Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Support Topics
 サポートトピックス・Shade3D

ShadeExplorerを活用したファイル管理

保守・サポートサービス関連情報

はじめに

Shade3Dには、ShadeExplorerと言われるシーンファイル、表面材質、背景、画像、サウンドなどのデータをカタログ形式で管理することができる大変便利な機能が搭載されています。

ShadeExplorerでは、Shade3Dのソフトウェアに同梱されているコンテンツデータ(Shade3D コンテンツインストーラ、Shade3D HDRI 背景インストーラなど)をインストールすることで、高品質なシーンファイルの確認や、プリセットとして登録された透明、金属など、数々の表面材質設定のファイルをご利用いただくことができます。

これらのコンテンツデータ以外に、ご自身で制作されたデータをShadeExplorerへ追加して管理することができます。

過去に制作したシーンデータが、どこに、どんなデータとして保存されているか視覚的に確認することができるほか、データを再利用して作業中の別のシーンファイルに挿入するなど制作工程を簡略化することができます。

今回は、ShadeExplorerでのカタログの制作方法とファイル管理について説明いたします。

カタログの作成方法

コンピュータのハードディスクやデスクトップに「新規フォルダ」を作成し、データを「カタログ」として管理したいファイル(シーンファイル、表面材質など)を一つにまとめます。

Shade3Dの「表示メニュー」 > 「ShadeExplorer」を表示して「カタログ作成」ボタンをクリックします。


「カタログ作成」ダイアログボックスが表示されますので、パスの「参照」ボタンをクリックし、シーンファイルを格納しているフォルダを指定してください。カタログ名を指定するウィンドウが表示されますので入力します。

※「サブフォルダを含む」チェックボックスをONにすると、フォルダ内のサブフォルダも登録内容に含まれます。

入力手続きが完了するとウィンドウ右側の「ユーザーカタログ」に、カタログ名が表示され、左側にフォルダ内で保存したシーンデータの「ファイル名」と「サムネイル」が表示されます。

カタログの更新

「ユーザーカタログ」に表示されたカタログ名のアイコンは、左から順にフォルダ表示/更新/編集/削除となります。


オリジナルのファイルが格納されているフォルダを表示したい場合は「フォルダ表示」ボタンをクリックします。

フォルダ内のシーンファイルやフォルダ構造が変わった場合、シーンファイルが追加された場合などは、「更新」ボタンをクリックします。

カタログ名の変更、参照フォルダを変更する場合は「編集」ボタンをクリックし、カタログを削除する場合は「削除」ボタンをクリックします。

カタログの活用

作成したカタログには、シーンファイル以外に、画像ファイル/サウンドファイル/表面材質設定ファイルを表示することができます。

Windows版はマウスでサムネイルを右クリック、macOS版はキーボードのControlキーを押しながらサムネイルをクリックすることで、

表示されるメニューより、新規シーンファイルとして「開く」か、編集中の既存のシーンファイルへ「挿入」することができます。


3DCGのデータを作成する場合、どんな形状が制作されるのか、または、表面材質や光の設定によって表現が異なるために、実際に形状を配置しないと分からないケースが沢山あります。

要件に応じてカタログを作成することで、データ管理や表現の検証を簡単に行うことができます。是非ご活用ください。



前ページ
  
インデックス
(Up&Coming '19 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
ARTC(車両研究測試中心)
(台湾)

[ お知らせ ]
ユーザ要望アンケートご協力の
お願い







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
基礎の設計・3D配筋(部分
係数法・H29道示対応) Ver.3
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.7
揚排水機場の設計計算 Ver.4
3DモデルIFC変換ツール
建築杭基礎の設計計算 Ver.5

キャンペーン実施中
IM&VR BIM/CIM関連製品導入
新規ユーザ様ご紹介
会計ソフトお試し0円

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
7/18  UC-win/Road・VR(仙台)
7/19  地すべり対策ソリューション
7/23  UC-win/Road
  Advanced・VR(東京)
7/24  線形最適化OHPASS

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション