Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Japanese

Users Report   ユーザ紹介/第93回
 アバディーン(英国)   ヨーロッパユーザ特集 2

ロバートゴードン大学

UC-win/Roadによる視覚化を利用して
巨大道路施設プロジェクトでの交通循環をシミュレート


 User Information
 ロバートゴードン大学
   URL●http://www.rgu.ac.uk/   所在地●アバディーン(英国・スコットランド)   研究内容●都市・建築環境


 設立約20年の新しい大学 発展的な試みで高い評価

 1992年、英国スコットランドの北部アバディーン市にて設立されたロバートゴードン大学は、新しい試みに対して積極的な新進気鋭の大学です。設立当初より発展と拡大を遂げており、特に学位課程ではビジネス分野へ積極的に関与。地域あるいは国家レベルでの変化と発展に対応することを目的として、継続的な取り組みを続けてきました。

 ロバートゴードン大学には300以上のコースが用意されており、フルタイム・パートタイムを合わせると、120カ国から集まった15,000名を超える学生達がが学んでいます。

 ここ10年間は、大学院レベルでの就職率が最も高い大学の1つというステータスを保持しており、3年連続の「Best modern university in UK」として「The Times Good University Guide 2011」でも取り上げられています。

 同大学の教員であるAmar Bennadji博士は、建築および建築環境学部で教鞭をとっています。大学の理学修士通信教育コースの責任者も務めており、建築分野マネージャ、ヨーロッパ・海外のコーディネータ、理学修士の持続可能な開発指導教員を兼任。さらに、IDEASリサーチ・インスティテュート(Innovation,Design And Sustainability)のメンバーでもあります。

 同博士は1968年にアルジェリアで生まれ、1987年に工業数学分野の学士号を取得。さらに、マルセイユ(フランス)、ビスクラ(アルジェリア)など、北アフリカおよびヨーロッパで修士号を修め、1992年に「Architected d’Etat」(建築士)の資格を取得しました。そして、ラフバラ大学の研究員を務めていた2002年に、現在のロバートゴードン大学に転任しました。

 Bennadji博士が初めてUC-win/Roadと出会ったのは、エクサンプロバンス大学とマルセイユ建築学校の共同プロジェクトに所属していた時代です。このときの研究テーマは、人文地理学と生物気候型建築との融合であり、博士号を取得しています(1999年)。

▲ロバートゴードン大学教員Amar Bennadji博士 ▲World16サマーワークショップでのプレゼンテーション


 交通渋滞の予測シミュレーションでUC-win/Roadを活用

 Bennadji博士の研究分野は多岐にわたっていますが、そのすべてにおいて、都市建築環境の拡大にともなう問題点を解決するという点にフォーカスしています。「都市が巨大になると、都市生活者の仕事や余暇における交通移動が激しくなります。この傾向は環境に多大な影響をおよぼします。つまり、交通量が増えると排出ガスが増加し、温暖化が進むといった結果を生むのです」とBennadji博士は述べます。

 研究プロジェクトの1つとして、既存のテクノロジーをUC-win/Roadと組み合わせて都市生活者が最適に移動できるようにし、時間を節約し交通渋滞を軽減させるというものがあります。

「このプロジェクトの最終目的は人々が都市内の交通をスムーズの行き来できることだけにはとどまらず、よりよい交通環境を整えることにあります。つまり、歩行者も含めた全市民が快適に過ごせ、不要な汚染による影響から建物や公共空間を守ることです」(同氏)。

 この研究プロジェクトは、都市のキーとなる交差点における交通データシナリオに関するもので、処理された交通データは目的地までの最適ルートをリクエストしたユーザーに送信されます。

 「今後の計画としては、こういったデータをフォーラムエイトのUC-win/Roadで視覚化することです。大きな道路施設建設プロジェクトでもシミュレーションにより、交通渋滞を予測することが可能です。デモ時にモデルをビジュアル化するとき、車両数を削減しビジュアリゼーションでは滑らかな交通循環となるようにしていましたが、よりリアルなシミュレーションが可能となるでしょう」。

▲ロバートゴードン大学のキャンパス移設に伴う交通や汚染問題、
バイパス検討などを研究する同氏のプロジェクトで使用されたVRモデル 

     
前ページ    インデックス    次ページ


FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社デンソー
エレクトロニックコントロール
コンポーネント部

[ お知らせ ]
平成29年道路橋示方書対応製品
価格発表のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.6
弾塑性地盤解析(GeoFEAS)2D Ver.4
Geo Engineer's Studio(Lite)
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.16
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.11

キャンペーン実施中
平成29年新道示対応準備
CIM・i-Con技術セミナースタート
レンタルライセンス買い取り
有償セミナー受講料割引

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
9/22  UC-1 港湾シリーズ体験
9/26  斜面の安定計算
10/3  土留め工の性能設計計算
 体験
10/4  レジリエンスデザイン・BIM系
 解析支援体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション