Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A集 Q&A集
Ver. 日付 内  容
3.05.01

(Ver.4)
4.00.00
'05.03.03 ■追加機能および修正(変更)内容
・鉄筋の2段配筋、内空部活荷重、中壁への衝突荷重、多層盛土の機能を追加しました。なお、鉄筋の2段配筋、中壁への衝突荷重、多層盛土を考慮するにはVer.4のライセンスが必要となります。
・許容支持力(直接基礎、杭基礎)の計算機能を追加しました。なお、許容支持力の計算を行うにはVer.4のライセンスが必要となります。
・計算確認:単BOX、2連BOX時の「計算確認」−「総括表」では、頂底版の左右隅角部のように照査断面が複数ある箇所では、(応力度/許容応力度)が最大となる断面の結果を抽出していましたが、[全出力]/[抽出]の切替ボタンを設け全照査断面の結果を表示できるようにしました。
・調表出力:3連BOXの調表出力を追加しました。また、2連BOXのとき、詳細設計調書(左右非対称形)に中壁の結果を出力するようにしました。
・Ver.3.04.00〜Ver.3.05.01において、「ウイングのみの計算=する」と設定している場合に計算確認後「計算書作成」ボタンがグレー表示のままで計算書作成が行えない不具合があり、これを修正しました。
・計算:ウイングの補強鉄筋計算において、「考え方」−「その他」で「引張応力度算出位置=最遠鉄筋位置」が選択されていても必要鉄筋量を重心位置で算出している不具合があり、これを修正しました。
・出力:単BOXで全照査位置(左/上隅角部、支間部、右/下隅角部)において外側引張と内側引張が生じた場合、最小鉄筋量の表が枠線からはみ出す不具合がありこれを修正しました。
・出力:3連BOX主鉄筋定着位置計算の計算書において、隅角部外側に対する出力表の左右側壁下端のLr,Le値が正しく算出されていない不具合があり、これを修正しました。
・図面作成:「段落ち防止用枕」の作図に対応しました。なお、「段落ち防止用枕」の作図を行うにはVer.4のライセンスが必要となります。
・図面作成:2段配筋の作図に対応しました。なお、2段配筋の作図を行うにはVer.4のライセンスが必要となります。
・図面作成:本体において、すべり止め下面形状を拡張しました。(「水平」に加え「底版平行」をサポートしました。)
・図面作成:本体において、開口部の設置位置を拡張しました。(中壁およびハンチ部への作図を可能としました。)
・図面作成:本体において、開口部に存在するハンチ筋の作図省略に対応しました。
・図面作成:本体において、主鉄筋が左端部のみで配筋される場合、側面図においては全ての主鉄筋を作図するようにしました。(「図面生成条件」-「鈍角部主鉄筋」の設定は無視します)。
・図面作成:本体において、適用基準が「道路公団」の場合の平面図および側面図の作図に対応しました。
・図面作成:本体において、適用基準が「道路公団」の場合の断面図に作図するスターラップの線種を格子配置の場合は実線のみで作図するようにしました。
・図面作成:本体において、適用基準が「道路公団」の場合の配力筋先端かぶりの初期値を外形直方向で125mmとしました。
・図面作成:本体において、組立図(スターラップ詳細図)の作図方法を変更しました。(寸法線は寸法線要素、引出線は引出線要素で作図するようにしました。
・図面作成:翼壁水平主鉄筋の配筋範囲を拡張しました。
・図面作成:翼壁形状が平面折れの場合でも左右翼壁の先端までを1本ものの鉄筋で配筋できるように対応しました。(翼壁天端が水平の場合のみ可能としました。)。
・図面作成:翼壁における土留壁部分の前背面かぶりの指定に対応しました。
・図面作成:翼壁形状が天端折れ連結の場合、鉄筋加工表での作図は不可としていましたが、一部については作図可としました。(「折れ数が2点・記号1つの設定」でない場合のみ作図可)。
・図面作成:踏掛版及び踏掛版受台の形状入力画面において、角度の「度分秒」での入力に対応しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.00.00〜」→「Ver.4.00.00」を追加
・「概要」→「プログラムの機能概要」→「概要」
・「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特徴」
・「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用構造物(通常設計)」
・「概要」→「プログラムの機能概要」→「使用制限」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「基礎」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「荷重」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「配筋」
・「設計理論および照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「BOX上載荷重」→「路面荷重・舗装・盛土」
・「設計理論および照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「土圧」→「上載土による土圧」
・「設計理論および照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「設計断面の照査」→「応力度計算」
・「設計理論および照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「設計断面の照査」→「主鉄筋の定着位置の計算」
・「設計理論および照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「直接基礎許容支持力度」を追加
・「設計理論および照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「杭基礎許容支持力度」を追加
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」
・「基本条件」
・「形状」→「開口部」
・「形状」→「すべり止め」
・「形状」→「踏掛版受台」
・「形状」→「左踏掛版」
・「形状」→「右踏掛版」
・「形状」→「段落ち防止用枕」 
・「かぶり」→「本体配力筋」  
・「かぶり」→「段落ち防止用枕」
・「鉄筋」→「本体主鉄筋」
・「鉄筋」→「本体配力筋」
・「鉄筋」→「本体鉄筋径・記号」
・「鉄筋」→「左口翼壁配筋方法」
・「鉄筋」→「右口翼壁配筋方法」
・「鉄筋」→「段落ち防止用枕」
・「鉄筋生成」
・「鉄筋生成」→「段落ち防止用枕」
・「鉄筋情報」
・「鉄筋情報」→「本体」
・「鉄筋情報」→「本体」→「頂版・底版配力筋」
・「鉄筋情報」→「本体」→「左右側壁・中壁配力筋」
・「鉄筋情報」→「段落ち防止用枕」
・「鉄筋情報」→「左口翼壁」→「土留壁主鉄筋」
・「鉄筋情報」→「左口翼壁」→「左翼壁主鉄筋」
・「鉄筋情報」→「左口翼壁」→「右翼壁主鉄筋」
・「鉄筋情報」→「右口翼壁」→「土留壁主鉄筋」
・「鉄筋情報」→「右口翼壁」→「左翼壁主鉄筋」
・「鉄筋情報」→「右口翼壁」→「右翼壁主鉄筋」
・「鉄筋一覧」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」→「図面生成条件」
・「カルバート本体」
・「左口翼壁」
・「右口翼壁」
・「段落ち防止用枕」
・「図面生成の考え方」→「本体の作図の考え方」→「本体の各図形の作図内容」→「国土交通省仕様の図形」
・頂版上面図
・頂版下面図
・底版上面図
・底版下面図
・左側壁外面図
・左側壁内面図
・右側壁外面図
・右側壁内面図
・中壁左面図
・中壁右面図
・「図面生成の考え方」→「本体の作図の考え方」→「本体の各図形の作図内容」→「道路公団仕様の図形」
・頂版上面図
・頂版下面図
・底版上面図
・底版下面図
・左側壁外面図
・左側壁内面図
・右側壁外面図
・右側壁内面図
・中壁左面図
・中壁右面図
・「図面生成の考え方」→「本体の作図の考え方」→「本体鉄筋の鉄筋長算出方法」→「内面主鉄筋の算出方法」
・「図面生成の考え方」→「段落ち防止用枕の作図の考え方」
4.00.00

4.00.01
'05.03.23 ■追加機能および修正(変更)内容
・入力:多層盛土を考慮するときの、多層盛土の単位重量の入力下限値を0.10(kN/m3)に変更しました。
・入力:衝突荷重を考慮するとき、衝突荷重の荷重名称を入力できるようにしました。
・ファイル:Ver.4.00.00において検討対象が斜角付きBOXの設計で計算結果を保存した場合、データを読み込めなくなる不具合があり、これを修正しました。
・ファイル:Ver.3.04.00未満のバージョンで計算結果を保存したデータをVer.3.04.00以降のバージョンで読み込んだ場合に、「計算書作成」ボタンがグレー表示されていて押せない状態になることがあり、これを修正しました。
・入力:単BOX,2連BOXで適用基準が道路公団で主鉄筋かぶりの自動設定を行うとき、「配筋」−「側壁」画面を確定すると、頂版外側、頂版内側、底版外側、底版内側、ハンチ筋の純かぶりデータに不正な数値が設定される不具合があり、これを修正しました。
・入力:適用基準が道路公団の3連BOXで主鉄筋かぶりの自動設定を行うとき、「配筋」−「側壁」画面を開くとエラーが表示される不具合があり、これを修正しました。
・計算:3連BOXで土かぶり>GHとなっているとき、内空活荷重を考慮すると頂版に作用する分布活荷重として考慮される不具合があり、これを修正しました。
・計算:3連BOXの右隔壁に中内空側から衝突荷重を載荷すると、作用位置の算出に右内空の内空土かぶり厚を用いている不具合があり、これを修正しました。
・表示:「考え方」−「応力度照査」で「隅角部曲げ応力度照査位置=ハンチ端及び対角線断面で照査する」が選択されているとき、「計算確認」−「断面方向」−「対角線断面」に結果が表示されない不具合があり、これを修正しました。
・出力:3連BOXで「考え方」−「応力度照査」で「隅角部曲げ応力度照査位置=ハンチ端及び対角線断面で照査する」が選択されているとき、計算書のプレビューを行うと、エラーが発生しプレビューが表示されない不具合があり、これを修正しました。
・図面作成:本体において、「配力筋純かぶり」により「かぶり」を指定している場合、外面主鉄筋の側壁の継ぎ手長が正常に設定されない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:本体角度及び翼壁の取り付け角度に細かな値(少数第4位までが有効)を設定している場合、図面生成を行うと翼壁の外形寸法線が正常に作図されず、エラーが発生する場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.00.00〜」→「Ver.4.00.01」
4.00.01

4.00.02
'05.04.01 ■追加機能および修正(変更)内容
・乾燥収縮の考慮に対応しました。「考え方」−「基本」に乾燥収縮の入力を追加しました。各部材ごとに乾燥収縮度が入力可能です。
・今まで頂版でしか考慮できなかった温度荷重を各部材ごとに考慮できるようにしました。
・衝突荷重を考慮するとき、温度荷重の入力を不可としていましたが、同時に設定可能としました。このとき、衝突荷重を含むケースには温度荷重を考慮しません。
・衝突荷重を考慮するとき、主鉄筋定着位置の計算では、衝突荷重を含まないケースを対象として計算を行っていましたが、衝突荷重を含まないケースおよび衝突荷重を含むケースの計算を行い不利な結果となるケース(定着鉄筋長最長ケース)を抽出、出力するようにしました。
・ファイル:BOX・カルバートの設計計算のデータを読み込んで、未入力になっている項目を入力して計算確認を行うと"引張側に鉄筋が入力されていません"とエラーが表示され計算できない不具合があり、これを修正しました。
・計算:3連BOXにおいて、FRAME計算を行うときの線膨張係数の設定に誤りがあり、温度荷重時の断面力が正しく算出されていない不具合があり、これを修正しました。
・計算:3連BOXにおいて、応力度照査にハンチの影響を考慮する場合にハンチの影響分を実値の1/100で考慮している不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.00.00〜」→「Ver.4.00.02」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「考え方」
・「設計理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「断面力の計算データ」→「荷重状態」
・「設計理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「断面力の計算データ」→「基本荷重ケース、荷重の組合わせおよび断面力の抽出」
4.00.02

4.00.03
'05.04.13 ■修正(変更)内容
・ファイル:Ver.4.00.02において、Ver.4.00.01で計算結果を保存したデータ読み込むと、計算結果の読み込みに失敗する不具合があり、これを修正しました。
・表示:Ver.4.00.02において、検討対象=斜角付きBOXの設計のとき、「計算確認」−「断面方向」−「断面力図」画面を開くとエラーが発生する不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.00.00〜」→「Ver.4.00.03」
4.00.03

4.00.04
'05.06.09 ■追加機能および修正(変更)内容
・ファイル:3連BOXにおいて、骨組データの変更を行い保存したデータを読み込み、「骨組データの確認・修正」画面を開くとエラーが生じる不具合があり、これを修正しました。
・入力:検討対象が斜角付きBOXの設計のときの配筋情報の整合画面において、画面に表示しているガイド図とメッセージが主鉄筋定着位置の計算をする/しないの選択と整合がとれていない場合がありこれを修正しました。
・計算:剛域長の算出において、mm単位で切り捨てて算出していたため、手計算した結果と1mmのずれが生じる場合があり、mm単位で四捨五入するようにしました。
・計算:内空活荷重を考慮する場合、活荷重(定型活荷重、任意活荷重、内空活荷重)ケースの上限(7ケース)を超えて活荷重を設定できる不具合があり、計算前にデータチェックを追加しました。
・計算:衝突荷重を考慮している場合に、衝突荷重時の必要鉄筋量の算出に常時の鉄筋の許容引張応力度を用いている不具合があり、これを修正しました。
・計算:最小鉄筋量の照査方法が"0.002・b・d"の場合、内側引張時の最小鉄筋量を外側引張時の有効高を用いて算出している不具合があり、これを修正しました。
・計算:適用基準が道路公団で主鉄筋かぶり自動設定を行う場合に、相互配筋されている断面の曲げ応力度が正しく算出されていない不具合があり、これを修正しました。
・せん断照査方法が道示Wの場合に、2段配筋や相互配筋されている断面において、引張主鉄筋比ptおよび有効高の算出に誤りがあり、これを修正しました。
・図面作成:日本道路公団から公開された「調査等業務の電子納品要領(案)図面作成編平成17年4月」のレイヤ情報設定に対応しました。
・図面作成:翼壁の土留壁断面図に作図する背面主鉄筋の鉄筋点が正常に作図されない場合がある点を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.00.00〜」→「Ver.4.00.04」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「形状」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」→「作図条件」→「レイヤ属性」
・「Q&A」→「W.図面作成」→「<Q7−5>」
4.00.04

4.01.00
'05.07.04 ■追加機能および修正(変更)内容
・『土地改良事業標準設計図面集「ボックスカルバート工」利用の手引き(平成11年3月)農林水産省構造改善局』に記載されている計算方法に対応しました。
・計算:杭基礎モデルにて、杭体照査を行えるようにしました。
・計算:適用基準が道路公団の場合に、ウイングの主鉄筋かぶり自動計算機能を追加しました。
・入力:土留壁の計算の指定は、左口、右口共通の設定でしたが、左口、右口別々に指定可能としました。
・入力:主鉄筋の低減を行うか否かの選択を、本体、ウイング(左口左翼壁、左口右翼壁、右口左翼壁、右口右翼壁)ごとに選択可能としました。
・入力:衝突荷重は2,3連BOXで内空活荷重を考慮する場合のみ考慮可能ですが、内空活荷重を考慮しない場合でも衝突荷重を考慮する/しないが選択可能となっており誤解を招くため、内空活荷重=考慮するが選択されている場合のみ衝突荷重の選択を行えるようにしました。
・入力:任意活荷重の分布角度の入力範囲を10.0(度)〜90.0(度)に変更しました。
・計算:「多層盛土=する」場合に入力した盛土の単位重量が安定計算に反映されていない不具合があり、これを修正しました。
・出力:水平土圧係数が2ケース設定されている場合、計算書の断面方向の計算−検討ケースの出力において、ケース2のケースのみ[CASE-2]を付加していましたが、ケース1のケースにも[CASE-1]を付加するようにしました。
・出力:計算書の断面方向の計算−設計条件−水位の出力において、外水位、内水位がどこからの高さなのかの説明を出力するようにしました。
・設計調書:適用基準が道路公団の場合、「ボックスカルバート詳細設計調書4(左右対称形)」−「鋼材のかぶり図」の「頂版部」及び「底版部」及び「側壁部」において、純かぶりを表記するようにしました。
・図面作成:各構造物及び適用基準毎に以下の対応を行いました。

 【本体関連】
・ハンチ筋の鉄筋径を左右側壁上下の4箇所と中壁を別々に指定できるようにしました。
・組立図(頂版部・底版部・側壁部)の作図有無指定に対応しました。
・左右端部の鈍角部に配置する側壁内面主鉄筋及びハンチ筋を1本目のみを有効として作図する機能に対応しました(本体主鉄筋画面の画面にて設定が可能です)。
・断面図のハンチ部の外形寸法及びかぶり寸法の作図有無指定に対応しました(図面生成条件画面にて設定が可能です)。
 <適用基準が国土交通省>
・単位メートルあたりの作図に対応しました(図面生成条件画面にて設定が可能です)。
・頂版上面図、底版下面図、側壁外面図に隅角部配力筋を作図するようにしました。
・断面図の頂底版配力筋寸法には隅角部配力筋を含めないように変更しました。
・頂底版スターラップの囲み間隔の初期値を「1」から「2」に変更しました。
・側壁スターラップの主鉄筋間隔の初期値を「2」から「1」に変更しました。
・頂底版スターラップにおいて、対象となる配力筋は隅角部の配力筋を除く1本目からとしていましたが、2本目からに変更しました。
・側壁内面主鉄筋の鉄筋記号は標準部主鉄筋と端部主鉄筋で同じものを使用するようにしました。
 <適用基準が道路公団>
・本体スターラップの入力において、「ピッチ区間」及び「形状区間」の設定を頂版と底版で別々に設定できるようにしました。
・組立図(頂版部・底版部・側壁部)の作図に対応しました。
・配力筋配置図において、側壁内面配力筋とハンチ配力筋の記号・径が同じ場合は、ハンチ配力筋からは引出線を作図しないようにしました。

 【翼壁関連】
・主鉄筋、配力筋、ハンチ筋、補強筋を本体の配力筋と同じ位置に配置する機能に対応しました。
・ハンチ筋の鉄筋径を左右翼壁別々(片側2種類)に指定できるようにしました。
・スターラップの鉄筋径を左翼壁、右翼壁、土留壁、止水壁別々に指定できるようにしました。
・断面図のかぶり寸法は主鉄筋かぶりではなく配力筋かぶりを作図するようにしました。
・テーパー筋の下端に曲げがある場合、前背面図の主鉄筋寸法にテーパー筋の位置を示す寸法を作図するようにしました。
・断面図にテーパー筋を作図するようにしました。
・ハンチ筋及び補強筋を途中止め主鉄筋位置に対しても配置するようにしました。
・正面かぶりを左右翼壁で別々に指定できるようにしました。
・断面図に作図する天端巾止め筋は配力筋と同じ位置に作図するようにしました。
・止水壁縦鉄筋を止水壁横鉄筋の内側・外側のどちらに配置するかの設定に対応しました。
・土留壁部分の鉄筋については、土留壁部分のかぶりを使用し作図を行うようにしました。
・翼壁が独立するタイプの主鉄筋の配筋情報生成方法を変更しました。
・先端巾止め筋は、天端から1本目に配置される主鉄筋と同じ位置には配置しないようにしました。
・天端巾止め筋は、テーパー筋と同じ位置にも配置するようにしました。
 <適用基準が道路公団>
・配力筋純かぶりによるかぶりの指定に対応しました。
・かぶり詳細図の作図に対応しました。
・図面作成:図面生成時に翼壁の詳細鉄筋情報がデータチェックにかかった場合、左右口のどちらでエラーが発生しているかを画面に表示するようにしました。
・図面作成:「基本条件」の「入力モードで入力した翼壁正面形状の扱い」を「背面形状とする」として図面生成を行った場合、図面生成後の翼壁形状が入力した翼壁形状と異なって作図されるような場合は警告メッセージを表示するようにしました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.01.00〜」→「Ver.4.01.00」
・「概要」→「プログラムの機能概要」→「概要」
・「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特徴」
・「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・サイロ土圧)」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・3連BOX)」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「配筋」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「斜角付きBOX」→「初期入力」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「斜角付きBOX」→「配筋」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」→「生成条件」→「カルバート本体」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」→「生成条件」→「左口翼壁」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」→「生成条件」→「右口翼壁」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「かぶり」→「本体配力筋」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「かぶり」→「左口翼壁」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「かぶり」→「右口翼壁」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「かぶり」→「左口止水壁」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「かぶり」→「右口止水壁」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「鉄筋」→「本体主鉄筋」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「鉄筋情報」→「カルバート本体」→「本体主鉄筋」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「鉄筋」→「左口翼壁配筋ピッチ」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「鉄筋」→「左口翼壁鉄筋径・記号」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「鉄筋」→「左口土留壁・止水壁」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「鉄筋」→「右口翼壁配筋ピッチ」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「鉄筋」→「右口翼壁鉄筋径・記号」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」→「鉄筋」→「右口土留壁・止水壁」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「鉛直土圧係数・衝撃係数・活荷重地盤反力度低減係数・活荷重の低減係数」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「杭体照査」
・「計算理論及び照査の方法」→「参考資料」→「適用基準ごとの既定値」
・「図面生成の考え方」→「翼壁の作図の考え方」→「翼壁の各図形の作図内容」(かぶり詳細図(テーパー部)・(翼壁部)を追加)
・「図面生成の考え方」→「翼壁の作図の考え方」→「翼壁形状について」(新規追加)
・「図面生成の考え方」→「翼壁の作図の考え方」→「翼壁鉄筋の鉄筋長算出方法」
 ・土留壁主鉄筋の算出方法
 ・翼壁主鉄筋の算出方法
 ・土留壁配力筋の算出方法
 ・翼壁配力筋の算出方法
 ・翼壁ハンチ筋の算出方法
 ・テーパー筋の算出方法
 ・翼壁スターラップの算出方法
 ・止水壁縦鉄筋の算出方法
 ・止水壁横鉄筋の算出方法
・「Q&A」→「T.断面方向」→「Q7−5」(削除)
・「Q&A」→「T.断面方向」→「Q11−6」(削除)
・「Q&A」→「W.図面作成」→「Q3−4」(削除)
・「Q&A」→「W.図面作成」→「Q3−14」(削除)
4.01.00

4.01.01
'05.08.22 ■追加機能および修正(変更)内容
・ファイル:Ver.4.01.00において、Ver.3.01.00〜Ver.3.01.02で作成したバイナリ形式のファイルを読み込むとエラーが生じる不具合があり、これを修正しました。
・計算:単BOXおよび2連BOXにおいて、オプションの骨組データの確認・修正画面で断面2次モーメントを変更しても変更した値が計算に反映されない不具合があり、これを修正しました。
・計算:「多層盛土=する」場合に入力した盛土の単位重量が浮上りの検討に反映されていない不具合があり、これを修正しました。
・計算:基礎形式が地盤反力度以外の場合に、内空土かぶり、内空活荷重の地盤反力を考慮している不具合があり、これを修正しました。
・計算:3連BOXの杭基礎において、底版支間部に外側引張、内側引張が生じている場合に外側引張、内側引張両方について照査を行うようにしました。
・計算:3連BOXで多層盛土を考慮する場合、断面力算出時の骨組荷重に通常の盛土で算出した土圧を載荷している不具合があり、これを修正しました。
・計算:「多層盛土=する」場合に、鉛直土圧係数を常に1.000として鉛直土圧を算出している不具合があり、これを修正しました。
・表示:Ver.4.01.00において、浮上りに対する検討の計算確認画面の表が正常に表示されない不具合があり、これを修正しました。
・表示:3連BOXのとき、外水位を設定していても浮上りに対する検討の計算確認画面では"設定されている外水位高がすべて0.000(m)のため照査は行いません。"と表示される不具合があり、これを修正しました。
・図面作成:適用基準が道路公団の場合、翼壁補強筋を定尺化(鉄筋実長を500mm止め)するようにしました。
・図面作成:翼壁及び土留壁断面図に作図される土留壁主鉄筋が正常に作図されない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:右口翼壁の土留壁配力筋の配筋情報が不正になる場合があり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁途中止め鉄筋の先端位置が計算書と一致しない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:生成した図面のレイヤ名称が正しく設定されない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.01.00〜」→「Ver.4.01.01」
・「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特徴」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「BOX躯体自重」→「3連BOXカルバート」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」→「生成条件」→「レイアウト確認・修正」→「レイアウト確認・修正」
4.01.01

4.02.00
'05.10.11 ■追加機能および修正(変更)内容
・上下分離型BOXの連結部の照査に対応しました。(単BOXのみ)。なお、図面作成は対応しておりません。
・入力:直接基礎の支持力計算時の
 Df':支持地盤あるいは支持地盤と同程度良質な地盤に根入れした深さを入力可能としました。「考え方」−「基本」画面に入力を設けています。
・計算:適用基準が土地改良のとき、付着応力度の照査位置として隅角部を照査していましたが、「土地改良事業標準設計図面集「ボックスカルバート工」利用の手引き」では2d点のみの照査となっているため、「考え方」−「応力度照査」画面に隅角部の付着応力度照査を行うか否かの選択を設けました。
適用基準に「土地改良」が選択された場合は"しない"を初期値として設定します。
・計算:鉛直方向荷重の合計が負となる場合、メッセージを表示して計算を続行していましたが、底版自重を考慮していても鉛直方向荷重の合計が負となる場合は、計算が成り立たず適用外となるため、計算を中断するようにしました。
・計算:適用基準が道路公団以外のウイングの補強鉄筋計算では、曲げモーメントのみを考慮し、軸力は考慮していませんでしたが、「考え方」−「その他」画面に補強鉄筋計算に軸力を考慮するか否かの選択を設け、軸力を考慮した計算を可能としました。
・表示:「骨組データの確認・修正」画面に、ケースごとの鉛直力、水平力の合計値を表示するようにしました。
・出力:「計算書作成」−「結果一覧」のBOX本体断面方向の表に、かぶりを出力するようにしました。
・出力:適用基準が道路公団のウイングの側壁補強鉄筋の出力において、かぶりには補強鉄筋と側壁配力筋のかぶりの重心位置を出力していますが、「考え方」−「その他」で「引張応力度算出位置=最遠鉄筋位置」が選択されている場合は、補強鉄筋と側壁配力筋それぞれのかぶりを出力するようにしました。
・出力:基礎形式が地盤反力で地盤反力度の計算方法が全幅の場合、死荷重の外力集計表の下のみに全幅、全高に作用する全ての荷重を集計している旨を出力していましたが、死荷重以外の荷重の外力集計表の下にも出力するようにしました。
・入力:Ver.4.01.00〜4.01.01において、初期入力画面の[名称設定]ボタンから開く画面の初期値が設定されない不具合があり、これを修正しました。
・計算:通常の盛土時の直接基礎許容支持力計算において、根入れ地盤の盛土単位重量に支持地盤の盛土単位重量を用いている不具合があり、これを修正しました。
・計算:「せん断照査位置=隅角部格点と隅角部格点より2×有効高」のとき、せん断照査位置が上下または左右で交差する場合、「照査位置を隅角部格点と任意入力の点」として交差しないように照査位置を設定しますが、3連BOXの右側壁の照査位置が交差していた場合、交差している点がそのまま設定されることがあり、これを修正しました。
・計算:3連BOXの杭基礎において、Frame計算時に底版に設けている着目点の数が想定していた数よりも多く設定され、エラーにより計算が中断する場合があり、これを修正しました。
・計算:適用基準が道路公団の場合の「図面作成」−「鉄筋」−「本体スターラップ」の(形状区間 底版L2)の算出に誤りがあり、これを修正しました。
・計算:対角線断面の照査において、鉄筋が2種類入力されている場合、2種類目の鉄筋の鉄筋量とかぶりの取り扱いに誤りがあり、これを修正しました。
・図面作成:本体主鉄筋の配筋パターンが「ACAC」で主鉄筋の継ぎ手が2箇所以上となる場合、C鉄筋はA鉄筋の左右反転形状とするようにしました。
※ただし、「外形」・「かぶり」・「鉄筋径」の情報が左右対称の場合に限ります。
・図面作成:「図面生成条件」-「カルバート本体」の入力画面の「単位メートルあたりの作図」の初期設定が「作図する」となっている場合にデータファイルを読み込むと、本体配力筋の先端かぶりが「0mm」になる点を対策しました。
・図面作成:「CADによる図面作成要領(案)」のレイヤ属性で生成した図面のレイヤ名称(組立詳細図の引出線)が正しく設定されない場合があった点を対策しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.01.00〜」→「Ver.4.02.00」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・サイロ土圧)」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「形状」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「材料」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「配筋」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「考え方」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「設計断面の照査」→「連結部照査」
・「計算理論及び照査の方法」→「ウイングの計算」→「「土工指針」「標準設計」タイプの計算」
・「計算理論及び照査の方法」→「ウイングの計算」→「「設計要領」タイプの計算」→「カルバート側壁の補強鉄筋の計算」
・「Q&A」→「T.断面方向」→「Q15−9」(追加)
4.02.00

4.03.00
'05.12.09 ■追加機能および修正(変更)内容
・入力:片側のみの踏掛版の設定に対応しました。
・入力:踏掛版上面の位置は頂版天端と同じ位置としていましたが、頂版天端位置より上や下に設定可能としました。
・入力:設計基準強度、鉄筋材質、許容付着応力度(一般部)が変更されたとき、現在設定されている鉄筋材質、許容付着応力度(一般部)から鉄筋の定着長を算出し設定できるようにしました。
・入力:衝突荷重を考慮する場合、検討ケース画面が表示されていない場合は死荷重+衝突荷重の組合せを削除することができませんでしたが、検討ケース画面を表示し死荷重+衝突荷重の組合せを削除できるようにしました。(死荷重ケースが1ケースまたは活荷重ケースが1ケースの場合、検討ケース画面は表示していませんでしたが表示するようにしました。)
・入力:「荷重」−「定型活荷重」において、定型1,3のT荷重強度の入力下限値を60(kN)としていましたが、10(KN)に変更しました。
・入力:杭基礎で許容支持力・引抜力の計算を行う場合、杭の施工工法が変更されたときに、「基礎」−「(2)地盤」画面の最大周面摩擦力度fの入力方法を連動し、入力方法に応じたfを設定するようにしました。
・入力:配筋情報の整合性チェックにおいて、主鉄筋の低減を行うとき、頂版・底版の隅角部外側鉄筋のピッチと初期入力画面の基準ピッチが同ピッチか否かをチェックするようにしました。
・計算:主鉄筋定着位置の計算では、Mmax,Mmin,Nmax,Nminの4ケースについて照査を行っていましたが、全検討ケースについて照査する方法を追加しました。
・計算:斜角付きBOXの設計において、曲げ応力度照査位置に対角線断面を追加しました。
・計算:踏掛版考慮時の定型3活荷重は、後輪荷重を左側受台先端に載荷していましたが、右側受台先端に載荷できるようにしました。また、定型3活荷重の車両の進行方向も選択できるようにしました。
・計算:内空活荷重と他の活荷重(定型活荷重、任意活荷重)の組合せを考慮できるようにしました。内空活荷重画面に"同時に載荷する活荷重ケース"の入力を設けていますので、組合せる活荷重ケースを指定してください。
・計算:「考え方」−「基本」画面に浮上りに対する検討に任意死荷重を考慮するか否かの選択を設け、浮上りに対する検討に任意死荷重を考慮できるようにしました。
・計算:『プレキャストボックスカルバート設計・施工マニュアル(平成17年5月)全国ボックスカルバート協会』に記載されている、自重の考え方に対応しました。
・出力:「計算書作成」−「結果一覧」では、左右を比較して応力度/許容応力度が大きい方を抽出して出力していましたが、抽出結果/全断面結果の選択を設け、全断面の結果を出力できるようにしました。
・出力:基礎形式が地盤反力度で地盤反力度の算出方法が全幅のとき、死荷重の外力集計において、水圧は左右で相殺されるため考慮していませんでしたが、水圧を考慮して外力集計を行うようにしました。ただし、結果を保存している旧データを読み込んだ場合は水圧を考慮していない外力集計結果が出力されますので、再計算を行ってください。
・出力:「計算書作成」−「結果詳細」の断面方向の出力に、構造解析データ(骨組図、格点、部材、材質、支点)を出力するようにしました。
・出力:連結部の照査を行う場合は、計算書の構造寸法図の分割位置に線を引くようにしました。
・ヘルプ:「考え方」−「その他」画面の[ヘルプ]ボタンから開く説明画面にウイングの有効幅に胸壁高を含むが選択されている場合は、胸壁高に関わらず有効高さに含める旨を追加しました。
・入力:2,3連BOXで定型3活荷重を考慮する場合、「盛土」画面の[計算]ボタンからの衝撃係数の算出では、内空幅の取り扱いが不明(適用基準が道路公団時)であるため、0.0を設定していましたが、道路公団以外では内空幅が関係しないため、単BOX同様算出して設定するようにしました。
・計算:衝突荷重を考慮する場合の計算前の検討ケース数の上限チェックにおいて、衝突荷重との組合せを考慮しておらず、計算時にエラーが生じる不具合があり、これを修正しました。
・計算:安定計算では、BOX全幅、全高について計算を行いますが、地盤反力度の計算方法が軸線幅のとき、内空活荷重の安定計算において軸線幅を用いてモーメントを算出している不具合があり、これを修正しました。
・計算:連結部の合成応力度の照査において、温度荷重を考慮した場合、温度荷重を含むケースは、割増係数で割り戻した断面力で照査している不具合があり、これを修正しました。
・計算:検討対象が斜角付きBOXの設計において、側壁面のY軸方向の変位によるひずみエネルギーの算出に一部誤りがあり、これを修正しました。
・計算:適用基準が道路公団で主鉄筋かぶり自動設定を行う場合の対角線断面の照査における有効高算出時のかぶりの取り扱いおよび、3連BOX時の対角線長の算出に誤りがあり、これを修正しました。
・計算:検討ケース画面に表示される”死荷重+活荷重”、”死荷重+衝突荷重”、”死荷重+活荷重+衝突荷重”の組合せの合計が50を超える場合に、51番目以降の組合せにチェックを付けていても計算に反映されない不具合があり、これを修正しました。
・表示:杭種がPHC杭、PC杭のとき、「計算確認」−「杭体設計」画面内の結果には赤表示されている項目がなくても「杭体設計」ボタンが赤く表示される不具合があり、これを修正しました。
・表示、出力:3連BOXで曲げ応力度照査位置に"ハンチ端及び対角線断面で照査する"が選択されている場合、計算確認および計算書の断面力図に対角線断面の照査で用いる隅角部格点位置のモーメント値が出力されない不具合があり、これを修正しました。
・出力:杭基礎の出力において、Mmax=0.0となるケースがある場合、杭体モーメント図のプレビューおよび出力を行うとエラーが生じる不具合があり、これを修正しました。
・出力:単BOX、2連BOXで基礎形式がバネ基礎または杭基礎のとき、「計算書作成」−「結果一覧」の出力内容が1ページに収まっていなかったため、1ページに収まるようにしました。
・図面作成:図面生成後に表示される図面確認ウィンドウが、「BOXカルバートの設計」のメインウィンドウの背後に表示される場合がある点を対策しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.03.00〜」→「Ver.4.03.00」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「初期入力(通常設計・3連BOX)」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「荷重」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常設計・サイロ土圧」→「考え方」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「斜角付きBOX」→「考え方」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「計算書作成」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「BOX躯体自重」→「1連BOXカルバート」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「BOX躯体自重」→「2連BOXカルバート」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「BOX躯体自重」→「3連BOXカルバート」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「活荷重」→「内空活荷重」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「設計断面の照査」→「主鉄筋定着位置の計算」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「設計断面の照査」→「連結部照査」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「浮上りに対する検
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「踏掛版」→「踏掛版からの荷重」
・「計算理論及び照査の方法」→「斜角付きBOXの設計」→「ひずみエネルギー」→「側壁面のY軸方向の変位によるひずみエネルギー」
・「計算理論及び照査の方法」→「斜角付きBOXの設計」→「断面力計算および応力度照査」→「対角線断面の照査」
4.03.00

4.03.01
'06.01.05 ■追加機能および修正(変更)内容
・入力:適用基準が道路公団で主鉄筋かぶり自動設定を行うとき、「配筋」−「縦方向」画面を確定すると、左口(右口)補強鉄筋のかぶりに無関係な数値が設定される不具合があり、これを修正しました。
・入力:「形状」−「左(右)口翼壁平面」画面において、ウイングの取り付け角度は本体側壁外面とウイング外面の角度を入力していただくようにしていますが、同画面のガイド図では本体側壁内面との角度となっていたため、ガイド図を修正しました。
・計算:通常設計で単BOXまたは2連BOXのとき、「考え方」−「応力度照査」画面で「鉄筋=単鉄筋」が指定されていても、圧縮側鉄筋が2種類入力されていると2番目の鉄筋を考慮して曲げ応力度照査を行っている不具合があり、これを修正しました。
・表示:任意死荷重を考慮した浮上りの検討を行う場合、外水位=0.0のケースがあると、安定計算の結果画面内に赤表示されている項目がなくてもボタンが赤く表示される不具合があり、これを修正しました。
・表示:左口(右口)のみにウイングがあり、右口(左口)が土留壁のみの場合、計算確認後に[計算書作成]、[図面作成]ボタンがグレー表示のままで有効とならず、計算書作成、図面作成に移行できない不具合があり、これを修正しました。
・出力:土かぶり厚=0.0のとき、計算書の死荷重の上載荷重に不正な数値が出力されるケースがあり、これを修正しました。
・出力:左右踏掛版があり、定型3活荷重を左右両側に載荷し、右側に載荷する定型3活荷重の前輪の荷重分布が頂版上に分布しない場合、右側に載荷する定型3活荷重の載荷荷重(前輪)の出力に左側に載荷する定型3活荷重の載荷荷重(前輪)の結果が出力される不具合があり、これを修正しました。
・出力:単BOXで横長の形状の場合に、計算書の構造寸法図の寸法線がずれて出力される不具合があり、これを修正しました。
・図面作成:適用基準が道路公団で3連BOXとなる場合、本体スターラップの作図処理においてエラーが発生する場合があり、これを修正しました。
・図面作成:本体の主鉄筋組立図の縮尺を「1/50」以下とすると、その縮尺が図面に反映されない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁の土留壁に主鉄筋(横鉄筋)がない場合、土留壁組立筋の鉄筋情報が作成され、図面生成時のデータチェックにかかる場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.03.00〜」→「Ver.4.03.01」
4.03.01

4.03.02
'06.02.02 ■追加機能および修正(変更)内容
・入力:メニューの「基準値」−「設計条件」の踏掛版の断面力に乗じる係数αの算出方法の初期値を支間長に変更しました。
・入力:検討対象が斜角付きBOXの設計(JH)の場合の「考え方」−「本体」の地盤反力度係数β、βoの初期値をβ=4.00、βo=2.00に変更しました。
・計算:温度荷重を含む検討ケースについては杭反力の算出および照査を行っていませんでしたが、杭基礎の計算方法が支点バネの場合、温度荷重を含む検討ケースについて照査を行うようにしました。
・計算:踏掛版ありで定型3活荷重を右側踏掛版先端に載荷した場合の断面力算出時のFRAME荷重においてモーメント荷重の向きが逆になっている不具合があり、これを修正しました。
・計算:杭基礎で許容支持力・引抜力の計算を行う場合、算出した許容引抜力を用いて安定照査を行うため、引抜を許容しない(許容引抜力=0.0)とすることができませんでしたが、「基礎」−「(1)基本」画面に「許容引抜力を0とする」選択を設け、許容引抜力=0として安定照査を行えるようにしました。
・計算:直接基礎の許容支持力計算において、支持地盤あるいは支持地盤と同程度良好な地盤に根入れした深さDf’内に外水位がある場合、支持地盤の単位重量γ1に湿潤重量γtを用いている不具合があり、これを修正しました。
・計算:2連BOXの中壁、3連BOXの左隔壁、右隔壁に内側引張しか生じていない場合、計算確認の外側必要鉄筋量に不正な数値が表示される不具合があり、これを修正しました。
・表示:翼壁形状が土留壁のみの場合、メイン画面の正面図および3D図に土留壁を描画していなかったため、描画するようにしました。
・表示、出力:杭頭結合計算の計算確認および計算書において、衝突荷重を含むケースの許容支圧応力度に常時の許容支圧応力度を表示している不具合がありこれを修正しました。
・出力:内空活荷重を考慮している場合、計算書の「荷重」−「活荷重」において内空活荷重のプレビュー及び印刷時にエラーが生じる場合があり、これを修正しました。
・出力:乾燥収縮を考慮していない場合は、計算書の「設計条件」−「温度変化」に乾燥収縮の項目を出力しないようにしました。
・出力:3連BOXの場合、計算書の断面力図のプレビューでエラーが生じる場合があり、これを修正しました。
・設計調書:検討対象が「通常設計(3連BOX)」の場合、低減される主鉄筋の鉄筋組み合せ図が正常でない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.03.00〜」→「Ver.4.03.02」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「通常・サイロ土圧」→「基礎」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「基準値」
・「計算理論及び照査の方法」→「BOX本体断面方向の計算」→「直接基礎許容支持力」
4.03.02

4.03.03
'06.03.09 ■追加機能および修正(変更)内容
・計算:踏掛版が片側のみのとき、計算書の「踏掛版の設計」において、計算結果に0が出力される不具合がありこれを修正しました。
・計算:多層盛土の場合に、「荷重」−「死荷重」画面で設定した上載荷重が、断面力算出および地盤反力度の算出に考慮されていない不具合があり、これを修正しました。
・出力:基礎形式が地盤反力度以外のとき、計算書の「荷重」−「死荷重」の外力集計において、内空土かぶりの鉛直力およびモーメントの合計に0と出力される不具合があり、これを修正しました。
なお、外力集計の結果は基礎形式が地盤反力度以外のときは使用していないため、本件は出力上のみの問題であり、計算結果に影響はありません。
・出力:曲げ応力度照査結果には、全ケースについて計算を行い、最も結果が厳しくなるケースを抽出し出力していますが、3連BOXで杭基礎の場合、底版支間部の曲げ応力度照査結果の曲げモーメントMに計算時に用いた曲げモーメントとは異なる値が出力されるケースがあり、これを修正しました。
・図面作成:図面生成時に使用していた全角文字「()=/」を半角文字に変更しました。
・図面作成:左右翼壁及び土留壁部の天端勾配の差が2%以内である場合は、左右翼壁先端を1直線に結ぶ形状として翼壁の図面を作成していましたが、2%の定義を0.5%に変更しました。
・図面作成:定尺鉄筋処理を行い鉄筋情報を作成するケースにおいて、外面主鉄筋の左右側壁の継ぎ手長が異なる場合に、側壁の継ぎ手長が必要な長さを確保できない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:土留壁の組立筋が正常に配置されない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.03.00〜」→「Ver.4.03.03」
4.03.03

4.03.04
'06.05.08 ■修正(変更)内容
・計算:中壁左ハンチ幅が右内空幅/2より大きい場合にデータチェックにかかり計算できない不具合があり、これを修正しました。
・計算:2連BOXで衝突荷重を考慮している場合、常時の必要鉄筋量算出に衝突荷重時の鉄筋の許容曲げ引張応力度を使用している不具合があり、これを修正しました。
・計算:2連BOXで衝突荷重を考慮している場合、衝突荷重時の最小鉄筋量照査に常時のコンクリートの許容軸圧縮応力度と鉄筋の許容圧縮応力度を使用している不具合がありこれを修正しました。
・表示:衝突荷重を考慮している場合に、計算確認−総括表の衝突荷重の結果に、常時の結果を表示している不具合があり、これを修正しました。
・出力:2,3連BOXの場合、計算書の「構造解析モデル」−「支点」の(3)荷重ケースごとの支点ケースの荷重名称が表内に収まりきらないケースがあり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁形状が左(右)連結で天端勾配が翼壁と土留壁で同じになる場合の寸法線の引き出し方法を変更しました。
・図面作成:翼壁付け根部に基準ピッチの半分以上の領域がある場合の翼壁配力筋の鉄筋生成を変更しました。
・図面作成:翼壁ハンチ筋のデータチェックにおいて、配筋ピッチの最小値を50mmから翼壁ハンチ筋の鉄筋径に変更しました。
・図面作成:本体頂底版のスターラップの長さ算出において、主鉄筋の鉄筋径は左右の隅角部の鉄筋径のみを対象していましたが、支間部の鉄筋径も対象とするようにしました。
・図面作成:杭配置情報における断面方向の配置座標の最大値を拡張しました。
・図面作成:「検討対象」を「斜角付きBOXの設計(JH)」とした場合、図面が「国土交通省」スタイルで作図される場合があり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁形状が左(右)連結の場合、翼壁配力筋の配筋情報が正常に作成されない場合あり、これを修正しました。
・図面作成:ファイル保存時に杭配置情報が正常に保存されていない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:本体ハンチ筋の鉄筋記号付け処理の誤りにより鉄筋記号に欠番が生じる場合があり、これを修正しました。
・図面作成:寸法線の寸法値が図面作図条件によらず小数1位まで表示される場合があり、これを修正しました。
・図面作成:低減する外面主鉄筋の側壁に継ぎ手が発生する場合、誤差により継ぎ手長が正常な長さにならない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁の形状が土留壁が独立するタイプで翼壁天端が水平の場合、土留壁主鉄筋の作図処理においてエラーが発生する場合があり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁の前背面のかぶりが左右で異なる場合の翼壁形状の判定処理に誤りがあり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.03.00〜」→「Ver.4.03.04」
4.03.04

4.03.05
'06.06.09 ■追加機能および修正(変更)内容
・入力:任意活荷重画面の「荷重生成」ボタンから開く活荷重生成画面において、2連BOX、3連BOXのときの衝撃係数および低減係数は自動計算した値ではないため、「※衝撃係数、低減係数は自動設定された値ではありません。」と表示するようにしました。
・入力:検討対象がサイロ土圧で内空活荷重を考慮する場合に「内空土かぶり」ボタンが表示されず、内空土かぶりの入力を行うことができない不具合があり、これを修正しました。
・計算:適用基準が道路公団の1,2連BOXで主鉄筋かぶり自動設定=する、主鉄筋定着位置計算条件が全ケース照査の場合、自動配筋を行うとエラーが生じることがあり、これを修正しました。
・入力、計算:3連BOXのときの剛域寸法のチェックに誤りがあり、剛域寸法入力画面確定時および、計算確認時に不要なチェックにかかることがあり、これを修正しました。
・計算:最小鉄筋量照査において、複鉄筋のときMu値が正値より僅かにずれるケースがあり、これを修正しました。
・計算:主鉄筋定着位置の計算において、変曲点(曲げモーメントの符号が反転する位置)が存在しないケースがある場合、最も厳しくなるケースが抽出されないことがあり、これを修正しました。
・計算:2連BOXで定型活荷重を考慮する場合、初期入力で「自動設定」を行うと、後輪位置が左右支間中央に配置されるように任意活荷重データを作成していますが、後輪が右支間中央となるケースが計算反映されていない不具合があり、これを修正しました。
・計算:2段配筋時の最小鉄筋量照査において、2段目の鉄筋を考慮していない不具合があり、これを修正しました。
・計算:2段配筋時に側壁、中壁、対角線断面の曲げ応力度照査において、内側鉄筋の2段目の位置を1段目の位置として計算している不具合があり、これを修正しました。
・計算:1、2連BOXで2段配筋の場合のせん断応力度照査において、底版の有効高に誤りがあるケースがあり、これを修正しました。
・計算:検討対象が「斜角付きBOXの設計(JH)」のとき、スターラップの補強範囲(ゾーン2、ゾーン4)が正しく算出されない不具合があり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁の「水平主鉄筋・補強筋曲げ長」を「計算値を使用」として鉄筋情報を作成した場合、曲げ長が正常に設定されない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.03.00〜」→「Ver.4.03.05」
4.03.05

4.03.06
'06.09.14 ■要望対応
・ファイル:ファイルを開くときのファイル選択ダイアログボックスに表示されるフォルダの初期値として、前回ファイルを保存したフォルダを設定するようにしました。
・入力、出力:許容値画面の許容支持力度の記号を「Qa」から「qa」に変更しました。
・入力:検討対象が斜角付きBOXの設計の初期入力画面において、「計算条件1」を「本体計算条件」、「計算条件2」を「ウイング計算条件」に変更しました。
・計算:2段配筋が選択されていて1段目と2段目の配筋ピッチが異なる箇所がある場合、この箇所については主鉄筋定着位置の計算を行わない旨のメッセージを計算確認時に表示するようにしました。
・表示:「計算確認」−「断面方向」において、せん断応力度が斜引張鉄筋と協同してせん断力を負担する場合の許容応力度τa2以下の場合は、ボタンを「青」で表示するようにしました。ただし、せん断応力度以外にNGとなる項目がある場合は、「赤」で表示します。
・出力:計算書の結果一覧では、隅角部は外側引張、支間部は内側引張を対象として結果を出力していますが、2,3連BOXでの中壁、隔壁において外側引張が生じていない場合に結果が0と出力されるため、この場合は内側引張の結果を出力するようにしました。
・出力:計算書において、編集機能により章内の最後の節を出力しない設定とすると改ページが無くなり次章の先頭がページ途中から始まるケースがありましたが、最後の節を出力しない設定としてもページ先頭から出力するように改善しました。
・出力:スターラップの出力において、許容せん断応力度の記号をτa1からτaに変更しました。
・図面作成:翼壁の土留壁水平鉄筋の鉄筋情報作成条件を緩和し、左右翼壁の先端が本体の頂版よりも低い場合でも土留壁水平鉄筋を配置するように変更しました。

■不具合修正
・計算:適用基準が道路公団で主鉄筋かぶり自動設定する場合、スターラップの形状区間(形状の反転)及びピッチ区間算出時のかぶりに誤りがあり、これを修正しました。
・計算:[図面作成]−「鉄筋」−「本体スターラップ」画面の側壁のゾーンが上下逆に設定される不具合があり、これを修正しました。
・計算:検討対象が斜角付きBOXの設計において1-1断面に活荷重を考慮している場合、1-1断面の対角線断面の結果抽出時に、最も厳しいケースが抽出されない場合があり、これを修正しました。
・計算:検討対象が斜角付きBOXの設計において、1-1断面に活荷重を考慮する場合に、前輪の活荷重分布が軸線内に無い場合、不要な荷重が載荷される不具合があり、これを修正しました。
・計算:検討対象が斜角付きBOXの設計において、[図面作成]−「鉄筋」−「本体スターラップ」画面の形状区間が正しく設定されていない不具合があり、これを修正しました。
・計算:検討対象が通常設計またはサイロ土圧の単BOXのとき、剛域ありでせん断応力度照査位置に「頂版・側壁・底版の内面より部材高/2の位置」が選択されていると、計算確認時に「せん断応力度照査位置に矛盾がある」旨のメッセージが表示され計算できないケースがあり、これを修正しました。
・計算:3連BOXにおいて、せん断応力度照査位置に矛盾がある場合、せん断照査位置を任意点として自動設定していますが、設定した照査位置が剛域内となる場合に正常に計算できない不具合があり、これを修正しました。
・計算:3連BOXのせん断応力度照査において、せん断応力度照査位置に「隅角部格点と任意入力の点」が選択されている場合、右内空の頂版および底版のτ点の許容せん断応力度の割増が正しく行われないケースがあり、これを修正しました。
・計算:3連BOXで衝突荷重を考慮している場合、衝突荷重時の曲げ応力度照査で最も厳しいケースが抽出されない場合があり、これを修正しました。
・計算:直接基礎の許容支持力計算において基礎の有効根入れ長Dfを
Df=盛土高+BOX全高−Df'
Df':支持地盤あるいは支持地盤と同程度良好な地盤に根入れした深さ
で算出していましたが、
Df=盛土高+BOX全高
で算出を行うようにしました。
・表示:適用基準が道路公団でウイングの任意荷重を考慮した場合、任意荷重ケースの応力度照査がNGとなっていても「計算確認」−「ウイング」のボタンの色が「緑」で表示される不具合があり、これを修正しました。
・出力:2,3連BOXにおいて、初期入力で「定型活荷重=考慮する」を選択し、「荷重」−「定型活荷重」画面において定型2の荷重強度Pw=0.00(kN/u)が設定した場合に計算書のプレビュー画面において、解析エラーが生じる不具合があり、これを修正しました。
・出力:適用基準が道路公団で主鉄筋かぶりの自動設定を行う設定で相互配筋(鉄筋が2種類入力)の場合に、主鉄筋定着位置の計算の出力において、隅角部格点から外側鉄筋までの距離Lrを2種類の鉄筋のかぶりの重心位置から算出していましたが、定着鉄筋のかぶりを用いて算出するように変更しました。
・出力:地盤反力度の計算方法が軸線幅のとき、任意死荷重に始点側強度と終点側強度がともに0.00(kN/m^2)のデータが入力されていると、計算書の任意死荷重において、外力集計表のデータがずれて出力されるケースがあり、これを修正しました。なお、この問題は出力のみの問題で、計算には影響ありません。
・図面作成:適用基準が道路公団の場合の本体スターラップにおいて、全ての範囲がスターラップの補強区間となる場合にスターラップが正常に配置されない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:適用基準が道路公団の場合の本体スターラップにおいて、配力筋ピッチに対して等ピッチで配置する区間のスターラップ配置が正常に行われない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:適用基準が道路公団の場合の本体スターラップにおいて、右側壁部に配置されるスターラップの鉄筋長が正常でない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:本体の頂底版配力筋において、隅角部鉄筋本数が多く配置された場合に鉄筋本数が正常に計上されない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁の天端巾止め筋の配筋情報が正常に作成されない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁の断面図の鉄筋ピッチ寸法が正常に作図されない場合があり、これを修正しました。
4.03.06

4.03.07
'06.10.31 ■不具合修正
・計算:連結部の照査において、検討ケース数が40ケースを超える場合に結果に不正な数値が表示、出力される不具合があり、これを修正しました。
・計算:斜角付きBOXの設計の最小鉄筋量照査(道示W)において、引張側鉄筋量<5.0(cm^2)のときにOKとなる不具合があり、これを修正しました。
・計算:翼壁の取り付け角度が90度以外のときの翼壁長と翼壁ハンチ寸法の矛盾チェックに誤りがあり、翼壁長が短い場合に不要なチェックにかかるケースがあり、これを修正しました。
・表示:安定計算の計算確認画面内に赤表示(OUT)となる項目がないにもかかわらず、安定計算ボタンが赤表示されるケースがあり、これを修正しました。
・表示:計算確認での応力度の判定において、総括表と各部位で参照する小数以下桁数が異なっていたため、総括表ではOK、各部位ではNGと判定の整合がとれていないケースがあり、これを修正しました。
・表示:計算確認の総括表において、[全出力]の場合に、頂版のσsaに頂版以外のσsaが表示される不具合があり、これを修正しました。
・表示:計算確認の総括表において、[全出力]の場合のせん断応力度の判定にτa2が考慮されていない不具合があり、これを修正しました。
・表示:計算確認画面で赤表示(下線あり)されている項目をクリックして画面下部に表示される赤表示の原因と考えられる項目をクリックしても入力画面にジャンプしない場合があり、これを修正しました。
・表示:3連BOXの計算確認において、右隔壁の計算確認画面内に赤表示(OUT)となる項目がないにもかかわらず、右隔壁ボタンが赤表示されるケースがあり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁の形状が右連結の場合、正面図及び平面図の作図が正常でない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.03.00〜」→「Ver.4.03.07」
4.03.07

4.03.08
'06.12.12 ■不具合修正
・入力:基礎形式が杭基礎で、適用基準の変更を行った場合、杭の許容値がRC杭の許容値に変更される不具合があり、これを修正しました。
・計算:3連BOXにおいて、[計算確認]ボタンを押しても計算確認に移行できない場合があり、これを修正しました。
・計算:自動配筋を行った際に、1ランク下の鉄筋径が設定されるケースがあり、これを修正しました。
・出力:適用基準が土工指針、国土交通省、土地改良の場合の土留壁の計算書において、断面力計算に出力している土留壁高の単位に誤りがあり、これを修正しました。
・図面作成:段落ち防止用枕のスターラップの形状を「上開き筋」にした場合、スターラップが下面図ではなく上面図に作図される不具合があり、これを修正しました。
・図面作成:BOX形式が2連BOXで「単位メートルあたりの作図」を「作図する」とした場合、左右端部の中壁組立筋が作成されデータチェックにかかる場合があり、これを修正しました。

■その他
・入力:検討対象が斜角付きBOXの設計のとき、「形状」−「盛土」画面に鉛直土圧係数αの入力を設けておりましたが、鉛直土圧係数は照査断面(1-1断面、11-11断面)での盛土厚より算出しており、入力値は使用していないため、鉛直土圧係数の入力を削除しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.03.00〜」→「Ver.4.03.08」
・「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「斜角付きBOX」→「形状」
・「計算理論及び照査の方法」→「計算理論及び照査の方法」→「設計断面の照査」→「主鉄筋定着位置の計算」
4.03.08

4.03.09
'07.04.23 ■要望対応
・図面作成:本体主鉄筋の記号付けタイプを「記号付け1つ」と指定している場合においても、縦断勾配がある場合の左右端部主鉄筋は「記号付け複数」として鉄筋情報を作成していましたが、「記号1つ」として処理を行うようにしました。
・図面作成:本体の組立図(頂版部・底版部・側壁部)は対象となる組立筋が存在する場合のみ作図するようにしました。

■不具合修正
・計算:初期入力画面で自動設定を行った場合、応力度計算を行い、算出した結果が許容応力度以内に収まるまで、部材厚、鉄筋径を変更しながら計算を繰り返し決定していますが、2連BOXの中壁において、結果判定時に右側壁の結果を参照している不具合により、許容応力度以内に収まる厚さよりも厚く中壁厚が設定されることがあり、これを修正しました。
・計算:隅角部対角線断面の最小鉄筋量照査において、Mc=0, Mu=0となる場合があり、これを修正しました。
・計算:3連BOXにおいて、「考え方」−「荷重」画面で「BOX自重の考え方=(3)図緑色部分の重量を軸線高で除した値を軸線に載荷する」が選択されている場合に、断面力値算出時のハンチ重量の算出に誤りがあり、これを修正しました。
・計算:初期入力画面で「多層盛土=する」が選択されていて層数が1層の場合、浮上りに対する検討での上載荷重強度が0.00(kN/m2)となる不具合があり、これを修正しました。
・出力:2連BOXで右内空に内水位が設定されている場合、計算書の構造寸法図で内空高と全高の寸法値が重なることがあり、これを修正しました。
・図面作成:段落ち防止用枕の下面主鉄筋の平面図及び加工図の継ぎ手位置が正常でない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:本体隅角部配力筋の本数が左右で異なる場合、図面生成を行うとエラーが発生する場合があり、これを修正しました。
・図面作成:頂版配力筋が配置されない場合、翼壁の鉄筋情報作成処理が正常に行われない場合があり、これを修正しました。
・図面作成:翼壁の主鉄筋及び配力筋を本体の配力筋位置に合わせるとした場合、翼壁主鉄筋の配筋情報が正常に作成されない場合があり、これを修正しました。

■その他
・入力画面、計算書、ヘルプにおいて、「道路公団」の表記を「NEXCO」に変更しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.03.00〜」→「Ver.4.03.09」
・「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
4.03.09

4.03.10
'07.08.07 ■要望対応
・図面作成:低減する外面主鉄筋の側壁部に継ぎ手が発生する場合の継ぎ手長の設定方法を変更しました。
・図面作成:図面作図条件で「合成図形」を「作図する」とした場合、主鉄筋寸法線を「配筋範囲を示す寸法」でなく「配筋ピッチを示す寸法」で作図するよう変更しました。
・図面作成:適用基準が「NEXCO」の場合に作図される「鉄筋曲げ加工表」において、側壁スターラップの直角フックの図は作図していませんでしたが、作図するように改善しました。

■不具合修正
・入力:[基礎]-[地盤]の入力において、最大周面摩擦力度fを変更して確定後に再度画面を開くと計算値に戻る不具合があり、これを修正しました。
・計算:低減される本体の外面主鉄筋において、側壁に継ぎ手が発生する場合、側壁の継ぎ手長が設定値どおりにならない場合があり、これを修正しました。
・計算:基礎形式が杭基礎の場合の杭体のせん断照査において、最も厳しい結果(τ最大)が抽出されないことがあり、これを修正しました。
・出力:場所打ち杭で杭体照査を行う場合、計算書の「杭基礎」−「杭体応力度」の出力において鉄筋ピッチに誤りがあり、これを修正しました。なお、この問題は出力のみの問題で、計算には影響ありません。
・図面作成:土留壁配力筋の開始位置が不正な場合があり、これを修正しました(配筋方法の考え方を変更)。
・図面作成:適用基準が「NEXCO」の場合、本体スターラップの配置が正常でない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
・「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.03.00〜」→「Ver.4.03.10」
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・BOXカルバートの設計 Ver.18
    ・BOXカルバートの設計 Ver.17
    ・BOXカルバートの設計 Ver.16
    ・BOXカルバートの設計 Ver.15
    ・BOXカルバートの設計 Ver.14
    ・BOXカルバートの設計 Ver.13
    ・BOXカルバートの設計 Ver.12
    ・BOXカルバートの設計 Ver.11
    ・BOXカルバートの設計 Ver.10
    ・BOXカルバートの設計 Ver.9
    ・BOXカルバートの設計 Ver.8
    ・BOXカルバートの設計 Ver.7
    ・BOXカルバートの設計 Ver.6
    ・BOXカルバートの設計 Ver.5
    ・BOXカルバートの設計 Ver.4
    ・BOXカルバートの設計 Ver.3
    ・BOXカルバートの設計 Ver.2
    ・BOXカルバートの設計 Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
ARTC(車両研究測試中心)
(台湾)

[ お知らせ ]
サブスクリプション契約の消費税の扱いについて






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
Geo Engineer's Studio Ver.2
Shade3D Ver.20
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.13
矢板式係船岸の設計計算 Ver.5

キャンペーン実施中
IM&VR BIM/CIM関連製品導入
新規ユーザ様ご紹介
会計ソフトお試し0円

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
9/25  斜面の安定計算
9/26  SPU特別講演(愛知)
10/3  弾塑性地盤解析
10/4  UC-win/Road・VR(福岡)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション