 9:30〜16:30
会場 : 東京本社 品川インターシティA棟セミナールーム
※TV会議システムにて 大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌・金沢・
  宮崎・岩手・沖縄 同時開催
参加費:18,000円
Webセミナー対応

Ver.7の改訂内容

Ver.7では、主に次の機能追加や拡張を行いました。

  • 支え壁式擁壁の検討
  • 擁壁背面に構造物隣接時の土圧計算
  • 直接基礎の平板解析(底版拡張オプション)
  • 調表:詳細設計照査要領(平成29年)書式

以下に、これらの機能の概要を紹介します。

支え壁式擁壁の検討

控え壁式擁壁の利点としては、躯体のコンクリート量が通常の片持ちばり式擁壁に比べて少なくなることや、底面反力が比較的小さいため基礎地盤の良くない場合に採用出来るといったことが挙げられます。しかしその反面、背面側に控え壁が突出していることから施工性に難点があり、特に裏込め土の締固めは他の形式に比べて入念にすることが要求されるという欠点もあります。

それならば突出壁が前面側となる支え壁式擁壁であればどうでしょうか。支え壁式であればコンクリート量を通常の片持ちばり式よりも減らせるといった利点はそのままに、背面側に突出している壁も無いため、裏込め土の施工性は片持ちばり式と同様となります。

Ver.7では、この支え壁式擁壁の検討に対応しました。

支え壁の部材照査では竪壁と支え壁、つま先版と支え壁で形成されるT形ばりとして照査を行います。また竪壁及びつま先版の設計は、竪壁・つま先版と支え壁で支えられたスパンを連続ばりとみなして設計し、支え壁より前方部分については通常の擁壁と同様に片持ちばりとして設計します。


画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図1 支え壁式擁壁 図2 つま先版の照査

連続ばりとみなして照査する場合は、その断面力の算出方法を「両端固定ばり」「連続ばり」「n径間連続ばり」から選択することが出来ます。

図3 支え壁で支持されている竪壁、底版の設計方法

擁壁背面に構造物隣接時の土圧計算

クーロン土圧式や試行くさび法による一般的な土圧算定手法は、擁壁の背面土の範囲に制限がないことが前提となっています。つまりは本線擁壁に近接して坂路擁壁を建設するといった場合等のように、擁壁の背面に構造物等がある場合は一般的な手法では土圧を算定できない事となります。

Ver.7では、このような擁壁背面に構造物が隣接している場合でも土圧算定が行えるようになりました。試行くさびすべり面が構造物と交差する場合には、仮想背面とすべり面及び構造物に囲まれた土塊に作用する力の釣り合いから土圧を算定します。

図4 構造物隣接時の土圧算出

直接基礎の平板解析

旧バージョンまでは杭基礎のみに限定されていた平板解析による底版設計を、直接基礎の場合でも検討できるように拡張しました。

平板要素による底版中央部の照査として、弊社製品「Engineer's Studio®」の平板解析を用いて前壁及び控え壁を固定辺としたモデル化を行い材料線形として解析を行います。また、計算実行時のエクスポート機能により「Engineer's Studio®」で読み込むことのできるファイル形式(*.es)に保存することができます。


画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図5 直接基礎平板解析の照査位置入力画面 図6 直接基礎平板解析の断面力図

調表:詳細設計照査要領(平成29年)書式

平成29年3月に「詳細設計照査要領」が改訂され各地方整備局のホームページで公開されています。控え壁式擁壁の設計計算でも「詳細設計照査要領」の書式を参考とした設計調書に対応しておりますが、平成29年版に未対応だったため、Ver.7より平成29年版の書式を参考としたテンプレートを追加しました。

設計調書作成時に追加テンプレートを選択するだけで、新たな書式の調表を作成することが出来ます。また旧書式についても同様に選択可能となっています。

(Up&Coming '19 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
ARTC(車両研究測試中心)
(台湾)

[ お知らせ ]
ユーザ要望アンケートご協力の
お願い







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
基礎の設計・3D配筋(部分
係数法・H29道示対応) Ver.3
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.7
揚排水機場の設計計算 Ver.4
3DモデルIFC変換ツール
建築杭基礎の設計計算 Ver.5

キャンペーン実施中
IM&VR BIM/CIM関連製品導入
新規ユーザ様ご紹介
会計ソフトお試し0円

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
7/18  UC-win/Road・VR(仙台)
7/19  地すべり対策ソリューション
7/23  UC-win/Road
  Advanced・VR(東京)
7/24  線形最適化OHPASS

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション