Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
17.00.00 '18.04.02 ■要望対応
  • 入力:水中土の単位重量の直接入力に対応しました。「考え方」→「基本」画面に「土の水中単位重量の入力方法:飽和重量γsat/水中重量γ’」スイッチを用意しており、スイッチ選択に応じて「材料」画面や「形状」→「地盤」画面等での入力方法が変わります。
  • 入力,出力:任意死荷重/任意地震荷重の入力画面及び、詳細計算書「1.2 荷重」→「1.# 任意死荷重/任意地震荷重」での荷重図描画において、これまで部材軸直方向作用荷重のみ描画していましたが、部材軸方向作用荷重の描画に対応しました。
  • 計算:検討対象が地震時検討でレベル2地震時照査を非線形解析で行う場合に、ファイバー要素でモデル化した部材非線形解析に対応しました。「初期入力」画面に「要素モデル:M−φ要素/ファイバー要素」のスイッチを用意しています。本機能はAdvancedライセンスが必要です。
  • 計算:2連ボックス、3連ボックスの場合の中壁、隔壁の曲げ照査において、支間部の照査に対応しました。「考え方」→「応力度照査」画面に「隔壁支間部曲げ照査を行う」スイッチを用意しています。
  • 計算:これまで門形カルバートのみ杭頭変位量照査に対応していましたが、門形カルバート以外についても杭頭変位量照査に対応しました。なお、杭基礎の計算方法が支点バネの場合を対象とします。「基礎」→「基本」画面に「杭頭変位量照査:しない/する」スイッチを用意しています。
  • 表示,出力:検討対象が限界状態設計(単BOXのみ)での結果確認表示や詳細計算書出力において、終局限界状態の安全係数組合せが2ケースの場合に検討ケースの概念が分かりやすく確認できるよう改善しました。
  • 出力:詳細計算書の出力において、設計断面力の一覧表出力に対応しました。「計算書作成」→「結果詳細」→「出力項目選択」画面に「断面方向 設計断面力:出力しない/出力する」のスイッチを用意しています。
  • 出力:詳細計算書「1.# スターラップ」のスターラップ断面積算出の説明文を改善しました。

■不具合修正
  • 計算:レベル2地震時を部材非線形解析で行う場合に、乾燥収縮が正常に載荷されない不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.17.0.0」→「Ver.17.0.0」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・サイロ土圧)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・3連BOX)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「形状」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「基礎」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「限界状態設計」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「限界状態設計」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算書作成」→「出力項目選択」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「杭頭変位量」 ※追加
17.00.01 '18.06.13 ■要望対応
  • レベル2地震時の検討を非線形解析で行っているサンプルデータ(Sample_Op1.F8B, Sample_Op2.F8B)を地盤の引張バネを考慮するように変更しました。

■不具合修正
(計算部)
  • L2地震時の部材非線形解析において、外側は1種類で内側が2種類の配筋状態の場合に正常に計算が行えない場合があり、これを修正しました。
  • 門形底版一体モデルで杭基礎のとき、温度荷重を考慮すると杭体照査や杭頭補強鉄筋の結果が不正となる場合があり、これを修正しました。
  • 底版張出長が短く、張出部のせん断照査位置(側壁外面から底版厚/2の位置)が張出先端より外側となる場合、計算時にエラーとなる不具合があり、これを修正しました。
  • 最大最小土被り一括計算において、最小土被り時の任意活荷重が側圧の場合に荷重強度が不正となる場合があり、これを修正しました。

(出力部)
  • 底版張出がある場合、詳細計算書の左右側壁曲げ応力度照査表において、側壁下側の使用鉄筋が正しく出力されない不具合があり、これを修正しました。なお、出力のみの問題で、計算結果に影響はありません。
  • 地震時検討時、設計水平震度を小数2桁に丸めて算出すると、詳細計算書の地震時検討条件の出力で設計水平震度の算出過程が出力されない不具合があり、これを修正しました。

(図面作成部)
  • 図面作成において、数量計算書の平面図に不要な線が作図される場合があった点を修正しました。
  • 図面作成において、一般図(側面図)の土留め壁高が入力値と異なる場合があった点を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.17.0.0〜」→「Ver.17.0.1」
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・BOXカルバートの設計 Ver.17
    ・BOXカルバートの設計 Ver.16
    ・BOXカルバートの設計 Ver.15
    ・BOXカルバートの設計 Ver.14
    ・BOXカルバートの設計 Ver.13
    ・BOXカルバートの設計 Ver.12
    ・BOXカルバートの設計 Ver.11
    ・BOXカルバートの設計 Ver.10
    ・BOXカルバートの設計 Ver.9
    ・BOXカルバートの設計 Ver.8
    ・BOXカルバートの設計 Ver.7
    ・BOXカルバートの設計 Ver.6
    ・BOXカルバートの設計 Ver.5
    ・BOXカルバートの設計 Ver.4
    ・BOXカルバートの設計 Ver.3
    ・BOXカルバートの設計 Ver.2
    ・BOXカルバートの設計 Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
いすゞ自動車株式会社
[ お知らせ ]
IT導入補助金対象製品・
サービスのご案内







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
PC単純桁の設計・CAD
(部分係数法・H29道示対応)
床版打設時の計算
(部分係数法・H29道示対応)
RC断面計算(部分係数法・
H29道示対応) Ver.2
BOXカルバートの設計・3D配筋(下水道耐震)Ver.12
開水路の設計・3D配筋 Ver.4

キャンペーン実施中
IT導入補助金
CIM・i-Con技術セミナー連動
新道示トレードアップ
グレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
7/19  CIM・i-Con宮城
7/20  VRまちづくりシステム
7/23  UAVプラグイン・VR 宮崎

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション