Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

   ホーム > セミナーフェア > コンテスト/協議会 > Cloud Programming World Cupp 第1回 学生学生クラウドプログラミングワールドカップ 詳細
   > 受賞作品・審査結果
 Cloud Programming World Cup 第1回 学生クラウドプログラミングワールドカップ
 受賞作品・審査結果
 ('13.11.25)


  

The 1st Cloud Programming World Cup
第1回 学生クラウドプログラミングワールドカップ
〜開発キット(SDK)によるクラウドアプリのプログラミング技術を競う!〜



 各賞・審査
Cloud Programming World Cup 第1回 学生クラウドプログラミングワールドカップ(主催:CPWC実行委員会)のエントリー総数は8チーム(日本5、海外3)となり、最終応募の6チーム(日本4、海外2)すべてがノミネート。2013年11月21日、目黒雅叙園に於いて、最終公開審査を経てワールドカップ賞及び3つの審査員特別賞が決定いたしました。

ワールドカップ賞(最優秀賞) 賞金30万円!

 ワールドカップ賞(最優秀賞):2作品
賞金30万円、ワールドカップ、賞状

 審査員特別賞各賞:5作品
賞金5万円、審査員特別賞カップ、賞状

 ノミネート作品7作品
賞状、作品パネル、FORUM8オリジナル景品
 
 作品応募賞(Participation Prize)
規定のとおり応募されたすべての作品に対し、作品応募賞賞状が贈られます。
(応募内容に不足や規準に適合しないものがある場合は、対象外となります)

受賞作品閲覧

VR-Cloud® 閲覧手順
閲覧には、クライアントのインストールが必要になります。VR-Cloud®クライアントページより、インストールをお願いします。


 受賞結果 ('13.11.21)    最終公開審査 表彰式 
 

  ワールドカップ賞
 作品タイトル: Image View Event Plugin/ Image View Slave Plugin,
        Contec Scenario Event Plugin

 チーム名  : 京都大学 KU-ITS

UC-win/RoadとNIRSを連携し、クラスタークライアントでイメージとテキストが表示できるプラグインを開発しました。

Plugin that UC-win/Road able to cooperate withNIRS and display image and text on cluster client.

PDF PDFポスター(532KB)
PDF PPT(831KB)
 サンプル画像
 

審査員特別賞  脳活賞
羽倉 弘之 氏
(三次元映像学会 代表幹事
デジタルハリウッド大学大学院 特任教授)
 作品タイトル: Mouse Driving Plugin
 チーム名  :  九州大学 SDL

トラックボールを使用した、自動車の新しいステアリングシステムを提案します。ステアリングシステムを評価するために、ドライビングシミュレータを使用した実験を行う必要がありますが、マウスを使用してこれを仮想空間で行うプラグインを開発しました。

We propose a new steering system for an automobile using a track ball. To evaluate the steering system, we need to conduct the experiment using a driving simulator. We can do the experiment by using this plugin which enable to drive a virtual vehicle using coordinates of a mouse.

PDF PDFポスター(373KB)
PDF PPT(437KB)
 サンプル画像
 

審査員特別賞  エマージング・タレント賞
楢原 太郎 氏
(ニュージャージー工科大学 建築デザイン学部准教授)
 作品タイトル: Show the track of a vehicle
 チーム名  : 上海交通大学 Kungfu baozi

ドライビングモードの際に、「show track」ボタンをクリックすると、マップで運転する道筋が表示されます。範囲の外にで出ると道筋は表示されません。

When you are in the driving mode. And you click the show track button. The map will show the track you drive. But if it's out of range, you can not see your vehicle's track.

PDF PDFポスター(436KB)
PDF PPT(8,983KB)
 サンプル画像
 

審査員特別賞 3Dシミュレーション賞
Pencreach Yoann 氏
(フォーラムエイト VR開発マネージャ)
 作品タイトル: Evacuation Data Import and Display
 チーム名  : 上海大学 Cloud1205

UC-win/Road 8.1.2 の避難解析プラグイン、及びUC-win/Road SDK 8.1.2を使用しています。デモはUC-win/Roadでのシミュレーションを行っています。シミュレーション・シナリオの中で使用される部屋は、長さ30m、幅20mの部屋のテーブルを、現実における障害物としています。群集避難のアルゴリズムは格子気体モデルを使用しており、シミュレーションのモデルに基づいたMatlabを使用してエクスポートされたtxtファイルグループへとプログラム化しています。さらにインターフェースを編集してUC-win/Roadの関連データのインポートも行えます。

This work is a plugin based on the UC-win/Road 8.1.2 and secondary development of UC-win/Road SDK 8.1.2, which achieves the pedestrian evacuation and Data Interface of the UC-win/Road,the demo is simulated in the UC-win/Road. The room used in the simulation scenarios is drawn by 3Dmax, whose length is 30 meter, width is 20 meters wide, and the tables in the room also can be seen as other real-life obstacles in the real-life. The algorithm of the crowd evacuation uses the lattice gas model, then we program to exported txt-file group using the Matlab based on the model of the simulation and edit interfaces to import the related data in the UC-win/Road.

PDF PDFポスター(416KB)
PDF PPT(1,664KB)
 サンプル画像
 

ノミネート賞
 作品タイトル: My Traffic Simulation Plugin
 チーム名  : 上海海事大学 Sonicboom

UC-win/Roadで交通シミュレーションを行うと、交通量は静的なボリュームとなりますが、実際は時間によって変化します。これは「偏向」をもたらす可能性があります。手動で数を変更する労力を省く目的で、プラグインを作成しました。

When using UC-win/Road to simulation traffic, traffic volume is a static number in the software, but varies time by time in real life. This could cause deviation. Change the numbers all by hand is a lot of work, which makes us want to design a plugin.

PDF PDFポスター(627KB)
PDF PPT(196KB)
 サンプル画像
 

ノミネート賞
 作品タイトル: run constant height from the ground
 チーム名  : 大阪大学 city environmental design

歩道では、地面からの一定の高さで移動します。歩行者と自転車は飛行ルートにそって進みます。

In the sidewalk,I run constant height from the ground. A walker and a bicycle use a flight route.

PDF PDFポスター(510KB)
PDF PPT(5,419KB)
 サンプル画像
 

審査委員長講評
■CPWC審査委員長 福田知弘氏による講評
第1回 学生クラウドプログラミングカップは、エンジニアリング、ビジネス、ゲーム等の分野を対象に、VRソフトウェアの新たな可能性を追求するために実施した。開発キット(SDK)を用いた道具の開発を通じて、コンテンツの新たな可能性をも議論できればと期待している。6月よりエントリーをはじめ10月10日までに、計6作品が提出された。国別にみると、3作品が中国から、残りの3作品が日本からであった。全てが、UC-win/RoadのSDKで開発を行った、エンジニアリング系のソフトウェアであった。提出された、システムの概要や工夫点を説明するパワーポイント、システムの動作を説明するムービー、ソースコードを審査資料として、10月末に1次審査を実施し、各審査員の持ち点を10点として、各作品への投票を実施した。結果、6作品すべてが1次審査を通過し、11月21日の最終審査に進むこととなった。そして、11月21日には各チームが東京・目黒に集い、最終プレゼンテーション。最終審査の結果、グランプリとなったKU-ITS(京都大学)の作品は、NIRS(近赤外分光脳血流動態計測装置)装置とUC-Win/Roadとの連携を行うプラグイン等であり、完成度の高い、実用的なソフトウェアであった。審査の結果、満場一致でのグランプリ決定となった。
今回は第1回目であり、応募者としては、前例が無い中での参加となるため、応募自体を躊躇されたり、応募を決められたとしても「どんなテーマにすべきか」「どこまで開発すべきか」など迷われた面が多々あったように思えた。実行委員会側として、正直、応募方法やスケジュールなど試行錯誤の中で準備を進めてきたことは否めない。その意味で、挑戦心をもって応募された学生諸君に御礼を申し上げたい。このワールドカップへの参加を通じて、企画力、システム開発力、デザイン力、プレゼンテーション力等の向上に少しでも寄与できれば幸いである。一方、VR-Cloudに関するシステム提案が無い点が少々残念であった。来年度に期待したい。

■General comments by Associate Prof. Tomohiro Fukuda, Chief of executive committee of CPWC
The 1st Cloud Programming World Cup was held in quest of new possibilities that a VR software can offer in the field of engineering, business, gaming, etc. Through the development of a new tool using UC-win/Road Software Development Kit (hereafter, SDK) and VR-Cloud(R) SDK, we could even have a debate on some of the new possibilities the newly developed contents have to offer, and that’s the kind of expectation that we have. The application to the competition started from June and 6 works were submitted by the deadline, which was October 10th. Of the 6 works, 3 works were from China and the other 3 works from Japan. All 6 works were engineering software developed using UC-win/Road SDK. The preliminary evaluation meeting took place at the end of October when the judges allocated however number of points they wished from the 10 points that were given to each of them. The judges used a Power Point Slide that explains the system’s overview and feature that was invented, a movie that shows the system in action, and the source code, all of which came with the submission, as materials they can rely on to evaluate each work. All 6 works were chosen to be considered for final evaluation on November 21st, and on this day each of the 6 teams presented on their work in front of the stage at the venue in Meguro, Tokyo. The Grand Prix went to team KU-ITS (Kyoto University) who developed a plug-in that provide seamless linkage of NIRS (Near Infrared Spectroscopy) system with UC-win/Road, very practical software considered as having integrity. All the judges gave their thumbs up for this development.
As this was our first year to hold such competition, it seemed that the students were quite hesitant to enter the competition itself and even when they did decide to take part it took them a long time to come up with a theme and to define the extent of their development. To be honest, the members of the Cloud Programming World Cup Executive Committee themselves used the trial-and-error approach to fix the application procedure and schedule for the competition. In that regard, we would like to thank all students who were brave enough to enter the competition to put their programming skills to the test. We hope that the contestants and creative works that we saw in the competition would help us improve our capability to plan, develop, design, and present a number of new systems in the near future. On the other hand, the fact that none of the submissions proposed a system that relates to VR-Cloud(R) left something to be desired. We expect to see this kind of system in next year’s competition.

 

Page Top Page Top

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
xpswmm 2017
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム落橋防止
任意形格子桁箱式橋台

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
11/21  二柱式橋脚/ラーメン
 橋脚の設計・3D配筋
11/22  擁壁の設計・3D配筋
11/27  UAVプラグイン・
 VR体験(宮崎)
12/1  Geo Engineer's Studio
 新製品体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション