Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Support Topics
サポートトピックス / UC-win/Road 保守・サポートサービス関連情報
UC-win/RoadにおけるGPSカメラの活用

 モデル作成時のデータ整理
UC-win/Roadでは、道路に加えて沿道の建物や標識など、街や情景を構成する構造物モデルも正確に再現することでリアリティが向上します。そのためには、モデル作成に必要なテクスチャの元素材となる資料写真を用意する必要があります。例えばビルのモデルを1つ作る場合、壁面2面分以上を撮影した数枚の資料写真があればテクスチャ作成が可能ですが、街全体となると膨大な枚数の資料写真を撮影しなくてはなりません。

このような大量の資料写真データを扱う際はGPS付きのカメラを使用することで、写真の整理や制作に必要な写真の特定・選択が容易になり、取材者および制作者の両方にかかる煩雑な作業を効率化することができます。

最近ではGPS搭載のデジタルカメラが普及してきており、コンパクトなものから本格的な一眼レフまでさまざまな機種が登場しています。GPSカメラは衛星から位置情報を取得し、写真データにExif情報として記録します。この位置情報には緯度と経度が表記され、専用の地図ソフトで読み込むと地図上で撮影場所が確認できます。こういった機能を使うことで、バラバラに撮影された取材写真でも地図上で即座にどの建物や構造物を撮影したものか確認できるようになるわけです。

また、地磁気センサーと加速度センサーを内蔵して、カメラを向けている方角が記録できる機種もあり、これらの機能も合わせればより効率が上がります。

■図1 GPS搭載カメラなら地図上や写真データから撮影位置を容易に特定できる

 UC-win/RoadでのGPSデータの活用
UC-win/Roadで現在開発中の機能として、GPSデータを含む写真を読み込み、自動的にVR空間上に配置する機能を開発しています。現在、2Dの地図上に配置する機能を搭載したアプリケーションはありますが、これを3D空間上に配置することで撮影位置と同時に写真撮影時の方角に合わせた向きでの写真配置などが可能となり、UC-win/Road上に配置した建物モデルと実際の取材写真の比較や、風景や景観の比較検討などもより容易になります。また、VR-Cloud®で使用すれば、写真を利用したより詳細な情報共有が可能になり、街づくりにおけるディスカッションなどでも絶大な効果を発揮します。

■図2 VR空間上にGPSデータ付き写真を表示させた場合のイメージ例。
位置や向きなどに合わせて配置させることも可能

 モデリング支援ツールでの活用
こちらも現在開発中の機能となりますが、専用の3D作成ソフトウェアで行われているモデリング作業をUC-win/Roadで行うため、GPSおよび方角のデータを活用したモデリング方法の研究を行っています。これは、2枚以上の写真データを基に、構造物の任意の頂点を指定することで、写真データの指定した頂点がそれぞれ同一のものであることを認識させ、撮影時の位置・撮影方角および仰俯角を設定することにより、各カメラの撮影位置から指定した頂点までの線の交わる場所を判定し、自動的に写真の角度およびサイズを調整して、モデリングの際の参考にする支援機能です。また、組み合わされた資料写真をそのままテクスチャに加工することも可能になります。ただ、カメラが受信するGPS情報は現状では十分な精度を得られないため、現状では手入力による補正が必要になります。

■図3 2枚の写真で同一の頂点となる箇所を指定。この場合はビル上の赤い点
■図4 頂点を指定して読込後、座標と角度を考慮して撮影位置から指定頂点位置を
結んだ線同士が重なる場所で画像を組合わせると、立体が形成される

     
前ページ    インデックス    次ページ
(Up&Coming '12 夏の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4
xpswmm 2017
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/12  UC-win/Road DS体験
12/13  UC-BRIDGE(分割施工
 対応)(部分係数法・
 H29道示対応)新製品体験
12/14  CIM入門
12/15  UC-win/Road・VR(東京)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション